2016.12.15 NEWS

宮崎県西米良村の全域における「ポートメディカル」導入のお知らせ

宮崎県西米良村(村長:黒木定蔵)及び西米良診療所(所長:片山陽平 医師)は、村全域を対象として、ポート株式会社(東京都新宿区:代表取締役 春日博文)が提供する遠隔診療プラットフォーム「ポートメディカル」を導入したことをお知らせいたします。

西米良村は人口が1,200名、高齢化率は43.54%(平成27年3月31日現在)で、全面積271km2のうち山林地域が96%と、公共交通機関の不足の影響もして医療機関へのアクセスは深刻な課題となっています。また、医療機関は西米良診療所1施設医師2名と、医療資源は非常に限られており、訪問診療等を大規模に展開することも難しい状況にあります。

そこで今回、遠隔診療の開始を通じて、新しい医療インフラの構築を行うとともに、新たな受診需要の拾い上げに努めてまいります。具体的には、スマートフォンのテレビ電話等を活用した診療で、再診患者に対して処方を実施することや、地域イベントと連携して新規受診需要を掘り起こし、診療や医療相談を初診から実施してまいります。

当社は、2015年11月より国内初のITで患者と医師を繋ぐ遠隔診療プラットフォームサービス 「ポートメディカル」を開始し(現在はβ版を限定的に運用)、2016年6月には宮崎県日南市の北郷地区における遠隔診療の実証事業を開始しました。

調印式の様子

日南市の無医地区での実証では、対象患者・医師の満足度は高く、400人以上の住民 アンケートの結果から遠隔診療へのニーズは非常に高く、地域医療の現場での適正推進が実現するであろうことが示唆されています。

これらの結果も踏まえ、今回、地域の健康レベルの向上、医療資源の有効活用に向けて、西米良村全域においての導入を決定していただきました。

地域医療・地域包括ケアシステムは、慢性的な人的・物的資源の不足に悩まされており、その解決の一手段として、遠隔診療を含めたITを活用していくことは、厚生労働省及び日本国全体により推進されているものです。一方で、地方自治体が、地域全体に患者と医師間の遠隔診療を取り入れた事例は全国的に未だ非常に少なく、実際の導入によって生まれる効果に関するエビデンスもほぼ存在していないというのが現状です。

本事業は今後、 弊社の医療研究チームが大学等の研究機関と連携し、本事業を十分な質をもった研究に発展させていく予定です。そこから得られるエビデ ンスをもって、関係省庁をはじめ、様々な機関と連携し、積極的に政策提言をしていく所存です。

当社は、「世界中にアタリマエとシアワセを」をコーポレートミッションに掲げ、リアル産業における社会課題をテクノロジーを通じて解決していくことを目指しています。

この取り組みを通じて、医療の地域格差の是正に貢献し、すべての人が適切な医療サービスを受けられる社会を目指して参ります。

トップへ