採用情報|ポート株式会社【PORT INC.】

社員インタビュー

営業から開発、ライター、マネジャーまで、それぞれのフィールドで

夢や目標に向かって突き進む、PORTの社員インタビューをご紹介。

日々常に勉強

web開発事業部

本多健太郎

在学中に映像やグラフィックデザインを学び、卒業研究でおこなったネイティブアプリケーションの開発をきっかけにプログラミングに触れ、プログラマーを目指しました。2012年大学卒業後、ソーシャルゲーム/ECサービスの会社においてWebのコーディングやiOS/Androidネイティブアプリケーションの開発を行い、サーバサイドエンジニア・フロントエンドエンジニアとしてPORTにジョインしました。

━ ポートに入社した理由は?

圧倒的成長スピード

自分が今までプログラマとして仕事をする中で培ってきた技術ややり方を発揮して、より人々の生活に密着できるようなWebサービスを作りたいと思っていました。そして、PORTの世の中になくてはならないものを作っていきたいという強い使命感と、会社の圧倒的な成長スピードを目の当たりにして、入社を決めました。
また技術で世界を変えたいという思いを知り、開発者として「自分ができなかったこと、やらなかったこと」と常に向き合って仕事することができるのではと感じました。自分の力で会社の圧倒的な成長スピードをより加速させ、共に自分も成長していこうと思っています。

━ ポートで取り組んでいる仕事は?

新規事業の開発と、既存サービスの成長

キャリアパークやその他サービスのメインエンジニアとしてチームをまとめながら開発を行ったり、企画チームやオペレージョンチームなどの他部署の連携を密に行うように心がけて仕事をしています。0から1を作る新規サービス、また1から10に成長させていく既存サービス、どちらにも携わりながら試行錯誤しています。個人の開発力を高めていくために新しい技術を追いかける一方、チーム力を高めていくために勉強会や振り返りの会などを通じてコミュニケーションを密にとっています。
メディアサービスは常に変化していくものなので、自動テストの実行やリリースフローを明確化し変化に耐えうるアプリケーション設計を目指しています。

━ ポートの魅力・仕事でのやりがいは?

常にメンバーで考え「◯◯初」を作り続ける

他の誰かがやったことがあることを真似するのではなく、常に新しく、世の中になくてはならないものを思考し、プロダクトを作り上げられる環境であること、だと思います。
エンジニアの視点から、開発しやすい環境・KPI達成のための技術的解決策に対して提案したことを議論する場があり、枯れた技術で堅実につくるより常によりよい環境・方法を取り入れる文化があるので、エンジニアとして刺激になることが多いとおもいます。もちろんその過程でメンバー同士でぶつかることなどはありますが、より良いサービス・開発環境のために皆で本気で考えられるので、エンジニアにとってより良い環境だと思います。

━ ポートを通じて成し遂げたいこと

技術で新しい解を導き、形にしていきたい

高い技術力をもって、人々に当たり前だと思えるようなプロダクトを常に作り続けられるようなプロダクトを作っていきたいです。
インターネットショッピングや、コンサートの予約、世界中の人たちとのコミュニケーションは、少し前までは当たり前なものではなかったと思います。単純にwebアプリケーション/webサイトを作るのではなく、今まであたり前ではなかった事をあたり前にできるようにするために、様々な分野でリアルと連動できるようなサービスを技術で解決し作り上げていきたいです。

━ メッセージ

最高の技術者集団で会社を引っ張っていく

エンジニアとして、技術に貪欲で、サービスを考え、ものづくりすることが事が好きな人を求めています。サービスに対して技術的な解決をするためには、とにかくエンジニアリングが好きで初めて、解決策だったりこうすれば良いんじゃないかということが見えて来ると思います。
私たち開発部では様々なジャンルのエンジニアがいて、それぞれが強みを持っています。技術力で会社を先導していくために、それぞれメンバーの強みを生かして、最高の技術集団を作り上げていきたいと思っておりますので、ぜひお待ちしています!

2016年1月インタビュー