採用情報|ポート株式会社【PORT INC.】

社員インタビュー

営業から開発、ライター、マネジャーまで、それぞれのフィールドで

夢や目標に向かって突き進む、PORTの社員インタビューをご紹介。

世の中に何を残すか

メディアマネジメント事業部
マネージャー

石田圭

新卒で一部上場企業に入社し、人事として約5年勤務。入社3年で本社最年少課長に昇進し、採用や研修の統括をする一方、社内ベンチャーとして人材会社を設立し、取締役に就任。その後、設立2期目のソーシャルリクルーティング(現ポート)に入社し、大手~ベンチャーまで200社以上のSNS運用コンサルを担当。一度地元に戻り人材会社のWEBマーケティング事業部を立ち上げたのち、ポートに再入社。

━ ポートに入社した理由は?

「どこで働くか」ではなく「誰と働くか」

私が仕事を選ぶ際に最も大事にしているのは「誰と働くか」です。 仕事内容は入社してから変わるが当たり前だと思いますし、事業内容だっていつ変わるか分からない、むしろ環境の変化に合わせて変えていかなければならないものだと思います。唯一、変わらないものは人、弊社でいえば社長です。この人と純粋に働きたいと思ったことが、入社の理由です。私が仕事に求めるものは、「人生の中でその時間をもっとも楽しく過ごせるか」です。いつか人生を振返ってみて、あの時こうしておけばよかったなどと後悔したくない。それがこの会社ならかなえられると思いましたし、入社した今もその気持ちは変わっていません。

━ ポートで取り組んでいる仕事は?

メディアの価値を世の中に広める仕事

キャリアパークを始めとした、ポートが運営しているメディアを世の中に広める仕事をしています。具体的には、人材会社様や広告代理店様に対して、広告の提案をしています。まだ発展途上のメディアですので、お客様と話す中でどのように活用していくかを一緒に作り上げていっています。私は元々メディアの運用側に居ましたので、このサービスに対してのプライドがあります。そのため、単に売るということよりも、いかにこのサービスが素晴らしいかを理解してもらうことがミッションだと思っています。幸いにもこれまでお会いしたお客様はそれを理解してくださり、提案してご契約にならなかったということがほとんどありません。

━ ポートの魅力・仕事でのやりがいは?

一人ひとりが主役になれる会社

新卒で入社した企業はグループで2万名を超える大企業でした。そのため、社員個人にフォーカスされることは少なく、どの部署のどの役職なのか、が仕事をするうえで重要な個人情報でした。ポートは社員個人にフォーカスします。ポートは日本で一番自分のことを考えていくれている会社だと思います。私だけではなく、他のメンバーに対してもそうだと思います。それはまだ会社が小さいからということもあると思いますが、この会社が何もないところから一人ひとりの頑張りによって成り立ってきた経緯があるからだと思います。経営陣以下、メンバーもみな、隣で働く社員一人ひとりに対しての想い入れが強い会社だなと思います。

━ ポートを通じて成し遂げたいこと

WEBを通じて新しい世界観を作り上げたい

デバイスの進化や通信インフラの充実に連れて、私たちの生活は日に日に便利になっていきます。しかしながら、まだ私たちはまだその環境を活かしきれているとは言えません。今ある様々なインターネットサービスも、そのほとんどがこれまでリアルにあったものの代替物に過ぎず、新たな価値を生み出しているとは言えない状況だと思います。ポートメディカルもそうですが、私たちの作り出すサービスによって人々の生活が大きく変えられるようなイノベーションを起こしたいと考えています。実は家族も私の会社が何をやっているかよく分かっていないのですが、いつか家族が知らないうちに私の会社のサービスを当たり前に使っていたら嬉しいですね。

━ メッセージ

その会社で何を成し遂げられるか

この会社に再び入社するときに、副社長に言われた言葉があります。「俺たちはまだ何も成し遂げていない。」 せっかく働くなら、何かをやり遂げられる環境で働くべきだと思います。仕事や周りの愚痴を言って過ごすよりも、自分がこの会社でこれはやりきったと言える環境を選ぶべきだと思いますし、ポートなら自信を持ってそういう会社ですと言えます。

2016年1月インタビュー