採用情報|ポート株式会社【PORT INC.】

社員インタビュー

営業から開発、ライター、マネジャーまで、それぞれのフィールドで

夢や目標に向かって突き進む、PORTの社員インタビューをご紹介。

限界は決めるものでなく更新するもの

事業開発部
ディレクター

岩田貴晃

在学中に個人でメディアを立ち上げ収益を生み出す。その後、大手ニュースサイトでディレクション業務を経験し、フリーで活動。主にwebディレクター・コンサルタントとしてメディアの立ち上げやグロースのための施策を行うべくポート株式会社で仕事をしているうちに、会社の更なる成長のキッカケを創りたいと思い、入社。

━ ポートに入社した理由は?

理想と現実との間にあったギャップ

フリーランスとして活動している中で、あくまでも自分は自由な働き方がしたいからフリーになったわけではなく、世の中にとっていかにインパクトのあることができるか、いかに自分が成長できるか、が重要であるということに気づきました。ある種、理想とはまるで対極にいるフリーの自分に葛藤を感じていました。ポートにフリーとして仕事をしている中で、会社ののビジョンとスピード経営に見事に魅せられて、入社を決意するに至りました。会社の更なる成長に貢献したい、より多くの人を幸せにできるサービスを創りたい、自分の限界を更新したいというこの3つの想いがそうさせたのだと思います。

━ ポートで取り組んでいる仕事は?

サイト流入を増大させるチャネル最適化

自社のメディアの主に検索からの流入を増やすための施策を行っています。具体的にはコンテンツの細かい部分の最適化、ライター、編集チームへのフィードバックをする業務やソーシャルメディアの運用、広告配信等幅広くマーケティングを担当しています。一人でも多くの人に自社メディアの情報を届けられるか、見てもらえるかを日々考えています。また、いかに早くPDCAを回していくか、どんな記事のタイトルがユーザーに響くのかといったことを分析し、常識や経験に縛られることがないよう現状に疑問を持ちながら仕事に取り組んでいます。

━ ポートの魅力・仕事でのやりがいは?

スピードを意識しながら成長できる

ベンチャー企業ということもあって意思決定の早さに何より驚きました(笑)いわゆる大企業だと会議や稟議を通し意思決定がなされますが、ポートではアイディアを具現化するまでのプロセスがとても早いので自身もよりスピードを意識しながら成長できます。また社内の雰囲気も非常によく、社員一人ひとりが積極的に意見交換をし合い課題を解決していくので、考える力と課題対応能力が同時に養われます。常にネクストステージを考えながら行動する人や自分の考えを形にしていきプロジェクトを成功へと導くことが好きな方には、まさに最適な「空間」であると感じています。

━ ポートを通じて成し遂げたいこと

常識を捨てて物事の「本質」を突き詰めたい

「ユーザーが本当に喜ぶコンテンツとは何なのか?」ということを常に意識して、ビジネスが果すべき本質を突き詰めていく力を養いたいと思っています。プロジェクトを進める上で競合分析などは絶対的に必要になるものですが、そこだけに縛られることは大きなリスクだと感じています。マーケッター、ディレクターという職務はその性質上、知識を詰め込みすぎて頭でっかちになりやすい側面があるので、本質を見失わない冷静な判断力を身につけたいですね。ポートの企業理念である「世界中に、アタリマエとシアワセを。」というビジネスの本質をマーケティング視点で具現化していきたいと感じてます。

━ メッセージ

未来を見据えて逆算する能力

現状に満足せず、常に危機感をもって進んでいける人と働きたいです。メディアや広告など全般に言えることですが、IT業界って本当に流れが早いのでトレンドに乗るのは当たり前で、トレンドは何なのかを先回りして考えていく力っていうのは社員だろうが関係なく、全員が身につけていくべきだと思います。なぜなら未来を見据えて今すべきことを考えて、それを主体性を持って実行していける人が多いければ多いほど、サービスしいては会社がスケールしていくことに繋がると確信しているためです。そういった好循環を生み出していける人材がポートでは求められているし、マッチするのだと思います。

2016年1月インタビュー