採用情報|ポート株式会社【PORT INC.】

社員インタビュー

営業から開発、ライター、マネジャーまで、それぞれのフィールドで

夢や目標に向かって突き進む、PORTの社員インタビューをご紹介。

時代を創っていく会社だと実感しました

web開発事業部

近藤麗水

美術大学に在学中Web制作会社で2年ほどアルバイトし、様々なコーポレートサイト・キャンペーンサイトなどの制作に携わる。卒業後は、新卒でソーシャルゲーム会社に入社し、UIデザイナーとして新作ゲームの開発から既存ゲームの改修まで幅広く経験し、その後ポートに入社。

━ ポートに入社した理由は?

時代を創る使命感

知り合いにコーポレートサイトを見せてもらったときに、”何これかっこいい!”と思ったのがポートに興味を持ったきっかけです。その後、縁があってデザイナーを紹介していただき、面接に辿り着くことができました。
社長や役員と面接をしていく中で、自分たちが時代を作っていく、無くてはならないものを作っていくという使命感の強さに惹かれました。他の誰でもない自分たちがやるんだという強い熱意を感じ取りました。まだ世に無いものを産み出すことはとても大変なことだけれど、反面とても面白そうだと感じました。もしかしたら1年後には今と全く別のことをしているかもしれませんが、明日何しているかわからないワクワク感があります。

━ ポートで取り組んでいる仕事は?

試行錯誤と挑戦

現在は新規の自社メディア、サービスのサイト作成、コーディングをメインで行っています。 手を挙げればメインデザイナーを任せてもらえたり、または先輩に聞いたりと試行錯誤しながらも挑戦できる環境で、日々、自分の技術力の向上に努めています。また、ポートは新しい技術やツールを積極的に取り入れたり、共有したりする文化があるので、いろんなやり方での挑戦ができます。

━ ポートの魅力・仕事でのやりがいは?

イノベーションの瞬間を目にする

仕事でのやりがいは、新しいサービスやメディアの立ち上げに関われることです。
先日、日本初の遠隔診療サービスのPORTメディカルをリリースしましたが、入社後すぐにこのプロジェクトにアサインされました。日本初という時代の後追いではなく、時代を先駆け、自分たちが時代を変えたと言えるようなプロダクトの制作に携われたことに深く感動しました。リリースした当初は実感がなかったのですが、その後の反響も大きく、実際にサービスに申し込みがあったときは、このサービスによってその人の生活が確かに変わったんだと、歴史的瞬間に立ち会ったような気がして、とても嬉しかったです。

━ ポートを通じて成し遂げたいこと

ポートのデザインはすごいって言われたい

ポートはどちらかというと今は”技術に強い会社”だと思われていますが、デザインだって負けてないぞ!ということを発信していきたいです。まだまだ自分には力不足な部分もありますが、ポートのデザインチームを大きく世間に知ってもらうことが今の目標です。
それと同時に、ポートブランドから人の生活に無くてはならないプロダクトを世に発信していきたいです。あのサービスといえばポートだよねって誰もが知ってるようなプロダクトを。
デザインの力は人の生活が良くなったり、便利になったり、誰かを喜ばせたりシアワセにする為に使っていけたらなと思います。

━ メッセージ

アタリマエをつくっていく

私は入社2ヶ月目にしてイノベーションの瞬間を目の当たりにしました。昨日まで存在しなかったサービスによって、確かに人の生活が変わりました。ここなら時代を創っていけると胸を張って言えます。
会社自体はまだまだ成長途中で、これからもっともっと大きくなっていきます。その成長に負けないように、会社と共に成長していける人、共にポートブランドを広く世に発信してくれる人を募集しています。

社内では持ち回りでの勉強会も行っており、自分の得た知識をアウトプットし共有する場もあります。最新のトレンドや知識の共有も積極的に行っているので、新しいもの好きや勉強が好きな方は特に気が合うと思います。

2016年1月インタビュー