採用情報|ポート株式会社【PORT INC.】

社員インタビュー

営業から開発、ライター、マネジャーまで、それぞれのフィールドで

夢や目標に向かって突き進む、PORTの社員インタビューをご紹介。

技術で社会を変えよう

web開発事業部

永石昌己

大学院で機械工学を学んだ後、新卒でメーカーの研究所に配属。半導体部材の開発・量産化の業務に従事。転職後、編集プロダクションにて教科書・学習参考書の制作に携わる。趣味でプログラミングを続けており、様々なwebサービスを開発していく中でITエンジニアという職種に興味を持ち、 PORTに入社。

━ ポートに入社した理由は?

技術の追求と社会を変える意思

ポートのエンジニアが技術に対する探究心と社会を変える意欲を持っているからです。
趣味でiOSアプリを作ったとき、私はプログラミングの面白さとユーザーからの反響に感動をおぼえました。そしてこの分野を仕事にしようと決意しました。
一方で否定的な意見も多数いただきました。仕事に「面白さ」を求めてはいけない。「社会を変える」という姿勢は不遜だ、等のプロ論です。
この迷いが晴れたのが、ポートの面接の場でした。浦田CTOの話を聞いて、ポートのメンバーが技術が大好きで、そして本気で社会を変えようとしていると私は確信しました。ポートでは無邪気に技術を愛し、社会を変える夢を語っていいんだと感じました。

━ ポートで取り組んでいる仕事は?

メディアの運用とサービス考案

通常業務としてメディアの開発と保守運用、プロジェクトマネジメントをしています。主な開発言語はRuby。Ruby on RailsとRSpecを使っています。経験者の方から学びつつ、後輩に技術や考え方を教えたりサポートしたりしながらプロジェクトを進めています。ユーザーにとって使いやすいメディアはどういうものか、ユーザーが知りたい情報はどういうものかをいつもチームで考えています。
またポートには週に1日、午後の時間を使って自分たちでサービスを考え提案してよいという「web研究」という制度があります。この制度を利用して、自分が社会に提供したいサービスのプロトタイプを作っています。

━ ポートの魅力・仕事でのやりがいは?

主体的に働ける職場

自分がやりたいことを提案できる文化がポートの魅力であり、やりがいであると思います。
通常業務では、使ってみたい技術やライブラリがあれば自由に提案できます。そしてそれらを議論したり学習する環境があります。希望すれば外部の勉強会への参加もできますし、自社の設備を用いて勉強会を主催することも可能です。
また前述の「web研究」制度は、自分でサービスを考えるのが好きな方にとって魅力的な制度です。
このようにエンジニアが主体的に働けるところがPORTの良いところだと思います。

━ ポートを通じて成し遂げたいこと

技術で社会を変えたい人が集まる「場」を作りたい

上述のように、ポートには技術で社会を変えていける環境があり、その環境に私は感謝しています。一方で、環境とはその場にいる人が作るものだとも思っています。
私が成し遂げたいことは、自身が技術を磨き社会を変える力を身につけることでチームに刺激を与え、学びやすく成長しやすい場を作ることです。またポートの知的な雰囲気を社外にも伝えることで、想いを同じくするエンジニアが自然に集まってくるような場を作りたいと思っています。

━ メッセージ

一緒に技術で社会を変えよう

ポートの開発チームには、わからないことを教えあったり社内勉強会などの場を用意したりと、技術を追求し高め合う環境があります。勉強会を外部に公開したり、技術カンファレンスを招致したりという対外活動も積極的に行っています。
また、最新のビジネスの動向等の情報共有を活発に行っていたり、個人でサービスを開発しているメンバーもいます。
このように、技術で社会を変えたい方を歓迎し受け入れる体制がポートにはあります。ぜひ一緒に世の中を変えていきましょう。

2016年1月インタビュー