採用情報|ポート株式会社【PORT INC.】

社員インタビュー

営業から開発、ライター、マネジャーまで、それぞれのフィールドで

夢や目標に向かって突き進む、PORTの社員インタビューをご紹介。

人生を変える仕事がしたかった

事業開発部
チーフ

野村葉月

新卒で雑誌を専門に扱う広告代理店に営業として入社。そこから女性向けwebサイトを運営する会社に転職し、ライター・編集として勤務。一度メディアを離れ会社の管理業務を経験した後、ポート株式会社に入社。

━ ポートに入社した理由は?

新しいことにチャレンジできる環境があったから

情報を広く、多くの人に伝えていきたいと思っている中で、既存の紙媒体を中心に就職を考えていたのですが、ポートの面接のときにインターネットメディアの構想やその先にある展望を聞いてワクワクしたことがポートに入りたい!と思った一番の理由です。さらにそのワクワクすることを、同年代の人たちが実際に考え、仕事にしているというのもとても刺激的でした。この会社なら、今まで保守的になってもやもやしていた私でも新しいことにチャレンジし、頑張れるのではないかと思えたのです。

━ ポートで取り組んでいる仕事は?

メディア編集とライティング業務

入社してすぐは、自社で運営しているサイトの記事作成・編集業務を行っていました。その中で、紙媒体はその媒体のブランドが一番重要ですが、Webメディアではそのコンテンツ自体が一番重要であるということを実感しました。現在は新規事業である動画メディアのコンテンツ作成を担当しています。ユーザーがどんな動画を見たいのかを企画し、公開した動画を分析し、PDCAを回しながらコンテンツを生成しています。今までの知識を活かしながら新しいことを勉強でき、チームもどんどん増えて楽しく仕事しています。

━ ポートの魅力・仕事でのやりがいは?

仕事に対して情熱を持っている人が集まっている

私の所属する部署だけでなく会社全体にいえることなのですが、自分の仕事に情熱をもって取り組んでいる人が多いことです。仕事をこなすだけではなく、その仕事をすることで自分が世の中に対して何ができるのかまでを考えているのだなと感じられるような人がほとんど。自分たちのスキルアップにも積極的で、お互い切磋琢磨しあえるベンチャーならではの良い雰囲気だと思っています。自分の考え方と努力次第でいくらでも成長できる良い環境です。

━ ポートを通じて成し遂げたいこと

新しい選択肢を提示し、ユーザーの生活を少しでも豊かにすること

メディアや会社として新しくリリースしていくプロダクトを通じて、ユーザーに今まで知らなかった、考えもつかなかったという情報や発想を提案し、受け手の人生の中の選択肢を増やしていきたいと考えています。例えば、私たちが作っている動画や記事でも、ユーザーに小さな提案をし続けているのです。ささいなことかもしれないけれども、一人でもその知識をつけることで選択肢が増え、自分で考え、答えを出す。より良い答えを求めるための人生の小さな選択の機会が増えることで、少しでも生活が豊かになっていくと信じています。

━ メッセージ

人生、無駄・無理こそすべて!

人生は無駄なことが多ければ多いほど充実したものになると、私は思っています。逆に言うと、人からいくら無駄・無理と言われるほど、それは自分の人生にとって必要なことだったりします。自分の仕事や人生について悩むこともあると思いますが、少しでも気になったら実際にやってみること。それでダメだったら、また新しいチャレンジをすればよいと思っています。経験をしてそのうえで、自分でまた選択すること。その繰り返しが何よりも大切だと思うのです。これは無駄かな、失敗するかな、と考える時間よりも、状況を変えるべくいろんなことにチャレンジできる環境がこの会社にはあると思います。

2016年1月インタビュー