採用情報|ポート株式会社【PORT INC.】

社員インタビュー

営業から開発、ライター、マネジャーまで、それぞれのフィールドで

夢や目標に向かって突き進む、PORTの社員インタビューをご紹介。

技術力の育成と自分の成長

webシステム本部
取締役CTO

浦田祐輝

9歳からプログラミングをはじめ、今までに作ったアプリケーションは100をゆうに超える。在学中に起業し大学を中退。合計で3社の会社を創業し、代表権を譲った後、上々企業のソーシャルゲーム会社にて技術統括部長に就任。その後ポートに入社、取締役就任。

━ ポートに入社した理由は?

テクノロジーと成長

私は世界一のweb・研究開発チームが作りたいと思っていました。 世界にテクノロジーで挑戦できている日本の会社は多くはありません。 技術大国日本と呼ばれているのにどうしてインターネットでは?と何度も考えました。 繰り返し考え続けるうちに「だったら自分で達成すればいいんじゃないか」と思うようになりました。そこで、代表の春日から当時、まだ営業中心の会社だったのにたいして、テクノロジーで世界を変える会社にしたい。プロダクト開発に力を入れたい。と誘いを受けて、ここで一緒にやってみようと思いました。

━ ポートで取り組んでいる仕事は?

技術で勝てる会社へ

会社の技術的な部分(育成・採用・プログラミング)を包括してやっています。 最新の技術を取り入れるために勉強会に行ったり、勉強会を招致したりしています。 実際の業務ではweb・インフラ・アプリのプログラミングをしながら、どのように会社が求めているものを達成していくかを考え、設計することが僕の仕事です。 成長をもっと促すこと、みんなとコミュニケーションをとってもっと良いチームにしていき、パフォーマンスを最大化することも仕事の一つです。

━ ポートの魅力・仕事でのやりがいは?

技術の成長のためには惜しまない

最新の技術を追えることや色々な技術を試していけることでサービスを大きくしていけることにはとてもやりがいに感じています。
具体的には、自分にはない技術を持ってる人や知識を持っている人などのそれぞれプロフェッショナルな方々と意見を交換したり、討論することで自分の中にはない新しい解が生まれ、それをサービスに落とし込んでいけるようにもっと技術を学んだりできるところはとても良いところだと思っています。 これからもその文化を途絶えさせないようにしていくことも魅力であり、やりがいだと思っています。

━ ポートを通じて成し遂げたいこと

世界初・日本初の大きなサービスを日本発で取り組んでいきたい

自分の技術力を他の人と共有し、もっとお互いに高め合うことで会社としてできることも増やしていき、 思いついたことをすぐに実行に移せるようにしていきたいと思っています。
その会社としてできることが世界初・日本初のものでもっと大きなサービスにしていきたい。
そうすれば成し遂げられると思っています。

━ メッセージ

新しいことに挑戦し続けよう!

新しいことに挑戦することは楽しい。でもそれ自体はとても難しい決断だと思います。 ただ自分にとって正しいと思うことには投資し、意見し、討論していくことでもっと世界を変えられる力になると思っています。 時には、いろんな人とぶつかるかもしれません。それが嫌で逃げ出すこともあるかもしれないです。 でも、自分と技術を信じて進んだ先にはきっといろんなことに挑戦できるような自分になっていると思います。 世界で勝てるテクノロジーカンパニーへ。一緒に挑戦してみませんか?

2016年1月インタビュー