ポート採用サイトロゴ
Genma プロフィール

「日本社会を良くしたい」という思いが、ポートにつながった

Genma

経営管理部
経営企画グループ
マネージャー
2016年入社

東京大学経済学部在学中からインターンとしてポートで働き、2016年4月に正社員として入社。事業開発部で2年間バーティカルメディアの仕事に携わり、現在は経営管理部の営業管理グループマネージャーを務める。「日本社会を良くしたい」という強い思いを抱き、自由な発想力で仕事に新しい風を起こすチャレンジャー。

SCROLL TO DISCOVER

目標に全力で向かっていくポートのメンバーが魅力的だった

私は5歳から10歳までアメリカで生活していました。海外にいたことで、かえって日本人としてのアイデンティティに目覚めたのかもしれません。学生時代から、「日本社会を良くしたい」という思いが常に自分の中にありました。

大学3年生の4月からインターンを始め、ポートを含むいくつかの企業のインターンを経験しました。その中には日本を代表する大手企業もありました。しかし会社が目指すものに対して共感は覚えるものの、なんとなく打算のようなものを感じてしまい、「何か違うな」という感覚がありました。しかし、ポートでは、ほとんどの社員の人が純粋に自分の目指すものに向かって全力を尽くしていて、ここで働きたいと思うようになりました。

そして最終的には「起業するか、ポートに入社するか?」で悩み抜いた末、ポートへの入社を決意しました。私は性格的に縛られるのが嫌いなのですが、ポートには日本企業にありがちな縛りのようなものが一切ありません。そんな自由さと、社会課題の解決に真摯に向き合うメンバーがあまりにも素敵だったことが、ポートへの入社を決めた大きな理由です。

いろいろな発想が飛びかうユニークな経営管理部

入社後、最初に配属されたのは事業開発部でした。代表の直下で、バーティカルメディア事業の第2弾である新領域の立ち上げに携わりました。アクセス解析から記事の作成、SNSの育成まで幅広く関わり、ゼロからものを生み出していく楽しさを味わいました。

それから複数のバーティカルメディアに関わった後、2017年1月に現在の経営管理部に異動になりました。営業管理部のマネージャーとして、全体の売上および内部統制の企画・管理、全社財務諸表の予実管理、監査法人との連携などのマネジメントを行っています。

よく、経営管理部というと「硬い部署でしょう?」と言われます。しかし実際のところ、まったくそんなことはありません。新しいデータ管理のアイデアを練るのはとても創造的な仕事ですし、法律の条文をどこまで自由に解釈して監査法人と議論できるかを考えるのは非常に楽しい仕事です。もともと、私は学生時代から「量子力学と経済学を混ぜたらどうなるか?」「宇宙物理学をいじめ問題に活用してみたらどうだろう?」といった面白いことを考えるのが好きでした。社内でもよく勉強会を開きますが、いろいろなアイデアやユニークな発想が飛びかい、話題は尽きません。

面白いことが好きなのは、実のところ私だけではありません。そもそも一番面白いことが好きなのは、社長をはじめとした経営陣なのです。何しろ社長から突然、「こんなこと思いついちゃった」とチャットが来たりするんですから。一番学ぶのが好きなのも社長、一番面白いことを考えることが好きなのも社長。そして一番新しいことをやるのが好きなのも社長なので、そんな社長の人柄を慕っている社員はたくさんいます。

「もっとこうしたらいい」と思うことが、ポートの発想の原点

社会の中で「ここはもっとこうしたらいいのに」と疑問に思うことがあれば、それがポートの発想の原点です。「こうしたらいいのに」という疑問は「じゃあどうしたらいいんだろう?」という問いかけに変わり、具体的な事業へと発展していきます。

私はポートに入社して2年半になりますが、いまそんなポートに入社して本当に良かったと心の底から思っています。今後は経営管理部のマネージャーとして、市場と直接対話する場に立つ力をつけ、会社を正当に評価してもらうために頑張りたいですね。また、市場に名前が付けられるような、誰もが思いつかなかった新しいスキームを作り出したいとも考えています。

ポートはこれから何をやるか分からない、無限の可能性をもった会社です。いま本当に社会にとって必要なものを純粋に追い求められる人なら、きっとポートで活躍できるのではないでしょうか。