正規販売代理店ポート株式会社 届出番号:C2203454

ピカラ光の平均速度は500Mbps!四国限定だけど速度重視の方には最適

「最近、テレワークが増えて自宅でネットをすることが増えたんだけど、回線が遅くてストレスが溜まってきた。」

「テレビCMでピカラ光のネットは快適なんて言ってるけど、本当に速かったら乗りかえたいな…」

「ピカラ光の速度って実際はどのくらいなの??」

結論から言いますと、ピカラ光はかなり速い回線です。

ピカラ光は四国電力が独自に引いた光回線を活用してサービスを提供しており、詳しくは後述しますが、そのことが速度が速い理由となっています。

この記事では、ピカラ光が実際にどのくらい速いか、わかりやすく身近な例を挙げて説明しますね。

記事の最後に、もしピカラ光が利用できなかった時に選択できるおすすめの回線を紹介しますので、最後までお読みください。

PORTブロードバンド 回線検索

地域によっては
利用可能な回線が限定されます
地域・住宅によっては、設備が整っておらずご希望回線が使えない場合がございます。
まずは“どの回線が使えるか”をご確認ください。

  • 住宅タイプ

  • スマホキャリア

  • 郵便番号

×

  1. NURO光
    ロゴ画像

    実質 766通常5,200

    総額124,000円キャッシュバック!
    • 現金2万円付与
    • 継続利用で最大6万円付与
    • SoftBank永年割引
  2. NURO光
    ロゴ画像

    実質 766通常5,200

    総額124,000円キャッシュバック!
    • 現金2万円付与
    • 継続利用で最大6万円付与
    • SoftBank永年割引
  3. NURO光
    ロゴ画像

    実質 766通常5,200

    総額124,000円キャッシュバック!
    • 現金2万円付与
    • 継続利用で最大6万円付与
    • SoftBank永年割引

ビッグローブ光

auスマホの料金が安くなる

ロゴ画像
  • 月額料金3年間 実質¥1,388節約 詳細
  • au/UQ mobileなら年間¥13,200お得
  • 新規申込で現金¥30,000付与

総額 最大¥91,800相当バック当サイト限定キャッシュバック¥20,000!(※)新規申込で¥30,000キャッシュバック!
その他、工事費最大¥28,600実質無料・auのスマホ料金 年間¥13,200割引き!

受付時間:09:00〜20:00 土日祝日も営業

受付時間:09:00〜20:00 土日祝日も営業

※適用条件:お申込み内容確認電話の際に「PORTブロードバンド限定キャッシュバックを希望する」とお申し出ください。

ピカラ光の下り平均速度は500Mbps

ピカラ光は通信速度は最大1Gbps(=1,000Mbps)のベストエフォート型サービスです。

ベストエフォートとは、最大限に努力しても1Gbpsの速度までしか出せない回線という意味で、実際は1Gbpsの速度は出ないサービスということですね。

それでは、ピカラ光はどのくらいの速度が出るのか、実際の利用者の速度を集計したサイトで確認してみましょう。

また、ピカラ光だけではそれが速いかどうかわからないので他社の回線とも比較してみますね。

回線名下り平均速度上り平均速度Ping値
ピカラ光504Mbps438Mbps18ms
フレッツ光ネクスト270Mbps221Mbps21ms
ドコモ
home 5G HR01
237Mbps21Mbps49ms
ピカラ光の平均速度

参照:みんなのネット回線速度

ここでは、ピカラ光の比較対象として、NTT西日本のフレッツ光と最近利用者が増えてきているドコモのホームルーターと比べました。

平均速度を比較した結果、ピカラ光は下りも上りも圧倒的に早く、他社と比べると倍くらいの速度が出ていますね。

ちなみに…

下りとは「ダウンロード」のことで、WEBサイトを閲覧したり、動画を見たりする時に行い、ダウンロードの速度が遅いと動画がカクカクしたりしますね。

一方、上りは「アップロード」と言いまして、メールを送ったり、動画を送ったりするときに行い、アップロードが速いとデータが重い動画でも短い時間で遅れるという事になります。

また、Ping値という数値ですが、これはインターネット回線の反応速度のことで、数値が小さいほど反応速度が良く、数値が大きいとタイムラグ大きいという事になります。

現在はテレワークやオンライン授業、オンラインゲームなど上り下りの双方向の通信が増え、それらを快適に利用するためにはダウンロードの速度だけでなく、アップロードの速度やPing値というのが重要になってきます。

Ping値は低い方が良い

サーバーの応答時間(サーバーとの往復にかかった時間)のことで、一般的にPing値を表す単位は「ms(ミリ秒)」で表されます。
数値が低いほど応答時間が短く、通信が高速ということです。

ピカラ光は家のネットとしては速い!

さて、ピカラ光の速度が他社回線に比べると速いことがわかりましたが、実際に利用する場合に速度のストレスがないか身近な例をあげつつ確認してみましょう。

シーン1.動画視聴:快適!

動画視聴において、必要な速度は動画の配信サイトによって異なりますが、YouTubeやNetflixなどの高画質な4K動画では下り速度が15~20Mbps必要となっています。

簡単に動画視聴に必要な速度を表にしました。

動画解像度必要な速度快適なPing値ピカラ光の評価
4K20Mbps50ms以下
HD 1080p5Mbps60ms以下
快適な動画視聴に必要な速度

ピカラ光のダウンロード速度は500Mbps、Ping値は18msなので、余裕で視聴可能ですね、全く問題がないと言えます。

さらに、Ping値も低いので、動画を再生してから開始されるまでの時間も短く、よりストレスなく動画を楽しめます。

シーン2.テレワーク:快適!

テレワークは相手のリアルタイムな動画と音声をダウンロードしつつ、同時にこちらの動画と音声をアップロードしていく双方向の通信が必要になります。

同時に通信する相手の人数が多いほど、遅延が発生しやすくなり、ダウンロード速度だけでなくアップロード速度やPing値も必要になっていきます。

目的必要な速度快適なPing値ピカラ光の評価
ビデオ通話20Mbps40ms以下
Webブラウザ利用5Mbps60ms以下
快適なテレワークに必要な速度

テレワークでもピカラ光なら必要な数値をクリアしているので、問題なく利用できますね。

シーン3.オンラインゲーム:普通にプレイできる

オンラインゲームでは、回線の速度も重要ですが、Ping値が重要です。

FPSオンラインゲームのような素早いアクションが必要なゲームでは、Ping値が高いと動作にタイムラグができて、快適にプレイができません。

目的必要な速度快適なPing値ピカラ光の評価
FPSオンラインゲーム70Mbps10ms以下
オンラインRPG30Mbps40ms以下
快適なオンラインゲームに必要な速度

求められるPing値はゲームによって異なるので一概には言えませんが、だいたいのゲームは10ms以下であればラグがなく快適にプレイできます。

ピカラ光のPing値は18msなので、FSPのオンラインゲームは問題なくプレイできるものの、ゲームの参加人数が増えたりして一時的に回線が混み合った場合にラグが起きることがあるという感じでしょうか。

ただ、激しいアクションがないRPGのようなオンラインゲームならば、問題なくプレイはできますね。

ピカラ光が高速な理由

それではなぜピカラ光の通信速度はNTTのフレッツ光よりも早いのでしょうか?

ピカラ光が高速な理由は…

四国電力が独自で引いた光回線を利用しているからです。

ざっくりと説明すると、フレッツ光の場合は、NTTが引いた光回線を多くの事業者が利用していて混み合っているのに対し、四国電力の引いた光回線はピカラ光ユーザーが主に利用しているのです。

高速道路に例えると、いろいろな県から車が集まって渋滞している2車線の高速道路と、四国の人の車だけしかいない2車線の高速道路のようなもので、利用している人数の違いから渋滞はおきにくいといった感じです。

ピカラ光のデメリットは四国電力エリア内でしか使えない

最後に、ピカラ光のデメリットですが、

四国でしか利用できないことです。

四国電力の光回線を使っているため、四国電力の提供エリアである「愛媛・香川・高知・徳島」の4県でしか利用ができません。

そして四国であっても提供地域は限定されているという大きなデメリットがあります。

特に山間部では提供していないエリアが多く、都市部であってもピカラ光の設備が導入されていないマンションでは、建物の所有者の許可を得ないと導入できないという事もあります。

そのため、ピカラ光の導入を検討しているのならまず、ピカラ光の公式サイトから提供エリアの確認をしましょう。

エリア外だった場合のおすすめの回線

もし、ピカラ光が提供エリア外で利用できなくても安心してください。

今回紹介する3社の光回線は全国規模でサービス提供しているため、提供エリアが広いというメリットがあります。

そして、通信速度が速いうえに、スマホのセット割でお得に利用ができる光回線になってます。

光回線下り平均速度上り平均速度Ping値
auひかり470Mbps443Mbps17ms
ドコモ光
(GMOとくとくBB)
301Mbps263Mbps22ms
ソフトバンク光328Mbps256Mbps16ms
ピカラ光504Mbps438Mbps18ms
おすすめの他社光回線

※ドコモ光のプロバイダーが「GMOとくとくBB」の場合

このように他社回線であっても、ピカラ光に遜色のない回線速度を出すことができます。

もちろん、動画視聴や、テレワークに支障が出ない回線速度とPing値になっています。

また、各社とも対応したスマホとのセット割があります。

ちなみに、ピカラ光はauと提携があるので、auひかりと同じ内容のセット割引が受けられます。

スマホのセット割の割引額は各社同じで、スマホの料金から対象のスマホ1台につき年間最大¥13,200の割引があるので、ご家族で複数台のスマホを利用している場合は割引額が大きくなり、かなりの金額的メリットになります。

ピカラ光と他社回線のコスパ比較

速度の速い回線が増えていているので、通信速度はピカラ光に及ばなくても普通にインターネットを利用するには十分な速度を得ることができます。

そのため、重要になってくるのは、回線速度と月額料金のバランスであるコスパです。

ピカラ光の月額料金は比較的に高くないのでコスパは良いはずですが、他社と比較した場合にどのくらいのコスパの差が出るか見ていきたいと思います。

数値で表した方がわかりやすいので、「料金÷速度=コスパ」という形で算出しますね。

光回線月額料金下り平均速度コスパ
(料金/速度)
ピカラ光
(ネット+でんわ)
¥5,500518Mbps¥10.6/1Mbps
auひかり¥5,610532Mbps¥10.5/1Mbps
ドコモ光
(GMOとくとくBB)
¥5,720304Mbps¥18.8/1Mbps
ソフトバンク光¥5,720326Mbps¥17.5/1Mbps
フレッツ光ネクスト
(OCN)
¥5,940265Mbps¥22.4/1Mbps
コスパ比較表(戸建てタイプ)

このように、「auひかり」であれば1Mbpsあたりのコスパはピカラ光と同等になりましたが、これはドコモ光やソフトバンク光のコスパが悪いのではなく、ピカラ光とauひかりが良すぎるんですよね。

利用者が最も多いフレッツ光ネクストを基準に考えればドコモ光、ソフトバンク光もコスパがいい回線という事もできます。

そのため、ドコモやソフトバンクのスマホを利用している場合は、セット割で割引される金額も考慮して回線を選んだ方がよさそうですね。

auひかり

au / UQ mobileユーザーはこれ一択

ロゴ画像
  • 2年間の月額料金実質¥1,235 詳細
  • au/UQ mobileなら年間¥13,200お得
  • 独自回線だから業界トップクラス速度

総額 最大¥146,250相当バック当サイト限定キャッシュバック¥20,000!(※)さらにauひかりスタートサポート特典ご利用で最大¥55,000キャッシュバック!
その他、工事費¥41,250実質無料・au/UQ mobileのスマホ料金 年間¥13,200割引き!

受付時間:09:00〜20:00 土日祝日も営業

受付時間:09:00〜20:00 土日祝日も営業

※適用条件:お申込み内容確認電話の際に「PORTブロードバンド限定キャッシュバックを希望する」とお申し出ください。

ソフトバンク光

SoftBank/Y!mobileならコレ

ロゴ画像
  • 2年間の料金実質¥833/月節約 詳細
  • SoftBank/Y!mobile年間¥13,200お得
  • 開通まで置くだけWi-Fi無料貸与(※1)

総額 最大¥164,880相当バック当サイト限定キャッシュバック¥20,000!(※2)他社回線からの乗り換え費用を最大10万円還元!
その他、工事費最大¥31,680実質無料・SoftBankのスマホ料金 年間¥13,200割引き!

受付時間:09:00〜20:00 土日祝日も営業

受付時間:09:00〜20:00 土日祝日も営業

※1)置くだけWi-FiもしくはモバイルWi-Fiいずれかを、開通工事が完了するまでの期間限定で無料レンタルいただけます。
※2)適用条件:お申込み内容確認電話の際に「PORTブロードバンド限定キャッシュバックを希望する」とお申し出ください。

まとめ.ピカラ光は速度重視の人に最適

今回はピカラ光の速度に関して解説してきました。

この記事のまとめ

  • ピカラ光は他回線と比較しても高速で日常のインターネットに支障がない
  • 四国電力の独自回線をピカラ光ユーザーだけで使っているから速度が速い
  • 提供エリアが狭いため、四国であっても利用できない地域がある
  • 他社回線であってもピカラ光に遜色がない回線がある

ピカラ光は速度の面で非常に優秀である反面、提供エリアが狭く、四国のどこでも利用できるわけではなかったのは残念でしたね。

提供エリア内ならばピカラ光は、オンラインゲームをよくやる人や、動画を配信したりする人のようなインターネットの速度を重視する人には最適なサービスです。

ピカラ光の最大10Gbpsのプランも出ているので、まだ提供エリアは狭いですが、さらに速度を伸ばせるのは魅力的ですね。

ただ、実際500Mbpsの速度を必要としない人も多いかと思います。

そんな人は、ご利用中のスマホのキャリアに合わせた光回線を選んで、セット割でお得に利用する方が、費用の面で最適かと思いますね。

記事の編集責任者 奥山 裕基 Okuyama Yuki

大学卒業後、服飾業界と教育業界を経てポート株式会社へ。
入社後は多数の新規メディア立ち上げに参画し、自身も有資格者ライターとして2,000本を超える記事を執筆。
PORTブロードバンドにおいても「読者のインターネット回線に関する最適な意思決定を支援する」という信念のもと、総務省の認可を得た正規販売代理店(届出番号C2203454)として、信頼できる情報を“誰にでもわかりやすく”発信している。

> メッセージを読む