正規販売代理店ポート株式会社 届出番号:C2203454

WiMAXの速度制限はなくなった?外出先のモバイルWi-Fiルーターとしては最適

モバイルルーターを契約しようと思っているんだけど…

「WiMAXって速度制限あるの?」

と疑問に思っている人にWiMAXの速度制限について解説します。

結論から言うと…

現在は、速度制限はありません。データ無制限で利用できます!

以前は、“月間7GB”とか“3日で10GB”とか通信容量をイチイチ気にしながら利用しないといけなかったWiMAXですが、現在は容量制限が撤廃されています。

つまり、データ容量無制限で利用できるようになったということです。

この記事では、無制限で利用できる2つのプランの違いや、他社モバイルルーターとの比較を行いますので、WiMAXを検討している方は是非ご一読ください。

PORTブロードバンド 回線診断

通信料金を
年間33,200円節約できるかも
住宅タイプ・スマホ(携帯)のキャリアに適した回線を選ぶだけで、年間の通信料金は大幅に節約できます。

  • 住宅タイプ

  • スマホキャリア

  • 郵便番号

おすすめの回線を検索中
×

WiMAXの速度制限はなくなった

2022年2月1日に「UQWiMAX」より“通信量の制限”の撤廃が発表されました。

この速度制限がなくなった事で、WiMAXの使い勝手が格段に改善されたのですが、対象のプランは以下のプランのみ。

WiMAX容量無制限のプラン

  • ギガ放題プラスS
  • ギガ放題プラス

では、どこでも通信容量を気にせず使い放題なのかというと、利用する場所、つまりエリアが関係します。

WiMAXでは接続するモードが2つ選べ、端末の画面操作やモードボタンの長押しにて切り替えができます。

スタンダードモード
(初期設定)
プラスエリアモード
月間データ容量制限なし制限あり(30GB)
オプション料金¥1,100/月
モード別 月間データ容量

制限はないのは「スタンダードモード」のエリアのみ。

オプション(月額¥1,100)で利用できる「プラスエリアモード」にはいまだ制限が残されています。

プラスエリアモードは30GBの制限あり

「プラスエリアモード」とは、通常のスタンダードモードより広いエリアで利用ができるオプションです。

実際のところ、都心ではプラスエリアモードにしてもエリアはほぼ変わらないですが、郊外や山間部のエリアが広がっていて電波が入りやすくなります。

その、オプションの容量制限が月間30GBなのです。

30GBがどのくらいなのかというと、Youtubeを標準画質で50時間程度みると30GBぐらいなのですが、スタンダードモードで問題なく使えている…という人は気にしなくてもいいレベルですね。

各モードのエリアはWiMAXの公式サイトで確認できるので、気になる人はご覧ください。

WiMAXのエリアの確認はこちらから

また、このオプション料金に関しては、「auスマホ・UQモバイル」とWiMAXのセット割引を利用することで、無料になります。

ただし完全に速度制限がないとは言い切れない

ここまでさんざん“速度制限はない”と言ってきましたが、UQWiMAXの公式サイトには…

「より多くのお客さまにWiMAX +5Gを快適にご利用いただくために、一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。」

という、明確な基準はないにせよ、場合によっては制限をかけるという記述はあります。

実際に速度制限がかかった事例があるのか「X(旧ツイッター)」などで情報収集しましたが、ギガ放題プランで速度制限をかけられた人はかなり少ないですね。

ただし、完全に利用できなくなるという事ではなく、夜間の速度が1Mbps程度まで抑えられ、真夜中に復旧するというもの。

つまり、多くの人が利用している夜の時間のみ制限されるという、公式の記載通りの内容ですね。

これは著者の見解ですが、度を越した利用方法であっても制限されていない人もいるようなので、実際の基準は少し緩いような気がします。

したがって、毎日何10ギガも使うような使い方をしなければ、問題ないと思います。

「ギガ放題プラスS」と「ギガ放題プラス」の違い

現在、WiMAXには2つプランがあるのですが、何が違うのでしょうか?まずは月額料金を比べてみます。

ギガ放題プラスSギガ放題プラス
月額料金¥4,950¥4,950
WiMAX+5G割
(13か月間)
-¥682-¥682
合計¥4,268¥4,268
WiMAX 料金プラン比較

両プランとも13か月間だけ「WiMAX+5G割」の割引が入るのですが、実は月額料金は全く同じです。

他の違いとしては、プラン名に「S」があるかないかという事ですが…この「S」がどういう意味なのか解説します。

プランは「ギガ放題プラスS」しか選べない

この「S」とは「5G SA(スタンドアローン)」の「S」です。

「5G SA」とは、5G専用の技術と設備だけで構成した5Gサービスのこと。

従来の5G通信は4Gの設備を併用していたため、5Gのスペックが十分に発揮できなかったのですが、5G専用の設備だけを利用することで、より高速で大容量の通信が可能になったということです。

ただし、まだ利用できるエリアは限られていて、現状では「5G SA」で通信しているかどうかも端末の画面に表示されないため、今後広がっていくものと捉えておくといいかと思います。

現在、プランは2つあるもののWiMAXを公式サイトから申し込もうとすると、同じ料金で将来的にも高速化の見込みがある「ギガ放題プラスS」の方しか選べなくなっています。

WiMAXはおすすめ?機種別に他社比較

WiMAXを利用するには、電波を受信するための端末が必要になります。

端末は持ち運びできる「モバイルルーター」と、自宅でしか使えない「置き型ルーター」があり、ギガ放題プラスSに対応しているのは、以下の2機種です。

機種名Speed Wi-Fi
5G X12
Speed Wi-Fi
HOME 5G L13
タイプモバイルルーターホームルーター
機種価格¥27,720¥27,720
最大通信速度
(受信)
3.9Gbps4.2Gbps
最大通信速度
(送信)
183Mbps286Mbps
最大接続可能数Wi-Fi:16台
USB:1台
Wi-Fi:32台
有線LAN:2台
連続通信時間初期設定時
約540分
連続待受時間初期設定時
約420時間
WiMAX 機種比較

UQWiMAXでは、端末は購入(¥27,720)する必要があり「一括払い」または「分割払い(36回)」での支払いとなります。

ただし、2023年12月現在は「¥17,820キャッシュバック」のキャンペーンを行っているので、実質的には¥9,900で購入することができます。

機種のスペックは、自宅用のホームルーター型の方が良く、内蔵アンテナの本数が多いため通信速度が速く、接続可能台数が多くなっています。

もし、どちらにすればいいか迷っているなら“どういった使い方をするか”で決めましょう。

外出先でWi-Fiを利用したいというのであれば「モバイルルーター」、自宅だけで利用するなら「ホームルーター」といった感じですね。

持ち運びならWiMAX!自宅利用なら光回線がおすすめ!

WiMAXを契約する際に知っておきたいのが、他社と比べて優れているのか、それとも劣っているのかということ。

ここでは、モバイルルーターとホームルーターに分けて他社と比較してみたいと思います。

月額料金下り平均速度上り平均速度月間データ容量
【WiMAX】
Speed Wi-Fi 5G X12
¥4,950108Mbps23Mbps無制限
【ワイモバイル】
Pocket WiFi 5G A102ZT
¥4,81882Mbps8Mbps無制限
【楽天モバイル】
Rakuten WiFi Pocket
¥3,27827Mbps21Mbps無制限
【ゼウスWi-Fi】
H01
¥2,50818Mbps15Mbps30MB
モバイルルーター(持ち運び型)比較

参照:みんなのネット回線速度

他社と比較してみると、WiMAXはかなり高級品であることがわかりますが、通信速度に関してはトップクラスですね。

ただし、モバイルルーターの上り速度は全体的に遅いので、オンラインゲームやWEB会議など動作がカクつくなどのラグが出る可能性はあります。

まとめると、高いものは品質が良く、安いものは品質が悪いということですが…

殊にインターネットはストレスなく使えてこそ価値があると思いますので、モバイルルーターはWiMAXを選ばれることをおすすめします。

続いて、自宅向けのホームルーターの比較を行います。

ホームルーターは据え置き型で外出先に持ち運べないという特性があるので、固定の光回線も合わせて比較します。

月額料金下り平均速度上り平均速度月間データ容量
【WiMAX】
Speed Wi-Fi
HOME 5G L13
¥4,950152Mbps21Mbps無制限
【ドコモ】
ドコモ home 5G
¥4,950152Mbps17Mbps無制限
【ソフトバンク】
ソフトバンクAIR
¥5,36884Mbps8Mbps無制限
【楽天モバイル】
Rakuten Turbo
¥4,84098Mbps40Mbps無制限
【光回線】
auひかり
戸建:¥5,610
集合:¥4,180
502Mbps515Mbps無制限
【光回線】
ビッグローブ光
戸建:¥5,478
集合:¥4,378
230Mbps247Mbps無制限
ホームルーター(自宅向け回線)比較

参照:みんなのネット回線速度

自宅で利用するネット回線の相場感として、ホームルーターはやや高め。集合住宅であれば光回線の方が安く利用できます。

通信速度に関しては、やはり物理的な光ファイバーで繋がっている光回線の方が圧倒的に速く、コスパが良いですね。

有り体に言えば、自宅のネット回線としては…

ホームルーターは光回線にはかなわないということ。

つまり、光回線の工事ができないという人や、短期間の引っ越しが多いため都度工事をするのが面倒という人以外は、無難に光回線を導入する方が、利便性が高いのです。

自宅で快適にインターネットするなら光回線が最適

WiMAXは工事がなく簡単に利用開始できるのが特長。ただし、電波をキャッチして通信するため自宅で満足な速度が出るかどうかは使ってみないとわかりません。

もし、インターネットの安定性を求めるなら、光回線一択となります。

こちらの“カンタン診断”からピッタリの光回線を見つけることができるので、ぜひご利用ください。

PORTブロードバンド 回線診断

通信料金を
年間33,200円節約できるかも
住宅タイプ・スマホ(携帯)のキャリアに適した回線を選ぶだけで、年間の通信料金は大幅に節約できます。

  • 住宅タイプ

  • スマホキャリア

  • 郵便番号

おすすめの回線を検索中
×

まとめ.外出先でPCを多用する人ならWiMAXが最適

今回は、WiMAXの速度制限について解説してきました。

WiMAXの速度制限は既に撤廃されているので、度を越して利用しない限りはデータ容量の制限なく利用することができます。

ただし、スマホのギガ不足を補うためWiMAXを利用するという使い方はおすすめしません。というのは、スマホの“データ無制限プラン”を利用した方が安くなるからです。

そのため、WiMAXを利用すべき人は外出先でパソコンを多用する人に限ります。

そういった人以外は、自宅に“光回線”を引き込み、速度制限を気にせずインターネットを満喫するのがおすすめです。

記事の編集責任者 奥山 裕基 Okuyama Yuki

大学卒業後、服飾業界と教育業界を経てポート株式会社へ。
入社後は多数の新規メディア立ち上げに参画し、自身も有資格者ライターとして2,000本を超える記事を執筆。
PORTブロードバンドにおいても「読者のインターネット回線に関する最適な意思決定を支援する」という信念のもと、総務省の認可を得た正規販売代理店(届出番号C2203454)として、信頼できる情報を“誰にでもわかりやすく”発信している。

> メッセージを読む