正規販売代理店ポート株式会社 届出番号:C2203454

ビッグローブ光から事業者変更する際の手順を解説|注意点やよくある質問も

さっそく、ビッグローブ光から事業者変更する手順を説明しますね。

この手順の通り進めれば、特に迷うことなく終えられるでしょう。ただ、そもそも事業者変更というのが何のことか分かっていない人も少なくないと思いますので、先に説明しておきますね。

今回は、その上で注意点も解説しますので、これからビッグローブ光から事業者変更をしようとしている人はぜひ最後までご覧ください。

PORTブロードバンド 回線診断

通信料金を
年間33,200円節約できるかも
住宅タイプ・スマホ(携帯)のキャリアに適した回線を選ぶだけで、年間の通信料金は大幅に節約できます。

  • 住宅タイプ

  • スマホキャリア

  • 郵便番号

×

  1. NURO光
    ロゴ画像

    実質 766通常5,200

    総額124,000円キャッシュバック!
    • 現金2万円付与
    • 継続利用で最大6万円付与
    • SoftBank永年割引
  2. NURO光
    ロゴ画像

    実質 766通常5,200

    総額124,000円キャッシュバック!
    • 現金2万円付与
    • 継続利用で最大6万円付与
    • SoftBank永年割引
  3. NURO光
    ロゴ画像

    実質 766通常5,200

    総額124,000円キャッシュバック!
    • 現金2万円付与
    • 継続利用で最大6万円付与
    • SoftBank永年割引

事業者変更とは

そもそも事業者変更とは、「光コラボ回線から別の光コラボ回線へ乗り換える際の手続き」のことです。

光コラボ回線とは、通信事業者がNTTの回線を利用して、ユーザーに提供するインターネットサービスのこと。

例えば、ドコモ光やソフトバンク光などがあります。

光コラボレーションとは、NTTの回線をつかって他の会社が提供しているインターネットサービスのこと。NTTの道路を他の会社のトラックが走っているイメージ。

イメージとしては、NTTが整備した道路をドコモやソフトバンクのトラックが走っている状態です。光コラボ回線が利用する道路自体はどこも同じなので、回線の速度や安定性に大きな違いはありません。

事業者変更とは、そのトラックを変えるようなもの。

ビッグローブ光も光コラボ回線の一種なので、他社光コラボ回線に乗り換える際は事業者変更を行うのです。

事業者変更は通常の乗り換えと違って工事不要

そもそも乗り換えるだけなら、「ビッグローブ光を解約して、新規で乗り換え先の回線を契約してもいいんじゃないの?」と思った人もいるでしょう。

もちろん、その手順でも乗り換えは行えます。しかし、事業者変更には「工事が不要」という明確なメリットがあるのです。

NTTの回線や光コラボ回線以外の回線は、独自に整備した設備(道路)を利用してインターネットを届けています。

例えば、auひかりは親会社であるKDDIが整備した設備を利用しています。

ビッグローブ光からau光に乗り換える際は、まずもともと利用していたビッグローブ光の設備を撤去しなければなりません。その後にauひかりの設備を新設することになるのです。

そのためには工事が必要で費用や時間がかかってしまいますが、事業者変更ならいちいち工事をする必要がありません。その分、手間や費用が抑えられるということですね。

PORTブロードバンド 回線診断

通信料金を
年間33,200円節約できるかも
住宅タイプ・スマホ(携帯)のキャリアに適した回線を選ぶだけで、年間の通信料金は大幅に節約できます。

  • 住宅タイプ

  • スマホキャリア

  • 郵便番号

おすすめの回線を検索中
×

ビッグローブ光の事業者変更する際の手続き

事業者変更を滞りなく進めるためには、事前に流れを理解しておくことが重要です。

というのも、通常の乗り換えとは細部が異なるので、見切り発車で始めてしまうと思わぬタイミングで「手続きができなくなった!」ということになりかねませんから。

ビッグローブ光から事業者変更する際の大筋の流れは冒頭で紹介しましたが、もう少し具体的に何をするのかも説明しますね。

手順1.ビッグローブ光から「事業者変更承諾番号」を取得

まずはビッグローブ光に直接連絡して、「事業者変更承諾番号」を取得することから始めてください。

「事業者変更承諾番号」というのは、手続きを行うために必要な「お客様番号」のようなものです。

事業者変更を行う際は、事業者側も色々な手続きをしなければいけません。その時に同じ手続きを行う他のお客様と混在しないために、お客様情報を利用しているのです。

取得は、ビッグローブ光事業者変更窓口で行います。

ビッグローブ光事業者変更窓口

  • 番号:0120-907-505
  • 受付時間:9:00〜20:00(年中無休)

ここに電話をしたら本人確認と事業者変更をする際の注意点を説明されるので、それが終われば翌日にメールで事業者変更番号が届きます。

ちなみに本人確認で確認されるのは

  • 契約者名義
  • 連絡先電話番号
  • 契約者の生年月日
  • ビッグローブ光を利用している住所

の4点なので、契約者本人であれば特に何も用意せずに電話をかけても問題ありません。

発行手数料は¥3,300

事業者変更承諾番号を発行する際は、¥3,300の発行手数料が発生します。

この手数料が発生するのは事業者変更を行った時です。そのため、事業者変更承諾番号を取得しても、その後に事業者変更をやめた際は費用がかかりません。

有効期限は15日間

事業者変更承諾番号は、発行された日を含めて15日間が有効期限です。変更手続きはその間に行わなければなりません。

もし終えることができないと、事業者変更承諾番号を取り直さなければならないので、忘れてしまわないように注意してくださいね。

手順2.乗り換え先に事業者変更の申し込み

「事業者変更承諾番号」が準備できたら、乗り換え予定の事業者で乗り換え手続きを行いましょう。

この手順は乗り換え先によって違いますが、事業者変更承諾番号が準備できていれば、手続きは簡単に終わるでしょう。

手順3.ビッグローブにレンタル機器を返送

ビッグローブからルーターなどをレンタルしていた場合は、返却しなければなりません。

ただし、事業者変更する際に返却しなければならないのは、ビッグローブ光からレンタルしている機器のみ。

NTTのロゴが入っているONUやHGWは、乗り換え先でもそのまま利用するので返却する必要はありません。

「返却する機器を間違えたらどうしよう」と心配になるかもしれませんが、事業者変更承諾番号を取得する際に、注意点として返却機器についても説明があるので、ご安心ください。

注意点.事業者変更しても回線速度は変わらない

ビッグローブ光の回線速度に不満があって、事業者変更をしようとしている人は注意してください。

事業者変更を行って乗り換えられるのはビッグローブ光と同じ光コラボ回線です。

HPや広告で「高速!」などと書いてあったとしても、ビッグローブ光と回線速度は変わりません。

そもそも、ビッグローブ光から事業者変更を行うなら、より魅力のある回線へ乗り換えなければ意味がありません。

もしも回線速度を早くしたいなら、光コラボ回線以外へ乗り換えるのが最適です。

回線速度を重視するならauひかりへ乗り換え

回線速度を重視している人は、auひかりがおすすめです。

auひかりは光コラボ回線ではなく、独自の設備を利用している回線です。そのため、事業者変更ではなく、ビッグローブを解約し、auひかりを契約という事業者変更よりもめんどうな手続きを行う必要があります。

しかし、光コラボ回線のように、さまざまな事業者で設備を共有しているわけではないので、混雑しにくく速度が速いです。

さらに、auひかりには他社から乗り換える際の費用を還元してくれるキャンペーンもあります。

auひかり

au / UQ mobileユーザーはこれ一択

ロゴ画像
  • 2年間の月額料金実質¥1,235 詳細
  • au/UQ mobileなら年間¥13,200お得
  • 独自回線だから業界トップクラス速度

総額 最大¥146,250相当バック当サイト限定キャッシュバック¥20,000!(※)さらにauひかりスタートサポート特典ご利用で最大¥55,000キャッシュバック!
その他、工事費¥41,250実質無料・au/UQ mobileのスマホ料金 年間¥13,200割引き!

受付時間:09:00〜20:00 土日祝日も営業

受付時間:09:00〜20:00 土日祝日も営業

※適用条件:お申込み内容確認電話の際に「PORTブロードバンド限定キャッシュバックを希望する」とお申し出ください。

ビッグローブ光を事業者変更する際によくある質問

最後に、ビッグローブ光を事業者変更する際によくある質問4点を順番に解説していきます。

Q.事業者変更には費用がどのくらいかかる?

A.事務手数料として¥6,600〜かかります

事業者変更手続きにかかる費用は、以下の通りです。

事業者変更承諾番号発行手数料乗り換え先光コラボ回線の登録事務手数料合計
¥3,300¥3,300¥6,600
ビッグローブ光の事業者変更にかかる費用

ただし、この後に説明しますが、工事費用の残債がある方や契約期間中の方はこれ以外の費用がかかりますので、ご注意ください。

Q.工事費残債がある場合はどうなる?

A.引き続き支払う必要があります

ビッグローブ光の工事費用を分割して支払っている人は、支払い期間が終了するまで継続して支払わなければなりません。

事業者変更を行った後も、ビッグローブ光から継続して請求されることになります。

自分の工事費残債がいくらあるのかは、ビッグローブマイページで確認してください。

Q.ビッグローブ光の契約期間中でも事業者変更できる?

A.できます。ただし契約解除料金が発生します。

ビッグローブ光の契約期間中に事業者変更を行う場合は、契約解除費用がかかります。

具体的な金額は、契約したタイミングや契約期間によってことなるので、表にまとめました。

契約したタイミング/契約期間2年3年
2022年7月以前に契約した人¥9,500¥11,900
2022年7月以降に契約した人戸建てタイプ:¥4,230
マンションタイプ:¥3,360
戸建てタイプ:¥4,230
マンションタイプ:¥3,360
ビッグローブ光の解約金

Q.事業者変更にはどのくらい時間がかかる?

A.申込から2週間程度かかります

工事の必要はありませんが、乗り換え先の事業者でお客様情報の登録など、様々な手続きが行われます。そのため、事業者変更を申し込んだ後、実際に回線が切り替わるまで2週間程度かかります。

PORTブロードバンド 回線診断

通信料金を
年間33,200円節約できるかも
住宅タイプ・スマホ(携帯)のキャリアに適した回線を選ぶだけで、年間の通信料金は大幅に節約できます。

  • 住宅タイプ

  • スマホキャリア

  • 郵便番号

おすすめの回線を検索中
×

まとめ

今回は、ビッグローブ光の事業者変更について、意味や手順を解説してきました。

ハッキリ言って、手続き自体は対して複雑でもありません。ただ、本当に重要なのは「事業者変更をすることによって、料金や使い勝手が改善されること」。

そのために「自分にとって最適なのは事業者変更なのか」を改めて確認してみてください。

記事の編集責任者 奥山 裕基 Okuyama Yuki

大学卒業後、服飾業界と教育業界を経てポート株式会社へ。
入社後は多数の新規メディア立ち上げに参画し、自身も有資格者ライターとして2,000本を超える記事を執筆。
PORTブロードバンドにおいても「読者のインターネット回線に関する最適な意思決定を支援する」という信念のもと、総務省の認可を得た正規販売代理店(届出番号C2203454)として、信頼できる情報を“誰にでもわかりやすく”発信している。

> メッセージを読む