正規販売代理店ポート株式会社 届出番号:C2203454

NURO光を引っ越し先で使い続ける方法|手続きの流れや費用が画像でわかる

自宅のネットが重くて話にならなかったので、以前NURO光に乗り換えた。今度引っ越しすることになったのだけど、NURO光の手続きってどうしたらいいのだろう?

そう思って公式サイトを見たものの、いまいちピンと来なかったという人もいますよね。

あらかじめ言っておくと、実はNURO光に「引っ越し手続き」というものは存在しないのです。

それが一体どういう意味なのかは後ほど説明するとして・・・
引っ越し先でもNURO光を使い続けられる方法はあるので、まずはその手順を紹介しますね。

手順ひとつひとつの詳しい進め方のほか、費用や問題点についても説明するので、ぜひ目を通してみてください。

「引っ越し先で1番お得なネット回線」を探そう

新居でNURO光を使い続けること自体は可能ですが、実は引っ越し後しばらくはネットが使えない期間があります。
シームレスにネットを使い続けようと思ったら、他回線に乗り換えた方が賢いという可能性も。
当サイトでは「引っ越し先で使うならどの回線が最適なのか」を無料診断できるので、ぜひお気軽にお試しください。

ご相談・お問い合わせは無料!

お急ぎの方・話だけでも聞きたい方は
お電話ください

フリーダイヤル0120-588-041

受付時間 10:00~20:00
※土日祝日も営業

NURO光に「引っ越し手続き」は無い

ふつうインターネット回線を引っ越しするときは、移転という「契約内容のうち住所情報だけを変更する、通信会社が公式に用意した手続き」を踏むだけで事足ります。

実は、NURO光にはその移転手続きが存在しません。
なぜ移転手続きが無いのかというと・・・

前提として、インターネット通信というサービスは「回線」という設備が整っている地域でしか利用できません。

移転ができるサービス(ドコモ光やソフトバンク光など)は、その設備がいたるところに普及しているから、住居が変わっても簡単に継続利用できるのですね。

NURO光が移転できない理由。回線設備がまだ全国に普及していなくて、すぐNURO光を利用できる建物が少ないから住所情報の変更だけで引っ越しできない。

一方でNURO光は、まだ全国区に回線設備が普及していません。
つまり、住む場所によってはNURO光を利用したくても利用できないというケースが多いのですね。

だから、NURO光はまだ移転という手続きを用意することができていないのです。

では引っ越し先でNURO光を使うことはできないのかというと、そういうわけでもありません。

いったん解約して再契約すればNURO光を使い続けられる

引っ越し先でもNURO光を使うには、現住居での契約をいったん破棄して新居で再契約すればいいのです。

先ほど説明した通り、NURO光は「住所情報を更新するだけの簡単な引っ越し手続き」ができません。

つまり、新居は新居であたらしくNURO光を契約してしまえばいいのです。
同じタイミングで現住居のNURO光を解約してしまえば、実質的に「引っ越し」ができるわけですね。

引っ越し先でNURO光を使い続ける手順

では、NURO光をいったん解約して再契約するまでに、具体的にどんな手続きをとればいいのか?

まずは大まかな流れを動画でご覧ください。

ポイントは、現住居と新居それぞれで工事が発生するということ。
各手順について詳しく解説するので、ご覧ください。

STEP1.現住居のNURO光を解約する

引っ越し先でNURO光を使う手順その1。NURO光をいったん解約する。NURO光に連絡して契約を解除してください。

まずは、現住居で利用しているNURO光を解約しなくてはいけません。
手続きそれ自体は単純で、公式サイトの「回線解約申請」ページから申し出るだけ。

注意していただきたいのは、レンタルしているルーターもいったん返却しなくてはいけない、ということ。

NURO光をいったん解約する際はレンタルしているルーターもいったん返却しなくてはいけない。

というのも、そのルーターは「現住居で契約しているNURO光を利用するためのもの」だから。

引っ越し先に持って行ってそのまま使い続けることは、基本的にできないので注意してください。

ちなみに返却にあたっては、NURO光側からご自宅まで集荷係が来てくれるので、日時を指定して待っているだけで大丈夫です。

STEP2.引っ越し先でNURO光が使えるか確認して申し込み

引っ越し先でNURO光を使う手順その2。引っ越し先の地域でNURO光が使えるかどうか確認する。公式サイトの提供エリア検索ページで対応できる。

次に、「引っ越し先が提供エリアに入っているかどうか」を確認しましょう。

提供エリアというのは通信関係の専門用語で、「回線設備が整っていてサービスを利用できる地域」を意味します。
要するに、引っ越し先でNURO光を使えるのかどうか確認しようという話ですね。

これは、公式サイトの「NURO光のご利用エリア検索」ページを使えば一発でわかります。

引っ越し先が提供エリア内であることがわかったら、そのままNURO光の申し込み手続きに進むことができる。

引っ越し先が「ご利用可能」だった場合、そのまま申し込み手続きを進めてください。

検索結果上に申し込みボタンが表示されているので、特に迷わず対応できるかと思います。

引っ越し先が「エリア外」だとNURO光は諦めるしかない

さて、検索した結果「ご利用いただけません」と表示されてしまった場合、残念ながら引っ越し先でNURO光を使うことはできません。

回線設備そのものが整っていない…つまりNURO光を使うための光ファイバーが通っていないので、物理的に利用することができないのです。

この場合、新居でネットを使うには他回線に切り替えるしかありません。

NURO光はエリア外…どの回線が最適?

NURO光の提供エリアに引っ越し先が含まれていなかったら、他の回線に乗り換えるほかありません。
しかし、適当な回線を選んでしまうと「快適なインターネットライフ」が実現できない可能性も。
どの回線を選べば余計なストレスを抱えずに済むのか、ぜひ当サイトの無料診断で確認してみてください。

ご相談・お問い合わせは無料!

お急ぎの方・話だけでも聞きたい方は
お電話ください

フリーダイヤル0120-588-041

受付時間 10:00~20:00
※土日祝日も営業

STEP3.現住居の設備撤去工事に立ち会う

引っ越し先でNURO光を使う手順その3。現住居からNURO光の設備を撤去する工事に立ち会う。屋内外の設備を撤去する。

あらかじめお伝えしておくと、撤去工事は必須というわけではありません。

どういう意味かというと、NURO光に解約を申し込んだからと言って、強制的に工事が発生するわけではないということ。

では、どういった場合に撤去工事が必要となるのか?

それは、現住居の管理会社(もしくは大家さん)が「原状復帰の一環として設備を撤去してくれ」と求めてきたときです。

その場合、解約するタイミングでNURO光に設備撤去工事を依頼する必要があります。

ちなみに費用は¥11,000…馬鹿にならない金額なので、必ず管理会社・大家さんに連絡して「撤去工事が必要かどうか」を確認しておいてください。
撤去しなくていいと言ってもらえれば、それだけで余計な費用を払わずに済むので。

賃貸マンションだと撤去工事を求められる可能性が高い

賃貸マンション(もしくはアパート)に住んでいる場合、高確率でNURO光の設備を撤去しなくてはいけなくなるのでご注意ください。

特に、入居時に何らかの回線がデフォルトで備わっていた場合、基本的にNURO光の設備を残しておくことはできないと考えていいでしょう。

そういったマンションは、管理会社と特定の通信会社が提携していて、「入居者には基本的にその回線を使ってもらう」という体裁を整えているのです。

そういった建物で個人的な事情でNURO光を導入した場合、マンション側としては元の回線に戻しておいてほしいので、撤去工事が必要になるのですね。

STEP4.引っ越し先の開通工事に2回立ち会う

引っ越し先でNURO光を使う手順その4。引っ越し先にNURO光の設備を取り付ける開通工事に立ち会う。工事は2回実施され、どちらも立ち合いが必要になる。

さて、引っ越しそのものが済んでからの話となりますが、最後に「NURO光の設備を取り付ける工事」に立ち会う必要があります。

現住居にNURO光を導入した際も同じことを経験していると思いますが、工事は別日程で2回行われるので注意してください。

なぜ1回の工事で済ませられないのか?

それについては、1回目と2回目とでそれぞれどんな工事が行われているのかを知れば、ご納得いただけると思います。

1回目.屋内の設備を整える工事

NURO光の工事内容1回目。屋内設備を整える。外壁に光キャビネットを取り付けて屋内配線を整備し、光コンセントを設置して通信機器を接続する。

1回目の工事で行われるのは、建物の内部を整える作業です。
具体的な施工内容は以下の通り。

NURO光1回目の工事内容

  • 外壁への光キャビネット設置
  • 屋内配線の設置
  • 室内への光コンセント設置
  • 通信機器(ONU・ルーター)の接続

要するに、回線が通ったらすぐネットが使えるように準備をしてくれるわけですね。

この時点では、肝心の回線が電柱から引き込まれていないので、まだネットは使えません。

光キャビネットとは

光キャビネットとは、簡単に説明すると「電柱から引っ張ってきた回線を建物につなげる装置」です。
電柱から引き込む回線(光ファイバー)そのものは、屋内に直接通すことができないので、いったん光キャビネットに接続されることになります。

2回目.電柱から回線を引き込む工事

NURO光の工事内容2回目。電柱から回線(光ファイバー)を引き込んで屋内配線と接続詞、インターネット通信ができる状態にする。これが完了して初めてネットが開通する。

2回目の工事では、建物の外壁に取り付けた光キャビネットに回線(光ファイバー)を繋げる作業が行われます。

要するに電柱から回線を引き込む作業が行われるわけですが、ここに工事が1回で済まない理由があります。

前提としてインターネットサービスは、光ファイバーという設備を通って各家庭に提供されています。

その光ファイバーの中は、常にインターネットサービスが通っているわけではありません。利用されていない(開通していない)光ファイバーの中には、まだサービスが通っていないのです。

2回目の工事が行われるまでの間に行われていること。NURO光を使っていない家にサービスを届ける準備をしている。

イメージとしては、水道管。
各家庭に水(インターネットサービス)を届けるためには、まずその住宅につなげる水道管(回線)を開栓する必要があります。

その準備に時間がかかってしまうので、NURO光の工事は2回に分けて行われているのです。

NURO光の引っ越しにかかる費用は¥0

引っ越し先でNURO光を使う手順がわかったら、気になるのは費用ですよね。
率直に言ってしまいますが、NURO光の引っ越しに費用はかかりません。

正確に言うと、「引っ越しサポート特典」を利用することで費用をゼロにできるのです。

ふつう、NURO光をいったん解約して再契約しようとすると、以下の費用が発生します。

費用項目金額
解約金2年契約プラン:¥3,740
3年契約プラン:¥3,850
工事費の残り(残債)最大¥44,000
契約事務手数料¥3,300
合計¥7,040~¥51,150
NURO光を解約・再契約する費用

工事費は基本的に分割払いをしているはずなので、その残債次第で負担は大きく変わるでしょうが、数万円以上を請求される可能性があるというのは困りますよね。

引っ越しサポート特典を使えば、それら費用がすべてゼロになるということです。

なぜそんな特典が用意されているかというと、シンプルな話でNURO光としてもお客様には継続的にサービスを使ってほしいから。

ただでさえ移転という簡単な手続きが用意されていないのに、費用負担まで大きかったら「引っ越しを機に乗り換えてしまおう」という人が増えてしまいますよね。

NURO光としてもそれは避けたいところなので、特典で精いっぱいサポートしてくれているのです。

引っ越し先でNURO光を使おうとする際の問題点

特典を使えば負担なく引っ越しができるNURO光ですが、何の問題もないというわけではありません。

その問題点というのは、以下の2つ。

それぞれ、ひとつずつ解説しますね。

問題点1.引っ越し後しばらくはネットを使えない

NURO光の問題点1。シームレスにネットを使い続けることができない。引っ越ししてから2回目の工事が終わるまで数週間から数ヶ月かかるのでシームレスに使えない。

最大の問題点はこれです。

手続きの流れをご覧いただけばわかる通り、NURO光の工事は2回に分けて行われるのですが・・・

2回目の工事が終わるまでに最短でも引っ越し後2週間はかかるので、その間はネットが使えないのです。

しかも、「引っ越し後2週間」で済めばまだ早い方で、人によっては2ヶ月~3ヶ月以上も待たされる可能性が。

NURO光は人気が高まっている回線なので、工事の予約も立て込んでおり、なかなか短期間で工事を終えることが難しくなっているのですね。

要するに、シームレスにネットを使うことは難しいという話です。

ネットが使えない期間があると困る→ソフトバンク光に乗り換え

シームレスにネットを使いたいならソフトバンク光への乗り換えが最適。開通工事までの期間限定でソフトバンクAirを無料レンタルできるので、ネットが使えない期間が発生しない。

新居に移ってからネットが使えない期間があると生活できない。そういった方は、ぜひソフトバンク光への乗り換えを検討してください。

なぜソフトバンク光を勧めるかというと、開通工事が完了するまでの期間限定で置くだけWi-Fi(ソフトバンクAir)を無料で借りられるから。

置くだけWi-Fiは固定回線ほど安定したネット環境は望めないものの、コンセントを繋ぐだけで利用できるので「工事が終わるまでの繋ぎ」としてはピッタリです。

これを無料でレンタルできるソフトバンク光なら、「ネットが使えない期間」を発生させずに済むというわけです。

乗り換えをご希望の方はご相談ください

いざソフトバンク光に乗り換えようと思っても、自分ひとりで手続きを進めるのは手間がかかりますよね。
当社グループ会社の「正規販売店 株式会社INE」では、そんな面倒な手続きを無料でサポートいたします。
もちろんご相談も無料なので、ぜひお気軽にお問合せください。

ご相談・お問い合わせは無料!

お急ぎの方・話だけでも聞きたい方は
お電話ください

フリーダイヤル0120-588-041

受付時間 10:00~20:00
※土日祝日も営業

問題点2.賃貸だとNURO光を使う許可が下りないことがある

もうひとつの問題点は、引っ越し先によってはNURO光の利用許可がもらえないということ。

特に賃貸物件の場合、管理会社や大家さんの意向で「工事で建物が傷つくと困るからダメ」と言われてしまう可能性があるのです。

「工事で建物が傷つく」とはどういうことか?

そもそも、NURO光を利用するには電柱から屋内に回線を引き込む必要がありますが、その際、外壁に穴を空けなくてはならないケースがあります。

建物に手を加えられるのは、それを管理する人たちにとっては迷惑ですよね。

だから、たとえ新居がNURO光の提供エリア内にあったとしても、管理会社・大家側の都合でNGが出てしまうことがあるのです。

高速回線はNURO光だけじゃない

お客様が引っ越し先でもNURO光を使いたいと考えている理由は、やはり「回線速度が良いから」ではないでしょうか。

とはいえ、管理会社や大家さんに断られてしまったら、他回線に目を向けるしかありません。

しかしご安心を。高速回線というのは、何もNURO光だけではないのです。

そもそも、なぜNURO光が速いのか?それは、他回線よりも利用者が少なくて混雑しにくいからです。

NTTの回線は混雑している。様々な光回線サービスの利用者が使うので混み合って回線速度が落ちやすい。

では「混雑しやすい」のはどこかというと、NTTの回線です。
具体的には、NTT自身が提供しているフレッツ光の他、光コラボレーションと呼ばれる種類のサービス。

光コラボレーションというのは、簡単に説明すると「NTTの回線設備を使ってインターネット通信を提供しているサービス」のことで、ドコモ光やソフトバンク光などがこれにあたります。

何が言いたいかというと、NTTの回線は非常の多くのユーザーで混み合っているのですね。

高速回線は混雑しにくい。NURO光などは利用者が少ない回線を使っているので混み合いにくく回線が安定して速い。

一方で、NURO光などは「NTTとは違う回線設備」を使っているため、そもそも道(回線)が空いていて混雑しにくいのです。

だから、NTTの設備を使っているサービスよりも速く安定した回線速度を維持できるのですね。

そして重要なのは、こういった高速回線はNURO光だけではない、ということ。

たとえば、auひかりなどもNTTとは違う(KDDIの)回線設備を使っているので、高速かつ安定したサービスを提供できています。

もし新居でNURO光が使えなかったとしても、この観点でサービスを選べば「高速回線」を諦める必要はないので、ぜひ参考にしてください。

「引っ越し先で1番お得なネット回線」を探そう

新居でNURO光を使えなかった場合、他回線に目を向ける必要があります。
とはいえ適当な回線にしてしまっては、肝心のネット環境に不満が残る可能性も。
最適な回線は人それぞれなので、ぜひ当サイトの無料診断を試してみてください。

ご相談・お問い合わせは無料!

お急ぎの方・話だけでも聞きたい方は
お電話ください

フリーダイヤル0120-588-041

受付時間 10:00~20:00
※土日祝日も営業

NURO光の引っ越しに関する質問と回答

最後に、NURO光の引っ越しに関する「よくある質問と回答」を紹介します。

細かな疑問にお答えしているので、ぜひ目を通しておいてください。

Q.引っ越し手続きはいつまでにやればいいの?

A.できれば引っ越しの2ヶ月前には開始してください

引っ越し手続きそのものは短時間で済ませられますが、早めに申し込みをしないと工事の予約が取りにくくなってしまいます。

引っ越し直前に手続きをすると想像以上に「ネットが使えない期間」が長引くので、できるだけ早めに対応してください。

Q.引っ越してからネットが使えるまでどれくらいかかる?

A.最大で3ヶ月以上待たされることがあります

NURO光が抱える問題点として挙げましたが、2回目の工事が終わるまで時間がかかるため2週間~3ヶ月ほど待たされると思ってください。

Q.NURO光は解約して他回線に乗り換えた方がいい?

A.ネットが使えない期間があると困る人は乗り換えた方がいいです

NURO光だと、引っ越し後すぐネットを使い始めることは不可能なので、「シームレスに使えないと困る!」という方は乗り換えを検討してください。

おすすめは、開通工事までの期間限定で置くだけWi-Fiを無料レンタルしてくれるソフトバンク光です。

まとめ.引っ越し先でもNURO光を使うなら「しばらく待たされること」を覚悟しよう

さて今回は、引っ越し先でNURO光を使うために必要な情報を、画像や動画を交えて丁寧に解説してきました。

NURO光には移転手続きが用意されていないため、いったん解約する手間はありますが、継続利用できないわけではありません。

とはいえ、引っ越し先の工事が完了するまでには2週間~数ヶ月かかってしまうことは覚えておいてください。

NURO光にこだわるあまり、何ヶ月も固定回線が使えない生活を強いられることになっては、肝心の「快適なインターネットライフ」が実現できません。

そういった場合は他回線に乗り換えた方が賢かったりもするので、ぜひ「自分にとって何が最適なのか」を念頭に手続きを進めてください。

「引っ越し先で1番お得なネット回線」を探そう

新居でNURO光を使い続けること自体は可能ですが、実は引っ越し後しばらくはネットが使えない期間があります。
シームレスにネットを使い続けようと思ったら、他回線に乗り換えた方が賢いという可能性も。
当サイトでは「引っ越し先で使うならどの回線が最適なのか」を無料診断できるので、ぜひお気軽にお試しください。

ご相談・お問い合わせは無料!

お急ぎの方・話だけでも聞きたい方は
お電話ください

フリーダイヤル0120-588-041

受付時間 10:00~20:00
※土日祝日も営業

記事の編集責任者 奥山 裕基 Okuyama Yuki

大学卒業後、服飾業界と教育業界を経てポート株式会社へ。
入社後は多数の新規メディア立ち上げに参画し、自身も有資格者ライターとして2,000本を超える記事を執筆。
PORTブロードバンドにおいても「読者のインターネット回線に関する最適な意思決定を支援する」という信念のもと、総務省の認可を得た正規販売代理店(届出番号C2203454)として、信頼できる情報を“誰にでもわかりやすく”発信している。

> メッセージを読む

カテゴリーから探す