正規販売代理店ポート株式会社 届出番号:C2203454

ソフトバンク光の月額料金は¥4,180から!料金は平均的だけどコスパは良い

「ソフトバンク光に乗り換えようか迷っているけど、料金がいくらなのか公式サイトを調べてみてもよく分からなかった」

そんな方に向けて、今回は「ソフトバンク光の料金は一体いくらなのか」を分かりやすく説明しますね。

そのうえで、コスパという観点から他社と比較して、「ソフトバンク光の料金が高いのか安いのか」をはっきりと結論づけます。

まずは、ソフトバンク光の料金をおさえておきましょう。

項目料金
戸建てタイプの月額料金¥5,720〜
マンションタイプの月額料金¥4,180〜
ソフトバンク光の初期費用¥3,300〜
ソフトバンク光の料金

1番お得な回線サービスはどこ?

ソフトバンク光は(この記事で詳しく説明していますが)コスパが良い回線である…そう言って差し支えありませんが、やはり“どの回線が1番お得なのか”というのは人によって様々。

当サイトでは、お客様のご状況に応じた最適・最安の回線を10秒でお調べできる無料診断をご用意しているので、ぜひお試しください。

PORTブロードバンド 回線診断

通信料金を
年間33,200円節約できるかも
住宅タイプ・スマホ(携帯)のキャリアに適した回線を選ぶだけで、年間の通信料金は大幅に節約できます。

  • 住宅タイプ

  • スマホキャリア

  • 郵便番号

×

  1. NURO光
    ロゴ画像

    実質 766通常5,200

    総額124,000円キャッシュバック!
    • 現金2万円付与
    • 継続利用で最大6万円付与
    • SoftBank永年割引
  2. NURO光
    ロゴ画像

    実質 766通常5,200

    総額124,000円キャッシュバック!
    • 現金2万円付与
    • 継続利用で最大6万円付与
    • SoftBank永年割引
  3. NURO光
    ロゴ画像

    実質 766通常5,200

    総額124,000円キャッシュバック!
    • 現金2万円付与
    • 継続利用で最大6万円付与
    • SoftBank永年割引

ソフトバンク光の料金:月額料金

まずは、月額料金から紹介します。

ソフトバンク光は、利用する住居のタイプによって以下の2パターンに分かれるので、それぞれ順番に解説していきますね。

住宅タイプによって何が変わるのかという点については、本筋と関係ないので今回は省略します。

ここでは、「利用する住居によってどちらか一方しか契約できず、それぞれ月額料金が違う」とだけ覚えておいてください。

また、いざ契約するとなると、料金だけではなく速度とのバランスも気になりますよね。つまり、コスパが重要だということです。

コスパとは、速度(1Mbps)あたりいくらで利用できるかということです。ここでは、「料金÷平均速度」で算出して合わせて紹介しますね。

コスパの計算方法

月額料金 ÷ 回線速度(Mbps)

ソフトバンク光の戸建てタイプ:¥5,720〜

ソフトバンク光公式サイトによると、ソフトバンク光戸建てタイプには契約期間が違う下記の3つのプランがあります。

ソフトバンク光の3つのプラン

  • 2年プラン
  • 5年プラン
  • 契約期間なし

3つもあるとどれを選べばいいか分からなくなりますよね。これについては、基本的に2年プランを選ぶといいですよ。

というのも、2年プランが1番料金面でお得だから。

なぜそう言えるのか?順を追って説明しますね。

契約期間なしのプランは月額料金が高い

まずは、月額料金。契約期間ごとの月額料金は以下の通りです。

契約期間月額料金
2年¥5,720
5年¥5,170
なし¥6,930
ソフトバンク光戸建てタイプ月額料金

契約期間なしのプランは、2年プランよりも¥1,210も月額料金が高いです。この時点で契約期間なしのプランはおすすめできません。

「契約期間中に解約したら解約費用が発生するから契約期間なしにしたい」と思う人もいるかもしれませんが、それを支払った上でもほとんどの場合、トータルで2年プランの方がお得になります。

2022年7月1日以降、ソフトバンク光の解約費用は、「1ヶ月分の月額料金」になりました。

例えば、契約期間2年のプランを契約した場合の解約費用は¥5,720ということです。解約費用がこれだけなら、契約期間がなしのプランと2年のプランの金額差を考えると、すぐにもとがとれますよね。

5年プランは別途オプションの申込みが必要

5年プランの月額料金は2年プランよりも¥550安いので「長い間使うなら5年プランを選んだ方がいいのでは?」と思いますよね。

たしかに、月額料金だけを見るとそうなのですが、実は5年プランを上記の料金で利用するには、別途「ソフトバンク光テレビ(月額¥825)」の申込みが条件で、申し込まない場合は、2年プランと同じ金額になるのです。

ちなみに、ソフトバンク光テレビとはスカパーJSAT(株)の提供するサービスで、契約すると地上/BSデジタル放送が受信できるようになります。

5年プランにソフトバンク光テレビの料金を足してもう一度比較してみましょう。

契約期間月額料金
2年¥5,720
5年¥5,995
なし¥6,930
戸建てタイプの月額料金

なんと、契約期間が2年のプランよりも5年のプランの方が¥275高いという結果。

ソフトバンク光テレビを契約するなら5年プランがおすすめです。しかし、ソフトバンク光テレビを契約する人は多くないでしょう。

つまり、ほとんどの人は2年プランを選べばいいということです。

戸建てタイプは他社と比べると平均的な金額

ソフトバンク光戸建タイプの料金を紹介しましたが、実際には高いのか安いのか評価が気になるところですよね。なので、有名どころの他社光回線と比較してみます。

サービス名月額料金ソフトバンク光との差
ソフトバンク光¥5,720
ドコモ光¥5,720¥0
auひかり¥5,610-¥110
ビッグローブ光¥5,478-¥242
J:COM¥5,478-¥242
戸建てタイプ月額料金の他社比較

若干高めではありますが、ほとんど変わらない金額です。比較した中で一番安いJ:COM、ビッグローブ光との金額差を年間にしても¥2,904しかありません。

要するに、ソフトバンク光の月額料金は「平均的」といったところ。

戸建てタイプのコスパは優秀

戸建てタイプの月額料金が平均的なソフトバンク光。しかし、重要なのは金額だけではありません。料金の良し悪しを測るには、コスパも見逃せない部分でしょう。

この観点で言うと、実はソフトバンク光戸建てタイプは優秀です。どれくらい優秀なのか、他社と比較してみますね。

サービス名回線速度コスパ
ソフトバンク光318Mbps¥17.9
ドコモ光271Mbps¥22.9
auひかり490Mbps¥11.2
ビッグローブ光249Mbps¥22.0
J:COM265Mbps¥20.6
戸建てタイプのコスパ比較

回線速度が圧倒的なauひかりには劣りますが、その他と比べると優秀な数字です。料金が平均的でも、コスパのいいソフトバンク光は選ぶメリットが十分あると言えるでしょう。

ただ、ご覧の通りauひかりのコスパは更に優秀。コスパを決め手にして回線を選ぶのであれば、戸建てタイプの場合はauひかりが最適だということです。

ソフトバンク光引越し 公式窓口

ロゴ画像

  1. 公式窓口から引越しの申し出
  2. 現住居の利用回線を解約
  3. 新居で工事に立ち会い・開通

公式窓口ならたった5分で手続き完了こちらの公式受付窓口にお問合わせいただくと、通常なら30分~1時間程度かかる面倒なお手続きを専任スタッフに全て無料でサポートしてもらえます。

受付時間:10:00〜20:00 土日祝日も営業

ソフトバンク光のマンションタイプ:¥4,180〜

ソフトバンク光マンションタイプは、契約期間が2年のプランと契約期間がなしの2つのプランがあります。

月額料金はそれぞれ以下の通り。

契約期間月額料金
2年¥4,180
なし¥5,390
マンションタイプの月額料金

ここでは2つのプランを紹介していますが、契約期間なしのプランはおすすめしません。2年プランを選んだ方が賢いです。

その理由はすでに解説した通り、解約金負担を考慮しても、2年プランの方が金銭的にお得だからです。

マンションタイプは他社と比べると平均的な金額

ソフトバンク光マンションタイプの料金を整理しましたが、結局のところ気になるのは「高いのか安いのか」ですよね。

なので、ソフトバンク光マンションタイプ2年プランが、他社と比べてどうなのか、他社回線と比較してみました。

サービス名月額料金ソフトバンク光との差
ソフトバンク光¥4,180
ドコモ光¥4,400¥220
auひかり¥4,455¥275
ビッグローブ光¥4,378¥198
J:COM¥5,258¥1,078
マンションタイプ月額料金の他社比較

J:COMよりは大幅に安いですが、その他と大きく変わることはありません。ソフトバンク光マンションタイプの月額料金も平均的といったところですね。

マンションタイプのコスパ比較

次に、マンションタイプのコスパを比較してみましょう。ちなみに、マンションタイプは月額料金も回線速度も戸建てタイプと違います。そのため、戸建てタイプとは違う結果となりました。

サービス名回線速度コスパ
ソフトバンク光316Mbqs¥13.2
ドコモ光262Mbps¥16.8
auひかり313Mbps¥14.2
ビッグローブ光274Mbps¥16.0
J:COM232Mbps¥22.3
マンションタイプのコスパ比較

こちらはなんと、戸建てタイプで最もコスパのよかったauひかりよりも優秀という結果。

よほどのことがない限り、自分の利用できる中で最もコスパの高い回線を選ぶのがおすすめです。

つまり、戸建てで使うならauひかり。マンションで使うならソフトバンク光が最も賢い選択だということです。

また、ソフトバンク光は料金がお得になる特典があります。それを適用すれば、さらにコスパが優秀になりますので、次で詳しく説明しますね。

ソフトバンク光引越し 公式窓口

ロゴ画像

  1. 公式窓口から引越しの申し出
  2. 現住居の利用回線を解約
  3. 新居で工事に立ち会い・開通

公式窓口ならたった5分で手続き完了こちらの公式受付窓口にお問合わせいただくと、通常なら30分~1時間程度かかる面倒なお手続きを専任スタッフに全て無料でサポートしてもらえます。

受付時間:10:00〜20:00 土日祝日も営業

関連記事

ソフトバンクスマホとセットでスマホの月額料金がお得に

料金は平均的だけど、コスパが優秀なソフトバンク光。実は、料金面でも他社と比べてお得に使う方法があるのです。

といっても、正確にはソフトバンク光の月額料金が安くなるわけではなく、ソフトバンクスマホの月額料金が安くなります。

要するに「光回線+スマホ」のトータルコストがお得になるということです。

ソフトバンク光とソフトバンクスマホをセットで利用すれば、「おうち割」という特典が適用されます。

おうち割の特典内容は、家族内(一緒に住んでいる人)のソフトバンクスマホの料金が1台あたり毎月最大で¥1,100割引されるというもの。

ただでさえコスパが優秀なソフトバンク光を、さらに優れたものにする特典です。

適用条件はオプションの加入

ただし、適用されるためには以下のオプションの加入が条件になります。

おうち割の適用条件

  • 光BBユニットレンタル
    ソフトバンクから無線ルーターをレンタルするオプション。
  • Wi-Fiマルチパック
    無線Wi-Fiでインターネットにつなぐためのオプション。このオプションがないと無線Wi-Fiでインターネットにつなぐことができません。
  • ホワイト光電話/光電話(N)+BBフォン/BBフォンのいずれか
    固定電話が使えるようになるサービス。

オプションの加入が必要な理由は、ソフトバンク側が「オプションを沢山の人に使ってもらうためにキャンペーンを用意しているから」です。

オプションは基本的に有料サービス。ソフトバンク側からすると、ユーザーがオプションを利用してくれれば、その分だけ利益が大きくなるということです。

ユーザー側からすれば、「高くなるならオプションはいらない」と考えるものでしょう。そういった人にもオプションに興味を持ってもらえるように、ソフトバンク光は、オプション利用者だけが適用される「おうち割」を用意しているのです。

ちなみに、上記オプションは3つセットで¥550/月で加入できます。

スマホのプランによっては割引額が¥550になることも

おうち割の割引額は、スマホのプランによって¥550になることもあります。

具体的なプランと割引額の組み合わせはかなり複雑で、ご覧いただくにはややこしすぎるので、今回は省略します。

とはいえ、ほとんどのプランでは割引額は¥1,100なので安心してください。どうしても詳しく知りたい方は、ソフトバンク公式サイトを参考にしてください。

ソフトバンク光の初期費用

さて、ソフトバンク光の月額料金について納得がいった方は「実際に手続きを進めるうえで発生する費用」についても気になってきますよね。

つまり、初期費用はいくらかかるのか?ということ。

金額を先にお伝えすると、ソフトバンク光の初期費用は、¥3,300です。本当は¥31,680の工事費がプラスされるのですが、キャンペーンで割引されているのです。
詳しくは次で説明しますね。

初期費用は¥3,300!ただし乗り換えの場合は別途費用が発生することも

光回線の初期費用といえば、一般的には利用する環境を整えるための「工事費用」+「事務手数料」です。

しかし、ソフトバンク光の初期費用は、「事務手数料」だけ。というのも、2024年2月現在、ソフトバンク光は最大¥31,680かかる工事費用を無料にしているのです

つまり、ソフトバンク光の初期費用は¥3,300で済むということです。

といっても、これはあくまでもソフトバンク光側でかかる費用。新規でソフトバンク光を契約するだけなら¥3,300で済みますが、他社回線から乗り換える際は、乗り換え元で別途費用がかかることがあります。

どのくらいの費用がかかるかは、乗り換え元に確認するしかありませんが、ほとんどの場合、おおよそ¥5,000〜¥20,000程度かかるでしょう。

ソフトバンク光なら他社の解約費用を還元してくれる

「ソフトバンク光に乗り換えたいけど、乗り換え費用が気になって踏み切れない」と思っている人も少なくないでしょう。

しかし、その心配の必要はありません。なぜなら、ソフトバンク光は「あんしん乗り換えキャンペーン」という特典で、他社の解約費用を最大¥100,000まで還元してくれるのです。

しかもこの特典、なんとソフトバンクスマホに乗り換えるためにかかるスマホの解約費用も還元してくれます。

つまり、10万円までなら解約費用を気にせずにソフトバンク光とソフトバンクスマホのセットに一気に乗り換えることができるということです。

ドコモ光からソフトバンク光に乗り換える場合、あんしん乗り換えキャンペーンを利用すると、総額44200円もお得になる。

還元対象を以下にまとめておきますので、ご確認ください。

あんしん乗り換えキャンペーンの対象になる費用

  • 他社光回線の契約解除費用
    他社光回線を契約期間中に解約した時に発生する違約金
  • 他社光回線の撤去費用
    他社光回線の設備を撤去するのにかかる費用
  • 他社スマホの契約解除費用
    他社スマホを契約期間中に解約した時に発生する違約金
  • 他社スマホの機種代金残債
    他社スマホの機種代金を分割して支払っている場合の残債

還元対象は上記4点です。他社回線の工事費用残債は還元されませんので注意してくださいね。

その他、細かい注意点については下記の記事で紹介していますので、詳しく知りたい方は参考にしてみてください。

関連記事

まとめ.ソフトバンクユーザーにとっては間違いなく最安の光回線

月額料金は平均的だが、コスパは優秀なソフトバンク光。ソフトバンクユーザーなら、スマホと光回線のトータルコストがかなりお得になります。

ソフトバンクスマホユーザーにとっては、間違いなく最安の光回線です。品質も決して悪くないので、とくに拘りがないのであれば、ソフトバンクスマホユーザーは、ソフトバンク光にするのがおすすめです。

また、他社の解約費用の還元も、ソフトバンク光はかなり手厚いです。スマホの乗り換え費用まで還元してくれる回線は非常に珍しいので、うまく利用してスマホも一緒に乗り換えることも視野にいれて検討してもいいでしょう。

ソフトバンク光引越し 公式窓口

ロゴ画像

  1. 公式窓口から引越しの申し出
  2. 現住居の利用回線を解約
  3. 新居で工事に立ち会い・開通

公式窓口ならたった5分で手続き完了こちらの公式受付窓口にお問合わせいただくと、通常なら30分~1時間程度かかる面倒なお手続きを専任スタッフに全て無料でサポートしてもらえます。

受付時間:10:00〜20:00 土日祝日も営業

関連記事

記事の編集責任者 奥山 裕基 Okuyama Yuki

大学卒業後、服飾業界と教育業界を経てポート株式会社へ。
入社後は多数の新規メディア立ち上げに参画し、自身も有資格者ライターとして2,000本を超える記事を執筆。
PORTブロードバンドにおいても「読者のインターネット回線に関する最適な意思決定を支援する」という信念のもと、総務省の認可を得た正規販売代理店(届出番号C2203454)として、信頼できる情報を“誰にでもわかりやすく”発信している。

> メッセージを読む