正規販売代理店ポート株式会社 届出番号:C2203454

工事不要のネット回線は2種類!用途に応じて選ぶのが最適|ただし光回線も選択肢

インターネット回線を引きたいけど、引越しする可能性もあるし、わざわざ工事を行うのに抵抗がある。大家さんの許可も必要らしいから正直面倒…

「工事不要のネット回線ってどんなのがあるかな?」

…とインターネット回線についてお悩みの方に、工事不要のネット回線をご紹介します。

結論から言うと、工事不要で利用できるのは「ホームルーター」と「モバイルルーター」の2種類です。

ただし、光回線においても工事不要で利用できる場合があるので、詳しく説明しますね。工事なしで手軽にインターネットを始めたい人は、是非最後までご一読ください。

通信速度を重視するなら光回線がおすすめ

インターネットの速度を重視する場合は光回線をおすすめします。ソフトバンク光では工事完了までホームルーターを無償レンタルしてくれるので、すぐにWi-Fi環境を整えたい人にも最適です。

ソフトバンク光

ソフトバンク光は他社への解約金および工事費を最大10万円まで還元してくれるうえ、ネットが開通するまでの期間は置くだけWi-FiもしくはポケットWi-Fiを無料レンタルできるキャンペーンを実施しています。
おすすめポイント
下り平均速度318Mbpsだから快適
月額料金は¥4,180から
開通工事前でもネット利用可能
最大10万円還元工事費無料
お得なキャンペーン情報はこちら

工事不要のネット回線は2種類

一般的にインターネット回線というと、物理的な光回線をご自宅の部屋内まで引き込む“工事”を行うことで初めてインターネットが利用できるというものです。

そのため、“工事不要”で利用できる回線というのは限られており、スマホのように電波を送受信することでインターネットに繋ぐ「ホームルーター」「モバイルルーター」がそれにあたります。

ホームルーターは、自宅に設置し持ち運びできない“置き型タイプ”で、モバイルルーターは持ち運びができるタイプですが、メリットがそれぞれ異なるので解説しますね。

まず、共通するメリットとしては…

共通のメリット

  • 工事が不要
  • 機器が届いたらすぐに利用できる
  • Wi-Fiだから部屋もスッキリ(ケーブルレス)
  • 引越しの時も楽(住所の変更の連絡のみ)

最大のメリットは、工事が不要ですぐに利用ができるということ。

一般的な光回線では、申し込みからネットが利用できるようになるまで2週間~1ヵ月程度かかりますが、ホームルーターやモバイルルーターであれば即日~数日で利用が可能です。

インターネット環境を急いで整えたい時には最適な回線なのですが、ホームルーター、モバイルルーターにはそれぞれのメリット・デメリットがあります。

メリットデメリット
ホームルーター・速度の安定性が高い
・同時接続数が多い
・通信量無制限
・有線接続(LAN接続)可能
・バッテリーなし
・持ち運び不可
・プロバイダーが少ない
モバイルルーター・持ち運び可能
・コンパクト、軽量
・プロバイダーが多い
・速度の安定性が悪い
・通信量の制限あり
・バッテリーあり
ホーム・モバイルルーターのメリット・デメリット

インターネットをするうえで重要なのは“速度の安定性”ですが…

ホームルーターは複数本のアンテナが内蔵されているため、モバイルルーターより速度が安定します。

また、速度が安定するという事は複数台の端末や、Wi-Fiに対応した家電製品などにも接続でき、LANケーブルを使ってPCに直接つなぐこともできるのです。

ただし、サービス提供している会社(プロバイダー)はあまり多くない事と、持ち運びができない事がデメリットですね。

一方、モバイルルーターは内蔵されているアンテナは1本なので、通信速度の安定性はホームルーターに劣ります。

また、プランやオプションによっては通信量の制限があるのがデメリットです。

通信量の制限というのは、月間の通信容量を超えてしまうと、速度が低速になるという制限のことで、解除するには翌月まで待つか追加で通信容量(ギガ)を購入しないと快適に利用ができないのです。

こういったデメリットはあるものの、現在は容量無制限のプランもあり、モバイルルーターは持ち運びができるため、外出先でPCを使う場合には最適な手段の1つになります。

他にも、サービス提供しているプロバイダーは数十社あり、それぞれで月額料金や割引などのキャンペーンが異なり、機器も購入かレンタルかも選べるため、ホームルーターよりも選択肢が豊富にあるのがモバイルルーターのメリットです。

どちらが適しているかは“使い方”で選ぼう

ホームルーター・モバイルルーターどちらも一長一短ですが、どちらを選ぶのが最適なのかは、インターネットの使い方で異なります。

要するに、どこで利用することが多いのかで決めるのが最適です。以下に、どういう人におすすめできるのかをまとめました。

おすすめできる人
ホームルーター・自宅でのネット利用が多い人
・家族で利用する人
モバイルルーター・外出先での利用が多い人
・料金の安さを優先する人
ホーム・モバイルルーター別おすすめできる人

自宅での利用が多い場合や、家族で使うのであれば、ホームルーターがおすすめです。

モバイルルーターは家族で利用するには、速度が安定しないということと、家族でそれぞれが容量を使うのですぐに容量超過の通信制限がかかってしまう可能性があります。

また、外出先に持ち出してしまったら、家にいる家族はWi-Fiが利用できなくなりますね。

外出先でのネット利用が多い人や、料金の安さを優先するならもモバイルルーターが最適です。

外出先でWi-Fiを利用するには、モバイルルーターを使うか、スマホのテザリング機能を使うか、カフェなどの無料Wi-Fiを利用するかないのですが…

テザリングだと速度が遅いほか、スマホの通信容量を使ってしまうというデメリットもあり、月額料金が別途かかる場合もあるのです。

また、カフェなどの無料Wi-Fiの場合は、多くの人が利用しているため店によっては速度も遅く、時間制限があったり、セキュリティが万全でなかったりと別の心配も出てきますね。

このようなことから、外出先で利用するにはモバイルルーターが最適と言えます。

ただし、ホームルーター、モバイルルーターの両方に言えることですが、快適にインターネットができるのは速度の速い電波を受信できるエリアだけです。

ソフトバンク光

ソフトバンク光は他社への解約金および工事費を最大10万円まで還元してくれるうえ、ネットが開通するまでの期間は置くだけWi-FiもしくはポケットWi-Fiを無料レンタルできるキャンペーンを実施しています。
おすすめポイント
下り平均速度318Mbpsだから快適
月額料金は¥4,180から
開通工事前でもネット利用可能
最大10万円還元工事費無料
お得なキャンペーン情報はこちら

ネットの用途によっては速度が物足りない

前提として、ホームルータやモバイルルーターが快適に利用できるのは、通信速度の速い電波が受信できるエリアかどうかによります。

電波の種類としては、主に最新の高速回線である「5G」、現在主流の「4G/LTE」があり、最大通信速度や利用できるエリアが異なります。

回線最大通信速度カバーエリア
5G約10Gbps~20Gbps大都市周辺
4G/LTE約1Gbps山間部を除く
ほぼ日本全国
5G・4GLTE・3Gの違い

インターネットの速度の単位は“bps”といい、1秒間にどれだけの容量を送受信できるかという単位で、数値が大きいほど速度が速いのです。

5G回線は、4G/LTEの10~20倍ものスペックがあるということなので、もし利用するなら5Gの電波がキャッチできるエリアが望ましいですね。

つまり、ホームルーターやモバイルルーターを検討しているのであれば、自分の生活圏(自宅や学校などルーターを利用する場所)の電波状況を事前に確認しておく必要があります。

場所によっては、5G回線が使えて快適にインターネットが利用できる場合もあれば、イマイチ速度が出なくて使えないという事もあるのです。

では、実際のところ、ホームルーターやモバイルルーターはどのくらいの速度が出るのか気になるかと思いますので、平均速度を見てみましょう。

サービス名称
機種
下り平均速度上り平均速度Ping値
ドコモ
home 5G
180Mbps19Mbps50ms
UQ Wimax
Speed Wi-Fi HOME 5G L12
128Mbps18Mbps43ms
SoftBank Air
ターミナル5
101Mbps9Mbps42ms
ホームルーターの平均速度
サービス名称
機種
下り平均速度上り平均速度Ping値
UQ Wimax
Speed Wi-Fi 5G X11
66Mbps12Mbps51ms
Rakuten WiFi Pocket27Mbps20Mbps56ms
AiR WiFi21Mbps17Mbps43ms
モバイルルーターの平均速度

下り平均速度というのは、WEBサイトの閲覧、動画視聴、アプリなどを入れる際の、ダウンロードの速度のこと。

一方、上り平均速度というのは、メール送信や、LINEなどで動画を送る際の速さのことで、要するに速度が速いほど“送信中”の時間が短いということですね。

平均速度で見ると、ホームルーターはモバイルルーターの倍以上の下り速度が出ているため、モバイルルーターよりも速度的には優秀であることがわかります。

とは言っても、モバイルルーターであっても20Mbpsぐらいの速度が出ていれば、WEB閲覧や動画視聴など、一般的なネットの利用には支障はありません。

ただし、上り速度に関しては両方とも10~20Mbps程度、通信の応答速度を示すPing値に関しても50ms前後なので、上り下りの双方向の通信を多用する場合は注意が必要です。

Ping値は低いほど優秀

サーバーの応答速度(サーバーとの往復にかかった時間)のことで、一般的にPing値を表す単位は「ms(ミリ秒)」で表されます。
数値が低いほど応答時間が短く、通信が高速ということです。

実は、最近ではWEB会議やオンラインゲームの普及によって、上り下りの双方向通信を利用する機会が増え、応答速度である“Ping値”も重要になってきているのです。

用途快適なPing値
WEB会議40~60ms以下
オンラインゲーム
(FPS・格闘ゲームなど)
15ms以下
オンラインゲーム
(RPG・パズルゲームなど)
40ms以下
用途別の推奨Ping値

例えば、WEB会議では、Ping値が高いと画面がカクついたり音声が途切れたりすることがあります。

ホームルーターやモバイルルーターのPing値は50ms前後なので、ギリギリ対応できるといったところですが…

会議のメンバーが複数人に増えた場合や、画面上で同時に他の作業をする場合など、通信の負荷も増えるため快適に利用できない場合もあります。

また、家族もネットを使うような環境だと、今まで快適にWEB会議ができていたのに、家族がネットの利用を開始した途端にカクついたりすることもあるのです。

また、オンラインゲームは求められるPing値が低いため、素早い反応速度が必要なゲームではラグが発生するため、ホームルーターやモバイルルーターは向いていません。

主に、このような用途でインターネットの利用を考えているのであれば、光回線の導入をした方が快適に利用することができます。

安定した速度を重視するなら光回線も選択肢

前提として、自宅でインターネットを多用する人に限られますが…

もし、WEB会議を頻繁に行ったり、オンラインゲームをしたりするのであれば、いっそうのこと光回線を導入してしまった方が結果的には快適に利用ができるのです。

ホームルーターと光回線の通信速度を比べてみると…

回線名称下り平均速度上り平均速度Ping値
ドコモ
home 5G
180Mbps19Mbps50ms
UQ Wimax
Speed Wi-Fi HOME 5G L12
128Mbps18Mbps43ms
SoftBank Air
ターミナル5
101Mbps9Mbps42ms
<光回線>
ソフトバンク光
317Mbps289Mbps15ms
<光回線>
ドコモ光
276Mbps260Mbps18ms
<光回線>
ビッグローブ光
265Mbps243Mbps18ms
平均速度比較

ホームルーターの速度と比べると歴然の差があるのがわかりますね。

このように、光回線であれば電波状況に左右されることが無いので、安定した速度でインターネットが利用できるのです。

また、月額料金に関しては、ホームルーターは¥5,000前後が相場ですが、光回線は住居タイプに応じて¥4,000ぐらいからあるので、料金的にもコスパは高くなります。

ただし、ネックなのは工事ですよね。

通常、光回線は導入時に工事が必要ですが、ある条件を満たす住居の場合は工事不要で導入ができるのです。

家族で利用する場合や、オンラインゲームには光回線が最適

ソフトバンク光

ソフトバンク光は他社への解約金および工事費を最大10万円まで還元してくれるうえ、ネットが開通するまでの期間は置くだけWi-FiもしくはポケットWi-Fiを無料レンタルできるキャンペーンを実施しています。
おすすめポイント
下り平均速度318Mbpsだから快適
月額料金は¥4,180から
開通工事前でもネット利用可能
最大10万円還元工事費無料
お得なキャンペーン情報はこちら

光回線でも工事不要な場合がある

NTTフレッツ光の回線を使ったサービスであれば、“宅内の工事不要”で光回線を導入できる場合があります。

フレッツ光はもちろんのこと、ソフトバンク光やドコモ光、ビッグローブ光などのサービスがそれにあたります。

宅内の工事不要の条件としては、賃貸住宅などで前に住んでいた人がすでに工事を行っていて、「光コンセント」が部屋内に設置されている場合に限ります。

光コンセントは、一体型と分離型の2種類があり、どちらか部屋についていれば工事不要で光回線が利用できる可能性があります。

光コンセントは2種類あり、電話回線やコンセントと一体になっている「一体型」と光回線だけのジャックがある「分離型」があります。

光コンセントがある場合、既に引かれている光回線を流用して使用するので、NTTの局側だけの工事で済むため、申し込みから1週間程度で利用することができます。

このことを「無派遣工事」と言い、工事業者の派遣が無い工事という意味ですね。

つまり、無派遣工事が可能なら、建物側の工事は終わっているので、大家さんの許可も必要なく、光回線が利用できるというわけです。

ただし、光コンセントがあったとしても、他社のものであったり、中身が空っぽであったり、断線しているケースもあるのです。

その場合は工事が必要になるのですが、無派遣工事が適用されるかどうか確定されるのは、サービスを申し込んでからになることは憶えておいてください。

工事完了までホームルーターレンタルが便利

「工事をするのは問題ないけど、すぐにネットを使いたい!」という人には、工事が終わるまでホームルーターを無料レンタルしてくれるサービスがおすすめです。

ソフトバンク光では、光回線の工事まで「ホームルーター」もしくは「ポケットWi-Fi」が無償でレンタルする事ができる「開通前レンタル」のサービスを行っています。

開通前レンタルを利用すれば、おおよそ申し込みから4~7日程度で機器が届き、Wi-Fiが利用できるようになります。

こういったサービスを利用することで、高額なホームルーターやモバイルルーターの契約をしなくても、数日でネット環境を整えることができるので、急いでいる場合は選択肢の一つになりますね。

また、工事が完了してしまえば、更に速度が速くて安定した光回線を利用することができるので、快適なネットライフを送るためにも検討してみてください。

ソフトバンク光は急いでWi-Fi環境を整えたい人に最適

ソフトバンク光

ソフトバンク光は他社への解約金および工事費を最大10万円まで還元してくれるうえ、ネットが開通するまでの期間は置くだけWi-FiもしくはポケットWi-Fiを無料レンタルできるキャンペーンを実施しています。
おすすめポイント
下り平均速度318Mbpsだから快適
月額料金は¥4,180から
開通工事前でもネット利用可能
最大10万円還元工事費無料
お得なキャンペーン情報はこちら

まとめ.工事不要のネット回線ならまずは光回線を確認しよう

今回は、工事不要のネット回線について解説してきました。

インターネット回線というものは、もはや日常生活において重要なインフラの1つになってきています。

そのため、快適な通信速度で利用できる事が最も重要なため、工事不要のネット回線をお探しであれば、まずは光回線が導入できないか模索してみることをおすすめします。

確かにホームルーターやモバイルルーターは手っ取り早くネット環境を整えられる点では優秀です。

ただし、5Gのエリアであってもビルなどの遮蔽物により電波がうまく届かないといった、利用してみなければわからない不確定な要素が光回線よりも大きいのですね。

つまり、高い割賦契約をしてホームルーターやモバイルルーターを契約しても、使い物にならないといったリスクはあるのです。

そのため、ホームルーターの開通前レンタルを利用してでも、工事をして光回線を導入する方が、結果的には最適な判断となるのです。

実際のところ、光回線の工事は1日だけで1~2時間程度、工事費用も実質無料の光回線が多いので、お悩みであればご相談いただければと思います。

工事ができるなら光回線の導入が最適

インターネットを快適に利用したいならば光回線一択です。もし、工事ができるようであれば光回線を導入するのが賢い選択です。

ソフトバンク光

ソフトバンク光は他社への解約金および工事費を最大10万円まで還元してくれるうえ、ネットが開通するまでの期間は置くだけWi-FiもしくはポケットWi-Fiを無料レンタルできるキャンペーンを実施しています。
おすすめポイント
下り平均速度318Mbpsだから快適
月額料金は¥4,180から
開通工事前でもネット利用可能
最大10万円還元工事費無料
お得なキャンペーン情報はこちら
ビッグローブ光

ビッグローブ光は最大3万円のキャッシュバックあり。また工事費無料キャンペーンも実施中。
おすすめポイント
無条件でキャッシュバック¥30,000
auユーザーは年間¥13,200お得
工事費無料キャンペーン実施中
キャッシュバック3万円工事費無料
お得なキャンペーン情報はこちら
auひかり

auひかりは他社違約金、工事費、初期費用を最大63000円まで還元してくれます。また最大10Gの超高速プランあり。
おすすめポイント
業界トップクラスの通信速度
最大¥63,000得するキャンペーンあり
auユーザーは年間¥13,200お得
最大¥30,000キャッシュバック
初期費用最大¥33,000割引き
お得なキャンペーン情報はこちら

記事の編集責任者 奥山 裕基 Okuyama Yuki

大学卒業後、服飾業界と教育業界を経てポート株式会社へ。
入社後は多数の新規メディア立ち上げに参画し、自身も有資格者ライターとして2,000本を超える記事を執筆。
PORTブロードバンドにおいても「読者のインターネット回線に関する最適な意思決定を支援する」という信念のもと、総務省の認可を得た正規販売代理店(届出番号C2203454)として、信頼できる情報を“誰にでもわかりやすく”発信している。

> メッセージを読む

カテゴリーから探す