正規販売代理店ポート株式会社 届出番号:C2203454

楽天ひかりの引っ越し|手続きの流れや費用が画像でわかる

「近々引っ越しの予定があるから、楽天ひかりの手続きも済ませておこう」

そう思って公式サイトなどをチェックしてみたものの、あっさりし過ぎていて「いつまでに何をしたらいいのか」かえってわからない。

そういった方に向けて、楽天ひかりの引っ越しについて詳しく・わかりやすくお伝えしようと思うのですが・・・

実は、状況によっては必ずしも「楽天ひかり公式の引っ越し手続き」を取るべきではないのです。

くわしくは本文で説明しますが、まずお客様の状況ではどんな選択肢が最適なのか、以下のフローチャートで判別しておきましょう。

楽天ひかりユーザーの適切な引っ越し方法がわかるフローチャート。引っ越し日まで1ヶ月以上余裕があるなら移転、引っ越し日まで時間がなくても新居で工事不要なら移転、引っ越し日まで時間がなくて新居で工事が必要なら乗り換え。

さて、フローチャートを試した結果「楽天ひかりを移転する」という選択肢に至った方は、ぜひこのまま記事を読み進めてください。手続きの詳細をご説明します。

一方で、「他社回線に乗り換え」となった人については、このまま楽天ひかりを使い続けると困ったことになる恐れがあります。

一言にまとめると「引っ越してからしばらくネットが使えなくなる可能性がある」という話なのですが、その理由については本文で説明しますね。

「引っ越し先で1番お得に使える回線」を無料診断

引っ越しというのは、回線を見直すチャンスでもあります。
どの回線を選ぶかにもよりますが、ソフトバンク光を継続利用するより、乗り換えた方が金銭的にお得なケースも。気になる方は、ぜひ無料診断をお試しください。

ご相談・お問い合わせは無料!

お急ぎの方・話だけでも聞きたい方は
お電話ください

フリーダイヤル0120-588-041

受付時間 10:00~20:00
※土日祝日も営業

楽天ひかりの引っ越し手続き=移転

引っ越し日までに十分な時間(1ヶ月以上)がある、もしくは新居での工事が不要という方については、楽天ひかり公式の引っ越し手続き・・・「移転」をすることになります。

移転というのはインターネット回線の引っ越しを意味する専門用語で、要するに「契約内容のうち、住所情報だけを現住所のものから新居のものに変更してしまおう」という手続きです。

移転手続きのポイントは、「楽天ひかりは解約しない」ということ。

そもそも、インターネット回線(楽天ひかり)の契約というのは、住宅×楽天ではなく個人×楽天で結ばれています。

その契約内容には「どこでネット通信をするのか」・・・つまり住所情報が含まれているのですね。

移転とは、要するにその住所情報だけ変更して引っ越しを済ませる手続き。
契約内容の一部が変わるだけなので、わざわざ楽天ひかりを解約したり契約を結びなおしたりする必要がないのです。

楽天ひかりを移転する手続きの流れ

最初に言った通り、移転手続きは楽天ひかり公式のものなので、その流れはいたってシンプル。

まずは、動画で手続きの全体像をご覧ください。

各ステップで具体的にどのような手続きをとることになるのか、ひとつずつ説明しますね。

STEP1.会員ページで 「設置場所変更」の手続きをする

楽天ひかりの引っ越し(移転)手続きの1、会員ページにログインして設置場所変更の手続きをする。メンバーズステーションにログインして、会員メニュー、登録情報・設定変更、楽天ひかり設置場所変更の順に選択する。

会員ページとはメンバーズステーションのこと。「設置場所変更」の手続きをするというのは、つまり楽天ひかりに「引っ越ししますよ」と申し出るという意味です。

メンバーズステーションにログインしたら、以下の手順を踏むだけで簡単に手続きができます。

設置場所変更手続きの流れ

  • 会員メニューを開く
  • 「登録情報・設定変更」を選択
  • 「楽天ひかり 設置場所変更」を選択

操作そのものは簡単ですが、この時点で住所がちゃんと決まってないと手続きができないので注意してください。
要は「どこに引っ越すのか」を申し出ないといけないわけなので。

まだ引っ越しが確定していない方は、少なくとも新居が決まってから手続きを進めるようにしましょう。

STEP2.楽天ひかり工事受付センターから工事日を連絡してもらう

楽天ひかりの引っ越し(移転)手続きの2、楽天ひかり工事受付センターから工事日について連絡してもらう。申込日に応じて勝手に決まる工事日を伝えられることになる。

設置場所変更手続きをすると、新居で工事が必要かどうかのチェックが行われます。

その結果として「工事が必要」となった場合、楽天ひかり側から「お客様の工事日が決まりました」と連絡がくるのです。

ここで注意してほしいのは、工事日は基本的に楽天ひかり側の都合で決まるということ。

楽天ひかりの工事日の決まり方。申し込んだタイミングをもとに、楽天ひかり側が工事日を決めてしまう。基本的に1日から5日までに申し込めば翌月1日、6日から15日までに申し込めば翌月10日、16日から25日までに申し込めば翌月20日、26日から末日までに申し込めば翌々月1日が工事日になる。

基本的に工事日は申し込んだタイミングによって決まるのですが、その組み合わせは以下の通り。

申し込み日工事日
1日~5日翌月1日
6日~15日翌月10日
16日~25日翌月20日
26日~末日翌々月1日
楽天ひかりの工事日

どうしても都合がつかない場合は、楽天ひかりに問い合わせることで別の日程を提案してもらえる可能性があります。

とはいえ、基本的には一方的に工事日を決められてしまうのでご注意ください。

ちなみに、今住んでいる家についても、場合によっては撤去の工事が必要となります。

これも楽天ひかり側が確認してくれるのですが、建物によっては原状復帰の一環として楽天ひかりの設備を撤去しないといけないのです。

STEP3.現住居・新居それぞれで工事に立ち会う

楽天ひかりの引っ越し(移転)手続きの3、現住居と引っ越し先それぞれで工事に立ち会う。所要時間は2時間程度だが誰かが立ち会い続けなければならない。

工事というのは、要するに「住宅に楽天ひかりを使うための設備を取り付けたり撤去したりする作業」のこと。

そもそも、楽天ひかりというインターネットサービスを利用するには、電柱から引き込む「回線(光ファイバー)」や室内に設置する「光コンセント」といった設備が必要になります。

楽天ひかりの工事内容。インターネット通信に必要な設備や機器を取り付けたり撤去したりする。回線とは光ファイバーのことで、これは電柱から引き込む。建物内の配線とは、電柱から引き込んだ回線を光コンセントにつなげている配線のことで、配管などを使って通す。光コンセントとは光回線専用のLANケーブルを繋げるコンセント差込口のことで、屋内に取り付ける。周辺機器とはONUやルーターのことで、光コンセントにつなげる。

どれも物理的な設備なので、取り付けたり撤去したりするには作業員さんが工事をしないといけません。

その工事には、かならず「立ち合い」が必要なのです。
やること自体は、文字通り現場で作業が終わるまで一緒に居るだけ。長くても2時間あれば終わります。

では、そもそもなぜ立ち合いが必須なのか?という点ですが・・・

工事に立ち合いが必要な理由。誰も見ていないときにトラブルが起きると作業員の責任問題になってしまうので、それを避けるため立ち合いが必要となる。

作業員としても、誰も見てないところで何かトラブル(壁に意図せぬ傷をつけてしまったりなど)があったとき、責任問題になったら困りますよね?

そもそも、工事は住宅内で行うものですから、誰の目もないところで勝手にやることはできません。それはつまり、不法侵入ということになってしまうので。

というわけで、工事が必要なら誰かしらが立ち会う必要があるのです。

STEP4.契約内容の住所情報を変更する

楽天ひかりの引っ越し(移転)手続きの4、会員ページで住所情報を変更する。会員ページの設定変更項目で元の住所情報から新居の住所情報に変更する。

最後に、メンバーズステーションで住所情報を変更すれば移転手続き完了です。
変更手続きそのものは、マイページ(メンバーズステーション)上の案内に従って操作するだけなので簡単。

ちなみに住所情報は早めに、できれば工事が終わった当日に済ませておきましょう。
というのも、楽天ひかりは「契約内容で設定されている住所」でしか利用できない仕組みになっているため、住所変更を済ませておかないとネットが使えないのです。

手続きが面倒な方は代理店にご相談を

「代理店」というのは、総務省の認可を受けて通信会社(楽天ブロードバンドやドコモなど)の代わりに「回線の売り込み」をしている会社のこと。

光回線の販売代理店とは。国の認可を受けたうえで光回線の売り込みをしている会社のこと。

代理店の業務は「お客様がインターネット回線を接続するためのサポート」なので、面倒な契約手続きについても一部代行してくれます。

引っ越し時に生じる手続きについてもサポートを得られるので、工事日の調整や住所変更などが手間に感じるなら、代理店に相談してみる手もあるのです。

なお、当サイトを運営するPORT株式会社のグループ会社「株式会社INE」も代理店業務を行っているので、気になる方はぜひご相談ください。

面倒な引っ越し手続きを無料サポート

忙しいお客様のために、楽天ひかりの面倒な引っ越し手続きを無料サポートします。

ご相談・お問い合わせは無料!

お急ぎの方・話だけでも聞きたい方は
お電話ください

フリーダイヤル0120-588-041

受付時間 10:00~20:00
※土日祝日も営業

楽天ひかりの引っ越し費用は新居での工事費のみ

移転手続きの進め方がわかったら、今度は「費用はどれくらいかかるのか」が気になりますよね?

その費用とは、基本的に「引っ越し先(新居)での工事費」を指します。
ちなみに、もし現住居で撤去工事が発生したとしても費用は発生しません。そちらは基本的に無料で対応してくれます。

では、その「新居での工事費」がどれくらいなのかというと、実は少し複雑になっています。

というのも、工事費は「どこに引っ越すか」によって変動するからです。

楽天ひかりの引っ越し費用は基本的に工事費だけ。ただしどこに引っ越すかによって金額が変わる。同じエリア内で転居するのか、エリアをまたぐ転居になるのかで変わる。

「同じエリア内」「エリアをまたぐ」とはどういう意味か?

エリアというのは、お住まいの地域がNTT東日本・NTT西日本どちらの管轄に入っているかを意味しています。

そもそも、楽天ひかりは「NTTの回線設備」を利用してインターネットサービスを提供している光コラボレーションという種類の回線なのです。
その回線設備の持ち主であるNTTは「NTT東日本・NTT西日本」に別れていて、それぞれが担当している地域のことを「エリア」と呼びます。

引っ越しによってこのエリアをまたぐ(NTT東日本エリアからNTT西日本エリアへの転居など)ことになると、設備の厳密な持ち主が変わってしまうので工事費が余計にかかってしまうのです。

これを踏まえて、楽天ひかりの工事費がいくらになるかを確認しておきましょう。

楽天ひかりの工事費は¥2,200~¥19,800

まずは、あらためて「楽天ひかりの工事内容」をご覧ください。

楽天ひかりの工事内容。インターネット通信に必要な設備や機器を取り付けたり撤去したりする。回線とは光ファイバーのことで、これは電柱から引き込む。建物内の配線とは、電柱から引き込んだ回線を光コンセントにつなげている配線のことで、配管などを使って通す。光コンセントとは光回線専用のLANケーブルを繋げるコンセント差込口のことで、屋内に取り付ける。周辺機器とはONUやルーターのことで、光コンセントにつなげる。

要するに、楽天ひかりの工事では

  1. 回線(光ファイバー)の引き込み
  2. 建物内の配線整備
  3. 光コンセントの設置
  4. 周辺機器の設置

の4つの作業が行われています。

楽天ひかりの工事費というのは、この4つの作業のうちどれを対応するかによって金額が変わるのです。

楽天ひかりの工事費の決まり方。工事の内容によって金額に差が生じる。屋内配線や回線引き込みを含む作業が発生するなら「エリア内ならマンション8250円、戸建て9900円」「エリアまたぐならマンション19800円、戸建て16500円」、設備が整っていて機器接続だけなら「エリア内なら7150円、エリアまたぐなら8360円」、現場作業がないなら2200円。

ご覧の通り、引っ越し先に何の設備も整っていない場合は¥8,000~¥20,000程度の出費が必要になりますが、現場作業がない場合は¥2,200で済みます。

こう言われると「現場作業がないってどういう意味?」と思いますよね。

そもそも楽天ひかりの「工事」では、住宅で行う現場作業のほかに、事業者(NTT)側で設定変更を行う事務作業があります。

要するに、現場作業が無い工事とは「設定変更だけで済む」ということ。
「住宅に作業員がやってきて何らかの作業をするならそれなりの費用がかかるけど、そうでなければ安く済む」と覚えておいてください。

移転手続き開始のタイミングは引っ越しの1ヶ月前

さて、引っ越しを控えている方は「いつまでに手続きを始めたら良いの?」という疑問も解消しておきたいですよね。

結論、楽天ひかりの移転手続きを始めるベストタイミングは「引っ越しの1ヶ月前」です。

というのも、楽天ひかりの工事日が基本的に「申込み日の約1ヶ月後」に設定されるから。ここで、もう一度「工事日がどうやって決まるのか」を振り返ってみましょう。

楽天ひかりの工事日の決まり方。申し込んだタイミングをもとに、楽天ひかり側が工事日を決めてしまう。基本的に1日から5日までに申し込めば翌月1日、6日から15日までに申し込めば翌月10日、16日から25日までに申し込めば翌月20日、26日から末日までに申し込めば翌々月1日が工事日になる。

ここで重要となってくるのは、「工事日については融通が利きにくい」ということ。

光回線の工事というのは、基本的にどの会社でも申し込みから1ヶ月以上後の日程でしか予約できません。
しかし、1ヶ月以上後なら自由に日程調整できるのが大半なのです。

これが楽天ひかりの場合、基本的に「申し込みの約1ヶ月後」に工事日が決定される仕組みとなっているので、行動が早すぎてもいけません。

というわけで、ベストタイミングを逃すと途端に工事日の調整が面倒になるのです。

混雑状況によっては工事日がなかなか決まらないことも

注意しておくべきことはまだあります。
引っ越しのタイミングによっては、光回線の工事が混雑してなかなか予約がとれないケースもあるのです。

要するに、引っ越ししてから何ヶ月も工事ができない可能性があるという意味なのですが・・・それはなぜか?

実のところ、そもそも楽天ひかりの工事は「NTTの作業員」が請け負っています。
すでに説明したとおり、光コラボの一種である楽天ひかりの回線設備はNTTのもの。そうである以上、設備を整える工事作業もNTTの仕事なのです。

問題は、そのNTTには沢山の工事依頼が来ているので、とても混み合いやすくなっているということ。

工事が混み合う理由。NTTはあらゆる回線の工事を担当しているから。光コラボに類する各回線の工事を一手に引き受けているために混雑しやすい。

そもそも、光コラボという種類にあたる回線は楽天ひかりだけではありません。
有名どころだと、ドコモ光やソフトバンク光なんかも光コラボの一種。

NTTは、そういった光コラボ各社からの工事依頼を一手に引き受けているのです。

というわけで楽天ひかりの工事も非常に混雑しやすく、引っ越しシーズンなどは特に「工事待ち」が発生しやすいのです。
どれくらい待たされるかというのはタイミング次第ですが、ひどいときは2~3ヶ月以上待たされるケースも。

ふつう、早めに行動しておけばある程度は「新居でネットが使えない期間」を短くできるものなのですが、基本的に申し込み日の1ヶ月後を工事日に設定しようとする楽天ひかりの場合、その手段も効果的とは言えません。

要するに、楽天ひかりは「工事日がなかなか決まらないとネット無しの期間が長くなりやすい」ということです。

工事が済むまでネットは使えないのに費用が発生する

さらに困ったことに、楽天ひかりは「工事が済むまでのネットが使えない期間」についても料金を請求してくるのです。

楽天ひかりの問題点。工事が済むまでのネットが使えない期間も料金が発生する。引っ越しから工事日までの期間はネットが使えないにも関わらず料金だけしっかり請求される。

一般的な光回線だと、引っ越ししてから工事が済むまでの「契約はしているけれどネットが使えない期間」については料金が発生しません。
その期間がたとえ1週間だけだったとしても、そのネットが使えていない日数分の料金は免除されるのです。

ところが、楽天ひかりはネットが使えていようが使えていまいが関係なく、契約している限り満額料金を請求してくるのです。

これが数日だけなら大した金額にもなりませんが、1ヶ月・2ヶ月と続いた場合は「無駄金を払っている」感が否めません。

つまり、引っ越し後すぐネットが使えるわけではないなら、移転をすることで無駄な費用を請求される恐れがあるということなのです。

引っ越してすぐネットが使えないなら乗り換えた方がいい

引っ越ししてすぐネットが使えないなら乗り換えた方が賢い。楽天ひかりだとネットが使えない間も料金が発生するが、他社に乗り換えたら無駄金を請求される心配がなくなる。

最初のフローチャートで「他回線に乗り換え」という選択肢に至った人については、楽天ひかりを続けると「ネットが使えない期間が生じて無駄金も請求されるリスク」があります。

先ほど説明した通り、楽天ひかりは工事の順番待ちが発生しやすい・・・つまりネットが使えない期間が生じやすいにもかかわらず、その間の料金だけはしっかり請求されるから。

もちろん、その期間(引っ越してから工事までの期間)が数日程度なら、そのまま楽天ひかりの移転手続きを進めても問題ないでしょう。
しかしそうでなければ、いっそのこと他回線に乗り換えてしまった方が、シームレスにネットを使えて無駄金も払わずに済むのでお得です。

楽天ひかりから他社に乗り換える際の費用は?

乗り換えという選択肢について考えると、どうしても「費用はどれくらいかかるの?」という疑問が沸いてくるもの。

結論、具体的な金額は最大¥13,750。
あくまでも「最大金額」で、うまくいけば¥3,300で済みます。

費用の内訳は「楽天ひかりの解約金¥10,450」「他回線の契約事務手数料¥3,300」なのですが・・・

解約金については、タイミング次第で¥0(無料)にできるのです。

楽天ひかりの解約金がゼロ円になるタイミング。契約更新時期に解約すれば無料なので、2年契約なら24ヶ月目から26ヶ月目まで、3年契約なら36ヶ月目から38ヶ月目までが無料で解約できる。

そのタイミングとは、「契約更新時期」
楽天ひかりは、基本的に最低契約期間(最低でもこの年数は契約を続けてねと言う期間)が2年もしくは3年に設定されており、契約時にいずれかを選ぶことになります。

その期間内に解約するとお金がかかるのですが、更新月から3ヶ月間の「更新時期」は解約金が発生しないのです。

具体的に「何年何月から何月までが更新時期なのか」というのは人によって違いますが、この点は楽天ひかりに問い合わせればすぐわかります。
うまくタイミングが合えば解約金について心配する必要は無くなり、安く乗り換えられますよ。

更新時期じゃなくても実質無料で乗り換えられる

率直に申し上げると、そもそも解約金について心配する必要はありません。

なぜなら、多くの光回線には「他社の解約金を全額負担してくれるサービス」が用意されているからです。

なぜそういったサービスが多いのかというと、答えは単純でどの会社も「他回線を使っているお客様」を獲得したいから。
要するに、乗り換えのハードルを下げることで顧客確保を狙っているのですね。

事情そのものは企業が利益を狙ってのことですが、お客様にとってもメリットが大きいので、そういったサービスは存分に活用してしまいましょう。

ちなみに、他社解約金を負担してくれる回線をお探しなら、以下ページで「簡単に回線を探せるサービス」について説明しているので、ぜひ参考にしてください。

関連ページ

最適な乗り換え先はソフトバンク光

引っ越しを機に楽天ひかりから乗り換えるなら、ソフトバンク光が最適だと思います。

なぜなら、ソフトバンク光には以下2つの特徴があるから。

ソフトバンク光の特徴

  • 楽天ひかりの違約金を全額負担してくれる
  • 開通するまでソフトバンクAirを無料レンタルできる

違約金の話についてはすでに説明した通りなのですが、「開通するまでソフトバンクAirを無料レンタルできる」というのがミソ。

引っ越し時に楽天ひかりから乗り換えるならソフトバンク光。開通工事までの期間限定でソフトバンクAirを無料レンタルできるからネットが使えない期間が発生しない。

ソフトバンクAirとは、(ご存じかと思いますが)ソフトバンクが提供している置くだけWi-Fi(ホームルーター)のこと。

回線速度はソフトバンク光に劣るものの、文字通りコンセントにつないで「置くだけ」でネットが使える装置なので、工事までの”つなぎ”としてはピッタリ。

開通するまでの期間限定ですが、これを無料でレンタルできるので、ソフトバンク光に乗り換えたら「ネットが使えない期間」が発生しないのです。

そもそも、引っ越しを機に楽天ひかりからの乗り換えを検討するなら、その理由は「ネットが使えない期間が発生してしまうから」。

その問題を抜本的に解決できるので、乗り換え先としてはソフトバンク光が最適なのです。

ただし、手続きそのものは移転より複雑になるので、乗り換えには「手間がかかってしまう」という難点があります。
ただでさえ引っ越しで忙しい時期に、ご自身ですべての手続きを対応するのは面倒でしょう。

そういった方は、ぜひ当社グループ会社「正規販売代理店 株式会社INE」にご相談ください。
楽天ひかりからソフトバンク光への乗り換えを、無料かつ丁寧にサポートします。

ご相談・お問い合わせは無料!

お急ぎの方・話だけでも聞きたい方は
お電話ください

フリーダイヤル0120-588-041

受付時間 10:00~20:00
※土日祝日も営業

楽天ひかりの引っ越しに関する質問と回答

最後に、楽天ひかりの引っ越しに関する「よくある質問と回答」を紹介します。

細かな疑問にお答えしているので、ぜひ目を通しておいてください。

Q.「移転手続き」はいつまでにやればいいの?

A.ベストタイミングは引っ越しの1ヶ月前です

今回の記事で説明した通り、楽天ひかりの移転手続きは「引っ越し日の1ヶ月前」を目途に対応してください。

なぜなら、引っ越し先の工事日が「申し込み日の約1ヶ月後」に設定される仕組みになっており、タイミングを外すとネットが使えない期間が長引きやすいからです。

Q.引っ越ししたら「無料キャンペーン」はどうなるの?

A.継続するのでキャンペーン利用開始から1年で終了します

楽天ひかりと楽天モバイルをセットで利用すると適用される「1年間無料キャンペーン」は、引っ越し後も何ら変わらず継続されます。

つまり、キャンペーン適用開始から11ヶ月目に引っ越したとしたら、翌月にはキャンペーンが終了するということ。

引っ越しを機にキャンペーンが復活することはないので、旨味を感じなくなったらいっそ「楽天ひかりよりメリットがある他社」に乗り換えてしまっても良いでしょう。

Q.楽天ひかりを解約するならいつから手続きすればいい?

A.最低でも1週間前までに手続きしてください

引っ越しを機に楽天ひかりを解約するなら、最低でも1週間程度前までには手続きを済ませておいてください。それ以降となると、思うように手続きが進まず引っ越し後にずれ込む可能性もあります。

撤去工事が必要になると工事の立ち合いが発生するので、できれば「解約しよう」と思い立ったタイミングで手続きを進めた方がいいです。

まとめ.楽天ひかりの引っ越し手続きは時間に余裕をもって進めよう

さて、今回は楽天ひかりの引っ越し手続きについて、画像や動画を交えて丁寧に解説しました。

あらためて言いますが、楽天ひかりの引っ越し手続きをやるなら「1ヶ月前」がベストタイミング。

そのタイミングを外してしまうと、スムーズに工事の予約がとれなくて、引っ越しをしてからネットを使えない期間が発生してしまう恐れがあります。

しかも、楽天ひかりは「ネットが使えない期間」についても料金が発生するので、無駄金を払わなくてはいけません。

つまり、引っ越し手続きで大事なのは「時間に余裕をもって」進めること。
もしタイミングが合わないなら、いっそ他社に乗り換えた方が賢いと言えます。

楽天ひかりにこだわりがあるなら話が変わりますが、重要なことは新居でも快適なインターネットライフを実現することですよね?

どんな選択をすればそれを実現できるのか、その点を念頭に手続きを進めていただければと思います。

「引っ越し先で1番お得なネット回線」を探そう

引っ越しというのは、回線を見直すチャンスでもあります。

どの回線を選ぶかにもよりますが、楽天ひかりを使い続けるより乗り換えた方が「ネットが使えない期間」を無くせて快適というケースも。気になる方は、ぜひ詳細をご覧ください。

記事の編集責任者 奥山 裕基 Okuyama Yuki

大学卒業後、服飾業界と教育業界を経てポート株式会社へ。
入社後は多数の新規メディア立ち上げに参画し、自身も有資格者ライターとして2,000本を超える記事を執筆。
PORTブロードバンドにおいても「読者のインターネット回線に関する最適な意思決定を支援する」という信念のもと、総務省の認可を得た正規販売代理店(届出番号C2203454)として、信頼できる情報を“誰にでもわかりやすく”発信している。

> メッセージを読む

カテゴリーから探す