正規販売代理店ポート株式会社 届出番号:C2203454

インターネットはマンション住まいでも個人的に契約してOK!手続きの流れと最適なサービスを紹介

自宅にインターネットをつなげたいんだけど、マンション住まいで何をどうしたらいいのかわからない。

そんなお客様のために、“今から何をすればいいのか”をご説明しますね。

ちなみに、先にお伝えしておきますが・・・

たとえマンション住まいであっても、そして賃貸・持ち家どちらであっても、ネット回線はお客様が好きなサービスを個人的に選ぶことになります。

いったいどういうことなのか?大家・管理会社に連絡する必要はないのか?好きなサービスって、どうやって見つけたらいいのか?

よくわからないところがいくつかあると思うので、ひとつずつ説明しますね。

PORTブロードバンド 回線検索

地域によっては
利用可能な回線が限定されます
地域・住宅によっては、設備が整っておらずご希望回線が使えない場合がございます。
まずは“どの回線が使えるか”をご確認ください。

  • 住宅タイプ

  • スマホキャリア

  • 郵便番号

おすすめの回線を検索中
×

マンションでもインターネットは自分で自由に契約してOK

さて、冒頭でもお伝えした通り、マンションに住んでいても、インターネットはご自身で自由に決めてOK。つまり、マンションの大家さんや管理会社は関係なしに契約できるということです。

インターネットを含む「生活環境」は自分で整えるもの

基本的に、インターネットはご自身でインターネット会社と契約するもので、大家さんや管理会社さんと契約したり、彼らを通したりするものではないからです。

あくまでも大家さんや管理会社とは、マンションやアパートという「住む場所」を提供するだけの存在で、生活環境を整えてはくれません。電気やガスなど、生活に必要なものはご自身で契約しなければなりませんよね。

インターネットもそれと同じです。マンションにお住まいのお客様自身が自分で契約しなければならないのです。

だから、大家さんや管理会社は関係ないし、導入にあたって特に連絡を入れる必要もないということですね。

ただし大がかりな工事が発生する際は事前連絡が必要

ただし例外的に、たとえばインターネットを使うにあたってお部屋に大がかりな工事が発生するときは、連絡が必要です。

マンションは大家さんや管理会社から借りているものですから、むやみに部屋を工事してはいけません。この場合は、インターネットを契約して良いか許可を取る必要があります。

でも大概の場合、インターネットを契約するときって、そんな大がかりな工事は発生しないことがほとんど。だから特に連絡はいらない場合が大多数なのですよ。

インターネット無料物件でも別途自分で契約した方がいい

ちなみに、最近は「インターネット無料」というマンションも増えてきましたよね。

そういったマンションであっても、日ごろからネットをよく使う人なら、その無料のWi-Fiは使わずに自分で好きなサービスを契約したほうがいいですよ。

インターネット無料物件の場合、無料でインターネットが使えるのはたしかにありがたいことですが、その分速度が非常に遅いものがほとんど。動画がサクサク見られない、Web会議もままならないなどという声をよく聞きますね。

インターネット無料物件の回線は速度がかなり遅くなっている

これは、マンションに通っているインターネットが、そもそも遅いものであることがこの理由として挙げられます。

インターネット自体はお金がかかるものですから、入居者がネット料を払わなくていいということは大家さんが毎月ネット料を払っていると考えられますね。大家さんにとってはそれなりの負担でしょう。

多くの場合、大家さんは、そのネット料の負担を抑えるために、マンションの部屋数分インターネットを契約しているのではなく、とりあえず建物一戸として回線を契約して、それを各部屋に分配しています。

その分大家さんにとっては負担が減りますが、光回線業者としては損。そのために、その分その建物のインターネットはかなり弱くなってしまっているのです。

快適にインターネットを使うためには自分で契約すべき

インターネットが無料で使えるとはいえ、その速度が遅くネットを良好に使えなかったら元も子もありませんよね。

だから、もし「インターネット無料」のマンションに住んでいたとしても、自分で速度の速いインターネットを選んで契約すべきだということです。

インターネット選びは自分の携帯キャリアを基準に

さて、それではここからは「どうやって契約するインターネットを選べばいいのか」という話を進めていきます。

その前に大前提として、インターネットにはモバイルルーターとか光回線とかいろいろな種類があるのですが、使いやすさと品質の良さを第一にして、今回は「光回線」を契約するという前提で話を進めていきますね。

光回線を選ぶ際は、ご自身の携帯キャリアを基準として選ぶことをおすすめしています。

ネットとスマホが同じだと月額料金の割引が受けられる

基本的に多くの光回線では、スマホキャリアと同じまたは提携した会社の光回線を選ぶと、毎月のネット料金からいくらかが割引されるということになっています。つまり、スマホとネットをそろえれば月々の料金がお安くなるということですね。

スマホキャリア光回線
docomoドコモ光
ソフトバンクソフトバンク光
NURO光
auauひかり
ビッグローブ光
割引が発生するスマホキャリアと光回線組み合わせ例

ただしマンションによってはスマホと同じ光回線が使えないことも

ただ、ここで注意すべきが「必ずしもスマホとおそろいの光回線を選べるとは限らない」ということ。

というのも、たとえばお住まいの地域やマンションによっては、スマホと同じ会社の回線が使えない可能性があるのです。

たとえば、auひかりは他の光回線に比べてわりと使えるエリアが限定されています。いくらスマホがauを使っていても、エリア外であればauひかりを使うことはできません。

また同じくauひかりを使っていても、すでにマンションにドコモ光が使える状態が整っていたとします。その場合もauひかりを使うことは難しいかもしれません。

「スマホと同じ×マンションで使える」を基準にして選ぶのが最適

つまり光回線選びではスマホとそろえることがおすすめだけれども、それはあくまでも自分の身の回りに「スマホと同じ回線が使える状況になっている」ことが大前提。

というわけで、契約するインターネットを選ぶときは

  • スマホキャリアと同じまたは提携した会社の回線
  • ご自身のマンションで使える回線

この2つを基準とすると良いでしょう。

自分にぴったりの回線を診断するのもアリ

スマホキャリアによる割引だけで光回線を決めるのではなく、料金・速度・使用開始時期など様々な面から光回線を選ぶのももちろん良し。

とはいえ複数の条件から回線を絞り込むのは難しい・・・そんな方のために、ご自身にもっとも合った回線をカンタンに選べる診断ツールをご用意しました。ぜひこちらも試してみてくださいね。

PORTブロードバンド 回線診断

通信料金を
年間33,200円節約できるかも
住宅タイプ・スマホ(携帯)のキャリアに適した回線を選ぶだけで、年間の通信料金は大幅に節約できます。

  • 住宅タイプ

  • スマホキャリア

  • 郵便番号

おすすめの回線を検索中
×

マンションでインターネットを契約する手順

では、ここからはマンションでインターネットを選んで契約するまでの具体的な手順を説明しますね。

とはいえお客様がやるべきは「ご自身のマンションで使える回線」のチェックのみ。すなわち、エリア検索をするということですね。

1.そもそも光回線が引かれているのかを確認する

まずは、そもそもお住まいのマンションに光回線が引かれているのかどうかを確認しましょう。契約書に「インターネット完備」「インターネット対応」などという記載があれば光回線が引かれている可能性が非常に高いですね。

インターネット完備

インターネットがすぐに使える状態にはなっている。あとは契約だけすればOK

インターネット対応

インターネットを使うための設備が一部足りていないので、契約に加えて簡単な工事が必要

どちらの記載にせよ、このどちらかの記載があればそのマンションにインターネットは引かれていることになります。

2.引かれている光回線の会社を確認してインターネットを選ぶ

引かれているなら、次に確認したいのは引かれている回線がどこの会社の光回線かということ。具体的には、まずはメインどころの4つの光回線を紹介するので、それぞれのエリア検索ページにご住所を入力してみてください。

フレッツ光は東日本と西日本のどちらにお住まいかによって使う検索ページが変わります。そして各都道府県が東と西、どちらに属するのかは下記にまとめておきますので、参考にしてくださいね。

東日本北海道・青森・秋田・宮城・岩手・山形・福島・東京・
神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・山梨・新潟・長野
西日本富山・石川・福井・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・奈良・
和歌山・兵庫・大阪・京都・岡山・広島・鳥取・島根・山口・
福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄
各都道府県の所属エリア

フレッツ光の検索ページでヒット=光コラボの回線も使える

この中から、auひかりとNURO光のエリア検索にヒットした場合は、それぞれの光回線が使えることはわかりますよね。

その点、フレッツ光のエリア検索にヒットした場合は、フレッツ光はもちろんですがそれだけではなく「光コラボ」という系統の回線も使えることになります。

光コラボとは、わかりやすい例でいうとドコモ光やソフトバンク光のように、NTTの回線を使って提供されている光回線のことです。光コラボには実にさまざまな光回線があるので、詳しくはこちらの記事で確認してみてくださいね。

ちなみに、今挙げた4つのエリア検索ページは全国展開しているサービスのもの。光回線の中には地域限定のものもあるので、気になる人はそれらのエリア検索もしてみてもいいですね。

地方限定回線のエリア検索ページ

ご自身のマンションにどの回線が引かれているかがわかったら、あとはスマホに合ったものを選べばOKです。

自分にぴったりの回線を診断しよう

料金だけでなく、そのほかの面も含めて自分に合う回線を選びたい!そんな方はぜひこちらの診断をやってみてくださいね。あなたの希望に最も沿った回線が見つかるはずです。

PORTブロードバンド 回線診断

通信料金を
年間33,200円節約できるかも
住宅タイプ・スマホ(携帯)のキャリアに適した回線を選ぶだけで、年間の通信料金は大幅に節約できます。

  • 住宅タイプ

  • スマホキャリア

  • 郵便番号

おすすめの回線を検索中
×

3.選んだインターネットを申し込む

次にお客様がやることは、ここまでの流れで選んだところに申し込むことです。そうすれば申し込んだ先のオペレーターが諸々説明してくれるからそれに従えばOK。

関連記事
マンションで光回線を利用するまでの2パターンの流れ|おすすめ回線比較やよくある質問をご紹介

具体的にいうと、このあとインターネットを使えるようになるまでには、必要があれば開通工事をして、その後必要な機器を設定する、という作業があります。

それぞれの作業について簡単に補足説明をしますね。

開通工事はインターネットの引き込み状況で規模が変わる

まず「開通工事」は、先ほど契約書等で確認した、「インターネット完備」か「インターネット対応」かで、工事の規模やかかる金額が変わってきます。

まず、それぞれのステータスにおける回線の引き込み状況はこんな感じ。

インターネット完備マンション内のあなたのお部屋まで回線が届いている
インターネット対応マンション内にまでは回線が届いているが
あなたのお部屋にまでは届いていない
ステータスにおける回線の引き込み状況

まず「インターネット完備」の場合は、もうお住まいのお部屋にまで工事が済んでいる段階ですので、あとは契約するだけでOK。かかる費用は¥3,000ほどの事務手数料のみになります。

「インターネット対応」の場合は、あなたの部屋に回線を届ける工事が必要です。簡単な工事にはなりますが、¥10,000程度の工事費用がかかります。

接続に必要な機器を設定すればインターネットが使える

そして工事が終わった後は、ルーターを接続すればもうインターネットが使えます。このルーターは基本的には回線業者側が貸し出してくれることが多いので、特段希望がなければご自身で準備しておく必要はありません。

その後はルーターに同梱されている説明書を見ながら操作すればOKです。これで、お住まいのマンションでインターネットが使えるようになりますよ。

まとめ.マンションで使うインターネットは自分の意志で決めて大丈夫!

マンションに住んでいても、インターネットは大家さんや管理会社は関係なしに自分で好きなサービスを契約してしまってOK。ガスや水道と同じように、自分で整えるべき生活環境だからです。

とはいえ「好きなサービスと言われても」と、インターネットの選び方に迷う人もいると思いますが、その時は「お住まいのマンションで使える光回線」の中から「自分のスマホと同じか提携している会社の光回線」を選ぶと良いですね。

なぜなら、スマホキャリアと光回線をそろえることで月々のネット料が割り引きされるから。ご自身で好きなインターネットを選び、快適かつおトクにインターネットライフを過ごしましょう。

記事の編集責任者 奥山 裕基 Okuyama Yuki

大学卒業後、服飾業界と教育業界を経てポート株式会社へ。
入社後は多数の新規メディア立ち上げに参画し、自身も有資格者ライターとして2,000本を超える記事を執筆。
PORTブロードバンドにおいても「読者のインターネット回線に関する最適な意思決定を支援する」という信念のもと、総務省の認可を得た正規販売代理店(届出番号C2203454)として、信頼できる情報を“誰にでもわかりやすく”発信している。

> メッセージを読む