正規販売代理店ポート株式会社 届出番号:C2203454

auひかりへの乗り換えはホントにお得?手続きの流れや注意点も解説

「auひかりへの乗り換えを考えているのだけど、本当にやった方がいいのかな?」

回線の乗り換えというのは手間もお金もかかるので、検討している方はその点が気になりますよね。もちろん、乗り換え方も知りたいところだと思います。

というわけで、auひかりに乗り換えたほうがいい人の特徴をまとめました。まずはこちらをご覧ください

まとめると、月額料金を抑えたいauユーザーや現状の回線速度に不満がある人にとっては魅力的な回線といえるでしょう。

では、それは具体的に言うとどういうことなのか?乗り換えそのものはどんな手順で進めればいいのか?それぞれ解説しますね。

ご相談・お問い合わせは無料!

お急ぎの方・話だけでも聞きたい方は
お電話ください

フリーダイヤル0120-588-041

受付時間 10:00~20:00
※土日祝日も営業

auひかりに乗り換えたほうがいい人

まずは、冒頭で紹介した「auひかりに乗り換えた方がいい人の特徴」について、ひとつずつ解説していきますね。

どれかひとつにでも当てはまるものがあったら、auひかりへの乗り換えは「やった方がいい」と判断していいと思います。

月額料金を抑えたいauユーザー

auひかりは、auユーザーであれば月額料金を抑えて利用できます。

ちょっと具体的に言うと、auスマートバリューが適用できれば、毎月のスマホ料金が¥550〜¥1,100ほど割引されるのです。

スマホの台数だけ加算できるので、家族でauをつかっている方にとってはかなりお得と言えますね。

割引対象となるのは10台が上限ですが、よほどの大家族でない限りは大丈夫でしょう。

裏を返せば、auユーザーでない場合は、料金面ではそれほどメリットが無いということです。

ちなみに¥550・¥1,100のどちらの割引が適用されるのかは、スマホの料金プランによって変わりますので、割引適用条件をご覧ください。

料金プラン容量適用
ピタットプラン 5G
ピタットプラン 4G LTE
(新auピタットプランN)
1GBまで割引対象外
ピタットプラン 5G
ピタットプラン 4G LTE
(新auピタットプランN)
1GB超~7GBまで翌月から
¥550(税込)/月割引
使い放題MAX 5G ALL STAR パック
使い放題MAX 5G テレビパック
使い放題MAX 5G Netflixパック(P)
使い放題MAX 5G Netflixパック
使い放題MAX 5G DAZNパック
使い放題MAX 5G with Amazonプライム
使い放題MAX 5G
使い放題MAX 4G テレビパック
使い放題MAX 4G Netflixパック(P)
使い放題MAX 4G Netflixパック
使い放題MAX 4G DAZNパック
使い放題MAX 4G
無制限
※テザリングなどのデータ容量は合計60GBまで。
混雑時や動画などへの通信制御があります。
翌月から
¥1,100(税込)/月割引
ピタットプラン 5G(s)
ピタットプラン 4G LTE(s)
2GB超~20GBまで翌月から
¥550(税込)/月割引
料金プラン:スマートフォン(5G)、(4G LTE)

※2022年06月時点

自分はどのプランに入っていたかなと疑問に思った方は、auのマイページ「My au」から確認しましょう。

受付が終了しているプランもあるので、プランの詳細を知りたい方はauひかりの公式サイトをご覧ください。

auスマートバリューの適用条件

先ほど説明した通り、auひかりの料金を割引するには、auスマートバリューを適用しなくてはいけません。

その条件は、以下の通り。

auスマートバリュー適用条件

  • auスマホやタブレットを契約している
  • auひかりの光回線を契約している
  • 「auひかり電話」のオプションに加入している

auひかり電話は月額¥550の基本料金がかかる有料オプションですが、auスマートバリューの最小割引額も¥550と同額ですので、損をすることはありません

auの端末が2台以上あれば、台数に応じた割引が受けられるため、結果的にお得になるケースの方が多いのです。

¥1,100割引対象のスマホプランを利用する場合は、ひかり電話で¥550かかったとしても、その差である¥550割引でauひかりが使えます。

また、auスマートバリューに加入することで、月額¥550の無線LAN機器のレンタル料が適用翌月から無料で利用できます。

現状の回線速度に不満がある人

混み合う時間帯である18時から24時にインターネットを使っていて、動画が止まったり検索ができなくなったりした経験はありませんか?

特にフレッツ光や楽天ひかり、ソフトバンクひかりなどの光コラボの場合は、同じNTT回線を使っているため、混雑時に一時的に速度が遅くなる恐れがあります。

一方で、auはNTT回線を使っておらず独自の回線なので、速度低下や回線が不安定になる恐れが少ないなどのメリットがあげられます。

そのため、フレッツ光や光コラボといったNTTの回線を使っていて、通信速度や回線の安定性に不満を感じている人にとって、auひかりはとても魅力的な回線です。

また、auひかりは通信エリアが限定的であるため、全国をカバーしている回線よりも総ユーザー数が多くありません。

そのことからも、速度に関する規制が少なく混雑しやすい時間帯でも快適にインターネットを利用できます

光コラボ(光コラボレーション)

NTTの光ファイバーを用いて、他通信事業者が提供している光回線のこと。
サービス名は提供元となる事業者によって異なりますが、回線そのものはいずれもNTTの光ファイバーを共有しています。
auひかりは光コラボではなくau独自の回線です。

更新時期じゃないから乗り換えを諦めていた人

速度や料金に不満があるなどの理由から、現在契約中の光回線を途中で解約したいと思う人は多いのではないでしょうか。

そのような人のために、auひかりでは他社からの乗り換えにかかる違約金(解約金)を、最大¥30,000まで負担してくれる「乗り換えスタートサポート」というサービスがあるのです。

auひかりでは、解約金と工事費の2つでお得になるサービスが用意されています。

乗り換えスタートサポートで解約金最大¥30,000還元

auひかりの「乗り換えスタートサポート」の還元金額をまとめましたのでご覧ください。

auひかりの「乗り換えスタートサポート」

  • 他社回線から乗り換えたときに発生した解約違約金を、最大¥30,000までキャッシュバックで還元
  • auスマートバリュー、または自宅セット割(※1)に登録すると最大¥10,000をau PAY残高へチャージ

※1、UQモバイルの割引サービス:月当たり¥638〜858割引(プランによる)

上記のキャンペーンの還元額は乗り換え先のプロバイダーによって異なりますので、次の表を参考にしてプロバイダーを検討してください。

対象プロバイダーau PAY 残高へチャージ

au one net
@nifty
@TCOM
BIGLOBE
So-net
最大¥30,000

Asahi Net
DTI
最大¥15,000
auひかりのプロバイダー

※2022年06月時点

プロバイダー

プロバイダーとは「インターネットサービスプロバイダー」のことで、ISPとも略されます。
簡単に説明すると、回線(光ファイバー)を使ってインターネットサービスという商品を届けてくれる事業者のこと。
インターネットというサービスは、回線とプロバイダーがそろって初めて利用できるのです。

工事費実質無料で工事費を最大¥41,250お得

また、乗り換えのときに初期費用として発生する工事費について、実質無料のキャンペーンがあります。

auひかりに乗り換えるときの工事費についてまとめましたのでご覧ください。

auひかりの工事費

  • ホームタイプ ¥41,250(実質無料)
  • マンションタイプ ¥33,000(実質無料)

工事費相当額割引キャンペーンの適用条件

  • ホームタイプ:auひかり電話サービスへの加入
  • マンションタイプ:なし

実質と表現しているのは、毎月の支払いから工事費が分割で割引されることを意味しているからです。

ホームタイプの場合は、合計で工事費と同額の¥41,250になるように、¥688を60回で割引されます。

マンションタイプの場合は、合計で工事費と同額の¥33,000になるように、¥1,375を24回で割引されます。

要するに、解約しない限り工事費をauひかりが負担し続けてくれるため実質的に工事が無料になるということです。

auひかり

専用の独自回線を使っているから通信速度が速い!
合計で最大¥63,000得するキャンペーンあり!
auユーザーなら毎月¥1,000の割引あり!
最大¥30,000キャッシュバック
初期費用最大¥33,000割引き
お得なキャンペーン情報はこちら

auひかりはやめた方がいい人

ここまで説明した通り、auユーザーにとってauひかりはメリットがある光回線と言えます。

一方で、auひかりはやめた方がいい人の特徴はauやUQモバイル以外のスマホを使っていて月額の割引を受けられない人です。

その他にも「やめた方がいい人の特徴」についてまとめましたので、ご覧ください。

結論をまとめると、auやUQモバイル以外のスマホを使っていたとしても、光回線の開通までの期間を待てない人にはおすすめできないでしょう。

それぞれの特徴を詳しく解説します。

申し込んでから2カ月以上待てない人

フレッツ光などのNTTの回線を使った光コラボの光回線の場合は、同じ光ファイバーを使い回すので、工事が発生せず手続きだけで乗り換えが完了です。

しかし、auひかりへの乗り換えの場合、NTT回線を使った光コラボではないため必ず開通工事が発生します。

そのため、開通工事が完了するまでの間待てない人は向いていないでしょう。

auひかりを含む光回線の開通までの期間の目安をまとめましたので、ご覧ください。

光回線戸建てマンション
auひかり2カ月2週間
楽天ひかり1カ月1カ月
ドコモ光1カ月1カ月
ソフトバンク光1カ月1カ月
フレッツ光1カ月1カ月
NURO光3カ月4カ月
ビッグローブ光2カ月2カ月
光回線の開通までの期間の目安

※2022年06月時点

※期間はあくまで目安で最長で想定しています。混雑状況によっては前後します。

auひかりにおいては、マンションの場合は2週間で他の光回線よりも断然早いですが、戸建の場合は最大で2カ月かかるため、比較的遅いといえます。

引っ越しが多い3月〜4月だと、2カ月も待たされる場合があります。

auひかりを使えるようになるまでに多くの時間を費やしてしまうことになるため、デメリットに感じるかもしれません。

一方で、現在フレッツ光や光コラボを使っている人は、転用や事業者変更によって基本的には工事をしないため、光回線を早く乗り換えられます。

ですので、光コラボへの乗り換えのほうが魅力的に感じる人もいるでしょう。

いずれにしても、開通までの間にどうしてもインターネットを使用しなければならない理由がある場合は、今契約中の回線をギリギリまで使うかスマホのテザリングを使用するか、モバイルWi-Fiをレンタルする手段もあります。

転用

転用とは、「フレッツ光から光コラボへの乗り換え」を意味する専門用語です。
利用する設備(NTTの光回線)そのものは変わらず、サービス提供会社だけが転換されるため、転用と表現されます。

事業者変更

事業者変更とは、光コラボ間で行う「乗り換え」を意味する専門用語です。
光コラボというサービス自体は使い続け、事業者のみ変更することから、乗り換えではなく「事業者変更」という表現が使われています。

ネットが使えない期間が発生するのは困る、という方へ

工事が行われるまでが長いauひかりは、どうしても「ネットが使えない期間」が発生してしまいがちです。

それはどうしても困る、という方はソフトバンク光を選択肢に加えてください。

というのも、ソフトバンク光なら、工事が完了するまでの間に置くだけWi-Fi・ポケットWi-Fiを無料レンタルできるからです。

テレワークなどで自宅の回線を途絶えさせるわけにいかない方も多いと思いますので、ぜひ検討しておいてくださいね。

ソフトバンク光

ソフトバンクユーザーなら通信料が毎月¥1,000安くなる!
他社解約費用を最大10万円負担!
置くだけWi-Fiを無料レンタルできるから「ネットが使えない期間」無し!
最大10万円還元工事費無料
お得なキャンペーン情報はこちら

固定電話の番号を変えたくない人

「フレッツ光のひかり電話」または「ソフトバンクのおとくライン」「J:COMのJ:COM PHONE」を現在利用中の方は注意が必要です。

なぜなら、auひかりは場合によっては、電話番号が継続できないからです。

電話番号が継続できる場合とそうでない場合についてまとめましたのでご覧ください。

電話番号が継続できる場合

現在使っている電話が次の場合
・NTTの加入電話
・KDDIのメタルプラス電話

電話番号が継続できない場合

電話番号を作ったときの電話サービスが次の場合
・フレッツ光の「ひかり電話」
・ソフトバンクの「おとくライン」
・J:COMの「J:COM PHONE」

いずれにしても、電話番号を作った方法がわからない方は、NTTに問い合わせれば調べられますよ

NTTに問い合わせて、光回線で電話番号を作っていると言われたら、電話番号が継続ません。

そのため、何らかの理由で電話番号を変えられない人にはauひかりは向いていないといえます。

NTT問い合わせ先

東日本エリア:0120-116-000
西日本エリア:0800-2000116
受付時間:午前9時~午後5時

加入電話

加入電話とは、いわゆるアナログ固定電話サービスのことです。
NTT東日本/西日本の固定電話は、従来からあるアナログ電話の通信網を利用した電話回線で、昔からあるもっとも標準的な回線です。
電話会社と利用契約を結んで回線を引き込むことにより、他の利用者や公衆電話、携帯電話、海外などとの通話が可能になる電話サービスです。

auひかりへの乗り換え方

自分がauユーザーまたはauのスマホに乗り換える予定がある人は、auひかりは光回線としてとても魅力的に感じたことでしょう。

しかし、光回線の乗り換えを今まで経験したことがない人は、何から始めればよいかわからないですよね。

ここからは、他社からauひかりに乗り換える流れを説明します。

まずは、auひかりへの乗り換え手順をまとめましたのでご覧ください。

順番に解説していきます。

1.契約するプロバイダーを選ぶ

先程もキャッシュバックの部分で説明したとおり、auひかりに対応しているプロバイダーは現在7社あります。

auひかり対応のプロバイダー

選択するプロバイダーによってキャッシュバックの金額やキャンペーンが異なります。契約するプロバイダーを選択するときは、公式ページを確認しましょう。

auひかりプロバイダーのキャンペーンをまとめましたのでご覧ください。

プロバイダキャッシュバック
キャンペーン
特典
au one net¥20,000セキュリティ 2カ月無料
PCサポート 2カ月無料
@nifty¥10,000電話サービス 35カ月無料
テレビサービス 2カ月無料
無線LAN 永年無料
@TCOM¥40,000なし
BIGLOBE¥60,000無線LAN 永年無料
So-net¥70,000セキュリティ 6カ月無料
PCサポート 6カ月無料
無線LAN 6カ月無料
Asahiネットなし月額料金最大¥1,200お得
DTI¥38,000会員限定特典の
DTI Club Off 利用可能
auひかりプロバイダーのキャンペーン

※2022年06月時点

高額なキャッシュバックを受けたい人は、So-netやBIGLOBEがおすすめですね。

2.auひかりへ申し込みをする

プロバイダーのページまたはauの公式ページより、auひかりへ申し込みができます。

auの公式ページから申し込む場合は、電話でもWebでもできますのでやりやすいほうで取り組んでくださいね。

auひかりの新規申し込み窓口

KDDIブロードバンドキ​ャンペーンセンター
0120-92-5000(通話料無料)
受付時間 9:00~20:00 [土日祝日受付]
※12月31日は18:00まで、1月1日、2日は除く

3.auひかりの開通工事を行う

auひかりへ申し込みをしたら、次は開通工事へと移ります。

開通工事の流れをまとめましたのでご覧ください。

開通工事の流れ

  • 工事日の調整をする
  • 宅内機器が郵送される
  • 工事の事前準備をする
  • 開通工事をしてもらう(立ち会いが必要)
  • 利用開始(宅内機器を接続・初期設定

工事の事前準備としてやっておくことは、施工業者が作業しやすいように光回線を引き込む場所の周辺の片付けです。

光回線を引き込む場所は、現在光回線や電話線がある辺りです。

そのため、その周辺に棚やテレビ台がある場合は、人がひとり入って作業できるだけのスペースを確保しておいてください。

工事に立ち会う必要はありますが、施工業者がしっかりと対応してくれるので安心してください。

4.auひかり電話に電話番号を移行

auひかりのひかり電話を利用できるのは工事終了後2週間ほど経過してからです。
それまではフレッツ光などの電話サービスを併用しましょう。

電話番号を移行できないパターンもあるので、「固定電話の番号を変えたくない人」で確認してくださいね。

5.もとのネット回線・プロバイダーを解約

auひかりが開通したら、契約していた光回線とプロバイダーを解約してください。

契約更新月以外に解約した場合、契約していた光回線からは解約金を請求されますが、auひかりが「au PAY 残高へチャージ」という形式でキャッシュバックしてくれます。

それとは別に、契約していた光回線を引き込んだときにかかった工事費の残金も請求されますのでご注意ください。

auひかりに乗り換えるときの注意点

auひかりに乗り換える手順がわかり、すぐに手続きを進めたいと考えているところでしょうが、申し込むときは次にまとめた注意点に気をつけてください。

一部地域でしか利用できない

auひかりはフレッツ光ほど対応エリアが広くなく、対応エリアが限定的なのでエリア外の人は利用できません。

自分が対応エリア内かどうか知りたい方はauひかりの公式サイトから確認してください。

マンションの場合は、マンションで導入されている光回線しか使えない場合もあります。

自分の住む予定のマンションでauひかりが導入されているかどうかは、auひかり公式サイトのエリア確認で住居タイプはマンションを選択して、住所検索をすれば確認できます。

マンションに導入されておらずauひかりを利用したい場合は、マンションの管理者にその旨を相談しましょう。

固定電話に加入しないとauスマートバリューが使えない

先述したとおり、auスマートバリュー適用条件の中で、「auひかり電話」のオプションに加入しなければいけないことをお伝えしました。

auスマートバリューを適用することで、割引などの特典を受けられるようになるため、損はしません。

ですので、申し込みのときはauスマートバリューが適用できるように「auひかり電話」のオプションに加入することを忘れないようにしましょう。

申し込むときは「電話サービスに申し込む」にチェックをいれておけば、自動的にauスマートバリューが適用される仕組みです。

もし適用されていなかった場合でも、auから連絡が来るので安心してください。

不安な方は「My au」から適用されているかどうかも確認できます。

auひかりのテレビサービスは地デジが視聴できない

auひかりのテレビサービスで見られるのは、映画やドラマ、アニメ、バラエティなどを放送する「auひかりテレビサービス」という専門チャンネルです。

もちろんインターネット経由のYouTubeやNetflixなどの動画配信サービスも視聴できます。

もし地デジが見たくてもアンテナがない場合は、別途アンテナ工事が必要です。

セキュリティソフトは自腹で購入した方がいい

auひかりではIPアドレスが固定されています。
と、言われてもなんのことかよくわからないかもしれませんが、ようするにインターネット上の住所が固定されているということです。

固定されていると個人が特定されてしまったり、犯罪に狙われやすくなったりしてしまうリスクもあります。

念のため、セキュリティソフトをしっかりと用意して、セキュリティ対策をしておいたほうがよいでしょう。

まとめ.auユーザーはauひかりに乗り換えたほうがお得

今回は、auひかりへの乗り換えについて、乗り換えるべきかどうかの判断材料や乗り換え手順、注意点などを解説しました。

auユーザーは間違いなくauひかりに乗り換えたほうが断然お得です。

今はau以外のスマホを使っていてauひかり以外の光回線を使っている場合でも、どちらもセットでauにすれば、お得にインターネット回線を使えます。

さらにそれだけではなく、速度が早く安定しているので快適なインターネット環境を手に入れられるでしょう。

もちろん、スマホの乗り換えを検討していない場合は、そのスマホで割引がきく光回線に申し込むのがお得です。

速度だけを求めて対応エリアに住んでいるのであればNURO光もおすすめできます。

一人で考えているとよくわからないことも多く不安に思ってしまうかもしれません。
乗り換えにはそれなりの手間と費用が発生します。

少なからず現状の回線速度や通信料に不満がある場合は、その解決策として乗り換えを検討するべきです。

乗り換えなどに迷った場合はPORTブロードバンド問い合わせ窓口にお気軽にお問い合わせください。

auひかり

専用の独自回線を使っているから通信速度が速い!
合計で最大¥63,000得するキャンペーンあり!
auユーザーなら毎月¥1,000の割引あり!
最大¥30,000キャッシュバック
初期費用最大¥33,000割引き
お得なキャンペーン情報はこちら

ご相談・お問い合わせは無料!

お急ぎの方・話だけでも聞きたい方は
お電話ください

フリーダイヤル0120-588-041

受付時間 10:00~20:00
※土日祝日も営業

記事の編集責任者 奥山 裕基 Okuyama Yuki

大学卒業後、服飾業界と教育業界を経てポート株式会社へ。
入社後は多数の新規メディア立ち上げに参画し、自身も有資格者ライターとして2,000本を超える記事を執筆。
PORTブロードバンドにおいても「読者のインターネット回線に関する最適な意思決定を支援する」という信念のもと、総務省の認可を得た正規販売代理店(届出番号C2203454)として、信頼できる情報を“誰にでもわかりやすく”発信している。

> メッセージを読む

カテゴリーから探す