正規販売代理店ポート株式会社 届出番号:C2203454

ソフトバンク光とNURO光は結局どっちがいい?4つのポイントで徹底比較

ソフトバンク光とNURO光ではどっちが優れているのか?

どちらの通信回線も、ソフトバンクのスマホをお得に使えるという共通点があるため、比較されることが多くあります。

そこで、今回はソフトバンク光とNURO光を以下のポイントに着目して比べてみます。

ソフトバンク光とNURO光の比較ポイント

それぞれどこが優れているのか、整理してわかりやすく解説します。ぜひ最後までご覧ください。

比較ポイント1.提供エリア

まずは、ソフトバンク光とNURO光の提供エリアに着目してみましょう。提供エリアとは「サービスを利用できる地域」のことです。

サービスが利用できるかどうかは、物理的に回線設備が整っているかどうかで決められます。つまり、回線設備が整っていれば提供エリア、そうでない場合は提供エリア外ということです。

両者の提供エリアを表にまとめましたのでご覧ください。

ソフトバンク光NURO光
全国47都道府県・北海道
・関東地方(全域)
・東海地方(全域)
・関西地方
(和歌山県を除く)
・中国地方
 広島県
 岡山県
・九州地方
 福岡県
 佐賀県
提供エリアを比較

全国で利用できるソフトバンク光に対して、NURO光を利用できる地域は限られていますね。なぜ、NURO光だけ提供エリアが狭いのか、その理由を説明します。

NURO光の提供エリアが限定されている理由

NURO光の提供エリアが狭い理由は、全国に提供できる回線を利用していないからです。その回線とは「ダークファイバー」というもの。

ダークファイバーとは、簡単にいうとNTTが整備した回線の内、普段は使われていないもののことです。ちなみに、ダークファイバーに対して、普段から使われている方の回線は「ライトファイバー」と呼ばれます。

ダークファイバーはNTTの予備回線として設けられた回線なので、人口が密集している地域にしか存在しません。そのため、これを使っているNURO光は提供エリアが限られてしまっているのですね。

それぞれの細かな違いをご説明すると、本筋から離れてしまうので詳細は割愛します。ここでは、「NURO光は全国に提供できる回線を利用していない」ということを覚えておいてください。

ダークファイバーについてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

関連記事

NURO光のマンションタイプが使える住宅は少ない

NURO光には、「NURO光forマンション」というプランがあります。

このプランは集合住宅専用ですが、利用できれば月額料金が他社よりも安くなるのです。同じマンション内で何名が契約するかによって料金が上下しますが、以下の通り、総じて月額料金が安く設定されています。

プラン4~6名が
契約
7名が契約8名が契約9名が契約10名以上が
契約
M2プラン
(自動更新なし)
¥3,630¥3,520¥3,410¥3,300¥2,970
M2Dプラン
(2年契約)
¥3,190¥3,080¥2,970¥2,860¥2,530
M2Tプラン
(3年契約)
¥2,750¥2,640¥2,530¥2,420¥2,090
NURO光forマンションの月額料金

一般的な光回線の月額料金は、¥4,500〜¥5,000程度が相場なので、かなり月額料金がお得なプランですね。

ただし、このプランは利用したくてもできない可能性が高いでしょう。

というのも、NURO光forマンションを利用するには、住んでいる建物に専用の設備が導入されている必要があるのですが、導入済みのマンションが少ないのです。

その理由は、この設備の導入には「入居者に4名以上のNURO光利用希望者が必要」という条件があり、その条件をクリアできるマンションが少ないから。

自分が住んでいるマンションでNURO光マンションタイプが使えるかどうかは、「NURO光forマンションの導入済み物件検索ページ」で確認してみてください。

ちなみに、NURO光forマンションに対応していないマンションでも、戸建てプランなら導入できます。ただし、大家さんやマンションの管理会社の許可が必要になりますのでご注意ください。

全国どこでも利用できるソフトバンク光

提供エリアが限定されているNURO光に対して、ソフトバンク光は全国どこでも利用できます。

これがお客様にとってどんな意味があるかと言うと、「ソフトバンク光なら引っ越しが発生しても、簡単に継続利用できる」ということ。

つまり、手続きの面倒くささが違うのですね。

ソフトバンク光

ソフトバンク光は他社への解約金および工事費を最大10万円まで還元してくれるうえ、ネットが開通するまでの期間は置くだけWi-FiもしくはポケットWi-Fiを無料レンタルできるキャンペーンを実施しています。
ソフトバンクユーザーなら通信料が毎月¥1,000安くなる!
他社解約費用を最大10万円負担!
置くだけWi-Fiを無料レンタルできるから「ネットが使えない期間」無し!
最大10万円還元工事費無料
お得なキャンペーン情報はこちら

比較ポイント2.回線速度

次は、回線速度を比較します。まずは、それぞれの公式サイトに記載されている最大速度を比較してみましたのでご覧ください。

ただし、NURO光のマンションプランは提供されている数が極端に少ないので、ここでは戸建プランの速度を比較しています。

ソフトバンク光NURO光
1Gbps2Gbps
回線速度を比較

最大速度を比較すると、NURO光はソフトバンク光の2倍速いですね。ただし、最大速度とはあくまでも理論上の最高速度のことで、車でいう最高速度のようなものです。

実際に1Gbpsや2Gbpsといった速度が常に出ているわけではありません。そのため、回線速度を比較する際は、「平均速度」を比較するのが適切だと言えます。

というわけで、実際の速度がどうなのかという点に的を絞って平均速度を比較しますね。

Gbpsとは

Mbpsとは「Gega Bit Per Second」の頭文字で、1秒当たりに送受信されるbit数を表す単位で、1000Mbps=1Gbpsです。
要するに、回線速度を秒速で示したものです。
ちなみに、「上り」「下り」と分類されるケースがありますが、それぞれ「上り=送信」「下り=受信」という意味です。

NURO光の平均回線速度はソフトバンク光の約1.7倍

平均速度とは、簡単に説明すると「実際に発揮される回線速度の平均値」です。

平均速度には「平均アップロード速度」と「平均ダウンロード速度」がありますが、日常で用途が多いのは動画やwebサイト閲覧などで行われるダウンロードなので、今回は両者の平均ダウンロード速度を比較します。

ソフトバンク光NURO光
313Mbps531Mbps
ソフトバンク光とNURO光の平均ダウンロード速度

平均速度を比較しても、NURO光はソフトバンク光の約1.7倍高速です。なぜNURO光はこれほどまでに通信速度が速いのでしょうか。次で説明します。

NURO光の回線速度が速い理由

NURO光の回線速度が速い理由は、さきほど説明したダークファイバーを利用した通信回線だからです。

ライトファイバーは、ソフトバンク光だけではなく、ドコモ光やフレッツ光といったさまざまな通信回線で利用されています。一方、ダークファイバーを利用している通信回線は少数です。

高速道路に例えると、ライトファイバーという道にはさまざまな会社の車(ドコモ光やソフトバンク光)が走っているので、混雑しやすくスピードが出しにくい。ダークファイバーという道を走る車は少ないので、スピードを出しやすいということです。

エリアによっては両者とも最大速度が10Gbpsのプランも選べる

標準のプランで比較するとNURO光の回線速度の方が高速でしたが、ソフトバンク光とNURO光には、最大速度が10Gbpsの超高速プランもあります。

このプランでは、どちらも平均ダウンロード速度が1,000Mbps〜1,200Mbpsもでるのです。

10Gプランならどっちを選んでも大差ありません。

ただし、利用できるエリアが限られていますので、詳細は「キャンペーン詳細ページ」を参考にしてみてください。

業界最速のNURO光

言うまでもなく、NURO光最大の魅力は回線の速さ。

単純にパフォーマンスを比較するなら、ソフトバンク光どころか他のどんな回線にも負けません。

NURO光

NURO光は最大10Gの業界最速回線。月額料金も初年度は年間50640円割引き。2021年・2022年のオリコン顧客満足度ランキング総合1位。
専用の独自回線を使った超高速サービス!
初年度の月額料金¥980!年間¥50,640お得!
2021年・2022年オリコン顧客満足度ランキング総合1位!
まずは提供エリアの確認から!
NURO光が使えるか無料診断

比較ポイント3.月額料金

次に、月額料金を比較します。今回は、条件を揃えるためにどちらも契約期間が2年のプランで比較しました。また、NURO光のマンションタイプは数が少ないため、戸建プランの料金を比較しています。

ソフトバンク光NURO光
¥5,720¥6,270
月額料金を比較

両者の月額料金を比較すると、ソフトバンク光の方が年間で¥6,600安いという結果でした。

契約期間を考えない場合は差はない

通信回線を比較する上で、費用面は重要なポイントですよね。月額料金を安くしたい人には、ご覧の通りソフトバンク光がおすすめです。

今回は契約期間が2年のプランを比較していましたが、NURO光には契約期間が3年のプランもあります。

ちなみに、契約期間とは最低利用期間のことです。契約期間中に解約すると、どちらも1ヶ月分の月額利用料金相当の解約費用が発生します。

ただし、契約期間満了後は、自動で同じ契約期間のプランが更新されます。「最低利用年数を満了したあとはいつやめても解約金がかからない」というわけではありませんので注意してください。

NURO光の場合は、3年プランを選択すると月額料金がソフトバンクと同じ¥5,720になります。ちなみに、ソフトバンク光は2年プランしかありません。

つまり、契約期間を気にしないのであれば、月額料金はどちらも同じということです。

ソフトバンク光

ソフトバンク光は他社への解約金および工事費を最大10万円まで還元してくれるうえ、ネットが開通するまでの期間は置くだけWi-FiもしくはポケットWi-Fiを無料レンタルできるキャンペーンを実施しています。
ソフトバンクユーザーなら通信料が毎月¥1,000安くなる!
他社解約費用を最大10万円負担!
置くだけWi-Fiを無料レンタルできるから「ネットが使えない期間」無し!
最大10万円還元工事費無料
お得なキャンペーン情報はこちら
NURO光

NURO光は最大10Gの業界最速回線。月額料金も初年度は年間50640円割引き。2021年・2022年のオリコン顧客満足度ランキング総合1位。
専用の独自回線を使った超高速サービス!
初年度の月額料金¥980!年間¥50,640お得!
2021年・2022年オリコン顧客満足度ランキング総合1位!
まずは提供エリアの確認から!
NURO光が使えるか無料診断

比較ポイント4.キャンペーン

次に、ソフトバンク光とNURO光のキャンペーンを比較します。まずは、両者のキャンペーン内容をご覧ください。

項目ソフトバンク光NURO光
キャッシュバック¥5,000¥43,000
工事費無料ありあり
他社工事費用残債還元最大¥100,000最大¥20,000
キャンペーンを比較

表をみると、書かれている金額の合計はソフトバンク光の方が多いですね。しかし、実際にはほとんどのケースでNURO光のほうがキャンペーンによる還元額が多くなります。

ソフトバンクが最大¥100,000還元するとしている「他社工事費用残債還元」とは、乗り換え前の通信回線の工事費用をまだ払い切っていない場合に、それに相当する金額を還元するものです。

工事費用の残債が¥20,000を超えるケースは稀なので、基本的にはキャッシュバック金額が多いNURO光の方がキャンペーンによる還元額が多いでしょう。

NURO光

NURO光は最大10Gの業界最速回線。月額料金も初年度は年間50640円割引き。2021年・2022年のオリコン顧客満足度ランキング総合1位。
専用の独自回線を使った超高速サービス!
初年度の月額料金¥980!年間¥50,640お得!
2021年・2022年オリコン顧客満足度ランキング総合1位!
まずは提供エリアの確認から!
NURO光が使えるか無料診断

比較ポイント5.契約方法

「通信回線の契約は複雑でよく分からない」と苦手意識を持つ人も多いでしょう。ソフトバンク光と、NURO光の契約方法に着目してみました。

ソフトバンク光NURO光
・ソフトバンクショップ
・家電量販店
・電話
・web
・電話
・web
契約方法を比較

NURO光は対面での契約はできませんが、ソフトバンク光は実店舗で対面契約ができますね。

契約手続きが不安な人はソフトバンク光

対面契約ができるソフトバンク光なら、契約内容や利用方法に分からないことがあっても、その場ですぐに聞ける安心感がありますね。

家電量販店の場合は、ソフトバンクの服を着た専任の担当者がいない店舗でも、インターネット担当者が受付してくれる場合がありますので、確認してみてください。

ソフトバンク光

ソフトバンク光は他社への解約金および工事費を最大10万円まで還元してくれるうえ、ネットが開通するまでの期間は置くだけWi-FiもしくはポケットWi-Fiを無料レンタルできるキャンペーンを実施しています。
ソフトバンクユーザーなら通信料が毎月¥1,000安くなる!
他社解約費用を最大10万円負担!
置くだけWi-Fiを無料レンタルできるから「ネットが使えない期間」無し!
最大10万円還元工事費無料
お得なキャンペーン情報はこちら

状況別に適した回線を紹介

ここまで、ソフトバンク光とNURO光を5つのポイントで比較しました。では、結局のところどちらを選ぶのが正解なのでしょうか。状況ごとに紹介します。

引っ越しが多い場合は全国で利用できるソフトバンク光

転勤などで、遠方への引っ越しが多い人は、提供エリアの広いソフトバンク光がおすすめです。

NURO光は、引っ越しによってはその県の中心部であっても未提供エリアになる場合があります。そうなると、通信回線選びからやり直さなければいけません。さらに、引っ越し先がマンションの場合は、NURO光を契約すらできないケースも多くあります。

全国どこに引っ越しをしても、利用できる可能性の高いソフトバンク光を選ぶようにしましょう。

ソフトバンク光

ソフトバンク光は他社への解約金および工事費を最大10万円まで還元してくれるうえ、ネットが開通するまでの期間は置くだけWi-FiもしくはポケットWi-Fiを無料レンタルできるキャンペーンを実施しています。
ソフトバンクユーザーなら通信料が毎月¥1,000安くなる!
他社解約費用を最大10万円負担!
置くだけWi-Fiを無料レンタルできるから「ネットが使えない期間」無し!
最大10万円還元工事費無料
お得なキャンペーン情報はこちら

高速通信が必要な場合はNURO光

FPSオンラインゲームや動画配信など、通信回線に高負荷な用途のある人はNURO光がおすすめです。

ソフトバンク光では、FPSオンラインゲームや映像配信が全くできないわけではありません。ただ、映像がカクつきにくく、反応速度が速いのは、間違いなく回線速度に優れるNURO光です。

しかし、「NURO光は回線速度が遅い」という声もあります。ソフトバンク光よりも平均ダウンロード速度が1.7倍も高速なNURO光が、なぜそのように言われるのでしょうか。

その理由は、2022年9月〜10月初頭にかけてNURO光に通信障害が起こり、一部の利用者の回線速度が著しく低下した事件があったからです。

高速のNURO光を使っているのに、他社よりも回線速度が遅いとイライラしてしまいますよね。この事件が、ネットニュースやSNSで騒がれたために「NURO光は回線速度が遅い」と言われているようです。

ちなみに、この事件は一過性のものであり、すでに解消しています。現在は事件当時の不満の声だけが残っているので、心配に思う人も多いでしょう。

ですが、実際に利用しているユーザーの平均回線速度に着目すると、NURO光の回線速度は、他社と比べても高速であることが一目でわかります。高速通信が必要な方はNURO光を選ぶのがおすすめです。

NURO光

NURO光は最大10Gの業界最速回線。月額料金も初年度は年間50640円割引き。2021年・2022年のオリコン顧客満足度ランキング総合1位。
専用の独自回線を使った超高速サービス!
初年度の月額料金¥980!年間¥50,640お得!
2021年・2022年オリコン顧客満足度ランキング総合1位!
まずは提供エリアの確認から!
NURO光が使えるか無料診断

まとめ.何を優先するかによって適切に判断しましょう

今回は、ソフトバンク光とNURO光を比較しました。今回の比較結果を以下にまとめたのでご覧ください。

ソフトバンク光とNURO光の比較結果

  • 提供エリア:ソフトバンク光の方が広い
  • 回線速度:NURO光の方が約1.7倍高速
  • 月額料金:2年プラン同士だとソフトバンク光の方が安い
  • キャンペーン:NURO光の方が充実
  • 契約方法:対面契約できるソフトバンク光が安心

NURO光は回線速度は速いですが、提供エリアが限られている場合などは利用できません。一方、ソフトバンク光であれば、回線速度はNURO光に劣るものの、全国で利用できたり、対面で契約できたりと安心感があります。

今回比較したポイントの内、自分が優先する項目に着目してどっちが適しているか参考にしてみてください。

ソフトバンク光

ソフトバンク光は他社への解約金および工事費を最大10万円まで還元してくれるうえ、ネットが開通するまでの期間は置くだけWi-FiもしくはポケットWi-Fiを無料レンタルできるキャンペーンを実施しています。
ソフトバンクユーザーなら通信料が毎月¥1,000安くなる!
他社解約費用を最大10万円負担!
置くだけWi-Fiを無料レンタルできるから「ネットが使えない期間」無し!
最大10万円還元工事費無料
お得なキャンペーン情報はこちら
NURO光

NURO光は最大10Gの業界最速回線。月額料金も初年度は年間50640円割引き。2021年・2022年のオリコン顧客満足度ランキング総合1位。
専用の独自回線を使った超高速サービス!
初年度の月額料金¥980!年間¥50,640お得!
2021年・2022年オリコン顧客満足度ランキング総合1位!
まずは提供エリアの確認から!
NURO光が使えるか無料診断

記事の編集責任者 奥山 裕基 Okuyama Yuki

大学卒業後、服飾業界と教育業界を経てポート株式会社へ。
入社後は多数の新規メディア立ち上げに参画し、自身も有資格者ライターとして2,000本を超える記事を執筆。
PORTブロードバンドにおいても「読者のインターネット回線に関する最適な意思決定を支援する」という信念のもと、総務省の認可を得た正規販売代理店(届出番号C2203454)として、信頼できる情報を“誰にでもわかりやすく”発信している。

> メッセージを読む

カテゴリーから探す