正規販売代理店ポート株式会社 届出番号:C2203454

ドコモ光の工事は「ない」ことも多い!開通までの期間や費用についても詳しく解説

ドコモ光の利用を検討している人の中にはこんな疑問を抱いている人は少なからずいらっしゃると思います。

「ドコモ光の工事ってあるの?どんな工事?」
「工事までどのくらいかかるの?」

結論から言うと…

ドコモ光は約3割の人が工事なし
工事があったとしてもほとんどの場合、約1ヶ月以内に利用開始することができます。

この記事では、当社「PROTブロードバンド」にてドコモ光ユーザー100名を対象に行ったアンケート結果を加味しつつ、ドコモ光の工事に関して詳しく解説します。

これから、ドコモ光を契約しようと検討している人は是非ご一読ください。

PORTブロードバンド 回線検索

地域によっては
利用可能な回線が限定されます
地域・住宅によっては、設備が整っておらずご希望回線が使えない場合がございます。
まずは“どの回線が使えるか”をご確認ください。

  • 住宅タイプ

  • スマホキャリア

  • 郵便番号

おすすめの回線を検索中
×

ドコモ光の工事の有無は住居の状況による

基本的に光回線を導入する場合は、最初に工事が必要なのですが…

ドコモ光ではその工事が“ある”場合と、“ない”場合があります

なぜなら、ドコモ光はNTTフレッツ光の光回線を使った「光コラボ」というサービスだからです。

フレッツ光回線は一度導入すれば、その回線を使いまわせるという特徴があるのです。

つまり、前に住んでいた人がフレッツ光を利用していて、光回線が残っている場合は、それをそのまま使うことで工事なしで利用できるのです。

従って、ドコモ光の工事の有無はフレッツ光回線の有無によって決まるのです。

確かに、既に光回線の工事が終わっているのであれば、改めて工事をする必要はないですよね。

見分け方は“光コンセント”があるなし

では、お住いの住居では工事が必要かどうか…どこで判断すればいいか気になりますよね。

光回線の工事が済んでいる住居の特徴としては、図のような「光コンセント」が設置されます。

光コンセントには2種類の形状があります。電話線のジャックと一体型になっているタイプと、光のジャックのみの分離型です。一体型の場合は建物の管路を利用し配線されており、分離型(ローゼット型)の場合はエアコンのダクトなどのかなから配線されている場合が多いです。

このコンセントが部屋内に設置されているかどうかが、1つの目安になります。

ただし、NTT以外の光回線(auひかりやNURO光など)でも同じような光コンセントを使用するため、NTTのシールや印字がない光コンセントに関しては確実にNTTのモノとも言えません。

その場合は、ドコモ光に申し込みをしてみてから、工事の有無を確認してもらうしかないのです。

アンケートの結果3割は工事なし

当社「PROTブロードバンド」にてドコモ光ユーザー100名を対象に、初期工事に関するアンケートを行いました。

Q.工事は発生した?
  • 一戸建て
  • 集合住宅

このように、ドコモ光の約3割のユーザーは工事なしで利用開始しており、工事があったとしても約5割は1ヵ月以内に利用開始しているのです。

開通までの期間が短いということは、ドコモ光はすんなり使い始められると言えますね。

住居タイプ別にみると、集合住宅の方が工事なしの割合が多く、工事がある場合は戸建ての方がやや時間がかかる場合が多いことがわかります。

その理由を、工事なし・ありに分けて解説していきたいと思います。

関連記事

工事なし(立ち合いなし)は2パターン

ドコモ光で「工事がない」という状態は2パターンあり「無派遣工事」と「フレッツ光・光コラボからの乗り換え」の場合です。

「無派遣工事」とは工事業者が派遣されないという意味で、NTTの光回線がすでに導入されていて“現地での工事が不要”ということです。

工事自体はNTTの局舎側のみ行われるため、お客様が工事に立ち合う…という事もありません。ただし、工事費用はかかります。

工事費利用開始まで
無派遣工事¥3,300約1週間
無派遣工事費

無派遣工事の場合は、申し込みからおよそ1週間程度で利用開始することが可能です。

指定された局内工事(1時間程度)が終わり次第、事前に届いている機器を接続し、インターネットの設定を行う事で利用開始となります。

無派遣工事は、特に住人の入れ替わりがある賃貸マンションで多く見られるため、集合住宅の方が“工事なし”が多いのですね。

転用・事業者変更は工事なし

工事がないパターンはもう1つあり「フレッツ光」や「他社光コラボ」からドコモ光に乗り換えた場合です。

両方ともフレッツ光の回線を使っているため、NTT回線のルールとして光回線はそのままで契約先だけを切り替えることができるのです。

これを「転用」「事業者変更」といいます。

転用と事業者変更の違い

  • 転用
    「フレッツ光」からドコモ光に乗り換えること。
  • 事業者変更
    「他社の光コラボ」からドコモ光に乗り換えること。

どちらも現状で利用しているNTT回線をそのまま継続して使うため、工事を行わず乗り換えることができます。

ただし、乗り換えに際して元の光回線の契約は解約になるため、工事費の未払い分が残っていると一括請求されます。

つまり、乗り換えるのであれば、元の回線の工事費を完済するタイミングで行うのが最適という事ですね。

ドコモ光のお問い合わせはこちらから

NTTの光受付窓口

DoCoMoならこれ一択

ロゴ画像
  • スマホ料金年間13,200円節約
  • 工事費最大22,000円を無料化
  • 更に高速10Gプラン完備

総額 最大44,000相当バック当サイト限定20,000円キャッシュバック(※)+工事費最大22,000円実質無料+dポイント2,000円相当付与

受付時間:10:00〜20:00 土日祝日も営業

受付時間:10:00〜20:00 土日祝日も営業

※適用条件:お申込み内容確認電話の際に「PORTブロードバンド限定キャッシュバックを希望する」とお申し出ください。

工事あり(立ち合いあり)の工事内容

お住いの住居にフレッツ光の光回線が引かれていない場合、「派遣工事」を行う必要があります。

派遣なので、工事業者がお客様宅へ伺い作業を行うため立ち合いが必要ということ。

費用や工事の内容は住居タイプ(一戸建て・集合住宅)によって異なります。

工事費工事所要時間利用開始まで
一戸建て¥22,000約1~2時間約1ヶ月
集合住宅¥22,000約30分~1時間約2週間
派遣工事費

後ほど説明しますが、ドコモ光ではこの工事費はキャンペーンで「無料」になります。

それでは住居別で工事内容を解説しますね。

一戸建ての場合の工事内容

一戸建ての工事は、所要時間として約1~2時間かかります。

というのは、住居の最寄りの電柱から光回線を屋内に引き込む必要があるからです。

一戸建ての開通工事は、電柱から回線を屋内に引き込み、室内に光コンセントを設置します。光回線を固定する金具を取り付ける関係上、建物に手を加えることになります。

屋内には、電話線などの配管を使い引き込むのですが、配管がなかったり、詰まっていたりして使えない場合などは、エアコンのダクトなどから引き込むことも可能です。

光回線を引き込んだのち、室内に光コンセントを設置して工事は完了します。

一戸建てではこういった屋外の工事を行うことから、電柱や道路の使用許可などの申請に時間を要すため、利用開始まで1ヶ月程度かかるのです。

集合住宅(マンションタイプ)の工事内容

集合住宅向けのマンションタイプの工事は、一戸建てよりもスピーディです。

というのは、そもそも建物内への光回線の引き込み工事は終わっているからです。

マンションタイプは、共用部に設置された屋内設備まで光回線が配線され、屋内設備から各部屋までは、既存の電話線、LANケーブル、光回線のいずれかで配線されています。

マンション内に設置されたフレッツ光の屋内設備までは工事が完了しているので、実際に行う作業は屋内設備から部屋までの接続・配線工事のみです。

そのため、速ければ30分程度で工事が終わることもあります。

ただし、集合住宅の場合は屋内設備が“機械室”のような鍵のかかった部屋に設置されている場合があるため、工事日程が決まったら管理人・管理会社に連絡し当日に鍵を開けてもらうよう手配する必要があります。

マンションタイプの工事は建物内の作業に完結しているため、申し込みから2週間程度で工事ができるのです。

ドコモ光の工事費用は完全無料

ドコモ光の工事について費用も含め説明してきましたが、ドコモ光は加入特典として「工事費無料」キャンペーンを行っています。

工事費
無派遣¥3,300 ⇒無料
一戸建て¥22,000⇒無料
集合住宅¥22,000⇒無料
工事費無料キャンペーン

このように、無派遣工事にならなくて工事費がかさんでしまう…と言った場合であっても、工事費無料があるから安心してドコモ光が利用できます。

これは通常の工事に関しては「無料」になるという特典なのですが、通常の工事ではない工事は有料になってしまいます。

ただし通常工事以外の工事は有料

工事費無料の対象外になる代表的なものを紹介します。

01.土日祝日の工事

工事日程を土日祝日に指定した場合、追加工事料として¥3,300がかかります。

工事の立ち合いが必要な場合、どうしても土日の休みの日でないと立ち会えない…ということはよくありますね。

その場合は、追加工事料が発生してしまいます。

02.オプションサービスの工事

ドコモ光のオプションサービスを申し込んだ場合も工事費がかかります。

オプション工事費
ドコモ光電話
(新番号発行)
¥1,100~
ドコモ光電話
(番号引継ぎ)
¥3,300~
ドコモ光テレビオプション¥13,530~
オプションサービス

ドコモ光の固定電話「ドコモ光電話」を利用する場合、初期工事費がかかります。また、「ドコモ光テレビオプション」などの映像サービスに関しても工事費がかかるのです。

実際の費用は、電話の番号数や、テレビの設置台数、スカパー!の有無などにより異なるため、申し込みの際に工事費用についてしっかりと確認してくださいね。

03.引っ越し先の工事(移転工事)

ドコモ光を引っ越し先で継続して利用する場合も、事務手数料・工事費がかかります。

項目費用・工事費
移転事務手数料¥2,200
NTT東日本エリア内
NTT西日本エリア内
¥11,000
東西エリアをまたぐ引越し
(NTT東日本⇔NTT西日本)
¥22,000
移転工事費

ドコモ光は移転するNTTの管轄エリアによって移転工事費が変わります。

例えば、東京都から神奈川県は東日本エリア内の引っ越しなので¥11,000、大阪から東京は東西エリアをまたぐので¥22,000といった具合です。

ただし、引っ越し先が無派遣工事になる場合は¥3,300で済みます。

ドコモ光の引っ越し手続きはお早めに

ドコモ光の引っ越しには1ヶ月程度の時間がかかります。引っ越しの日程が決まりましたら、早めにお手続きください。

NTTの光受付窓口

DoCoMoならこれ一択

ロゴ画像
  • スマホ料金年間13,200円節約
  • 工事費最大22,000円を無料化
  • 更に高速10Gプラン完備

総額 最大44,000相当バック当サイト限定20,000円キャッシュバック(※)+工事費最大22,000円実質無料+dポイント2,000円相当付与

受付時間:10:00〜20:00 土日祝日も営業

受付時間:10:00〜20:00 土日祝日も営業

※適用条件:お申込み内容確認電話の際に「PORTブロードバンド限定キャッシュバックを希望する」とお申し出ください。

関連記事

ドコモ光の工事に関する「よくある質問」

最後に、ドコモ光の工事に関する「よくある質問と回答」を紹介します。

細かな疑問にお答えしているので、ぜひ目を通しておいてください。

Q.工事の日程を変更したいときはどうしたらいいの?

A.ドコモ光の工事日お手続きサイトより変更可能です。

ドコモ光の工事日程を変更したい!という場合は「ドコモ光/ahamo光 工事日お手続きサイト」から変更が可能です。

ただし、決定している工事日が7日を切っている場合は直接「ドコモ光サービスセンター」に連絡する必要があります。

  • ドコモ光サービスセンター
    受付:10:00~20:00
    ドコモの携帯から: 15715
    一般電話から: 0120-766-156

Q.新築一戸建てでも工事できるの?

A.住所が決まっていればドコモ光の申し込みができます。

新築一戸建ての場合、建物の住所が決まっていれば申し込みは可能です。役所が住所を確定するための届け出「新築届」を早めに提出しましょう。

その後、NTT側で住所登録され工事日程の決定となるのですが、一般的な工事よりも時間がかかるため、利用開始まで3ヶ月程度の余裕をもって手続きされることをおすすめします。

Q.工事の立ち合いは契約者のみですか?

A.立ち合いは契約者以外でも可能です。

ドコモ光の工事の立ち合いは契約者以外の人、例えば家族や知人でも可能です。

ただし、戸建てなどの場合、光回線の引き込み経路についての相談や、光コンセントの位置に関しての許可などを出す必要があるので、判断ができる人の立ち合いをおすすめします。

Q.ドコモ光回線を撤去する工事費用はいくらですか?

A.ドコモ光の回線撤去費用は無料です。

ドコモ光のようなNTTの光回線の撤去費用は無料です。

引っ越しの際など、原状回復による回線の撤去が必要な場合は、解約の手続きの際に回線撤去工事を申し出てください。

回線撤去の申し出がない場合は、配線・光コンセントはそのまま残ります。

まとめ.ドコモ光の工事は完全無料だから心配なし

今回はドコモ光の工事に着目して解説してきました。

ドコモ光はそもそもフレッツ光回線を利用した「光コラボ」のサービス。

フレッツ光回線を流用することで、新規であっても乗り換えであっても、工事がないことは珍しくありません。

また、工事があったとしてもドコモ光なら“通常工事費は完全無料”です。

他社の光回線では、工事費は無料であっても「実質無料」が主流です。

実質というのは、契約期間まで利用した場合、無料になるという仕組み。つまり、契約期間の途中で解約した場合、工事費残金が請求されてしまうということ。

その点、ドコモ光は「完全無料」なので、いつ解約しても工事費請求はありません。

そのため、契約期間の2年間、利用し続けられるかわからない…という人でも安心して利用できるのがドコモ光なのです。

ドコモ光のお問い合わせはこちらから

NTTの光受付窓口

DoCoMoならこれ一択

ロゴ画像
  • スマホ料金年間13,200円節約
  • 工事費最大22,000円を無料化
  • 更に高速10Gプラン完備

総額 最大44,000相当バック当サイト限定20,000円キャッシュバック(※)+工事費最大22,000円実質無料+dポイント2,000円相当付与

受付時間:10:00〜20:00 土日祝日も営業

受付時間:10:00〜20:00 土日祝日も営業

※適用条件:お申込み内容確認電話の際に「PORTブロードバンド限定キャッシュバックを希望する」とお申し出ください。

記事の編集責任者 奥山 裕基 Okuyama Yuki

大学卒業後、服飾業界と教育業界を経てポート株式会社へ。
入社後は多数の新規メディア立ち上げに参画し、自身も有資格者ライターとして2,000本を超える記事を執筆。
PORTブロードバンドにおいても「読者のインターネット回線に関する最適な意思決定を支援する」という信念のもと、総務省の認可を得た正規販売代理店(届出番号C2203454)として、信頼できる情報を“誰にでもわかりやすく”発信している。

> メッセージを読む