正規販売代理店ポート株式会社 届出番号:C2203454

楽天ひかりの工事は何をする?2つのパターンをそれぞれ解説

「楽天ひかりの工事ってどんなことするの?」

これから楽天ひかりを申し込もうとする人の多くが、公式サイトで開通工事についての記載を目にするのではないでしょうか。

“工事”と聞くと、いろいろな作業があって大規模なイメージを持つかもしれませんが、実際のところ楽天ひかりの工事は数時間で終わるような簡単なもの。それどころか、場合によっては作業員の姿さえ見えず、「気づいたら終わっていた」なんてこともあるのです。

この記事では、楽天ひかりの工事についてひとつひとつ詳しく解説します。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

PORTブロードバンド 回線診断

通信料金を
年間33,200円節約できるかも
住宅タイプ・スマホ(携帯)のキャリアに適した回線を選ぶだけで、年間の通信料金は大幅に節約できます。

  • 住宅タイプ

  • スマホキャリア

  • 郵便番号

×

  1. NURO光
    ロゴ画像

    実質 766通常5,200

    総額124,000円キャッシュバック!
    • 現金2万円付与
    • 継続利用で最大6万円付与
    • SoftBank永年割引
  2. NURO光
    ロゴ画像

    実質 766通常5,200

    総額124,000円キャッシュバック!
    • 現金2万円付与
    • 継続利用で最大6万円付与
    • SoftBank永年割引
  3. NURO光
    ロゴ画像

    実質 766通常5,200

    総額124,000円キャッシュバック!
    • 現金2万円付与
    • 継続利用で最大6万円付与
    • SoftBank永年割引

楽天ひかりの工事は2パターンある

「楽天ひかりの工事」と一口に言っても、実はその工事は“作業員が派遣されるか”で大きく2パターンに分けられます。

楽天ひかりの工事パターン

  • 派遣工事
  • 無派遣工事

各パターンで工事の内容はもちろん、かかる費用も大きく変わります。それぞれのパターンについて、順番に詳しく説明しますね。

派遣工事

派遣工事とはその名の通り、作業員がご自宅に派遣されておこなわれる工事です。

楽天ひかりの派遣工事では、このような内容が以下の手順で実施されます。

楽天ひかりの工事の手順

  • 電柱から楽天ひかりの回線を引き込む
  • 光コンセントを設置する
  • ONUを光コンセントにつなぐ

“回線の引き込み”など、聞きなれない言葉もありますが、これらはだいたい1~2時間で終了します。

それでは、それぞれの工程を一つずつ解説していきますね。

1.電柱から楽天ひかりの回線を引き込む

まずは電柱から楽天ひかりの回線を引き込みます。目に見えない電波によって私たちはインターネットが使えるようになっていますが、そのためには実は回線を物理的に引き込む必要があるのです。

そして、物理的に引き込まれたその回線の中を電波が通ることで、私たちはインターネットが使えているというわけです。

このいずれかの方法で光回線をご自宅に引きこむことになります。どの方法が取られるかは各世帯によるので、一概には言えません。

マンションの場合は専用設備から各部屋に回線を引き込む

マンションなどの集合住宅では、多くの場合、光回線は電柱から各部屋に引き込まれているのではなく、まず建物内の共有部分に設置された専用設備に引き込まれていることが多いです。

そして、その設備から各部屋に回線が伸び、引き込まれていきます。

なので、集合住宅にお住まいの方だと、ここの工程は“電柱から回線を引き込む”のではなく“専用設備から回線を引き込む”ことになりますね。

2.光コンセントを設置する

次に、光回線を引き込んだ位置に合わせて、光コンセントを設置します

光コンセントとは、光回線専用のコンセント差込口のこと。この後の工程で登場するONUという機器をつなぐために必要になります。

基本的には、通常のコンセントと一体にして設置されることが多いですが、回線の引き込み場所によっては、光コンセントのみ独立して通常のコンセントとは別の場所に設置することもあります。こちらもどこに設置されるかはケースバイケースです。

3.ONUを光コンセントにつなぐ

最後に、ONUという機器を光コンセントにつないで、工事は終了です

ONUとは、NTTから提供される機器のこと。実はこれがないとインターネットを利用できません。

簡単に説明すると、電柱から引き込まれた光回線には”光信号”というものが流れているのですが、この信号はPCやスマートフォンなどでは読み取ることができず、このままではインターネットが使えないのです。

それを、ONUという機器で、PCやスマートフォンが読み取れるように翻訳しているというようにイメージしてもらえれば良いでしょう。

そのため、楽天ひかりの工事ではONUの設置もマストでおこなわれるのです。

無派遣工事

無派遣工事も、その名の通り人が派遣されずにおこなわれる工事のこと。お客様のご自宅に作業員が派遣されることはありません。つまりお客様のご自宅でおこなわれる作業はないということです。

では、この工事では何がおこなわれるのかというと・・・

インターネットを提供している楽天ひかりの基地局側で、インターネットを使えるようにする作業がおこなわれます。それを「工事」と呼んでいるだけのことです。

“派遣工事”のような、大がかりな工事は特に発生せず、工事日になったら勝手にインターネットが使えるようになっています。

ただし自分でONUを光コンセントにつなぐ必要がある

「勝手に使えるようになっている」とは言ったものの、派遣工事か無派遣工事かにかかわらず、インターネットを使うためには“ONUをつなぐ”ことが絶対に必要です。

そして派遣工事の場合は派遣された作業員がそれをやってくれますが、無派遣工事の場合はそれができません。つまりご自身でONUを光コンセントにつながなければならないということです。

申し込み後に楽天ひかりからONUが郵送されるので、同梱の説明書を読みながら、ONUと光コンセントをつないでくださいね。

どちらの工事になるかは”回線の引き込み状況”で決まる

さて、ここまで、楽天ひかりの開通工事でおこなわれる内容について説明してきましたが・・・

2種類の工事のうち、自分はどちらの工事になるのかが気になるところですよね。

これは、“ご自宅に光回線が引き込まれているかどうか”で見極めることができます。

というのも、開通工事では、光回線をご自宅に引き込むことがメインの作業となっていますよね。ということは、すでに光回線がご自宅に引き込まれていれば、派遣工事の必要は無いからです。

ほかの光回線から乗り換える場合は”無派遣工事”になる可能性が高い

今回、他社回線から楽天ひかりへお乗り換えの場合は、無派遣工事になる可能性が高いです。すでに光回線を使っているのなら、言うまでもなく“光回線は引き込み済み”ですから

ただし、詳しい説明はここでは省きますが、auひかりなどの“独自回線”と呼ばれる回線から乗り換える場合は、無派遣工事ではなく派遣工事になる可能性が高いです。

逆に、楽天ひかりと同じ“NTT回線”を使った光コラボから乗り換える場合は、無派遣工事になることが多いですね。

以下に、乗り換え元の回線とそれによる工事のパターンについてまとめておくので、今ご自身が使っている回線はどれで、どちらの工事になるか確認してみてください。

乗り換え元工事のパターン
フレッツ光/ドコモ光/ソフトバンク光/ビッグローブ光/So-net光 など無派遣工事
auひかり/NURO光/コミュファ光/eo光/ピカラ光/BBIQ など派遣工事
乗り換え元の回線と工事のパターン

回線が引き込まれているかどうかは光コンセントの有無でわかる

では「今回、初めて光回線を使う」というお客様は「全員無派遣工事になる」のか?と言われると実はそうではありません。これまで光回線を使ったことがなくとも、ご自宅に光回線がすでに引き込まれていることはあるのです。

ではどのようにして回線が引き込まれているかどうかを見極めるのかというと・・・これは、“光コンセントがすでにあるかどうか”でわかります。

実際、マンションなどの集合住宅だと、“すでにお部屋に光コンセントが設置されている”なんてこともよくありますね。お部屋のどこかに光コンセントがあれば、それは光回線を引き込み済みの証拠。派遣工事はおこなわれず、無派遣工事になります。

最終的な判断は楽天ひかり側がするので注意

ただし正直なところ、どちらの工事になるかは、楽天ひかりに実際に申し込んでみなければ確定はできません。

基本的には、申し込みのあとに楽天ひかり側で、お客様のご自宅の回線引き込み状況を確認します。どちらの工事になるかはそれによって決まるので、この見極め方はあくまでも参考程度にとらえておいてくださいね。

工事は申し込みから長くて1~2カ月後におこなわれる

さて、工事の内容について詳しく解説したところで、次は「いつ工事がおこなわれるのか」について説明していきます。

この「工事のタイミング」も、実施する工事が派遣工事か無派遣工事かで変わってくるのですが、派遣工事の場合はお申し込みからおよそ1~2ヶ月ほど後になることが多いです。工事スケジュールは基本的に混み合っているため、申し込んですぐに人を派遣して工事をすることはできないのです。

逆に無派遣工事の場合は、楽天ひかり側で作業をするだけなので、早ければ数日後には工事がおこなわれることも。

どちらの場合でも、万が一に備えて、利用したい日から1~2ヶ月前に申し込みを済ませておけると安心ですね。

工事費用は工事のパターンによって変わる

開通工事で、工事の内容に加えて気になるのが工事費用。先にも軽く触れましたが、工事費用も、工事のパターンによって大きく変わります。

パターン費用
派遣工事¥22,000
無派遣工事¥3,300
楽天ひかりの工事費用

派遣工事の場合はそれなりに高い額がかかります

ちなみにこの費用は工事の際に一括で払うのではなく、24回に分割されて、月々のネット料金と一緒に支払うことになります。「額が大きすぎてすぐには用意できない!」という方でも安心ですね。

時間や曜日を指定する場合は追加料金が発生する

ただ、たとえば「平日は仕事があるから土日にしたい」など、工事日や時間帯を指定したい場合は、上記の料金に合わせて追加料金がかかります。

日時追加金額
土日・祝日¥3,300
土日・祝日を指定する場合
時間帯追加金額
9:00~16:00¥12,100
17:00~21:00¥19,800(東日本)
¥22,000(西日本)
22:00~8:00¥30,800(東日本)
¥33,000(西日本)
時間帯を指定する場合

夜間の工事ではさらに深夜料金も追加されます。

負担がかなり大きいため、曜日・時間帯はこちらで指定せずに、楽天ひかり側の指定に合わせて工事をするのが理想的ですが、難しい方は“土日・祝日の時間帯指定なし”で工事を依頼すると良いでしょう

見ての通り、時間帯指定はかなりの追加料金がかかります。土日・祝日を指定するのみであれば、追加料金は¥3,300で抑えることが可能です。

楽天ひかりには工事費無料キャンペーンがない

光回線の開通にあたって「工事費が¥0になった!」という声を聞いたことがある方もいるかもしれません。実際、ソフトバンク光やauひかりでは“工事費無料キャンペーン”というものを実施しています。

が、楽天ひかりでは、2024年1月現在そのようなキャンペーンはおこなわれていません。つまり、工事費が満額きちんとかかるということです

支払いは分割なので、感じる負担はそこまで大きくないかもしれませんが、もしも工事費がネックという場合はほかの光回線を検討するのも手です。

派遣工事の際は立ち合いが必要になる

楽天ひかりの派遣工事の際は、基本的に立ち合いが必要です。

派遣工事は、作業員がご自宅に入ることになりますよね。そして、作業員はご自宅の壁に穴を開けたり、家具を動かしたりしなくてはなりません。誰も見ていない状況でそのような作業をして、何かのトラブルが発生してしまうのは避けたいことです。

トラブルを防ぐために、派遣工事は誰かの立ち合いのもとでおこなう必要があるのです。

ちなみにこの立ち合いですが、必ず契約者でなくてはいけないわけではありません。ご家族の方でも大丈夫です。また、“立ち合い”とは言いつつも、工事の間ずっと作業を見張っているわけではありません。ご自由に過ごされていて大丈夫です。

無派遣工事の場合は、作業員のご自宅への立ち入りがないので、立ち合いはもちろん工事日にご自宅を留守にしていても大丈夫です。

楽天ひかりの工事に関する「よくある質問」

最後に、楽天ひかりの工事に関する「よくある質問と回答」を紹介します。

細かな疑問にお答えしているので、ぜひこちらも目を通してみてくださいね。

Q.工事の日程を変更したい

A.「楽天ひかり工事受付センター」にご連絡ください。

  • 楽天ひかり工事受付センター
    電話番号:0120-987-899
    受付時間:10:00-19:00(年中無休)

ただし、工事日を変更できるのは“工事の7日前”までとなります。それ以降は変更ができないのでご注意ください。

また、新しい工事日は、連絡日時点で案内できる最短の日付になります。日付を変更する場合、工事までは連絡した日からさらに1ヶ月ほどかかると考えておくと良いでしょう。

Q.楽天ひかりの撤去工事費はいくら?

A.¥0です

また、そもそも撤去工事自体が不要になることもあります

楽天ひかりの開通には工事も工事費用もかかりますが、撤去の際はそのどちらも不要ということですね。

まとめ.楽天ひかりの工事は自宅の状況で2パターンに分かれる

今回は、楽天ひかりの工事について説明してきました。

楽天ひかりの工事は、派遣工事か無派遣工事かで大きく変わります。無派遣工事の場合は特に工事らしい工事は何もありませんが、派遣工事の場合は作業員がご自宅に訪れ、電柱から光ファイバーを引き込んで専用機器を設置するまでの内容がおこなわれます。

とはいえ大がかりな工事ではないので、所要時間は1~2時間程度。その間の立ち合いは必要ですがお客様が特に何かをすることもありません。

“工事”とはいえその内容は簡単なものですから、過度に心配することなく工事に備えてくださいね。

記事の編集責任者 奥山 裕基 Okuyama Yuki

大学卒業後、服飾業界と教育業界を経てポート株式会社へ。
入社後は多数の新規メディア立ち上げに参画し、自身も有資格者ライターとして2,000本を超える記事を執筆。
PORTブロードバンドにおいても「読者のインターネット回線に関する最適な意思決定を支援する」という信念のもと、総務省の認可を得た正規販売代理店(届出番号C2203454)として、信頼できる情報を“誰にでもわかりやすく”発信している。

> メッセージを読む