正規販売代理店ポート株式会社 届出番号:C2203454

ADSLは2024年3月末ですべて終了!インターネットを使い続ける方法とは

さっそく結論から言ってしまいますが、ADSLは2024年3月末をもってサービスが終了します。

ADSLにもいくつか種類があるので、それぞれの終了時期をまとめました。ご利用のサービスがいつから使えなくなるのか、ここで把握しておいてください。

ADSL終了時期
フレッツADSL2023年1月31日に終了
Yahoo!BB ADSL2024年3月31日に終了
OCN ADSL2023年1月31日に終了
au one net ADSL2022年3月31日に終了済み
eAccess ADSL2021年9月30日に終了済み
ADSLアッカ2017年2月28日に終了済み
ADSLの終了時期一覧

すでに終了しているADSLも数多いですが、残りも2023年1月末・2024年3月末に順次終了が予定されている状況です。

つまり、それまでに回線を乗り換えておかないと、インターネットの継続利用ができないということ。

では、そもそもADSLはどんなサービスで、終了時期を過ぎると何ができなくなるのか?
シームレスにインターネットを使い続けるには、いつまでに何をすればいいのか?

この記事で、それぞれ解説します。

ADSLからの「最適な乗り換え先」を無料診断

いまADSLを使っている方が2024年4月以降もネットを使い続けるには、他通信回線に乗り換える他ありません。
当サイトでは、お客様のご状況を踏まえて「ADSLから乗り換えるならどこが最適なのか」を無料診断できます。ぜひお試しください。

ご相談・お問い合わせは無料!

お急ぎの方・話だけでも聞きたい方は
お電話ください

フリーダイヤル0120-588-041

受付時間 10:00~20:00
※土日祝日も営業

ADSLとは電話線を使ったインターネット通信のこと

そもそも、ADSLとは何なのか?

簡単に説明すると、電話線を使ってインターネット通信をするサービスのことです。

ADSLとは電話線を使ったインターネット通信サービスのこと。電話線の中の電話信号が通っていないスキマにデジタル信号を通すことでインターネット通信をしている。

電話線は、文字通り「電話で使う回線」のことです。
電話で通話するときは、音声信号が電話線を通して送受信されているわけですね。

その音声信号は、電話線の一部しか通っておらず、けっこうスキマが残っているのです。

ADSLは、そのスキマを使ってデジタル信号を送受信することで、インターネット通信を可能としています。

スプリッタとモデムを使ってインターネット通信をしている

もう少し詳しくADSLの仕組みを説明しておきましょう。

さっき説明した通り、電話線には「電話に使う音声信号」「インターネット通信で使うデジタル信号」が同時に流れています。

つまり、電話線を通っている時点では、2種類の信号が混ざり合ってしまっているのです。

電話線の中では音声信号とデジタル信号が混在している。

混ざり合った状態でそのままPCにつないだら、コンピュータとしてもどの信号を使ったらいいのか混乱しますよね。

だから、ADSLでは「スプリッタ」という信号を仕分ける装置を使って、デジタル信号だけをインターネット通信用に抽出する仕組みをとっています。

スプリッタは電話線のなかで混ざり合っている音声信号とデジタル信号を仕分けしている。

ただ、これだけではまだPCをインターネットにつなぐことはできません。

なぜなら、PCにとってデジタル信号は外国語のようなものだから。つまり、理解できる言葉になっていないのですね。

だから、スプリッタで仕分けられたデジタル信号を、今度はモデムという器機を使って「PCが理解できる言語に翻訳(変換)」することになります。

要するに、ADSLは「電話線を流れるデジタル信号を、スプリッタとモデムを使ってインターネットにつないでいる」のです。

ADSLはスプリッタとモデムを使って電話線からインターネットに接続している。

ルーターとは

図の中に登場しているルーターとは、簡単に説明すると「複数のPCやスマホを同時にネット接続させる器機」です。
モデムひとつだけでは1台のPCしかネットにつなげられないので、複数端末を使うにはルーターが必要になります。
ルーターについて解説した記事もあるので、そちらも参考にしてみてください。

登場時は高速回線だった

ちょっと歴史の話をしましょう。

今や旧型扱いを受けているADSLですが、登場した当時は「インターネット回線のエース」みたいなものでした。

では、以前はどんなサービスが利用されていたのか?

ダイヤルアップ接続とは、電話で使う音声信号を無理やりインターネットにつなぐ仕組みで、これを使っている間は電話が使えなくなった。

1980年代後半、インターネット通信の主流は「ダイヤルアップ接続」という、電話回線を使ったシステムでした。

これは電話で使う音声信号を利用していて、インターネットを使っている間は電話ができない・長時間利用すると電話代が高くつくといったデメリットがありました。

ダイヤルアップ接続とともに広く使われていたのが、ISDNです。

ISDNはネットにつないだまま電話もできるものの回線速度が遅い。ADSLと違って音声信号と同じ回線を使う。

ISDNでは、ADSLと違い「電話線の中の、音声信号が通っているスペース」を使ってインターネット通信を行います。

音声信号を使うダイヤルアップ接続と違い、あくまでもデジタル信号を使うので、ネットを使いながら電話もできるという点がメリットでした。

しかし、ISDNには回線速度が遅いという問題もあったのです。

そこで登場したのが、ADSLです。
ADSLはダイヤルアップ接続やISDNの約5~10倍の回線速度を誇り、「高速インターネット」として日本中に普及していきました。

そんなADSLも、あとすこしで完全にサービスが終了してしまいます。

ADSLは2023年1月末・2024年3月末で終了

冒頭でも説明しましたが、ADSLは2014年3月末までに全サービスの終了が決定しています。

すでにKDDIなどが提供していた多くのADSLが終了しており、現存しているフレッツADSL・Yahoo!BB ADSLも、それぞれ2013年1月末・2014年3月末に終了します。

ADSLは、フレッツADSLが2023年1月31日に、Yahoo!BBのADSLが2024年3月31日に終了する。

基本的にサービス終了後はADSLによるインターネット接続はいっさいできなくなるので、ご利用の方はそれまでに他回線への切り替えを済ませておかないといけません。

ADSLがサービス終了するのはなぜ?

なぜADSLが終了してしまうのかというと、ADSL設備の老朽化や光回線設備の普及にともないNTTが光回線への切り替えに注力することを決めたから。ADSLは光回線に負けたから終了する。

そもそも、なぜADSLが終了してしまうのかというと、一言にまとめれば「光回線に負けてしまったから」です。

まず、ADSLというサービスは1990年代に生まれて、2000年代前半に普及しました。

広く使われたサービスですが、20年以上の時間が経って、その設備はかなり老朽化しています。

一方で、ADSLに変わる新たな高速インターネットとして「光回線(光ファイバー)」が急速に整備されていきました。

その国内普及率は、2020年3月時点で99.1%。(参考:総務省『光ファイバ整備の推進』

旧設備の老朽化と最新サービスの普及にともない、提供元であるNTT等の通信事業者は「もうADSLは終了して、光回線をもっと推進していこう」という判断に至ります。

とうわけで、ADSLは2024年3月末をもって全サービスが終了することになったのです。

本当のタイムリミットは「光回線の提供エリアになる日」

基本的に2023年1月末・2024年3月末に順次サービスが終了するADSLですが、一部地域では少しだけ猶予期間が残されています。

猶予期間は地域によって違いますが、タイムリミットは「光回線の提供エリアになるまで」です。

前提として、光回線によるインターネット通信は、光ファイバーが整備されている地域でしか利用できません。

その「光ファイバーが整備されて光回線が使えるようになった地域」のことを、専門用語で提供エリアといいます。

光ファイバーが整ったらADSLは不要と判断されてしまう。

提供エリアに含まれている地域の人は、たとえ光回線を契約していなくても、NTTのような通信事業者から「もうADSLを使わなくていい人」とみなされてしまいます。

先ほど説明した通り、光ファイバーの普及率は99.1%。残り0.9%の地域に住んでいる人も、設備が整い次第ADSLが使えなくなるということです。

ADSLが終了するとどうなる?

では、ADSLが終了したらどれくらい困ることになるのか?という点ですが…

正直に言って、インターネットが使えなくなる以外には何もありません。

電話線そのものが使えなくなるわけではないので、電話が止まったりテレビが見れなくなったりすることはないのです。

つまり、今ADSLを使っている人は、終了するまでに「インターネット環境をどうするか」という問題だけ解決すればいいのです。

インターネットを使い続けるには他回線に乗り換え!

ADSLを使っている人がとれる対処としては、基本的に2択。

インターネットの無い生活を受け入れるか、他の回線に乗り換えるかです。

乗り換えるのであれば、選択肢は大きく4つに分かれてきます。

それぞれどんな特徴があるのか、ひとつずつ説明しますね。

乗り換え先1.高速インターネットの光回線

光回線の評価

  • 回線速度

    5.0
  • 料金

    3.5
  • 乗り換えの簡単さ

    3.0

光回線とは、光ファイバーという透明な繊維をつかった通信サービスです。

音声信号やデジタル信号といった複数の信号を通す電話線と違って、光ファイバーには光信号だけが流れています。

光回線は、その光信号を使ってインターネット・電話・テレビなどの通信サービスを利用できるようになっているのです。

光回線は光信号を使ってインターネットや電話やテレビなどのサービスを提供している。

光信号が光ファイバーを通るスピードは、デジタル信号が電話線を通るよりはるかに速く、その分だけインターネット回線もスピーディーになっています。

つまり、光回線はとにかく高速なインターネット回線ということ。

ADSLとくらべても、およそ5~6倍以上の速度で利用できるので、普段からPCやゲームなどでインターネットを利用することが多い人にピッタリです。

光回線にするならフレッツ光以外がオススメ!

いまフレッツADSLを使っている人には、NTTから「フレッツ光」への乗り換えを勧める案内が届いていることでしょう。

ハッキリ言って、光回線の中でフレッツ光は「オススメできないサービス」です。

というのも、フレッツ光の料金は他とくらべて高いのです。光回線に乗り換えるなら、それ以外のサービスに目を向けたほうが良いでしょう。

もし、他にどんな光回線があるのか?どれが自分に適しているのか?いまいちピンとこない方は、ぜひPORTブロードバンド問い合わせ窓口にご相談ください。

専任スタッフが、お客様の状況をヒアリングしたうえで最適な光回線をお探しします。

ADSLからの「最適な乗り換え先」を無料診断

お客様のご状況を踏まえて「ADSLから乗り換えるならどこが最適なのか」を無料診断できます。ぜひお試しください。

ご相談・お問い合わせは無料!

お急ぎの方・話だけでも聞きたい方は
お電話ください

フリーダイヤル0120-588-041

受付時間 10:00~20:00
※土日祝日も営業

乗り換え先2.コンセントを差すだけで使えるホームルーター

ホームルーターの評価

  • 回線速度

    3.5
  • 料金

    4.0
  • 乗り換えの簡単さ

    4.5

ホームルーターとは、いわゆる「置くだけWi-Fi」と呼ばれているもので、コンセントをつなぐだけでインターネットが使える商品です。

代表的なところだと、ソフトバンクAirやドコモhome5Gがこれにあたります。

ホームルーターは基地局から受信した信号を使ってインターネットを利用できる置き型のルーター。

ホームルーターの魅力は、何と言ってもセッティングがとても簡単なこと。

基地局から受信した信号をつかってインターネット通信をするWi-Fiルーターなので、いちいち開通工事をしたり複雑な設定をする必要がありません。

もっとも、回線速度については光回線に及びませんが、普段それほどインターネットを使わないという人には合っているでしょう。

乗り換え先3.どこに居ても使えるモバイルルーター

モバイルルーターの評価

  • 回線速度

    3.0
  • 料金

    4.0
  • 乗り換えの簡単さ

    5.0

モバイルルーターは、いわゆるポケットWi-Fiといわれている商品で、これを持っていれば場所を問わずインターネットに接続できます。

モバイルルーターは基地局から受信した信号を使ってインターネットを利用できる携帯ルーター。

仕組み自体はホームルーターと大して変わらないのですが、充電式でどこにでも携帯していけるという点が特徴です。

つまり、自宅だけでなく出先でもPCやスマホをWi-Fi接続できるということ。

もちろん、回線速度には期待できませんが、場所を選ばないというのは大きな魅力です。
人によっては、自宅には光回線を導入しておいて、出先で使うようにモバイルルーターを持っています。

ちなみに、ホームルーターとモバイルルーターの違いについては、他の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

乗り換え先4.ケーブルテレビ利用者に適したCATV回線

CATVの評価

  • 回線速度

    4.0
  • 料金

    3.0
  • 乗り換えの簡単さ

    2.5

CATVというのは、ケーブルテレビが提供しているサービスの一種です。
有名どころだと、J:comがこれにあたりますね。

率直に言って、ケーブルテレビを使っている人以外にはあまりお勧めできないサービスです。

なぜなら、これを使うには「ケーブルテレビを導入すること」が前提になってしまうから。

あくまでも「ADSLの終了にあたり、インターネットを継続利用できるようにすること」が目的なら、光回線やホームルーターなどに目を向けたほうが良いと思います。

最適な乗り換え先はどこ?

結局のところ、ADSLからの乗り換え先はどこが最適なのか?

それは、「普段どれくらいインターネットを使っているのか、料金はどれくらいまで許容できるのか」など、お客様の状況・要望によって様々です。

もし、ご自身で乗り換え先を探すのが難しそうでしたら、ぜひPORTブロードバンド問い合わせ窓口にご相談ください。

専任スタッフが、無料でお客様に最適な「ADSLからの乗り換え先」をお探しします。

※注意

  • 乗り換え手続きはADSL終了の2ヶ月前までに!
    インターネット回線の乗り換え手続きというのは、申込から開通までにおよそ1~2ヶ月程度かかってしまうのが一般的です。
    ADSLが終了するギリギリになってしまうと、一時的にインターネットが使えない期間が生じてしまいかねません。
    乗り換え手続きはお早めに!せめて、ADSL終了の2ヶ月前までには済ませておきましょう。

まとめ.ADSLの終了に備えて乗り換え手続きを進めよう

2000年代前半に広く普及したものの、2014年3月末までに全サービスが終了してしまうADSL。

光回線の提供エリア外に住んでいる方には少し猶予期間があるものの、いずれは使えなくなってしまいます。

ADSLの終了に伴って考えておくべきは、インターネット回線をどうするか。継続利用するには、他の回線に乗り換える他ありません。

まだ終了までに時間はありますが、ギリギリになると手続きや工事が間に合わない可能性もあるので、ぜひ今のうちに対応を検討しておいてください。

ADSLからの「最適な乗り換え先」を無料診断

いまADSLを使っている方が2024年4月以降もネットを使い続けるには、他通信回線に乗り換える他ありません。
当サイトでは、お客様のご状況を踏まえて「ADSLから乗り換えるならどこが最適なのか」を無料診断できます。ぜひお試しください。

ご相談・お問い合わせは無料!

お急ぎの方・話だけでも聞きたい方は
お電話ください

フリーダイヤル0120-588-041

受付時間 10:00~20:00
※土日祝日も営業

記事の編集責任者 奥山 裕基 Okuyama Yuki

大学卒業後、服飾業界と教育業界を経てポート株式会社へ。
入社後は多数の新規メディア立ち上げに参画し、自身も有資格者ライターとして2,000本を超える記事を執筆。
PORTブロードバンドにおいても「読者のインターネット回線に関する最適な意思決定を支援する」という信念のもと、総務省の認可を得た正規販売代理店(届出番号C2203454)として、信頼できる情報を“誰にでもわかりやすく”発信している。

> メッセージを読む

カテゴリーから探す