正規販売代理店ポート株式会社 届出番号:C2203454

フレッツ光の料金は高い!毎月の通信料を安くする3つの方法を紹介

NTTのフレッツ光を利用している人の中には、毎月の料金を「高い」と感じている方もいることでしょう。

確かに、フレッツ光を利用している方の料金(通信料)は、他の光回線サービスと比べて高くなる傾向があります。

では、相場と比べてどれくらい金額の差があるのか?
他社よりも料金が高くなる理由とは?
安くするにはどうすればいいのか?

この記事で解説するので、ぜひご覧ください。

最安値の料金プランを探す

PORTブロードバンドでは、お客様にとって1番お得な光回線・料金プランを無料で診断できます。
毎月の通信料が高くてやってられない、どれくらい安くなるか知りたい。そういった方は、ぜひ無料診断をお試しください。

ご相談・お問い合わせは無料!

お急ぎの方・話だけでも聞きたい方は
お電話ください

フリーダイヤル0120-588-041

受付時間 10:00~20:00
※土日祝日も営業

フレッツ光の月額料金はプランによって異なる

フレッツ光には大きく分けてマンションタイプ(集合住宅向け)・ファミリータイプ(戸建て向け)の2つがあり、それぞれ回線速度やオプションの種類によって細かくプランが設けられています。

フレッツ光の料金はプランによって異なる。プランは、マンションタイプ・ファミリータイプそれぞれ細かく設けられている。

月額料金はプランによって異なるので、一覧でご確認ください。

まずは、マンションタイプの料金プランから紹介します。

詳細は下表の通りですが、およその月額料金は¥3,800~¥4,000程度です。

プラン回線速度(最大)月額料金(税込)
フレッツ 光ネクスト
ギガマンション・スマートタイプ

※Wi-Fiルーター付き
1Gbpsミニ:¥4,785
プラン1:¥4,125
プラン2:¥3,685
フレッツ 光ネクスト
マンション・ギガラインタイプ
1Gbpsミニ:¥4,455
プラン1:¥3,795
プラン2:¥3,355
フレッツ 光ネクスト
マンション・ハイスピードタイプ
受信:200Mbps
送信:100Mbps
ミニ 光配線方式:¥4,235
プラン1 光配線方式:¥3,575
プラン2 光配線方式:¥3,135
フレッツ 光ライト
マンションタイプ
100Mbps200MBまで:¥2,200~
970MB以上:¥4,730
フレッツ光マンションタイプ料金プラン

※2022年4月現在

マンションタイプの料金プランは、フレッツ光ライトを除き、それぞれ「ミニ」「プラン1」「プラン2」の3種類に分類されています。

これらは、簡単に説明すると「ひとつのマンションで、何世帯がフレッツ光を利用するか」を基準に細分化されたプランです。

プランと世帯数(契約数)の組み合わせは、以下の通り。

プラン世帯数(契約数)
ミニ4
プラン18
プラン216
プランと世帯数

適用されるプランは、マンション自体の部屋数や住人のインターネット回線利用状況によっても異なります。

次に、ファミリータイプの料金プランを紹介します。

およその月額料金は¥5,600程度ですが、詳細は下表にまとめたのでご覧ください。

プラン回線速度(最大)月額料金(税込)
フレッツ 光クロス
※戸建て限定プラン
10Gbps¥6,930
フレッツ 光ネクスト
ギガファミリー・スマートタイプ
1Gbps¥6,270
フレッツ 光ネクスト
ファミリー・ギガラインタイプ
1Gbps¥5,940
フレッツ 光ネクスト
ファミリー・ハイスピードタイプ
受信:200Mbps
送信:100Mbps
¥5,720
フレッツ 光ライト プラス100Mbps3,000MBまで:¥4,180~
10,000MB以上:¥6,050
フレッツ 光ライト
ファミリータイプ
100Mbps200MBまで:¥3,080~
1,200MB以上:¥6,380
フレッツ光ファミリータイプ料金プラン

※2022年4月現在

ご覧の通り、ファミリータイプの月額料金は、マンションタイプよりも高めに設定されています。

その理由は、光回線の接続方法がマンション・戸建て住宅で異なるからです。

マンションの場合、建物に引き込んだひとつの回線を、各部屋に分割する形でサービスが提供されます。

NTTが提供する回線そのものはひとつなので、各部屋の料金負担は軽くなるというわけです。

フレッツ光マンションタイプの場合、NTTが供給する回線はひとつなので各部屋の料金負担が軽い。

一方、ファミリータイプの場合は、住宅ひとつひとつに1本ずつNTTの回線が引き込まれます。

建物内で回線を分割しているわけではないので、マンションタイプに比べて料金が高くなるのです。

フレッツ光ファミリータイプの場合、NTTが供給する回線をひとつの世帯で使用しているので、マンションタイプに比べて料金が高い。

月額料金を正確に確認する方法

実際に支払っているフレッツ光の月額料金を正確に把握したい場合、NTTが用意している「web明細サービス」が便利です。

文字通り、オンラインで過去の支払金額を確認できるサービスで、これを利用すれば契約中のプランやオプション内容なども細かく把握できます。

web明細サービスには以下2種類があり、お住まいの地域がNTT東日本・NTT西日本どちらの提供エリアなのかによって選択肢が異なります。

web明細サービス

1点ご注意いただきたいのが、これらは事前にアカウントを作成しておかないと利用できない、ということです。

いずれのweb明細サービスも、あらかじめ以下手順を踏まなくてはなりません。

アカウント作成の手順

  • 電話・web上でアカウント作成を申請
  • 申込書類を郵送で受取・署名のうえ返送
  • 郵送書類でID・パスワードを取得

一連の手続きには、およそ2~3週間程度を要します。

アカウントが作成されていない状態では、今すぐこの方法で月額料金を確認することはできないので、ご注意ください。

まだアカウントがない場合、銀行口座の引き落とし履歴やクレジットカードの明細に記録されている「請求額」から月額料金を確認する方法もあります。

以下の記事で詳細を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

光回線の月額料金は¥5,650が相場

「フレッツ光の料金は高いのか?」という疑問に答えるためには、光回線サービスの料金相場を確認しなければなりません。

「高い」「低い」という評価は相対的なものであり、比較対象が無ければ判断できないからです。

結論、光回線の月額料金はおよそ¥5,650程度です。
一般的には¥3,000~¥9,000の範囲で料金設定がなされており、同じサービスであってもプランによって上下します。

具体的な金額については、下表に代表的な光回線の料金をまとめたので、参考にしてみてください。

サービス名月額料金(税込)
フレッツ光・マンションタイプ:¥3,800~¥4,000
+プロバイダー利用料
・ファミリータイプ:¥5,600
+プロバイダー利用料
ドコモ光・1ギガ:¥2,970~¥7,920
・10ギガ:¥6,490~¥8,800
ソフトバンク光・1ギガ:¥4,180~¥5,720
・10ギガ:¥6,380~¥6,930
楽天ひかり・マンションプラン:¥4,180
・ファミリープラン:¥5,280
ビッグローブ光・1ギガ:¥4,378~¥5,698
So-net光プラス・1ギガ:¥4,928~¥6,138
@nifty光・1ギガ:¥3,980~¥5,200
OCN光・1ギガ
NTT東日本エリア:¥3,650~¥6,100
NTT西日本エリア:¥3,660~¥5,400
excite光・1ギガ:¥3,696~¥4,796
TEPCOひかり・1ギガ:¥4,400~
auひかり・1ギガ:¥4,455~¥8,030
・10ギガ:¥6,468~¥9,438
NURO光・1ギガ:¥6,972~¥7,933
・10ギガ:¥5,700~¥8,300
eo光・1ギガ:¥5,448~¥9,062
・10ギガ:¥6,530~¥10,144
コミュファ光・1ギガ:¥3,380~¥5,775
・10ギガ:¥4,980~¥6,655
+機器利用料
メガ・エッグ 光ネット・1ギガ:¥3,520~¥4,620
ピカラ光・1ギガ:¥3,520~¥5,720
BBIQ光・1ギガ:¥3,300~¥6,380
代表的な光回線各社の料金プラン

※2022年4月現在

これだけを見ると、フレッツ光の料金はそれほど高くないように思えるでしょう。

ポイントは、フレッツ光以外の各社は「月間で支払う料金の総額」が記載されている、ということです。

詳しくは次項で説明しますが、フレッツ光でインターネットを利用するためには、NTT以外の事業者への支払いも発生します。

そのため、フレッツ光を利用している人の通信料は、他社サービスを利用している人よりも高い傾向にあるのです。

結局どれくらい安くなる可能性があるの?

現在の通信料に「高い!」という不満がある人は、結局のところ今よりどれくらい安くできるのか、という点が気になりますよね。

それは、今どんな料金プランでフレッツ光を使っているのかによって変わります。

ここまで解説した通り、フレッツ光には様々なプランがありますし、条件を変えるかどうかによって「いくら安くなるか」が大きく変わるからです。

PORTブロードバンド問い合わせ窓口では、現状をヒアリングしたうえで最適な料金プランをお調べできる無料カウンセリングを行っています。
まずは金額だけでも確認したいという方も、ぜひ、お気軽にお問合せください。

Pick Up

フレッツ光の料金が高い理由とは

フレッツ光の料金を高いと感じる理由は、「実際の通信料はプラン通りではないから」です。

まずは、通信料の内訳をご覧ください。

フレッツ光の料金は3800円から4000円が相場。通信料の内訳は、フレッツ光利用料金・プロバイダー利用料金・オプション料金。

すでに説明した通り、フレッツ光の利用料そのものは、(マンションタイプの場合で)およそ¥3,800~¥4,000です。

しかし、実際の通信料には「回線利用料金以外の請求」が含まれています。

そのため、フレッツ光を利用している人は、結果的に「料金が高い」と感じることがあるのです。

理由1.別途でプロバイダー利用料が発生しているから

前提として、インターネットサービスを利用するためには、回線事業者だけでなくプロバイダーとの契約が必要となります。

プロバイダーとは、簡単に説明すると「スマホやPCといった通信機器をインターネットに接続してくれる事業者」です。

プロバイダーとは回線を通じてインターネットサービスを提供する事業者のこと。光回線とプロバイダーがそろってはじめてインターネットに接続できるようになる。

つまり、インターネットを利用するためには、光回線事業者(NTT)だけでなくプロバイダーへの支払いも必須となるのです。

具体的な料金はプロバイダーによって様々ですが、事業者によっては月額¥2,000程度の料金が請求されます。

そうなると、通信料の総額が¥7,000~¥8,000を超えてしまうこともあるでしょう。

プロバイダー利用料を引き下げたい方は、後ほど詳しく説明するので、そちらをご覧ください。

プロバイダーの役割や選び方については、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

理由2.オプション料金が発生しているから

人によっては、通信料の大部分を占めることになるのが「オプション料金」です。

フレッツ光には以下のようなオプションがあり、理論上、すべて利用すると最大で月額¥22,000以上の料金負担が発生します。

オプション月額料金(税込)
フレッツ・テレビ¥825
スカパー!
プレミアムサービス光
¥4,567~
U-NEXT¥2,189
ひかりTV¥3,850
フレッツ・あずけ~る¥110~¥5,500
なおせ~る¥770
フレッツ・ウイルスクリア¥440
リモートサポート
サービス
¥550
24時間
出張修理オプション
¥2,200~¥3,300
フレッツ・ミルエネ¥220

「プロバイダー利用料金はそれほど高くないのに、毎月の通信料が¥10,000を超えている」といった方については、オプションが負担になっている可能性があります。

特に、画像や動画など各種データのバックアップをとる「フレッツ・あずけ~る」などは、オプションをつけたもののサービスを使っていないという人も居ることでしょう。

現状利用しているオプションを確認のうえ、不要なサービスの解除を検討してください。

通信料を安くする方法1.プロバイダーを乗り換える

現状、プロバイダー利用料として毎月¥2,000以上を支払っている場合、乗り換えによって月額¥700~¥1,000程度を節約できる可能性があります。

プロバイダーを乗り換える手順は、以下の通りです。

乗り換えの手順

  • 現在のプロバイダーに解約申込
  • 解約日までに契約できるよう乗り換え先に新規申込
  • PCでプロバイダー変更設定

ポイントは、現状プロバイダーの解約と同時に乗り換えを済ませることです。

タイミングを誤ると、一時的にインターネットが利用できなくなったり、プロバイダー利用料金が重複して発生したりする可能性があります。

なお、乗り換え時の接続設定は、PCでプロバイダーから発行されるID・パスワードを入力するだけで済むため、難しく考える必要はありません。

フレッツ光で利用できるプロバイダー料金一覧

フレッツ光に対応しているプロバイダーは全国に1,000社以上あるため、選択肢は数えきれません。

しかし、月額料金を安く抑えられるプロバイダーは限られます。

例えば、以下のようなプロバイダーが乗り換え先としておすすめです。

プロバイダー月額料金
(戸建て)
月額料金
(マンション)
OCN¥1,210¥990
Biglobe¥1,320¥990
Yahoo! BB 光
フレッツコース
¥1,320¥1,045
@T COM¥1,320¥1,320
フレッツ光のプロバイダー料金

※いずれも税込み表記です。

これらは、フレッツ光自身が「リーズナブルなプロバイダー」としてお勧めしているものです。

現状料金と比較のうえ、少しでも通信料を安くできる余地があるようでしたら、乗り換えを検討してみましょう。

通信料を安くする方法2.フレッツ光の契約内容を見直す

利用しているプラン・オプションを確認し、より料金負担が軽い契約内容にカスタマイズしましょう。

特に、利用中のオプションには「契約当初は必要な気がしたが、実際は使っていない」というサービスがあるかもしれません。

不要なオプションを解除したうえで、適切なプランに変更すれば、大幅に通信料を節約できる可能性もあります。

オプション解除の方法

オプション解除の方法は、サービスによって異なっています。

基本的には「電話窓口への問い合わせ」もしくは「会員ページ上での手続き」で対応できますが、それぞれ連絡先・ログインURLが異なります。

オプション別の解約方法と問い合わせ方法を表にまとめたので、ご参考ください。

なお、自分のオプション利用状況を把握できていない場合は、フレッツ光のコールセンター(0120-116116)に問い合わせれば確認できます。

オプション解約方法問い合わせ方法
フレッツ・テレビ電話連絡して手続き0120-116116
スカパー!プレミアムサービス光会員ページもしくは電話で手続き0120-818-666
会員ページ(Myスカパー)
U-NEXT会員ページから手続き会員ページ
ひかりTV会員ページもしくは電話で手続き0120-001144
会員ページ(MyひかりTV)
フレッツ・あずけ~る会員ページで料金プラン変更会員ページ
なおせ~る電話連絡して手続き0120-116116
フレッツ・ウイルスクリアサービスを導入したPCでアプリを起動して解約手続き
※手続きの詳細はこちら
リモートサポートサービス電話連絡して手続き0120-116-116
24時間出張修理オプション電話連絡して手続き0120-116116
フレッツ・ミルエネ電話連絡して手続き0120-54-3636
フレッツ光のオプション一覧

料金プラン変更の方法

フレッツ光の料金プランは、以下3つの方法で変更手続きができます。

プラン変更専用ページで手続き

コールセンターに問い合わせ

※受付時間:午前9時~午後5時 土日・休日も営業(年末年始を除く)

会員ページから手続き

フレッツ光メンバーズクラブについては、あらかじめ会員登録を済ませておかないとサービスを利用できません。

また、登録にあたってはオプション「フレッツ・あずけ~る」の利用が条件となっています。

会員登録していない方は、電話もしくはプラン変更専用ページから手続きを進めましょう。

通信料を安くする方法3.他の光回線に乗り換える

通信料を明確に引き下げたい場合、フレッツ光から他光回線に乗り換えるという手段も検討してください。

サービスそのものを乗り換えれば、契約内容を根本的に見直すことができるため、わかりやすく通信料を節約できるでしょう。

特に、「プロバイダー利用料・契約内容は問題ないが、通信料が高い」という方については、乗り換え以外の方法で大幅な節約は難しいです。

プロバイダー一体型であれば大幅な節約も可能

通信料の節約を念頭に乗り換えるのであれば、「プロバイダー一体型の光回線」から申込先を見つけましょう。

料金が高くなる理由のひとつ「別途で発生しているプロバイダー料金の負担」を払拭できるため、月額¥1,000~¥2,000以上の節約が期待できます。

プロバイダー一体型ならオプション無しでおよそ¥5,560の通信料にできる。

すでに説明した通り、一般的な光回線の月額料金は¥5,560が相場となっています。これは、プロバイダー利用料金も含む金額です。

つまり、プロバイダー一体型の光回線であれば、(オプションをつけなければ)通信料の総額を¥5,560程度まで抑えられるのです。

光コラボレーションへの乗り換えなら工事不要

フレッツ光からの乗り換えを検討するのであれば、「光コラボレーション(光コラボ)」という種類がお勧めです。

光コラボとは、一言にまとめると「NTTの設備を利用してサービスを提供している光回線」です。
代表的なものでは、ドコモ光やソフトバンク光がこれに該当します。

光コラボはNTTの設備を利用しているので、フレッツ光からの転用にあたって開通工事の必要がありません。

フレッツ光から光コラボへの乗り換えは設備が変わらないので工事不要。光ファイバーはそのままにインターネットサービスの提供元だけが変わる。

要するに、光コラボはフレッツ光からの乗り換え先として「最も手続きが簡単なサービス」と言えるのです。

そのため、フレッツ光からの乗り換えを検討するなら、真っ先に光コラボに目を向けてください。

転用

転用とは、「フレッツ光から光コラボへの乗り換え」を意味する専門用語です。
利用する設備(NTTの光回線)そのものは変わらず、サービス提供会社だけが転換されるため、転用と表現されます。

お勧めの光コラボ一覧

通信料を抑えるために乗り換えを検討するのであれば、少しでも月額料金が安い光コラボを選ぶべきでしょう。

下表に、フレッツ光よりも月額料金が安くなる光コラボをまとめたので、参考にしてください。なお、いずれも回線速度は最大1Gbpsのプランです。

まずは、フレッツ光「マンションタイプ」からの乗り換え先から紹介します。

光コラボプラン月額料金(税込)
OCN光
(NTT西日本エリア)
マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼ミニ:¥4,760
プラン1:¥4,060
プラン2:¥3,660
excite光マンションタイプ¥3,696
@nifty光マンションタイプ¥3,980
※開通月のみ¥2,000
OCN光
(NTT東日本エリア)
ギガマンション・スマートタイプミニ:¥4,900
プラン1:¥4,550
プラン2:¥4,150
ドコモ光1ギガ 単独タイプ
(マンション)
2年定期契約:¥4,180
契約期間なし:¥5,280
ソフトバンク光マンション・ギガスピード2年自動更新プラン:¥4,180
楽天ひかりマンションプラン¥4,180
ビッグローブ光3年プラン
(マンションタイプ)
基本料金:¥4,378
auセット割適用:¥3,058
So-net光プラスマンションタイプ新規入会:¥4,928
So-net 他接続サービスからのコース変更:¥3,300
フレッツ光マンションタイプからの乗り換え先

特に安いプランを選べば、月額通信料を¥3,700程度まで抑えられます。
現状のプランにもよりますが、うまくいけば毎月¥2,300以上の節約が期待できるでしょう。

次に、フレッツ光「ファミリータイプ」からの乗り換え先を紹介します。

光コラボプラン月額料金(税込)
excite光ファミリータイプ¥4,796
ソフトバンク光ファミリー・ギガスピード5年自動更新プラン(TV):¥5,170
2年自動更新プラン:¥5,720
@nifty光ホームタイプ¥5,200
※開通月のみ¥2,000
楽天ひかりファミリープラン¥5,280
OCN光
(NTT西日本エリア)
ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼¥5,400
ビッグローブ光3年プラン
(ファミリータイプ)
基本料金:¥5,478
auセット割適用:¥4,158
OCN光
(NTT東日本エリア)
ギガファミリー・スマートタイプ¥6,100
So-net光プラス戸建タイプ新規入会:¥6,138
So-net 他接続サービスからのコース変更:¥3,300
ドコモ光ドコモ光ミニ
(戸建て)
2年定期契約:¥2,970~¥6,270
契約期間なし:¥4,620~¥7,920
フレッツ光ファミリータイプからの乗り換え先

特に安いプランは、およそ¥4,800程度の月額料金で利用できるため、場合によっては月額¥2,700以上を節約できる可能性があります。

もちろん、各光コラボには他にもプランが用意されているため、必ずしも上表通りの金額になるわけではありません。

しかし、基本的にはいずれも「フレッツ光よりも安い価格設定」となっているため、少なからず通信料は改善できるでしょう。

関連記事

  • 光回線の種類はぜんぶで4つ|それぞれ特徴や代表的なサービスも紹介
    光回線には光コラボ以外にもいくつか種類があります。各種サービスについてはこちらの記事で解説しているので、気になる方はご覧ください。
  • 楽天ひかりを新規契約するには?工事日の決まり方やキャンペーン情報も紹介
    フレッツ光から楽天ひかりへの乗り換えをご検討の方は、こちらで手続きの流れについてご確認ください。

最適な回線・料金プランは人それぞれ

先ほど、フレッツ光よりも月額料金が安くなる光コラボを一覧でご紹介しましたが、どの回線・料金プランが最適かというのは結局のところ人それぞれです。

料金だけを重視して回線速度を損なっては意味がありませんし、ご利用の携帯キャリアなどによっては割引を受けられる回線があったりもします。

とはいえ、ご自身で最適なプランを見つけるというのは、手間と時間がかかるもの。

PORTブロードバンド問い合わせ窓口にご相談いただければ、お客様のご状況に応じた最適な料金プランをお見積もりします。

「とりあえず、どれくらい安くなるかだけでも知りたい」といった方も、ぜひお気軽にお問合せください。

Pick Up

ご相談・お問い合わせは無料!

お急ぎの方・話だけでも聞きたい方は
お電話ください

フリーダイヤル0120-588-041

受付時間 10:00~20:00
※土日祝日も営業

フレッツ光の料金に関する「よくある質問」

ここまで、フレッツ光の料金について詳しく説明してきましたが、こまかな疑問が残っている人も居ると思います。

以下に「フレッツ光の料金に関するよくある質問と回答」をまとめたので、目を通してみてください。

Q.フレッツ光とドコモ光はどっちが安いの?

結論を言ってしまうと、ドコモ光の方が安いです。

今回ご説明した通り、(マンションタイプの場合で)フレッツ光の料金がおよそ月額¥5,000前後になるのに対して、ドコモ光なら月額¥4,200程度しかかかりません。

百聞は一見にしかず、具体的な金額を比較してみましょう(いずれもプロバイダー料金込み)。

住宅タイプフレッツ光の料金ドコモ光の料金
マンション¥5,115
~¥6,105
¥4,180
~¥5,720
ファミリー
(戸建て)
¥6,930
~¥7,590
¥5,500
~¥7,590
フレッツ光・ドコモ光の料金を比較

ご覧の通り、フレッツ光よりドコモ光の方が料金が安く設定されています。

ちなみに、ドコモ光以外の料金も確認しておきたい場合は、こちらをご覧ください。

関連記事

  • ドコモ光から事業者変更する手順と費用
    人によっては、ドコモ光よりも料金が安い回線・プランが他にあります。今後、ドコモ光からもっと料金が安いところに乗り換える可能性もあるでしょうから、この記事で説明している「事業者変更」を選択肢に加えておいてください。

Q.フレッツ光のプロバイダー料金はいくら?

フレッツ光のプロバイダー料金は、はっきり言って人それぞれですがおおよそ¥550~¥2,000程度が相場とされています。

金額に幅があるので、「いくらでも節約できそう!」と思う人もいるのでは?

注意すべきは、質が低いプロバイダーを選んでしまうと、回線速度が落ちて快適なインターネットライフが送れなくなってしまう恐れがあるのです。

プロバイダーを乗り換えることで料金を安くしようと考える際も、すでにご紹介したような優良事業者から選ぶようにしてください。

Q.フレッツ光の「ひかり電話の料金」はいくら?

フレッツ光の「ひかり電話」の料金は、マンションタイプ・ファミリータイプのどちらも以下の通りになっています。

プランによって料金が異なるので、「どんなプランなのか」という詳細とセットで紹介します。

プラン基本料金(税込み)プラン詳細
基本プラン¥550もっとも基本料金が安いプランです。
ひかり電話A¥1,6506つのサービス(※)が利用できるプランです。
安心プラン¥1,540最大8時間分の通話料金が割引されているプランです。
もっと安心プラン¥4,290最大30時間分の通話料金が割引されているプランです。
フレッツ光ひかり電話の料金

もし、基本プラン以外を契約しているのであれば、プランを変更するだけで月額料金を安くできる可能性があります。

そもそも固定回線の電話を使うことが少ないなら、いっそ解約してしまってもいいでしょう。

※ひかり電話Aプランで使えるサービス

  • ナンバー・ディスプレイ
    かけてきた相手の電話番号が事前にわかるようになります。
  • ナンバー・リクエスト
    非通知で電話してきた相手に、自動音声で「非通知設定を解除するように」とリクエストできます。
  • キャッチホン
    通話中に別の電話がかかってきたとき、信号音で知らせてくれます。
  • ボイスワープ
    自宅や事務所にかかってきた電話を、あらかじめ指定した電話番号に自動転送してくれます。
  • 迷惑電話おことわりサービス
    ユーザーが「迷惑電話」として設定した番号を着信拒否できます。
  • 着信お知らせメール
    あらかじめ設定したメールアドレスに、不在着信履歴を通知してくれます。

Q.フレッツ光の解約金はいくら?

フレッツ光の解約金は、マンションタイプの場合で¥1,650、ファミリータイプなら¥10,450かかります。

ただし、これは「契約期間内」に解約した場合の話。

更新のタイミングである「申込み日の翌月から25ヶ月目・26ヶ月目」の2か月間に解約する場合、上記の費用はかかりません。

まとめ.現状の契約内容を把握したうえで対応を検討しよう

今回は、「フレッツ光は料金が高いのでは?」という疑問を解消すべく、光回線の料金相場や節約方法について解説しました。

フレッツ光の料金そのものは、マンションプランで月額¥3,800~¥4,000程度、ファミリープランで月額¥5,600程度と、相場である「月額¥5,560」と大差ありません。

しかし、プロバイダー利用料やオプション料金によっては、他社サービスと比べて割高な通信料になってしまいます。

現状の通信料に不満がある方は、ぜひ現状の契約内容を確認のうえ、「プロバイダー乗り換え」「料金プラン・オプション見直し」「回線乗り換え」いずれかの対応を検討してください。

最安値の料金プランを探す

PORTブロードバンドでは、お客様にとって1番お得な光回線・料金プランを無料で診断できます。
毎月の通信料が高くてやってられない、どれくらい安くなるか知りたい。そういった方は、ぜひ無料診断をお試しください。

ご相談・お問い合わせは無料!

お急ぎの方・話だけでも聞きたい方は
お電話ください

フリーダイヤル0120-588-041

受付時間 10:00~20:00
※土日祝日も営業

Pick Up

記事の編集責任者 奥山 裕基 Okuyama Yuki

大学卒業後、服飾業界と教育業界を経てポート株式会社へ。
入社後は多数の新規メディア立ち上げに参画し、自身も有資格者ライターとして2,000本を超える記事を執筆。
PORTブロードバンドにおいても「読者のインターネット回線に関する最適な意思決定を支援する」という信念のもと、総務省の認可を得た正規販売代理店(届出番号C2203454)として、信頼できる情報を“誰にでもわかりやすく”発信している。

> メッセージを読む

カテゴリーから探す