0

Kentaro

Web開発部
サービス開発グループ
2015年入社

まだ成功事例のない新しいフィールドで、
仮説検証を続けるのが成長への近道

PROFILE

東京工科大学メディア学部卒。映像制作会社で制作進行のアシスタントを経て、IT系ベンチャー企業のフロントエンジニアとしてサイトリニューアルやiPhoneアプリの開発などを担当。2015年にポート入社。Web開発部にてサービス全体のシステム開発を行う一方で、プロジェクトやチームのマネジメントも手掛けている。趣味は読書。

EPISODE 01

スキルの幅を広げるため、広く深く任される環境を求めて

大学卒業後、映像制作会社でディレクションの仕事に携わっていたのですが、自分の手でモノ作りをしたいという気持ちが強くなり転職をしました。次の会社では、エンジニアとしてサイトのリニューアルやアプリ開発など念願だったモノ作りに携わることができました。

しかしある時、自分のやっていることはエンジニアの仕事のほんの一部だと気づいたんです。私がやっていた業務はどちらかと言うと、見た目を整える作業。一方でその土台を作る作業もあり、自分にはこのサーバーサイドの知識が足りないと感じました。もっと幅広いスキルを身につけてシステムを一からすべて作れるようになりたい。こうした気持ちが少しずつ高まっていきました。

そんな時に、前職でお世話になった方から紹介されたのがポートでした。まだ会社規模が小さいために個人の裁量が大きく多岐にわたる業務をやらせてもらえると聞き、まさに今自分が必要としている環境だと感じたことが大きな決め手となりました。

EPISODE

EPISODE 02

決まったやり方がないからこそ、自分で仮説作りから検証まで回せる

スキルの幅を広げるため、未経験の分野も挑戦したいという希望を伝えていたので、入社後はWebサービス全体のシステム開発を担当することになりました。具体的には、Webサービスのシステムを生み出すところから世に出した後のシステム管理や改善などを全て請け負っていました。

ただ、エンジニアとしての経験はあるものの開発全般となると分からないことが多すぎて、数年間は日々の業務を回すので精一杯。投げられた仕事をなんとかこなすだけの日々が続きました。

しかし今、少しずつ成長実感が持てるようになってきました。色々な角度から思索し全体を俯瞰して見られるようになり、数年前には思いつきもしなかった選択肢や考え方をたくさん思いつけるようになっています。

たとえば、入社してまもなく使いづらいシステムを一から全て作り直そうというプロジェクトがありました。まだ経験が浅かったので、なぜ全て作り直した方がいいのかという具体的な根拠や数値を明示せず、他の選択肢も考えることなく勢いに任せて始めたんです。すると、予期せぬ問題が発生したり膨大な時間と労力がかかってしまったりと大変な苦労がありました。

5年経った今なら、いきなり改善に着手するのではなく、段階に分けて計画をたて、メリットを数字化しビジネスサイドの意見も交えながら進めていけます。技術力が高くなっただけでなく、インフラの知識やビジネスサイドの視点も意識して考えられるようになったからだと思います。

会社の成長スピードが早く、まだやり方が確立されていない領域が多いからこそ、自分のやりたいことや考えを積極的に試すことができました。おかげで、より早く自分を成長させることができたのだと強く感じています。

EPISODE 03

学んで試して、新しい道を切り開きたい

現在は開発チームメンバーのマネジメントも行っています。メンバーが発言しやすい場を増やしたりビジネスサイドの思いを積極的に共有したりとコミュニケーションの量と質をあげたことで、自ら考え動けるようになったメンバーが増えてきました。今後はさらに一人一人の力を底上げするため、いい習慣や仕事に対する姿勢など根幹となるものを伝えていきたいです。チームとしてよりよいアウトプットができるよう働きかけていきたいですね。

私のチームメンバーは勉強熱心で、ただ学んで終わりではなくそれを試して新しい道を切り開こうと努力できる人が多いです。そんな環境のおかげで私も、もっと学んで知識とスキルの幅を広げていきたいと前向きになれています。課題に対し貪欲に勉強をし、適切な手段を新しく見つけ出すことに面白さを感じられる人には、最高の場だと思います。

将来やりたいことを実現するためにはエンジニアのスキルと経験は大きな戦力になると思っていますので、今後も新しい分野へ果敢に飛び込み、常に学ぶ姿勢を忘れず努力していきたいです。

エンジニア採用

Other people

INDEX VIEW

PREV NEXT