0

Miho

経営企画部経営企画グループ
マネージャー
2019年入社

未経験から数億円のM&Aを達成。失敗も糧にし、挑戦しつづけられる環境が成長につながる

PROFILE

埼玉大学経済学部卒。前職はデジタルマーケティング支援会社で、PM、営業、ディレクターなど幅広い仕事に携わる。2019年に事業開発部に中途入社後、現在は経営企画部経営企画グループのマネージャーとしてDD(Due Diligence)に携わるほか、法務・財務との調整、売主との折衝など多岐に渡り担当。年3、4回ほど行く国内旅行では、美味しいものや温泉を楽しんでいる。

EPISODE 01

M&Aならスピーディーに成果を出せ、会社の成長に大きく貢献できる

新卒で入った会社で、ディレクター職に就きました。会社内部の変化に伴い、最終的にはマーケティング色の強い仕事に多く携わっていました。ディレクターのほか、PMや営業など、幅広い業務に携わるなか、将来は本当に良いと思うビジネスを見つけたとき、その会社に大きく貢献し、骨を埋められるようになりたいと考えるように。そのために、やれることの幅を増やし、貢献できる範囲を広げたいと思うようになったんです。

ポートに入社を決めたきっかけは、元から知り合いだった社長の春日から「M&A担当を探している」と聞いたことです。当初はマーケティング職としてポートで働かないかとお誘いいただいていたのですが、会話の中でM&A担当を探していると聞き、興味を持ちました。

M&Aは種まきからやらなくても、スピーディーに大きな成果を出せる手段として興味を持っていましたが、携われる機会なんてそうはないよなと思っていた領域でもあります。だからこそ、M&A担当を探しているという春日の話を聞き、挑戦させてもらえるならぜひやってみたいと入社を決めました。

EPISODE

EPISODE 02

業務の背景まで理解し、マニュアル化不可の領域をカバー

入社後は、事業開発部に所属し、メディアのM&Aを複数件担当しました。ビジネス担当としてのDDの実施、法務や財務的な観点での調査、売主との交渉が主な仕事で、社長と一緒に動いています。

今までの仕事で印象に残っているのは、2020年に行った「就活会議」というメディアのM&Aですね。8.5億円での買収と、当社としても初と言えるほどの大型案件でした。運営元だったリブセンス社はネームバリューのある企業ですし、一学年に約18万人の会員数を誇る「就活会議」自体、当社の社員にも認知されているサービスだったので、社内外から「あのサイトを買ったのか」と大きな反響をいただきました。改めて、影響の大きな仕事をしていると実感しましたし、社内メンバーが喜んでくれ、もっとがんばろうと思ってくれたことに嬉しさを感じました。

経営企画部に異動になってからは、一般的な経営企画業務をやりながら、M&A実行後の子会社管理や、予算管理、借入、事業企画業務なども少しずつやり始めています。もともとこの領域をやってきたわけではないため、知識が足りないと痛感していますが、自力だけでそれらを身につけるのではなく、社内の公認会計士や弁護士、社外専門家の方々にチームに入っていただき、一緒にプロジェクトをやりながら学んでいます。

現在私が携わっている仕事は、マニュアルのないものが多いです。例えばM&Aの場合、対象とする会社によってアプローチの仕方は全然変わってきます。ただ「なぜこれをやるのか」といった背景理解から行うことで自分の中に「この場合はこれが重要」と判断の軸ができます。それができれば、他の案件にも応用が効き、マニュアルではカバーできないような、一件一件違う案件に合わせた適切なアプローチが取れるようになっていると感じます。

EPISODE 03

失敗しても、フィードバックを得て再挑戦ができる

私は問題解決が好きです。解決することで達成感を得られますし、問題により苦しんでいる人たちに喜んでもらえることにやりがいも感じています。問題はどこにでも発生するため、対応力を高めるためにも広く知識を得て、得た知識をつなげながら形にしていきたいと思っています。

広く何でもできる人はあまりいないため、それができれば自分自身の市場価値も上がると思っています。今後もビジネスの全体感をつかめるようになるため、事業の立ち上げからグロースまで幅広く携わりながら、さまざまな分野に挑戦していきたいですね。

ポートは、私のように中途で入社した人も多く、フラットに新しいチャンスに挑戦させてくれる会社だと思っています。事業しかやってこなかった私に、経営企画のマネージャーを任せてくれ、M&Aや子会社管理など今までにやったことのなかった仕事も任せてくれました。

また、チャンスを何度でももらえるのも特徴だと感じています。未経験からの挑戦が多かったぶん失敗も多かったですが、ポートから「もうやらなくていい」と言われたことはありません。なぜ失敗したのかを問われ、フィードバックしてもらえ、新しいチャレンジの機会ももらえるんです。どのような仕事も、一発で成功することは少ないです。自分で考えながら、諦めず粘り強く目標に向かって実行できる方にとって、ポートは活躍できる会社なのかなと思います。

Other people

INDEX VIEW

PREV NEXT