ポート採用サイトロゴ
Mizuki プロフィール

難しい問題の解決にチャレンジし続けることが最大の喜び

Mizuki

就職支援事業部
リクルーティングアドバイザーグループ
マネージャー
2016年入社

2016年、早稲田大学人間科学部卒、同年入社。リクルーティングアドバイザーとして、企業向けに採用支援業務を行いながら、部下4名のマネジメントを行う毎日を送る。旅行が趣味で、休日になると国内外に出かけ、自分が知らない世界とのギャップを体験し、現地の人と交流するのが楽しみという。

SCROLL TO DISCOVER

日々楽しく働けることが自分の目指す道と知る

私の場合、やりたい仕事やなりたい職業というものがありませんでした。そのため、まずは就活の軸を探すために外資と日系、大手とベンチャーなど相反する両極端の企業をそれぞれ受けて、より自分の志望にマッチするタイプの業界・職業を絞り込んでいくところからスタートしたんです。その結果、最終的に行きついたのが「日々楽しく働くことができる」という軸。この「楽しさ」は「難しい問題にチャレンジし続けること」と定義しました。

自分自身の性格や志向、大学時代にもっとも楽しかった思い出などを探っていったときに、解決できない難題に取り組んでいるときこそ生き生きと充実していたことがあります。同じ状況を仕事として実現するという視点で捉えると、もっとも難しい問題は社会課題だろうと考えました。そのことから、社会課題に対する取り組みの観点で絞り込み、最終的にポートへ行きついたというわけです。

困難な状況さえゲームを攻略するように楽しむ

入社後に配属されたのは、就活相談を行う、キャリアアドバイザーでした。その後、自社媒体であるキャリパーク関連事業の営業、就活イベント事業の責任者、企業向けに採用支援を行うリクルーティングアドバイザーなどの経験を重ねています。それぞれ業務の難しさもさることながら、私にとってチャレンジだったのは、これらの業務を経験したのがすべて新卒1年目のときだったということ。つまり、2か月~3か月おきに異動を重ねたわけです。

特に、後半の就活イベント業務とリクルーティングアドバイザーは兼務でした。就活イベントは毎月数十回開催しており、開催地は全国に及びます。週末になるとイベント会場から別の会場へ移動しながら、次回イベントの企画と前回の振り返りを同時に行い、帰京するとリクルーティングアドバイザーとして営業に邁進する毎日です。肉体的にも精神的にもハードな日々でしたが、それは私自身が望んだこと。大変な状況にありながら、「この難局をいかに克服するか」とゲームを攻略するようなワクワクした気持ちで過ごしました。

中でも最大のミッションとなったのは、リクルーティングアドバイザーとして関わった案件です。この案件は取引額が大きい反面、クライアントからの信頼はまだまだ浅い状態で、取引が継続するかどうかの瀬戸際という状況で引継ぎました。実は、私の中では困難な問題に挑戦し続けることが重要で、必ずしも解決することがゴールではありません。ですが、この案件だけは会社にとっても影響が大きく、失敗できないプレッシャーがありました。結果的に事業部最大の売上を作るまでクライアントとの関係を修復したときには、大きな達成感を味わうことができました。

新事業の立ち上げに積極的に関わっていきたい

ポートに入社前、キャリアのイメージを描けないまま社会人生活をスタートしました。しかし、与えられた役割の中で自分なりに課題を設定して取り組んでいこうと決めて、業務に邁進したのが結果的に良かったように思います。自身でもこの2年で、思いもよらないほどのキャリア形成ができたと実感しています。特に就活生と採用企業の仲立ちとなるリクルーティングアドバイザーならではの働き方として、現状の課題発見から打ち手の検討、実行フローと効果検証という一連のプロセスに一気通貫で取り組んで課題解決できるようになったことは、私のキャリアの中でも非常に重要なポイントです。

とに変わりはありません。その中で、現在はウェブ上のサービスであるキャリアパークのリアルプロダクトとして誕生した「キャリアパークエージェント」の仕事に関心があります。これまで2年間でもっとも楽しかったのは、新事業の立ち上げに絡む仕事でした。キャリアパークエージェントはその意味で、まさにこれからの事業です。加えて今後、第2・第3のリアルサービスの立ち上げが行われるはず。ぜひ、その場に自分も参加してチャレンジしたいと願っているところです。