Q

その他
回答しない

就活ではどんなペーパーテストが出されますか?

最近の就活ではWebテストが主流だと思いますが、自分の志望先では昨年ペーパーテストが実施されたらしいです。

対策をしておこうと思ったのですが、どんな問題が出されるのかはまったくわからず困っています。就活でのペーパーテストとは、どのような内容の問題なんでしょうか?

2人のアドバイザーが回答しています

質問日 :

※質問は、エントリーフォームからの内容、または弊社が就活相談を実施する過程の中で寄せられた内容を公開しています

Chat GPRを活用して自己PRを完成させよう!

キャリアコンサルタント/勉強カフェ札幌大通スタジオ代表

渡邊 裕樹

プロフィールを見る

テストの種類がわからない場合はSPI対策をやっておこう

大前提として、どのようなペーパーテストがおこなわれるかは会社によって異なります。まずは質問者さんの志望する会社のテストがどのようなものかOB・OG訪問や会社説明会、口コミなどから情報収集をしてみましょう。

ネットでの口コミに載っていなくても、直接社員と話せる機会に質問してみるのはありです。

ペーパーテストの内容は企業が導入している適性検査の種類による

採用試験でおこなわれるペーパーテストには、Webテストとほぼ同じく「能力検査」と「性格検査」で構成されているもの、テーマに対して考えを述べさせる論述形式のもの、課題がありそれに対してどのような解決策があるか述べるケーススタディ的なものなどいろいろあります。

その会社がどのような試験をおこなっているのかわからなければ「これをやっておけばいい」と言い切るのは難しいですが、過去問に手を着けておくのは試験対策のセオリーです。

Webテストと同目的の「能力検査」「性格検査」であれば、適性試験の問題集を一冊やっておくのが良いかと思います。ただし適性検査にもさまざまな種類があります。本当に何も情報がなければ、導入している会社数が一番多いのはSPIなので、SPI対策本に取り組むのが最も無難でしょう。

キャリアコンサルタント/キャリアコンサルティング技能士

瀧本博史

プロフィールを見る

SPIが代表的だがそれ以外の種類のテストの可能性もある

多くの企業が実施するペーパーテストは、応募者の基礎的な能力や適性を見極めるための重要な選考工程です。

SPIが代表的なペーパーテストとはなりますが、SPI以外のテストでは、言語能力や非言語能力、さらには性格検査や一般常識、時事問題まで幅広い分野がカバーされます。

たとえば、言語能力を問う問題では、長文読解や語彙力、文法知識を試されることが多く、日頃から新聞や専門書を読むようにすると読解力の向上が期待できます。

また、非言語能力では、数的処理能力や論理的思考を問う問題が出題されるため、図形の推理や数列の規則性を見つける練習を積むことが効果的です。

まずは一通り問題を解いて苦手分野を明らかにしよう

本格的に対策を始めるのであれば、Webサイトや参考書を通じて過去に出題された問題に触れ、特に苦手な分野を集中的に学習しましょう。さらに、実際のテストを想定した時間管理の練習をおこなうことで、試験本番でのパフォーマンス向上につながります。

性格検査では、自己分析を深めることで一貫した回答ができるようになります。自分の強みや改善すべき点を明確にしておきましょう。そうすることで、性格検査の対策になるだけでなく、面接などの次の選考ステップでも活かすことができます。

就活は、自己成長の大きなチャンスでもあります。ペーパーテストの対策を通じて、自分自身の能力を高め、自信を持って次のステップに進んでください。不安を感じることは誰にでもありますが、準備を重ねることでその不安を乗り越えられるでしょう。

SPIの受検方式の一つにペーパーテストがあります。SPIのペーパーテストの問題内容や制限時間については、こちらの記事で詳しく解説しています。

昨今の就活ではWebテストが主流になりつつあるため、ペーパーテストと併せてWebテストの対策もしておきましょう。以下の記事を参考にしてくださいね。

就活では小論文を選考課題としている企業もあります。気になる人は、こちらの記事をチェックしておきましょう。

ESを書く時間がない時は、「ES回答例100選」を活用しよう!

ESに何を書けばいいか困っていはいませんか?就活は限られた時間の中で準備する必要があるので、ESだけに時間をかけてはいけません。

そんな時は大手企業に内定した先輩達のESを見れるES回答例100選」を参考にしましょう。この資料を見れば、あらゆる業界と職業のES回答例がわかります

無料で見れるので、書き方を参考にしながら志望企業のESを突破しましょう。

 ESの一部を特別公開!(サントリーの場合) 
【Q1】具体的にやってみたい仕事とその理由
私は営業として、顧客のニーズに合った商品を売ること、さらに「より良いひととき」を感じられる空間を提供したいです。営業の仕事で、その商品に「より良いひととき」という付加価値を創造できる貴社ならではの提案に魅力を感じ、付加価値を最大まで引き出すことで貴社の利益に貢献したいと考えています。付加価値を提供するためには、顧客の隠れたニーズに対応することが必要だと考えます。それを引き出すために大切なものは「信頼」です。顧客を想い、信頼されてこそ些細なニーズに気づくことができます。フィリピンで公園を作った際は、現地の子供たちのニーズを把握し…続きはこちらから

合わせて活用したい!
志望動機作成ツール
たった3分で志望動機が完成!スマホで簡単に作れるお役立ちツールです。

その他関連Q&A

TOP