Q

思っていた営業職のイメージと違い、人間関係も悪くてつらいです。

現在 土木業界の営業課に所属してます。転職して12月で3年目になりますが、仕事を辞めようと思っています。

理由としては、社内で人間関係が悪く何度相談しても改善にはなりません。苦手なのは女性の方ですが、管理課なのでどうしてもかかわりを持たなくてはいけないので、何とか1年半頑張って来たのですが限界です。

また、自身の持っていた営業職とイメージが全く違いました。もっとお客様のところへ行き商品のPRなどをおこない、お見積もりを出して購入していただくものだと思っていたのですが、実際は問い合わせがかなり多く見積依頼もほぼ毎日あり、工事の手配や契約、金額の交渉、請求とやることがたくさんありすぎて既にキャパオーバーです。

営業未経験とのこともあり、教えていただいたことをとりあえず丸々認識して数をこなすことを目指しましたが、現場ごとに全く状態が異なり、学んだ経験をほぼ活かせない状態で仕事をしています。また、売り上げに関しても、自身がなかなか数字を意識するとこができず未達となっており、会議で詰められてしまう毎日です。

そのことに段々拒絶反応が出てきてしまい、不眠症や抑うつ状態となって悪循環となっております。上司には辞める相談を何回かしていたのですが、さらに上の上司から、次にその話をしたら終わりだからと言われてしまい、今日まで気持ちを押し殺して仕事をしていました。しかし、限界を感じて人事に異動の相談をおこなったところ、それはできない、拠点異動はできると言われました。

現在営業職でこのようなことになっているのに、拠点を変えて大丈夫になるのかとても不安です。そして昨日さらに上の上司から、拠点移動か辞めるかのどちらかを選んで欲しいと言われました。正直気持ちが追いついてません。

自分は数字も追えないし、見積もりを作るのにも苦痛を感じてしまってる時点で営業には向かないと思っています。ただ、拠点を変えるだけでもう少し違った自分に会えるのではないかと思ったりしているのですが、上記のことを踏まえてアドバイスをよろしくお願いします。ちなみにお客様とはとても親しく、ハンティングをかけてくださる方もいます。

1人のアドバイザーが回答しています

質問日 :

※質問は、エントリーフォームからの内容、または弊社が就活相談を実施する過程の中で寄せられた内容を公開しています

あなたに向かない仕事を確認してください

ベストアンサー

キャリアコンサルタント/勉強カフェ札幌大通スタジオ代表

渡邊 裕樹

プロフィールを見る

心身の健康が第一

身体的に異常がでるくらい辛いのであれば、退職するのも選択肢としてはありだと思います。

心身の健康がまずは1番大事です。そこを崩してまでやるのは仕事ではありません。

社内に相談できる人がいないのであれば、社外の専門家にみてもらうのもいいでしょう。たとえば心療内科に行って診断書をもらうことも考えてみてください。客観的に今の自分の状態がどういう状態なのかをしっかり診てもらい、書面にしてもらうと、その後の話がいろいろしやすくなりますよ。

つらい気持ちで悶々としている人は、厚生労働省のまもろうよこころを使って相談してみましょう。決して一人で抱え込まないでくださいね。

営業職がきついかどうかは、こちらのQ&Aで回答しています。企画営業についての回答ですが、ほかの営業職の場合も参考になりますよ。

ルート営業に関するアドバイスはこちらのQ&Aを参考にしてみてください。

営業に向いていないのでは……と思う人は、こちらの記事で適性をチェックしてみましょう。

こちらの記事では、営業職の種類や仕事の流れを紹介しています。営業職の魅力や志望動機を作成するコツも解説していますので、営業希望の人は参考にしてくださいね。

あなたが受けない方がいい企業を今すぐ知りましょう。

就活では、自分が適性のある職業を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます。

そんな時は「適職診断」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析して、ぴったりの職業を診断できます。

適職診断で強み・弱みを理解し、自分がどんな職業に適性があるのか知りましょう。

こんな人に「適職診断」はおすすめ!
・自分の強みと弱みがわからない人
・楽しく働ける仕事がわからない人
・時間をかけずに自己分析をしたい人

その他関連Q&A

TOP