Q

TOEICのスコアを履歴書に書く場合、期限はありますか?

履歴書の免許・資格欄にTOEICのスコアを記載しようと思っています。ただ、TOEICテストを受けたのはだいぶ前です。

有効期限が設定されていて、期限が切れる前に更新が必要な資格もありますが、TOEICにはないのでしょうか。

期限がなかったとしても、昔のスコアだとあまり良く思われないですかね。企業から見た印象も教えてください。

2人のアドバイザーが回答しています

質問日 :

※質問は、エントリーフォームからの内容、または弊社が就活相談を実施する過程の中で寄せられた内容を公開しています

Chat GPRを活用して自己PRを完成させよう!

ベストアンサー

キャリアコンサルタント/勉強カフェ札幌大通スタジオ代表

渡邊 裕樹

プロフィールを見る

スコアに有効期限はなく基本的には気にしなくていい

TOEICのスコアに有効期限はありません。そのため、以前受けた点数でも履歴書に記載することは可能です。

注意が必要なのは、自分のスコアや受検日などが記載された「公式認定証」を発行してもらえるのが2年間であるということです。

「公式認定証」が手元にあるのであればそれを使えるのですが、もし紛失したりすでにどこかに提出してなくなっている場合、2年以上前に受検した場合は入手できません。

そして、昔のスコアだと企業からあまりよく思われないのではないかということについてです。学生だと「昔」といっても数年前でしょうから、点数を持っているのであれば書いた方が良いと思います。数年前の点数であれば「こんなに昔の点数だと怪しいな」と思われる可能性も低いでしょう。

今の自分の英語力とギャップがあるのに記載するとミスマッチになりかねない

もし質問者さんがTOEICの点数と現在の自分の英語力に乖離があり、それを心配しているのであれば、記載をするのはよく考えてからの方が良いかもしれません。

TOEICの点数を履歴書に記載することは「私は英語力がこれだけありますよ。そういった仕事にも対応できますよ」というアピールなので、その点はしっかり認識しておくべきでしょう。

キャリア・デベロップメント・アドバイザー/キャリアドメイン代表

谷所 健一郎

プロフィールを見る

昔のスコアでも問題ないが現在の語学力が疑われる可能性がある

TOEICのスコアに有効期限はありませんが、公式認定証の再発行期間は2年となっています。有効期限はなく更新の必要はありませんが、2年を過ぎると公式認定証の再発行はできません。

昔のスコアを記載しても問題はないものの、2年以上前に取得したスコアでは、現在の語学力について信憑性を疑われる可能性があります。

また2年以上前に取得したスコアの公式認定証を紛失していれば、公式認定証の提出を求められても再発行ができないため提出できず、記載したスコアが正しいものなのか疑問を持たれる可能性があるでしょう。

語学力を必要とする仕事であれば再受検した方が良い

語学力を必要としない仕事で公式認定証を所持していれば、だいぶ前に取得したスコアと取得年月を履歴書に記載しても問題ありませんが、2年以上前に取得し公式認定証を紛失している場合は、TOEICのスコアは記載しない方が良いでしょう。

語学力を必要とする仕事であれば、改めて取得することをおすすめします。語学力を必要とする仕事でだいぶ前のTOEICスコアが記載されていると、語学力に自信がないから新たに受検しないのではなどと疑問を持たれる可能性があります。

昔のスコアを記載する場合でも、新たに受検予定などと記載しておいた方が良いでしょう。

履歴書の資格欄を書くときはこちらの記事を参考にしてください。TOEICスコアの書き方についても解説しています。

TOEICの就活への有用性はこちらの記事で詳しく解説しています。

TOEIC以外にも、就活における英語力の重要性はこちらの記事で詳しく解説しているので、併せて参考にしてください。

TOEICのスコアが750点の場合の就活への有効性は、以下の記事で解説しているので、750点を目指している人、すでに750点を取得している人は併せてチェックしてくださいね。

TOEIC800点が有利になるかについては、以下のQ&Aでキャリアコンサルタントが回答しているので、850点を目指したいと考えている人、すでに850点以上のスコアがある人はチェックしてください。

履歴書を書く時間がない時は、「履歴書完全マニュアル」を活用しよう!

履歴書に何を書けばいいか困っていませんか?就活は限られた時間の中で準備する必要があるので、履歴書だけに時間をかけてはいけません。

そんな時は履歴書のポイントを網羅した履歴書完全マニュアル」を参考にしましょう。この資料を見れば、選考を突破できる履歴書をすぐに書くことができます。

実際に利用できるテンプレートもついているので、書き方を参考にしながら志望企業の選考を突破しましょう。


その他関連Q&A

TOP