Q

IT業界に文系で志望したらやめとけと言われました。

最近はテクノロジーの発達により、生活がより便利な世の中になりました。スマートフォンの開発やサブスクリプションサービスの登場、最近ではAI(人工知能)の発達など、人々の生活を大きく変えてきたIT業界で私は働いてみたいと感じています。

しかし、「文系はIT業界はやめとけ」という声も聞きます。私はこの言葉が引っかかりネットで調べてみたのですが、文系からIT業界に行くことに対して否定的な意見が多く見られました。

実際のところ、文系が「IT業界はやめとけ」と言われる理由は何なのでしょうか? その理由を教えてほしいです。ただ、文系でもIT業界で活躍している人がいるとも聞いているので、文系の人がIT業界で活躍するために何が必要なのかも併せて知りたいです。

それと、IT業界の選考対策として、文系だからこそ活かせる能力や必要な準備についても気になっていています。また、文系がIT業界に入社できたらどのようにキャリアを歩んでいくのでしょうか?

質問が多くなってしまい恐縮ですが、ご回答よろしくお願いいたします。

2人のアドバイザーが回答しています

質問日 :

※質問は、エントリーフォームからの内容、または弊社が就活相談を実施する過程の中で寄せられた内容を公開しています

あなたに向かない仕事を確認してください

キャリアコンサルタント/勉強カフェ札幌大通スタジオ代表

渡邊 裕樹

プロフィールを見る

論理的思考力があれば文系でも活躍できる

IT企業はエンジニアの人が多いため、やはり理系出身の人が求められる傾向がありますが、文系の人でもたくさん活躍しています。これは励ましでもなんでもなく事実です。

大切なのは文系だとしても「論理的思考」ができることです。質問者さんが「文系はIT業界はやめとけ」という意見を多く見たのは、マイナスなイメージを自分で作ってしまったことが原因かもしれません。

「文系でもIT業界で活躍できる」という内容で検索をしてみるとポジティブな内容の記事が多くヒットするでしょう。

文系がIT業界をやめとけと言われる原因は、IT業界は先ほど挙げたように「論理的思考」が求められる場面が非常に多く、文系の人は「論理的思考」が苦手な傾向があるからという確率論でしかありません。

質問者さんが文系でも「論理的思考」が好きであるなら、IT業界の適性があるかもしれません。

コミュニケーション能力も重要になる

またIT業界ではコミュニケーション能力を求められる場面が非常に多いです。一つのプロジェクトを大人数で進めることがあるので、その際チームで協力するためにもコミュニケーション能力は重要で、文系の人はこういう場面でチームをまとめる活躍が求められます。

最初はプログラマーとしてスタートし、システムエンジニア(SE)、プロジェクトマネージャー(PM)などに進んでいくキャリアが一般的ですが、SE、PMになっていくと、よりチームをまとめる力やコミュニケーション能力が求められるので、文系の人はこういうキャリアを狙っていくのが良いと思いますよ。

まずはプログラマーを目指すなら、以下の記事を読んでおくとしっかり選考対策ができます。

システムエンジニアに挑戦したい人は、以下の記事でシステムエンジニアの仕事内容や就活対策を解説しているので、読んでおくとミスマッチなく就職することができます。

キャリア・デベロップメント・アドバイザー/キャリアドメイン代表

谷所 健一郎

プロフィールを見る

文系でもIT業界で十分に活躍できる

IT業界で文系が不利ということはありません。現実にITエンジニアの約3割が文系であることから、文系でも十分就職が可能な業界と言えるでしょう。

「文系はIT業界はやめとけ」と言われる理由としては、文系だとプログラミングに慣れていないことが多く、プログラミング経験がないと入社後習得に時間がかかるだけでなく、向いていないことがあるからです。

そのためIT業界を目指すならば、就職前にプログラミングスクールなどで勉強しておいたほうが良いですね。

IT業界の仕事はプロジェクトをチームでおこなうことが多く、コミュニケーション能力やチームをまとめるマネジメント能力が必要になるので、文系出身者でも十分に活躍できます。

文系が活躍しやすい職種もある

またクライアントに提案する営業力でも、文系出身者が優れているケースがあります。そのため、コミュニケーション能力やマネージメント能力が求められるITコンサルタントやプロジェクトマネージャーを目指すのが、文系出身者におすすめです。

IT業界は人材が不足しており、IT企業の多くが未経験者を育成することに力を注いでいます。そのため文系出身者でも技術を習得していくことが可能です。

選考対策として、IT業界は早期採用をおこなう企業が多いので、選考時期について確認をしておく必要があります。IT業界で求められるコミュニケーションスキル、論理的思考力、プレゼンスキル、プログラミングスキルなどをアピールできるように準備しましょう。

IT業界の動向や事業内容、職種などについてはこちらで網羅的に解説しているので、IT業界を志望している人は役立ててみてください。

こちらの記事でもIT業界を理解するための動向や就活の進め方を解説しています。文系でもIT業界に就職する方法も解説しているので、参考にしてくださいね。

ITコンサルタントに関心がある人は、以下の記事でITコンサルタントについて詳しく解説しているので、チェックしておくと選考対策がスムーズになります。

文系はコミュニケーション能力が求められると解説していますが、コミュニケーション能力がある人は選考でアピールすると好印象になることがあります。以下の記事でコミュニケーション能力の自己PR法を解説しているので、ぜひチェックしてください。

IT業界は早期選考が多いと解説していますが、早期選考に不安がある人は以下の記事を読んでおくと網羅的に対策できます。

あなたが受けない方がいい企業を今すぐ知りましょう。

就活では、自分が適性のある職業を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます。

そんな時は「適職診断」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析して、ぴったりの職業を診断できます。

適職診断で強み・弱みを理解し、自分がどんな職業に適性があるのか知りましょう。

こんな人に「適職診断」はおすすめ!
・自分の強みと弱みがわからない人
・楽しく働ける仕事がわからない人
・時間をかけずに自己分析をしたい人

その他関連Q&A

TOP