Q

その他
回答しない

面接にカットソーを着て行っても大丈夫でしょうか?

面接にカットソーを着て行こうと思ったのですが、止めた方が良いですかね? 襟付きのシャツじゃないとダメでしょうか?

実際にインナーまで見ている企業は少ない気もしますが、カットソーがマナー違反とのことであれば、襟付きのシャツを用意しようと思います。どのようなインナーがベストなのでしょうか?

2人のアドバイザーが回答しています

質問日 :

※質問は、エントリーフォームからの内容、または弊社が就活相談を実施する過程の中で寄せられた内容を公開しています

39点は要注意!あなたの面接力を診断してください

キャリアコンサルタント/コラボレーター代表

板谷 侑香里

プロフィールを見る

カットソーを面接に着て行くなら3つのポイントを守ろう

面接では、服装が第一印象に大きく影響します。通常、襟付きシャツやスーツのようなフォーマルなスタイルが推奨されますが、必ずしもこれが絶対的なルールではありません。そのうえで、カットソーをインナーとして選ぶ場合、3つのポイントに注意することをおすすめします。

まず、業界や企業の文化を考慮しましょう。メディアやクリエイティブ業界などでは、比較的カジュアルな服装が許容されることがあります。募集要項に「カジュアルな服装で」とあれば、カットソーでも適切です。

2つ目のポイントは、カットソーの選び方です。無地でシンプルな落ち着いた色合いのものはフォーマルな印象を与えやすいです。

最後に、全体のコーディネートが整っていれば、カットソーをインナーとして着用しても問題ないでしょう。

襟付きシャツの方が無難といえるのは事実

一方、カットソーではなく襟付きシャツを選ぶことには明確なメリットがあります。ビジネスシーンの基本とされる襟付きシャツは、プロフェッショナルな印象を与え、責任感や専門性をアピールできます。

また、ほとんどの企業や業界で受け入れられるため、面接時の服装選びに迷った際の安全な選択肢となります。

結局のところ、面接での服装選びは、企業や業界の雰囲気を考慮し、自分自身が自信を持って着こなせるスタイルを選ぶことが肝心です。カットソーでも、それが適切にコーディネートされていれば、良い印象を与えることができるでしょう。

キャリアコンサルタント/キャリアコンサルティング技能士

瀧本博史

プロフィールを見る

就活はフォーマルさが求められがち! カットソーは避けた方が良い場合もある

面接時の服装選びは、就職活動において非常に重要な要素です。日本の就職市場では、一般的にスーツ着用が基本とされており、特に襟付きのシャツが推奨されています。

これは、面接官に対してフォーマルで真剣な印象を与えるためです。たとえば、黒やグレー、紺などの落ち着いた色のスーツに、白や淡い色の襟付きシャツを合わせることが一般的です。

受ける企業の社風や業界の特徴に合わせてカットソーが適切か判断しよう

カットソーは、一般的には面接の場では適切ではないとされています。これは、カジュアルすぎると見なされ、プロフェッショナルな環境にふさわしくないと判断される可能性があるためです。

ただし、業界によってはたとえばクリエイティブ系の職種など、カジュアルな服装が許容されることもあります。しかし、基本的には、フォーマルな服装を心掛けることが望ましいでしょう。

面接では、第一印象が非常に大切です。そのため、企業や業界の文化に合わせた適切な服装を選ぶことが重要です。不安がある場合は、襟付きのシャツを選ぶことをおすすめします。面接官に良い印象を与えるためにも、服装選びには十分な注意を払いましょう。

面接に適したシャツの着こなし方については、こちらの記事で解説しているので、併せてチェックしておきましょう。

面接に臨む際は、服装と併せて、挨拶や言葉遣いなどのマナーにも気を配りましょう。こちらの記事で、面接で守るべきマナーについて詳しく解説しています。

面接時の身だしなみのポイントについてさらに詳しく知りたい人は、こちらのQ&Aでキャリアコンサルタントが解説しているので、併せてチェックしてくださいね。

面接時の服装としてビジネスカジュアルを指定された場合、カットソーは適切なのでしょうか。以下のQ&Aで、キャリアコンサルタントがビジネスカジュアルの定義について解説しています。

39点以下は要注意!
あなたの面接力を診断してください

内定獲得のためには、面接での印象が大きなポイントとなります。あなたは自分の面接に自信を持っていますか?

少しでも不安に感じる人はたった30秒で面接力を把握できる「面接力診断」を活用しましょう。簡単な質問に答えるだけで、“あなたの強み”“改善点”が明確になります。

もし39点以下だった場合は要注意です。今すぐ診断で面接力をアップし、就職で失敗する可能性をグッと下げましょう。

こんな人に「面接力診断」はおすすめ
・まだ面接を受けたことがない人
・面接でなぜ落ちたかわからない人
・自信を持って、面接に臨みたい人

その他関連Q&A

TOP