Q

銀行員にふさわしい髪型を教えてください。

銀行員になることを目指しているのですが、銀行員の髪型について気になったので質問をさせていただきたいです。

銀行員は髪型のルールが厳しいと聞きました。どう厳しいのかイメージできないので、銀行員にふさわしい髪型を教えていただきたいです。その他、やってはいけない髪型なども併せてお聞きしたいです。

それと、そもそもなぜ銀行員は髪型に厳しいのでしょうか? 髪型で仕事の能力が決まるわけではないので、少し疑問に思っています。

銀行員は髪型以外の身だしなみにも気を使っているイメージもあるのですが、どうなんでしょうか? スーツの色やネクタイの柄などのマナーについても気になります。

2人のアドバイザーが回答しています

質問日 :

※質問は、エントリーフォームからの内容、または弊社が就活相談を実施する過程の中で寄せられた内容を公開しています

自己分析で悩んだらまずはツールを使うのが一番おすすめ!

キャリアコンサルタント/キャリアコンサルティング技能士

瀧本博史

プロフィールを見る

派手なパーマやカラーリングは避けよう

顧客対応をする銀行員には、清潔感があり、整った髪型が求められます。男性の場合、短髪でサイドや後ろが長すぎず、前髪が目にかからない程度に保つことが一般的です。

女性の場合、ロングヘアは結ぶか、あるいはきちんとまとめるようにルール化されているケースが多いですね。派手なカラーリングやパーマは避けるのが無難です。

スーツは基本的に黒、紺、グレーなどの落ち着いた色が一般的です。ネクタイの色や柄も派手すぎないものが好ましいです。靴は黒または茶色の革靴が一般的で、きちんと磨かれているかも見られていると思った方が良いでしょう。

顧客からの信頼感を高めるために清潔感や身だしなみが重要

なぜ銀行員は髪型や身だしなみに厳しいのかというと、銀行員と顧客の信頼関係が重要だからです。銀行員は金融商品を扱うプロフェッショナルであり、顧客の大切な資産を預かる立場にあります。

そのため、清潔感があり、整った身だしなみは顧客に対する信頼感を高めるために重要な要素となります。

ただし、これらの情報は一般的なものであり、具体的なルールは銀行ごとに異なる場合があります。具体的な情報を得るためには、目指す銀行の採用情報や、すでに銀行員として働いている人に直接聞くのが良いでしょう。

キャリア・デベロップメント・アドバイザー/キャリアドメイン代表

谷所 健一郎

プロフィールを見る

清潔感を感じるスッキリとした髪型を意識しよう

銀行などの金融業界は、顧客からの信用を第一に考えているので、清潔感がある外見を重視する傾向があります。

確かに髪型で仕事の能力が決まるわけではありませんが、銀行の顧客が幅広い年代層であり、顧客との信頼関係を築けなければ成績に影響することもあります。そのため、髪型などの外見を気にするのです。

一般的に男性のロン毛やカラーリングはNGとしている銀行が多いですね。ただ、すっきりした髪型であれば、銀行だからと特別な意識はしなくて良いでしょう。

前髪が長く目にかかっていると印象が悪いので、目にかからないようにして、耳も出すようにすると良いですね。

また髪が長い人は、前髪やサイドの髪がお辞儀をするときに垂れると印象が悪くなります。基本的にロングヘアは後ろでまとめて、ピンや束ねるゴムの色は、目立たない黒にするのが良いでしょう。

ヘアーカラーも好ましくないとされる傾向がありますが、黒に近いブラウン系であれば問題ありません。

スーツやアクセサリーにも気を配ろう

銀行員のスーツは、濃紺もしくはダークグレーのスーツが基本です。ワイシャツやブラウスは、白色を選ぶと良いでしょう。またネクタイも派手な色ではなく、青系で無地もしくは無地に近い柄を選ぶようにしてください。

また、結婚指輪以外のアクセサリーを禁止していることが多く、高級なブランド時計も好ましくないとしている銀行もありますが、銀行により異なるので、入社してから確認しましょう。

銀行を就職先として考えているなら、志望理由をしっかり言えるようにならなければいけません。こちらで志望理由の書き方を詳しく解説しているので、銀行への就職を考えている人は参考にしてください。

銀行の仕事は将来なくならないかと不安に思う学生に向けたアドバイスは、こちらのQ&Aをチェックしてくださいね。

こちらのQ&Aはメガバンクは本当に激務なのか? という質問にキャリアアドバイザーが回答しています。併せて参考にしてください。

ビジネスの場での服装やマナーは、就活の面接時と共通する点がたくさんあります。こちらは面接における服装や身だしなみの記事となっているので、他の業界を受ける際も参考にしてくださいね。

自己分析をするなら自己分析ツールが一番おすすめ!

自分の弱みはわかっていても、強みは思いつかないものですよね。「それ、強みって言えないよ」と思われたくない人も多いはず。

そんな時は「自己分析ツール」を活用しましょう。このツールを使えば簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強み・弱みが簡単にわかります。

無料で使えるので、自分の強みを確かめたい人は今すぐ診断しましょう。

自分の長所を分析するなら「自己分析ツール」がオススメ
診断スタート(無料)

こんな人に「自己分析ツール」はおすすめ!
・自分の強み・弱みが分からない人
・自己PRや志望動機に使える長所を知りたい人
・自分にあった仕事を知りたい人

その他関連Q&A

TOP