Q

その他
回答しない

ゲーム業界に就職する方法を教えて欲しいです。

就活中の学生です。普段からよくゲームをしていてゲームのコンテンツ制作やプログラミングに興味があるためゲーム業界での就職を考えています。

でも、いろいろ調べていると未経験からでは難しいと言っている記事を見つけて、新卒の自分では就職は難しいのかなとも思い始めました。

ゲーム業界で就職するためにはどうすれば良いでしょうか?

具体的な就活対策や未経験でも合格率を上げるポイントなどを教えてください。

2人のアドバイザーが回答しています

質問日 :

※質問は、エントリーフォームからの内容、または弊社が就活相談を実施する過程の中で寄せられた内容を公開しています

あなたに向かない仕事を確認してください

キャリアコンサルタント/勉強カフェ札幌大通スタジオ代表

渡邊 裕樹

プロフィールを見る

まずはゲーム業界でどんな仕事がしたいかを具体的にしよう

新卒でゲーム業界に就職することは可能です。そのためにまずは自己分析をしましょう。ゲーム業界に就職でき、どのような業務なら携わっても良いと思えるのかを考えます。

たとえば、営業職や内勤の経理・総務などでもゲーム業界に就職できるのであればOKなのか。もしくはプログラマーや企画などコンテンツ制作に携われないのならゲーム業界には行きたくないのか、そのあたりを明確にしましょう。

なぜそこまでイメージしなければならないかというと、ひとくちにゲーム業界といっても企業の大きさはさまざまで、募集職種もプログラマーなどのコンテンツ制作に関わる技術職しか募集していないところもあれば、先にあげた総合職も募集している会社もあるからです。

新卒採用をしている会社であれば未経験OKなので、自分が惹かれる職種を募集している企業に応募してみてはどうでしょうか。

「ゲームが好きだから」だけの志望理由ではNG

ゲーム業界に就職するためのポイントは、ゲーム業界で働きたい理由を言語化し、明確に説明できるようにしておくことです。

最も陥りやすいNGパターンは志望理由が「ゲームが好きだからゲーム業界で働きたい」しか話せないこと。基本的にゲーム業界を志望する人は皆ゲーム好きです。ゲームに興味がない、ゲームが嫌い、どの業界でもいいけどゲーム業界にするか、という人はほぼいません。

そのような応募者の中で「ゲームが好きだから」という理由では差別化されないのです。もう1段階〜2段階志望理由を深める必要があります。志望理由を深めるコツは「ゲームの再定義」です。

自分にとってのゲームとは何なのか?そして現代人にとってのゲームとは何なのか?この答えを自分なりに言語化してみてください。

単なる暇つぶしなのか、他人とつながるコミュニケーションツールなのか、人生に潤いを与えてくれる欠かせないものなのか、人によって定義はさまざまでしょう。

この定義付けで大事なのは自分なりの言葉で表すことです。これが話せると単にゲームが好きという「大勢の志望者」と差別化ができるので合格率も上がります。是非トライしてみてください。

こちらの記事では志望動機に盛り込む内容を詳しく解説しています。企業が知りたいことをおさえて効果的なアピールをし、他者との差別化を図りましょう。

キャリアコンサルタント/コラボレーター代表

板谷 侑香里

プロフィールを見る

5つのポイントを押さえてゲーム業界の就活を成功させよう

未経験者にとって、ゲーム業界への就職は挑戦的な道のりですが、適切な戦略と準備を行えば十分に可能です。就活のポイントとしては以下の5つがあります。

業界研究と自己分析

業界の動向、主要な企業、最新のトレンドを調査し、どの分野(ゲームデザイン、プログラミング、マーケティングなど)に興味があるかを明確にしましょう。また、何に興味を持ち、どのような経験を有しているかを把握することも重要です。

スキルの習得と実践経験

ゲーム開発に関連するプログラミング言語の学習や、ゲームデザインの基礎知識などを勉強しておくと良いでしょう。これらはオンラインで学ぶことができ、自己PRなどに活かせる強みになりますよ。

ネットワーキングと情報収集

業界のイベントなどに参加し、最新情報を収集しておきましょう。関係者から就職活動における有利な情報も入手できる可能性があります。

応募書類と面接の準備

応募書類では、ゲーム業界に適したスキルや経験を強調し、面接では自分の熱意と貢献意欲を伝えることが重要です。また面接では、熱意を示し、ゲーム業界で働きたい理由やどのように貢献できるかを明確に伝えることを意識しましょう。

インターンシップの活用

インターンシップを実施している企業があれば、参加しておくことがおすすめです。実際のプロジェクトに携わることで、業界での就職に向けた実績を作ることができます。

「業界研究ってどのように進めればよいのだろう…」と疑問に感じている人は、こちらの記事を確認してみてください。業界研究のやり方を詳しく解説しています。

インターンシップに参加するメリットは、こちらの記事でも詳しく解説しています。自分に合ったインターンの探し方やおすすめの参加時期も説明しているので、参考にしてくださいね。

ゲーム会社の面接対策を知りたい就活生に向けたアドバイスは、こちらのQ&Aもチェックしてみましょう。

あなたが受けない方がいい企業を今すぐ知りましょう。

就活では、自分が適性のある職業を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます。

そんな時は「適職診断」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析して、ぴったりの職業を診断できます。

適職診断で強み・弱みを理解し、自分がどんな職業に適性があるのか知りましょう。

こんな人に「適職診断」はおすすめ!
・自分の強みと弱みがわからない人
・楽しく働ける仕事がわからない人
・時間をかけずに自己分析をしたい人

その他関連Q&A

TOP