保険会社の志望動機が書けない人必見! 説得力のある7つの内容

「保険会社の志望動機が書けない人必見! 説得力のある7つの内容」のサムネイル

この記事にコメントしたアドバイザー

  • 遠藤 美穂子

    近代マネジメント所属 保有資格:国家資格キャリアコンサルタント(登録番号16130197)/2級キャリアコンサルティング技能士(第12S17401156号)

    続きを見る
  • 瀧本博史

    キャリコンリンク代表 保有資格:国家資格キャリアコンサルタント(登録番号16235717)/2級キャリアコンサルティング技能士(第12S17408980号)/産業カウンセラー(登録番号11007524) 著書:オンライン就活は面接が9割(青春出版社)/本気で内定! 面接対策(新星出版社)他  

    続きを見る
  • 沖 英子

    保有資格:キャリアコンサルタント(登録番号18011838) /大学キャリア・アドバイザー(登録番号22-020-005) / 初級産業カウンセラー(第S100324号)    

    続きを見る

業界の安定性や事業の魅力などから保険会社に惹かれている人は多いと思いますが、身近にない業界だからこそ志望動機がなかなか書けず悩んでいる人もいるでしょう。

保険会社の志望動機は、何の予備知識も持たずに書けるものではありません。ビジネスモデルや仕事内容などから、どのような魅力があるのかを具体的に把握したうえで、自分の言葉で志望動機を語れるようになりましょう。

この記事では、キャリアアドバイザーの遠藤さん、瀧本さん、沖さんとともに保険会社の志望動機の書き方を解説するので、保険会社を志望しているものの志望動機が何も思い浮かばない人はぜひ参考にしてくださいね。

【完全無料】
就活生におすすめ!
本選考前に必ず使ってほしい厳選ツールランキング

志望動機作成ツール
特別な動機がなくてもツールを使えば、志望動機が3分で完成します

ChatGPT 自己PR作成ツール
ChatGPTを活用すれば、企業に合わせた自己PRが簡単につくれます

ChatGPT ガクチカ作成ツール
特別なエピソードがなくても、人事に刺さるガクチカを自動作成できます

適職診断
たった30秒であなたが受けない方がいい仕事がわかります

面接力診断
39点以下は要注意!面接を受ける前に面接力を測定しましょう

【本選考を控えている就活生必見】
選考通過率を上げたいなら以下のツールを活用しよう!

内定者ES100選
大手内定者のESが見放題!100種類の事例から受かるESの作り方がわかります

WEBテスト対策問題集
SPI、玉手箱、TG-Webなどの頻出問題をこれ1つで効率的に対策できます

保険会社の志望動機は各職種の仕事理解が不可欠

保険会社がどのような仕事をするのかイメージできず、それゆえ志望動機も思い浮かばない人は多くいます。しかし、保険会社の志望動機に説得力を持たせるためには、各職種の仕事の理解は欠かせません。

記事では、まず生命保険・損害保険の基礎知識を解説します。ビジネスモデルや仕事内容など、志望動機を考えるのに必要不可欠な知識なのでしっかりチェックしてください。

ただし、志望動機がまったく思いつかないという人もいると思います。そこで、保険会社の志望動機としておすすめな7つの内容を紹介するので、この中から自分がアピールしやすそうな志望動機がないか確認してみましょう。

保険会社は人気が高いため、志望動機は差別化が不可欠です。この記事の終盤で、保険会社で求められる強みを説明するので、志望動機に含めて会社に貢献できる人材であることをアピールしてください。

最後に実際に選考で使える例文も紹介するので、イメージを掴んだうえで志望動機を作成し、選考を突破しましょう。

なおこちらの記事では金融業界全般のビジネスモデルや選考対策を解説しています。保険会社についても詳しく解説しているので、併せてチェックしてください。
金融業界を徹底調査! 押さえておくべきトレンドや対策まで大解剖

金融業界は人気業界のひとつです。志望動機が漠然としていたり、抽象的だと熱意が伝わりにくくなります。以下の記事では金融業界の志望動機の書き方をまとめているので参考にしてみてください。
金融の志望動機の書き方! 難関企業も狙える構成4パターンを解説

時間がない人におすすめ!
ツールを使えば、志望動機が3分で完成します

「この仕事に就きたい!」と思っていても、 なぜそうなのかをうまく説明できないと悩む学生は多いです。

無料の「 志望動機作成ツール 」を活用しましょう。簡単な質問に答えるだけ で、熱意がなくても、強みが伝わり 採用したいと思わせる志望動機 が完成します。

ぜひ活用して、志望企業の選考を突破しましょう。

簡単な質問に答えて、 あなたの強みが伝わる志望動機 を完成させましょう
作成スタート(無料)

 実際にツールで作成した志望動機例文 
 (IT業界の場合) 
私は貴社が掲げる顧客維持率向上に貢献し、日本企業のIT化の一助になりたいと考えています。私は飲食店でアルバイトをしているのですが、感染症の増加により新しい施策に取り組むことを余儀なくされていました。このとき、新しいシステムを導入してオンライン販売を開始すると、常連客の注文率が60%以上になりました。この経験から、リピーターをつくることとシステム導入の大切さを実感しています。貴社は、先端技術を活用したSaaSを提供しているだけではなく、顧客維持率の向上を事業戦略に掲げており魅力に感じております。入社した際には、営業職として企業へのSaaSの提案・リピート顧客獲得で貢献したいと思っています。

まずは生命保険会社・損害保険会社の基礎知識を身に付けよう

まずは生命保険会社・損害保険会社の基礎知識を身に付けよう

  • 保険の仕組み
  • ビジネスモデル
  • 保険会社が掲げる理念

繰り返しになりますが、生命保険会社・損害保険会社の志望動機を書けない人に多いのは、そもそも業界の仕組みなど基礎的な部分を理解しきれていないケースです。

そのため、まずは保険会社の業界理解を深めるだけでも周囲と差を付けられるのです。

ここからは、生命保険会社・損害保険会社の基礎知識となるビジネスモデルや仕事内容、各業界が掲げる理念を解説します。

志望動機を考える土台となるので、ぜひチェックしてください。

保険の仕組み

たとえば「人の役に立ちたいから」などの志望動機をよく見ますが、どんな仕事も間接的に人の役に立っています。

保険業界でなければならない理由を明確にするために、まずは保険業界の基礎的な部分を理解してくださいね。

保険には生命保険と損害保険がありますが、共通するのは「多くの人がお金を出し合い、大きな事故があったときに損失を補う」という性質です。生命保険・損害保険の違いは、補うリスクにあります。

まず生命保険が補填するのは主に死亡したときのリスクです。保険を掛けられる人、つまり被保険者が死亡した際、もし被保険者が家族を養う立場にあれば、遺された家族がその後の人生に苦労することのないように、あらかじめ契約した内容でお金を支払います。

一人ひとりの人生を長期間にわたり支えられる点が魅力といえます。

損害保険が補填するのは事故によるリスクです。たとえば火災事故、自動車事故、サイバーリスクによる事故などを補填します。地震保険などもあり、社会貢献度が高く、最先端技術にも携われることが魅力です。

また、ケガや病気の事故は生命保険、損害保険どちらでも販売することができます。生命保険が補填する生死の保険は第一分野、損害保険が補填する事故の保険は第二分野と呼ばれますが、生命保険、損害保険どちらもリスクを補填できる病気やケガの保険は第三分野と呼ばれています

志望動機でまだ悩んでいる就活生は
作成ツールを使ってください!

熱意の伝わる志望動機が完成!志望動機作成ツールを試してみる(無料)

「この仕事に就きたい!」と思っていても、なぜそうなのかをうまく説明できないと悩む学生は多いです。

無料の「志望動機作成ツール」を活用しましょう。簡単な質問に答えるだけで、熱意がなくても、強みが伝わり採用したいと思わせる志望動機が完成します。

ぜひ活用して、志望企業の選考を突破しましょう。

 実際にツールで作成した志望動機例文 
 (IT業界の場合) 
私は貴社が掲げる顧客維持率向上に貢献し、日本企業のIT化の一助になりたいと考えています。私は飲食店でアルバイトをしているのですが、感染症の増加により新しい施策に取り組むことを余儀なくされていました。このとき、新しいシステムを導入してオンライン販売を開始すると、常連客の注文率が60%以上になりました。この経験から、リピーターをつくることとシステム導入の大切さを実感しています。貴社は、先端技術を活用したSaaSを提供しているだけではなく、顧客維持率の向上を事業戦略に掲げており魅力に感じております。入社した際には、営業職として企業へのSaaSの提案・リピート顧客獲得で貢献したいと思っています。

ビジネスモデル

生命保険と損害保険のビジネスモデルの大きな違いは直接販売の有無です。直接販売とは、母体となる保険会社が顧客に直接保険を売る形態のことで、生命保険は直接販売がメインとなりますが、損害保険は代理店を介して販売するので直接販売ではなく間接販売となります

生命保険のビジネスモデル

生命保険は一つの商品の補償期間が長期であり、事故に遭った際の保険金の支払い額も多額になること、また人によって見込んでいる将来必要な額が異なることから、契約が複雑です。そのため、保険会社の人が責任を持って説明する直接販売の形態がメインになっていると考えられます。

損害保険のビジネスモデル

損害保険のメインの形態は間接販売となります。間接販売とは、保険会社が直接販売せず、保険代理店などを通じて販売する形態です。

間接販売をおこなうことで、保険会社の社員だけで販売するよりも、より多くの顧客にアプローチすることが可能になるメリットがあります。

インターネットによる直接販売をおこなっている契約もありますが、対面で販売する保険商品よりも補償金額が低額であったり、補償範囲が限定されているケースが多くあります。

瀧本博史

プロフィール

保険業界はデジタル化を進めつつ、今後も対面販売も重要な販売スタイルとして維持していくでしょう。

さらにAI(人工知能)やデータ分析を活用して、より正確なリスク評価をしたり、保険申請の処理や詐欺検出を自動化するなどのサービスが増加する見込みです。

「志望動機を考える時間がない......」という悩みは、ツールを使えば解決します

「この仕事に就きたい!」と思っていても、なぜそうなのかをうまく説明できないと悩む学生は多いです。

無料の「志望動機作成ツール」を活用しましょう。簡単な質問に答えるだけで、熱意がなくても、強みが伝わり採用したいと思わせる志望動機が完成します。

ぜひ活用して、志望企業の選考を突破しましょう。

簡単な質問に答えて、あなたの強みが伝わる志望動機を完成させましょう
作成スタート(無料)

 実際にツールで作成した志望動機例文 
 (IT業界の場合) 
私は貴社が掲げる顧客維持率向上に貢献し、日本企業のIT化の一助になりたいと考えています。私は飲食店でアルバイトをしているのですが、感染症の増加により新しい施策に取り組むことを余儀なくされていました。このとき、新しいシステムを導入してオンライン販売を開始すると、常連客の注文率が60%以上になりました。この経験から、リピーターをつくることとシステム導入の大切さを実感しています。貴社は、先端技術を活用したSaaSを提供しているだけではなく、顧客維持率の向上を事業戦略に掲げており魅力に感じております。入社した際には、営業職として企業へのSaaSの提案・リピート顧客獲得で貢献したいと思っています。

仕事内容

保険会社の仕事内容

保険会社ではさまざまな部署が連携し合ってビジネスを成り立たせています。保険業界の志望動機を書くなら、なぜその仕事をしたいのかということを明確に説明できなければなりません

ここからは、保険会社の各職種の仕事内容を解説します。それぞれの仕事内容を把握し、自分がどんな仕事をしたいのかはっきりさせておくと、志望動機も書きやすくなるので、ぜひチェックしてくださいね。

営業

生命保険の営業は電話やメール、飛び込み営業をおこない新規顧客を獲得する仕事がメインです。

損害保険の場合は間接営業となるので、代理店が契約や更新、顧客対応などができるようになるまで伴走します。

ただし、代理店が自立するまで教育コストを割くことが難しく、保険会社の社員自ら顧客のもとに足を運ぶケースも多々あります。

なお、保険代理店の場合は自ら営業をかけることはなく、店舗に来たり、問い合わせがあった顧客に対し商品の説明をして契約をおこなう「反響営業」と呼ばれる営業スタイルをとっているのです。

生命保険は一人ひとりの人生に寄り添った複雑で高額なプランを取り扱うため、相手の立場に立つ力や傾聴力、物事をわかりやすく説明する力が求められます。損害保険は顧客がリスクとして認識していない部分に営業をかける必要があり、納得してもらうための高度な提案力が求められるのです。

保険会社の営業はきついって本当ですか?

遠藤 美穂子

プロフィール

数値目標があることは覚悟しておこう

「きつい」の受け止め方は人それぞれなので、きついと言い切るのは難しいですが、一つ言えるのは、「数値目標」を持って仕事をしていることは確かということです。

目標を達成するのは楽ではありませんが、目標を持たずのんびりマイペースでお給料がもらえるほど仕事は甘くありません。

しかし、古いドラマや小説に出てくるような、目標達成するための苦しい努力を従業員に強いることはコンプライアンス上禁止されています。

各営業担当者は、顧客に合う商品をおすすめして、契約してもらうために日々努力を重ねています。

営業が向いていないのではないかと不安に感じている人は、以下の記事で営業に向いていない人の特徴を詳しく解説しているので、まずはチェックしてみましょう。
営業に向いてない人の16の特徴|不向きな人におすすめの道も解説

保険金支払い

事故があった際に、実際に保険金を支払う保険金支払い部門は、保険会社にとっての「商品」を渡す重要な役割を担っています。

医師の診断書を確認したり、事故の損害額を計算したりした後、被保険者と呼ばれる保険の対象者に保険金額が支払います。

契約時に交わす約款や契約書などを見て、補償範囲を正確に理解し、また場合によっては保険金を自ら計算する必要もあるため計算力も問われるのです。

損害保険の自動車保険の場合は、事故にあった車同士の交渉も必要となり、場合によっては保険金支払い額の決定までに数年かかることもあり、交渉力、精緻な作業力が必要です

顧客の事故時に立ち会うのは基本的に保険金支払い部門の人のみで、他の部署に比べ顧客から直接感謝の言葉を聞けることがやりがいにつながりやすい傾向にあります。

保険金支払いの仕事はクレーム対応や他社との協議などがすごく大変そうです……。

瀧本博史

プロフィール

大変だがスキルや能力を身に付ければやりがいを感じられる

保険金支払いの仕事は、確かにクレーム対応や他社との協議が必要で、時には大変な面もあります。

しかし、この仕事は顧客の困難な時に支えとなり、大きなやりがいを感じることができます。

重要なのは、コミュニケーションスキルと問題解決能力を磨くことです。

保険業界の知識を深め、顧客に寄り添った対応を心がけることが成功の鍵となります。困難な状況に直面した時には、チームワークを大切にし、経験を積むことで自信とスキルが身に付きますよ。

特別な動機がなくても大丈夫!
ツールを使えば魅力的な志望動機が作れます

「この仕事に就きたい!」と思っていても、なぜそうなのかをうまく文章におこすことができないと悩む学生は多いです。

無料の「志望動機作成ツール」を活用しましょう。簡単な質問に答えるだけで、熱意がなくても、強みが伝わり採用したいと思わせる志望動機が3分で完成します。

ぜひ活用して、志望企業の選考を突破しましょう。

簡単な質問に答えて、あなたの強みが伝わる志望動機を完成させましょう
作成スタート(無料)

 実際にツールで作成した志望動機例文 
 (IT業界の場合) 
私は貴社が掲げる顧客維持率向上に貢献し、日本企業のIT化の一助になりたいと考えています。私は飲食店でアルバイトをしているのですが、感染症の増加により新しい施策に取り組むことを余儀なくされていました。このとき、新しいシステムを導入してオンライン販売を開始すると、常連客の注文率が60%以上になりました。この経験から、リピーターをつくることとシステム導入の大切さを実感しています。貴社は、先端技術を活用したSaaSを提供しているだけではなく、顧客維持率の向上を事業戦略に掲げており魅力に感じております。入社した際には、営業職として企業へのSaaSの提案・リピート顧客獲得で貢献したいと思っています。

商品開発

商品開発は保険会社の根幹となる職種ともいえ、顧客満足度が高く、かつ保険会社の利益も出せるような商品を開発する必要があります

アクチュアリーと呼ばれる専門職による算定をもとに、保険金額、保険料、補償範囲などの商品の内容を決めるのです。

商品開発部門は営業、保険金支払い部門いずれともやりとりをする機会があります。

営業が顧客から受けた質問で専門的なものについて照会を受けて回答したり、販売促進に使えるようなツールを作成したり、営業が顧客と正式に契約を結ぶ前に本当に受けて問題ないのか、規約などに照らし合わせて確認したりします。

保険金支払い部門とは、保険金支払い範囲の擦り合わせや、支払い時に必要となるマニュアルの点検をおこなうなど密にかかわる機会があるのです。

金融業界は、さまざまな法律にしばられています。保険業界も保険業法をはじめとして多くの法律、またその法律を遵守するための社内ルールなども多く、その範囲内でしか商品を開発することができません。

その意味で自由な発想こそが求められる商品開発とは異なります。

運用

保険会社は事故時に多額の保険金を支払うことになるので、資金を蓄える必要がありますが、顧客から回収できる資金には限界があります。

そこで保険会社の運用部門では、顧客から預かった保険料を原資に株・債権に投資し資金を増やしているのです。

多大な収益を出すことを目的としているというよりは、安定的に保険金を支払うことを目的としているので、基本的にリスクの低いポートフォリオで運用されています。たとえば日本生命の資産運用戦略では、金利リスクを圧縮し、海外を中心とした資産に分散させつつ、激しい市場の変化に併せて柔軟に支払先を定めているとしています。

運用部門の仕事はリスク管理の専門的な知識が必要であり、専門的なコースで入社した人や専門知識をつけた人が携われるケースが多くあるのです

保険会社の運用部門に就くにはどうすれば良いですか?

瀧本博史

プロフィール

知識をつけて新卒で入るか実務経験をつけて転職する方法がある

保険会社の運用部門に就職するには、まず新卒採用を狙うのが一般的です。金融や経済学の基礎知識を持つことが重要で、関連する学部や専攻を選ぶと良いでしょう。

また、インターンシップや業界セミナーへの参加も有効です。新卒での入社が難しい場合は、金融機関やコンサルティング会社などでの実務経験を積み、経営学修士(MBA)や難関資格である米国の証券アナリスト資格(CFA)を目指すことも一つのキャリアパスです。

業界の動向を常に把握し、業界関係者、先輩、専門家、大学教授など、さまざまな人々との関係構築を通じて情報収集と人脈形成を心がけると良いでしょう。

金融業界の就職に役立つ資格は以下のQ&Aでキャリアコンサルタントがアドバイスしているので、併せてチェックしてくださいね。

保険会社が掲げる理念

業界がどのような方向に向かって進んでいるのか理解することで、自分がどのように貢献できるかを示せることから、保険会社の志望動機を書くには企業理念を把握しておくこともおすすめです。

保険会社の企業理念の傾向として、「安心と安全を提供し、かつ社会や事業の発展に貢献する」という内容が多くあります。

この企業理念に共感できるかを考え、またその根拠となるこれまでの人生の経験を見つけられれば、保険会社を志望する理由を考えやすくなるのです

保険会社の理念の例

  • 損害保険:東京海上日動火災保険
    顧客の信頼をあらゆる事業活動の原点におき、「安心と安全」の提供を通じて、豊かで快適な社会生活と経済の発展に貢献します。
  • 生命保険:日本生命保険
    共存共栄、相互扶助の精神にもとづく生命保険事業は、国民の福祉と密接に関連し、また、事業の繁栄は、国民の深い理解と信頼のうえにはじめて可能であることにかんがみ、われわれは、信念・誠実・努力の信条のもとに、国民生活の安定と向上に寄与することを固く決意し、経営の基本理念を定める。

遠藤 美穂子

プロフィール

保険会社は、社会や生活をお金の面から守る仕事をしています。

払い込まれた保険料をきちんと管理・運用し、思わぬ事態に見舞われた顧客に滞りなく保険金を支払っていくという業務を通じて、長年築いてきた顧客からの信頼に応えることを大切にしているのです。

企業理念を志望動機に盛り込む方法はこちらの記事で詳しく解説しているので、併せてチェックしてくださいね。
例文9選|志望動機で企業理念への共感を伝えて唸らせる4ステップ

書けなくて悩んでいる人必見! おすすめの7つの志望理由

書けなくて悩んでいる人必見! おすすめの7つの志望理由

  • 困っている人の支えになりたい
  • 挑戦を支えたい
  • グローバルに活躍したい
  • 時代の最先端に触れられることに惹かれた
  • 社会的意義が大きいことに惹かれた
  • 過去の経験から保険の大切さを実感した
  • 顧客の人生を長期的に支えたい

志望動機が書けなくて悩んでいる人は、保険業界で熱意や思いが伝わりやすい志望動機をあらかじめ把握しておくことで志望動機の方向性が見えるようになり、書きやすくなります。

ここからは、保険業界の志望動機で使える7つの内容を解説します。

一方注意したいのは、志望動機は自分の言葉で語れるようにならなければ、企業から本心ではないことを懸念され、評価されにくくなる点です。

ここから解説する内容を参考にしつつ、自分の価値観と照らし合わせてなぜ保険会社を志望するのかを考え、最終的には自分の言葉で語れるようになりましょう。

困っている人の支えになりたい

保険は被保険者の事故などの被害を補填するビジネスモデルであり、困っている人の経済的な支えになれることが魅力です。

そのような「困っている人の支えになりたい」という思いは志望動機として掲げやすく、保険会社に入社後も一人ひとりの顧客に寄り添って丁寧な対応をするイメージが湧くので好印象になりやすいのです

つらい局面にいる人を支えやりがいを感じた経験があれば、「困っている人の支えになりたい」という思いを志望動機に盛り込んでみましょう。

瀧本博史

プロフィール

たとえば損害保険業界なら、「高校時代、交通事故で苦しむ友人家族を見て、保険の大切さを知りました。その経験から、困難に直面する人々を支援したいと強く思うようになりました」などの実体験に基づくものがおすすめです。

挑戦を支えたい

特に損害保険では、企業の挑戦のリスクを補填する役割があり、「挑戦を支えたい」という志望動機も効果的です。

たとえばサイバー保険では、サイバー攻撃による被害を補填する商品となりますが、たとえばIT化に挑戦しようとしている会社にとって安心材料となり、挑戦を後押しすることができるのです。

その他にも、海外との輸出入取引や、海外の事業に投資する際に発生するリスクを補う保険などもあり、海外進出を望む企業の挑戦を後押しすることもできます。

子どもの教育に携わった、マネージャーとして運動部員が成長できるようサポートしたなど、人の挑戦をサポートして成長させた経験などがあれば、志望動機として書きやすいといえます

企業の挑戦には必ずリスクを伴います。そのリスクの中には保険を掛けることで補填されるものもあり、企業の挑戦を後押しするとも言えます。そのため「挑戦を支えたい」というのは志望動機として納得できるのです。

ただし、必ず自分の経験の中からそう考えるに至った理由を述べて、説得力を持たせましょう。

グローバルに活躍したい

生命保険も損害保険も、特に大手についてはグローバル展開に力を入れている企業も多く、たとえば日本生命保険では7カ国で現地法人を設立し、東京海上日動火災保険では46の国・地域に進出し、ポートフォリオを分散させています。

グローバルに活躍したいと考える人は、このような海外での活躍の土台が十分にある保険会社でその思いをアピールすることがおすすめです。

たとえば英語力に自信があったり、どのような場所でも自分らしくいきいきと活躍できるタフさがある人は、海外で活躍できるポテンシャルがあると見られやすいです。

海外事業や現地法人との交流などグローバルに活躍することを視野に入れて志望動機に盛り込むと、保険会社を牽引する存在として評価される可能性があります

遠藤 美穂子

プロフィール

一方、ただ単に「海外で活躍したい」では他の業界・企業でも良いような印象を与えます。

保険会社の海外事業とは何かを理解し、海外展開する顧客をどのようにサポートしたいかなど、具体的にイメージして志望動機に落とし込んでください。

英語力に自信がある人は、自己PRでアピールしてみましょう。以下の記事では、自己PRでの英語力のアピール方法を解説しているので、ぜひ確認してください。
自己PRで英語力を最大限アピールするには? 英語面接対策も解説

時代の最先端に触れられることに惹かれた

特に損害保険では、時代の最先端で挑戦をサポートする商品を展開しています。たとえばサイバー保険では、企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)をおこなう際に備える必要があるサイバーリスクを補填することができ、まさにこのような保険にかかわることで最先端技術への理解を深められるのです。

各業界・業種が心置きなく挑戦をして、事業、社会の発展につなげる損害保険は、時代の最先端に触れられる点に惹かれたことを志望動機として書くのもおすすめです

最先端技術に関心があること、またそのような技術に貢献できる実績や経験などがあれば、志望動機でアピールしてみましょう。

瀧本博史

プロフィール

損害保険が時代の最先端に触れている商品の例としては、やはりサイバーセキュリティ保険です。

企業がDX化を進める中でサイバーリスクに対する重要な安全網を提供し、ビジネスの持続可能性を支える役割を果たしています。

社会的意義が大きいことに惹かれた

特に損害保険で活用できる志望動機になりますが、損害保険は震災などのリスクも補填することができ、たとえば東日本大震災の際は多額の保険金が各社から支払われました。このように社会インフラとして貢献できる側面もあり、社会的意義、影響力の大きさを志望動機とすることもおすすめです。

日頃から社会に貢献したいと考えていて、たとえばボランティア経験がある人などは、社会的意義の大きさを魅力に感じ、志望動機として書きやすいかもしれません

また、チームの役に立とうとしているなど、周囲への貢献意識がある人はこの価値観に共感し志望動機を考えやすくなると考えられます。

東日本大震災の衝撃は覚えている人も多いと思います。あの頃保険会社の社員が一軒一軒を訪問して回り、大変な思いをして、復興に大きな役割を果たしました。

また世界規模の災害である新型コロナウイルス感染症の蔓延時も、やはり保険が大きな役割を果たしました。

この2例をとってみただけでも保険の社会的意義の大きさがわかると思います。

過去の経験から保険の大切さを実感した

生命保険や損害保険を過去に使い、救われた経験があれば、恩返しをしたいという思いも志望動機になりえます。

たとえば「保険金によって事故にあう前の生活に戻ることができたため、今度は自分が同じ立場の人の役に立ちたい」など、保険会社の社員としての貢献意識を示せば熱意が伝わり、好印象につながります。

生命保険でも損害保険でも、安心できる日常に戻るための手助けをしてもらった経験があるのであれば、同じように困っている人に安心を届けたいという意志を伝えることで、多くの保険会社が掲げている安心・安全の伝達という理念にもマッチするのです

遠藤 美穂子

プロフィール

実体験として保険に救われたエピソードがあると、顧客に寄り添った対応ができる人だという印象を持ちます。あなたの家族が契約者だった場合は、当時の気持ちなども聞いておくと良いですね。

顧客の人生を長期的に支えたい

生命保険では、ゆりかごから墓場まで、顧客の人生を長期的にサポートすることになりますが、そのような商材はなかなかありません。

たとえば、子どもが生まれた際に、親に万が一のことがあった場合に備え生命保険の契約を結べば、たとえ子どもが一人になっても一定の生活費の補償をすることができるのです。より補償を充実させるために学資保険に加入すれば、親が教育費が支払えない状況になっても、条件を満たせば十分な教育を受けられるようになります。

一人ひとりが不安なく人生を歩めるように、長期的な信頼関係を築きサポートしたいと考える人は、「顧客の人生を長期的に支えたい」という内容を生命保険の志望動機として積極的にアピールしましょう

アドバイザーコメント

どんな志望動機も体験に裏付けて説得力を持たせよう

ここまでに「困っている人の支えになりたい」「挑戦を支えたい」「グローバルに活躍したい」「時代の最先端に触れられることに惹かれた」「社会的意義が大きいことに惹かれた」「過去の経験から保険の大切さを実感した」「顧客の人生を長期的に支えたい」の7つの志望動機を紹介しました。

どれもおすすめですが、これまで多くの志望動機を見てきた中で内定率が高いのは、そう思うに至った経緯や理由が、自分の体験に裏打ちされ説得力を持って書かれているものだと思います。

保険に紐付く経験をアピールできると納得感がある

たとえば大学や大学院で情報系を専攻していたり、専攻ではなくとも自分なりに研究して詳しく理解している学生が、DX化に伴い考えられるリスクに対する自分の考えを述べたうえで志望動機につなげていると妙に納得させられます。

またたとえば家族の死や病気、自身の大病や大怪我などの経験をした人に会ったこともあり、そのような人が保険の大切さを実感しているのはよくわかります。

その他大規模災害を経験していたり、ボランティア活動をしている人が自身の体験を踏まえて社会的意義や人を支えるという話をされると、すんなり受け入れることができました。

ボランティアで学んだことの伝え方はこちらの記事で詳しく解説しているので、併せてチェックしてください。
ボランティアで学んだ事を効果的にアピールする方法|例文付き

各社の魅力は企業の主力事業や人に目を向けて見つけてみよう

ここまで志望動機に使える保険業界の魅力を解説しましたが、保険会社に就職するには業界のみならずその会社の志望動機も伝えなければ、その会社でなくてはならないという熱意が伝わらず、なかなか合格にはなりにくいのです。そのため、各社のどのような部分に惹かれているかも伝える必要があります。

各社の主力事業や人に目を向けて、その会社でなければならない理由を言語化しましょう。

なお、保険会社は商品やサービスは似ている部分も多くあります。そこで、その会社ならではの理由として、働く「人」に目を向けることがおすすめです

たとえばOB・OG訪問をおこなったり、インターンに参加してそこで働く人の人柄や信念を把握し、共感できる部分があれば志望動機としてアピールしてみましょう。具体的な例は後半の例文で紹介しているので、併せてチェックしてくださいね。

瀧本博史

プロフィール

各保険会社の強みは、商品の特徴や企業文化、顧客評価や満足度にも注目して比較しましょう。一つでも多く社内の雰囲気や価値観を理解し、共感できる点を志望動機に活かすことが大切です。

OB・OG訪問やインターンのやり方は以下の記事で詳しく解説しているので、まだおこなったことがない人は併せてチェックしてくださいね。

OB・OG訪問
OB訪問・OG訪問は必要? 就活を有利に進める手順を完全網羅

インターン
インターンは就活に不可欠? 8のメリットと選び方を詳細解説

アピールできると差別化可能! 保険会社で求められる強み

アピールできると差別化可能! 保険会社で求められる強み

  • 相手の立場に立って考える力
  • 努力し高い成果を出す力
  • 信頼感のある提案力
  • 自ら考え行動する力
  • 将来を予測して計画を立てる力
  • グローバルに活躍できる力
  • スピード感のある対応力

会社の最終的な目的は、自社で活躍できる人を採用することです。そのため、その会社で活躍できることをアピールできれば積極的に採用したいと思ってもらえる可能性が高まります。

志望動機は、たとえば「企業理念に惹かれたから」などと志望する理由を説明するものですが、同時に「強みを活かして会社に貢献したい」などと企業への貢献意識を伝えると、入社後の活躍がイメージでき良い印象につながりやすくなります。

ここからは、アピールできると差別化につながる、保険会社で求められる強みを解説します。保険会社は倍率が高い人気の会社も多いので、確認して好印象を残せる志望動機を作成していきましょう。

①相手の立場に立って考える力

特に生命保険は、顧客の一生にかかわる大きな買い物です。そのため、顧客も不安を抱いていることから、相手に寄り添って納得感のある提案をすることが欠かせません。

また損害保険も、たとえば新規営業をする際は、顧客が現時点ではリスクに感じていないことについても補償を提案する必要があります。そのため、提案の難易度が高く、また提案をした際も顧客を一時的には不安な気持ちにさせることにもなるため、相手の立場に立ちフォローする力が不可欠です。

また、営業だけでなく、保険金支払い部門や商品開発部門の場合も相手の立場に立って考える力が必要です。保険金を支払う際、顧客は精神的にストレスを抱えているため、特に相手を気遣い不安にさせない対応が必要となります。また、商品開発部門は、営業や保険金支払い部門とやりとりするケースも多くありますが、その際に相手のニーズをくみ取って適切なやりとりをしなければなりません。

このように保険会社は相手の立場に立って考える力が求められることから、これを強みとしてアピールできるとどんな部署でも活躍できる人として好印象につながりやすいのです

相手の立場に立って考えることの自己PR法は以下の記事で詳しく解説しているので、併せてチェックしてくださいね。
例文5選! 相手の立場に立って考える力を魅力的に伝える3ステップ

②努力し高い成果を出す力

保険に限らず金融商品は仕組みが複雑であり、さらに顧客に合わせてカスタマイズし提供する場合があります。顧客の満足感のあるサービスを提供し続けるには商品の勉強をしなくてはなりません。

加えて、定期的に保険料や保険金額、補償範囲の改定もおこなわれるため、都度知識を更新する必要があります。

また「生命保険講座」「損害保険講座」といって、総合職として入社後数年の若手をおもな対象とし、テストの受検や論文の提出が求められます。そのほか会社によってはいくつかの資格の取得が必須となっているケースも多く、入社後成果を出すには努力し続けることが必要なのです。

日本生命の求める人物像の一つとして、「自らの可能性を信じ、努力し、夢を実現しようとしている人」が挙げられています。このように、努力し高い目標を出す人は必要な人材とされ、志望動機でアピールすると好印象を残せる可能性があるのです

飽きっぽくて継続的な努力ができないのですが、保険会社に向いていないのでしょうか?

遠藤 美穂子

プロフィール

飽きっぽさの種類によっては活躍できる可能性もある

保険会社の業務は、世の中の変化に合わせて商品やサービス内容をアップデートし、顧客に届ける仕事です。商品開発にせよ営業にせよ、学び続ける姿勢は必要です。

「飽きっぽくて継続的な努力ができない」とは、何事も興味が持続せず中途半端であきらめてしまうという短所なのか、好奇心が旺盛でさまざまなことに挑戦できる反面、コツコツと同じことを繰り返すのが苦手ということなのか、どちらでしょうか。

後者であれば、部署によっては活躍できる場面があるかもしれませんね。

飽き性に向いている仕事はこちらの記事で詳しく解説しているので、飽き性な人は併せて確認してみましょう。
飽き性に向いている仕事20選|長く続けられる仕事選びの秘訣とは?

③信頼感のある提案力

生命保険、損害保険は人々の不安に対してリスクを補償する商品です。そのため、商品を提案する際は顧客に「この人になら任せられる」と信頼してもらわなければ契約に結び付くことは難しくなります。

また、特に損害保険の新規契約の場合は、顧客がリスクと思っていないところにリスクがあることを伝え、そのうえで契約してもらわなければなりません。目に見えない商品なので、信頼がなければ最悪の場合「騙そうとしているのでは」とあらぬ疑いをかけられることもあるのです。

顧客の事情もしっかりと把握し、リスクや商品の特徴をわかりやすく伝えられる人は、信頼感のある提案力があるといえます。アルバイトやインターン、サークルなどでそのような強みを実感している人は、ぜひアピールしてみましょう。

保険会社の提案力で最も大切なことは、まずは話を聞かせてくれる、そして話を聞いてもらえる信頼関係が築けるかです。

そのうえで最も必要なのは、必要な準備をしっかりおこない最適な保険商品を誠意を持って提案するということだと思います。

④自ら考え行動する力

保険会社には堅い印象を持っている人も多いかもしれませんが、DXなどの波が保険業界にも到来し、時代に合わせて柔軟に対応していかなければ生き残りが難しい時代となりました。

そこで、保険会社は既存のルールにしたがう人というよりも、自ら考えて行動する力がある人を求めている傾向にあります。たとえば東京海上日動火災保険では、採用メッセージとして「自ら考え、発信し、行動する」を掲げ、また三井住友海上の私たちが求める人財像では「自律的な思考力・行動力」を求めているとしています。

このように自主性のある人を求めている傾向にある会社が多いため、自主性を強みに持つ人は、採用ホームページ(HP)などを見て、自主性を発揮しどのように会社の成長に貢献できるのか整理しておくことがおすすめです

遠藤 美穂子

プロフィール

これまで対面の営業活動の中で契約をしていた保険商品が、今やネットで24時間申し込めるようになるなど、保険業界も時代とともに変化が訪れています。

新しい顧客のニーズや技術の進歩に主体的に取り組み、変化を起こせる人材が求められているのです。

⑤将来を予測して計画を立てる力

保険は将来のリスクを補償する商品ですが、将来を見通して計画を立てる力がなければ納得感のある提案もできず、契約を締結することは難しくなります。

保険会社の中にはファイナンシャルプランナーの資格の取得を義務付けている会社も多くありますが、顧客の将来を予測して計画を立てて正確な計算をおこなう力は大変重要なのです。

将来のことは誰にもわかりませんが、現時点で考えられる範囲で最も現実的で納得感があると顧客に思わせるような将来予測力・計画力が求められます

これまでの経験上将来を見通してリスクを回避したり、設計を立てたりしたことがあれば志望動機に入れてアピールすると好印象を残せる可能性があるのです。

⑥グローバルに活躍できる力

生命保険業界は国内市場が飽和していることから、特に大手企業では、海外にも市場を伸ばし事業の展開を試みています。たとえば第一生命では2023年12月時点で9カ国に進出していて、現地での営業などをおこなっています。

なお、求められるのは語学力だけではありません。現地の文化や価値観を受け入れ、自身をフィットさせる柔軟性が必要です

留学や日本での国際交流などでそのような経験がある人はぜひアピールしてみましょう。

英語力をアピールするにはコツがります。以下の記事で詳しく解説しているので、併せてチェックしてみてください。
自己PRで英語力を最大限アピールするには? 英語面接対策も解説

留学経験から自己PRを作るコツと注意点は、こちらの記事で詳しく解説しています。例文7選付きで差別化する方法がわかりますよ。
自己PRで留学経験を無駄なく活かすコツ! 長期・短期別の7例文も

⑦スピード感のある対応力

保険は事故などに遭い不安を感じている人に安心を提供する商品です。そのため、できるだけ安心してもらえるように顧客からの問い合わせや保険金支払いなどは迅速に対応しなければなりません

また、営業職や商品部などでもスピード感のある対応力は不可欠です。たとえば顧客から補償内容などについて問い合わせがあった場合には、自分がわかる範囲であればすぐに回答し、わからなければ商品部に問い合わせて正確な回答をもらいます。

営業職が素早く回答できるよう、商品部の人は仕事の手を止めてリサーチし、確実な回答を一刻も早く提示します。

各社「安心・安全を届ける」ということを企業理念に掲げているように、顧客に安心感を届けるために、できる限り早く顧客の不安を解消することが不可欠なのです。

たとえばアルバイトやボランティアなどで、スピード感のある対応力を活かして相手の不安や疑問を解消したケースがあれば、それを志望動機に盛り込むことで企業で活躍しているイメージを持たれやすくなります。

アドバイザーコメント

相手の立場に立って考える力がある人は活躍できる

保険会社への就職において特に重要なものは「相手の立場に立って考える力」です。この能力は顧客が直面するリスクや懸念を深く理解し、それに基づいた保険商品を提案することを意味します。

たとえば、若い家族を持つ顧客には、教育資金や住宅ローンの保障を含む生命保険を提案することが考えられます。また、高齢者の顧客には、医療費や介護に関連する保険商品が適しているかもしれません。

このように、顧客一人ひとりの状況に合わせてカスタマイズされたアプローチが求められます。

難解な商品の説明をしたり顧客に寄り添うコミュニケーション能力も重要

さらに、コミュニケーション能力も保険業界では不可欠です。たとえば、保険商品の複雑な内容を顧客が理解しやすい言葉で説明すること、顧客の質問に明確かつ迅速に回答すること、また、顧客の不安や疑問を感じ取り、それに対応することが重要です。

内部的には、チームメンバーや他部署との円滑なコミュニケーションにより、業務の効率化や問題解決を図ることができます。

これらのスキルは、保険会社においては顧客満足度を高め、長期的な顧客関係を築くために不可欠な要素です。保険業界で成功するためには、これらの能力を磨き、顧客の立場に立ったサービスを提供することが求められます。

保険会社の志望動機の構成

保険会社の志望動機の構成

  • なぜ保険業界を志望するのか
  • その中でなぜその会社を志望するのか
  • 根拠となるエピソードは何か
  • 入社後どう会社に貢献するのか

保険会社の志望動機の内容を考えることができたら、それが伝わりやすくなるように志望動機の構成を考えていきましょう。

どんなに良い内容を考えたとしても、伝わらなければ採用担当者は内容を評価できず、最悪の場合熱意が感じられないとして不合格になってしまうのです。

志望動機は企業への熱意を伝えるチャンスです。熱意を選考で重視している会社は多いので、合格の可能性を高めるためにも、わかりやすい志望動機を作成するために、内容の組み立て方を考えましょう。

①なぜ保険業界を志望するのか

まずは、なぜ保険業界を志望するのかという結論を述べます。「志望動機は何ですか」「志望動機を教えてください」という質問に対し、「私が御社を志望する理由は……」と質問の答えから伝えることで、採用担当者は最も聞きたい内容を最初に聞くことができるため、集中力を維持して聞き続けられます。

まずは「困っている人の支えになりたいから」「挑戦を支えたいから」など、結論に当たる部分を最初に伝え、話の全体像を示すようにしましょう

保険業界を志望する理由の例

  • 困っている人の支えになりたい
  • 挑戦を支えたい
  • グローバルに活躍したい
  • 時代の最先端に触れられることに惹かれた
  • 社会的意義が大きいことに惹かれた
  • 過去の経験から保険の大切さを実感した
  • 顧客の人生を長期的に支えたい

②その中でなぜその会社を志望するのか

数ある保険会社の中で、なぜその会社を志望するのかというその会社に限定した志望動機を述べ、熱意を示しましょう

その会社を志望する理由の例

  • OB・OG訪問やインターンでその会社で働く人の人柄の良さに気付いた
  • アジアへの展開に注力していることから、タイでの語学留学の経験が役に立つのではないかと感じた
  • IT化に注力していて、保険金支払いサービスの自動化を他社に先駆けておこなっており、顧客第一主義を実現していることを感じた
  • 企業理念に掲げている「チームワーク」に共感した

保険会社は商品やサービスなどは類似している部分があるところもあるため、おすすめなのは人にフォーカスすることです。たとえばOB・OG訪問やインターン、説明会に参加する中で感じた社風と自身とのマッチ度や、理念に共感した部分について考えるとその会社ならではの志望動機を作成することができます。

どの保険会社にも印象の違いを大して感じていないのですが、どのように志望理由を伝えるべきですか?

遠藤 美穂子

プロフィール

歴史、組織のあり方、経営方針に着目しよう

保険という商品の基本的なビジネスモデルは各社で大きな違いはないので、「なぜ御社か」は一見難しいですが、創業の形や時期といった「歴史」、社員に求めていることなどの「組織のあり方」、今後の事業展開などの「経営方針」は、それぞれ違います。

企業のHPを読み込んだり、企業説明会で社員の説明を聞いたりして、印象に残ったところはどこかじっくり考えてみましょう。

会社説明会に参加したことがない人は、以下のQ&Aでキャリアコンサルタントが会社説明会の流れを解説しているので、併せて確認してください。

③根拠となるエピソードは何か

志望動機を述べたところで、本当にそう思っているのか採用担当者にはわかりません。そこで、志望理由の根拠となるエピソードを伝えることで、説得力を持たせて志望理由を伝えることができます。

たとえば「顧客第一主義」の企業理念に共感した場合は、顧客のことを第一に考えてアルバイトをおこない、感謝されてやりがいを感じた経験などがあれば根拠になります。

根拠をしっかり伝えられないと、最悪の場合「本心ではないのでは」「内定者の真似をしているだけでは」などと疑われてしまうこともあります。その会社への熱意を示すためにも、志望理由を考えるに至った根拠を説得力を持って伝えましょう

④入社後どう会社に貢献するのか

企業が求めているのは、会社で貢献できる人材です。そのため、最後は入社後会社にどう貢献できるのかで締め、入社後の活躍イメージを持ってもらえるようにしましょう。

保険業界で求められる強みには以下があると解説しましたが、この強みを使って入社後どう活躍できるか伝えられると、企業が求める人材にもマッチするので良い印象につながります

保険業界で求められる強み

  1. 相手の立場に立って考える力
  2. 努力し高い成果を出す力
  3. 信頼感のある提案力
  4. 自ら考え行動する力
  5. 将来を予測して計画を立てる力
  6. グローバルに活躍できる力
  7. スピード感のある対応力

たとえば「相手の立場に立って考える力を活かして、顧客の潜在的なニーズまでつかみ、安心・安全を届けられるよう貢献したいです」などと述べることで、営業職として顧客に真摯に向き合う姿勢が想像でき、合格に近づけるのです。

瀧本博史

プロフィール

入社後どのように貢献できるのか示す例としておすすめなのは、「保険業界の最新動向に常に注意を払い、顧客に最適な保険プランを提案することで、会社の信頼性と顧客満足度の向上に貢献したい」です。

市場の変化を理解し、顧客中心のサービスを提供する意欲が伝わると思います。

入社後やりたいことの考え方・伝え方は以下の記事で詳しく解説しています。チェックするとより説得力のある志望動機が完成するので、確認してみてくださいね。
例文10選|入社後にやりたいことの回答で押さえるべきコツは?

保険会社の志望動機の例文6選

保険会社の志望動機の例文6選

  • 生命保険の営業志望の場合
  • 損害保険の営業志望の場合
  • 生命保険の支払い部門志望の場合
  • 損害保険の支払い部門志望の場合
  • 生命保険の商品開発志望の場合
  • 損害保険の商品開発志望の場合

ここまで保険会社の志望動機の書き方を解説しましたが、イメージが湧かずなかなか内容を考えられないという人もいるでしょう。

そこでここからは、保険業界の志望動機の例文6選を紹介します。生命保険会社、損害保険会社それぞれで営業、支払い部門、商品開発部門を志望する場合の例文となるので、自分が志望する業界・職種に照らし合わせて参考にし、魅力的な志望動機を作成してください。

①生命保険の営業志望の場合

生命保険の営業志望の例文

私が生命保険業界を志望した理由は、どんな状況になっても安心安全な暮らしを提供し、人々の暮らしを長期的にサポートしたいと思ったからです。

その中で、御社には私の家族の安心安全をサポートしていただいており、私もその一員としてサービスを提供したいと考えました。

私の家族は御社が提供する〇〇に加入しています。そして、私が高校生のとき、部活動中に膝の靭帯を切る大怪我をしたことがありました。その際、入院や手術が必要だったのですが、やはり気になったのが金銭面です。

しかし、家族で〇〇に加入していたこともあり、我々にはほとんど負担がなく怪我を乗り越えることができました。

怪我をするまでは保険は必要のないものと思っていましたが、いざ怪我をするとその必要性を身に染みて感じました。

このように、保険の必要性に気が付いておらず加入していない人はたくさんいると思います。御社に入社後は、そのような人たちに私の経験談をもとにご提案し、一人でも多くの人に安心安全な暮らしを届けられるように努めてまいります。

生命保険の営業はどんな人が採用されやすいですか?

相手の気持ちを自分事として考えられる人

上記の例文のように、大怪我などの体験をした人が保険の大切さを身をもって感じているというのはやはり説得力があります。

しかしそのような大変な体験をしたことがなければ保険業界を目指せないかというと、そんなはずはありません。

大切なのはサークルであれ、ボランティアであれ人とかかわる中で、相手の気持ちやさまざまな出来事を自分事として考えられているかだと思います。

そのような人が語る「どんな状況になっても安心安全な暮らしを提供し、人々の暮らしを長期的にサポートしたいと思ったからです。」という言葉には説得力があり、採用されやすいと思います。

②損害保険の営業志望の場合

損害保険の営業志望の場合

私が損害保険業界を志望した理由は、困っている人を助けたいという思いが強いからです。

その中で、御社は事故や被災など、不慮の事故が起きた際のサポートがとても充実していると思います。私もその一員となり、事故や災害などでものが壊れて困っている人を助けたいと思い、志望いたしました。

私は幼少期に東日本大震災を経験しました。幸い、津波は来ず命の危機はなかったのですが、激しい揺れによって家の中の家具・家電が薙ぎ倒されてしまいました。

その際、父と母が大切にしていたものや家具・家電のほとんどが壊れてしまい、思い出のものを失ったり、また買い直さなければいけなくなったりしました。このような状況が起きたとき、思い出のものはどうすることもできません。ただ、御社の保険に入っていたことで、丁寧なサポートを受け、今何とか以前のような生活を取り戻すことができていま。

このような経験から、もっと多くの人が損害保険に入るべきだと感じました。御社に入社後は、私の経験をもとに信ぴょう性のあるご提案をし、より多くの人に保険に入っていただけるよう努めてまいります。

遠藤 美穂子

プロフィール

損害保険は、個人向けの自動車保険から、法人・官公庁向けのリスクコンサルティングや航空・宇宙などのグローバルビジネスまで、活躍のフィールドが広い職場です。そのため、「顧客と共に新しいことに挑戦したい」といった志望動機は好印象です。

営業を志望する人は、以下の記事で営業職の志望動機の書き方を解説しているので、併せて確認しましょう。
例文18選|営業職の志望動機で採用担当者を惹きつけるコツ

③生命保険の支払い部門志望の場合

生命保険の支払い部門志望の場合

私が生命保険業界を志望した理由は、海外に挑戦できるグローバルな市場があることに惹かれたからです。

私は大学2年生のとき、カナダへの留学に挑戦しました。英語はほとんど話せない状態で留学し、懸命に勉強をして語学力を身に付けました。そして、身に付けた英語を活かして現地で友達を作ることができ、その友達と語学学校で国際交流のイベントを開催・運営しました。

最初は見向きもされませんでしたが、SNSなどを使い集客したところ、最終的に300人規模のイベントになり、またアンケートの評判も良く成功を収めることができました。

この経験を通して、海外の人とかかわることでこれまで狭かった視野を広げ、多様な背景への理解が深まり、自分自身の考え方も柔軟になりました。

また、背景が異なる人ともコミュニケーションを通じて深く理解しようとすれば、心を通じさせることができるのだという自信にもつながりました。

このような経験から、将来は海外で活躍できる場所がある業界であれば自分の知見を広げ、また会社にも貢献できるのではないかと感じ、海外への進出に注力されている保険業界を志望しました。

その中で、御社はご請求いただいてから支払いまでのスピードと正確性に力を入れているということをお聞きし、そのような顧客第一の姿勢に共感し、応募いたしました。

御社に入社後は、海外市場の進出に貢献し、より多くの人が安心できる環境づくりに貢献したいと考えています。

生命保険の支払い部門では、必要な時にスピーディーに正確に支払うことももちろんですが、家族が亡くなったり、病気や怪我など大変な思いをしている時なので、相手の気持ちを慮ってコミュニケーションが取れることも盛り込むと良いと思います。

④損害保険の支払い部門志望の場合

損害保険の支払い部門志望の場合

私が損害保険業界を志望した理由は、最新技術を活用した仕事に携わり、業界を引っ張れる人材になりたいからです。

御社はご請求から支払いまでのワークフローに関して、最新技術〇〇を導入していると思います。〇〇については大学で研究している最新技術であり、かつ顧客第一主義を実現できることから、御社では私の目的が達成できると思い、志望いたしました。

大学のゼミでは御社も導入している〇〇について研究しています。〇〇は導入までは非常に高度な技術が必要ですが、導入後は楽に業務を進められるようになると思います。

導入コストはかかるため、多くの保険会社は〇〇を導入していません。その中で御社は顧客を第一に考え、迅速かつ正確な対応ができるよう〇〇を積極的に導入しようとしていることに魅力を感じました。

御社に入社後は、顧客一人ひとりが何を求めているのかを考えながら業務に取り組み、ゼミでの研究を活かして〇〇の技術を活用しながら顧客の求めるサービスを提供できるように努めてまいります。

瀧本博史

プロフィール

損害保険の支払部門の志望動機としては、「損害保険の支払い部門で働くことにより、顧客の事故や損害に迅速かつ公正に対応し、彼らの生活を一日も早く元の状態に戻すことに貢献したいと考えています」といった、顧客の困難を解決し、安心を提供することへの情熱を強調するのがおすすめです。

⑤生命保険の商品開発志望の場合

生命保険の商品開発志望の場合

私が生命保険業界を志望する理由は、保険商品を通じてその人が完全に安心して暮らせる世の中にしたいと思っているからです。

御社は商品開発に力を入れていると伺いました。その一員になり、多様なプランを提供して、多くの人に安心安全な生活を届けたいと思い志望しました。

私が高校生の頃、母が保険の営業を受けているのに同席したことがあります。保険の必要性は感じていたため、保険には加入したいと考えていました。

しかし、その方は我々の話には聞く耳を持たず、自社サービスの魅力やプランの内容ばかりを提案していたことを今でも覚えています。ただ、このようになってしまうのは、プランが少なく、一人ひとりに合ったプランが用意されていないからなのではないかと思いました。

このような経験から、数多くのプランを提供し、一人ひとりに合った内容のものにする必要があると感じました。御社に入社後は商品開発部への配属を志望しています。一人でも多くの人にマッチするようなプラン・サービスを企画して、多くの人に加入してもらえるよう努めてまいります。

どうしても商品開発部門に行きたいのですが、志望動機でどのようなアピールが効果的ですか?

保険商品の開発にかかわる知識のアピールが効果的

一人一人に合った商品を開発したいという「思い」はもちろん一番大切なことかと思います。そしてそれがみずからの体験から生まれているのであれば、説得力もあります。

しかし保険商品の開発には、今後の社会を見越す力や、ライフスタイルの変化などに沿った新しいニーズを読み取る力、どこにマーケットを置くか見極める力、複雑な計算力、わかりやすい商品設計力、など求められるポイントがたくさんあります。

保険商品の開発に関する基本的な知識があると、より説得力のある志望動機が書けるのではないでしょうか。

⑥損害保険の商品開発志望の場合

損害保険の商品開発志望の場合

私が損害保険業界を志望する理由は、旅行時に紛失や盗難の心配や不安をなくして、完全に旅行を楽しめる世の中にしたいと思っているからです。

私は旅行が好きで、2カ月に1回は国内外で旅行をします。あるとき、旅行中にパソコン一式を紛失するアクシデントを経験しました。その際、損害保険には加入しておらず、「保険に入っていれば」と後悔したのが、興味を持ったきっかけです。

そして、御社をOG訪問させていただいたとき、「商品開発に力を入れている」とお聞きしました。私も商品を開発する一員になり、旅行を100%楽しめるように保険を通じてサポートしたいと考えています。

日本の場合、盗難のリスクは少ないですが、紛失の可能性は十分にありえます。旅の途中でアクシデントが起きてしまうと、その後の旅行が楽しめなくなってしまいます。

このような経験と考えから御社に入社後は、旅行者向けの保険商品を開発し、旅好きが「ぜひ加入したい」と思える商品を開発できるよう貢献したいです。

保険会社の志望動機は7つの強みを盛り込んで差別化し選考を突破しよう

学生からの人気が高い保険会社は、志望動機でしっかり差別化できるよう、研究を尽くすことが大切です。特に、仕事内容や求められる人材を把握し、入社後どのように活躍できるのかイメージしたうえで書くことで採用担当者の目を引く志望動機を作成できるようになります。

特に効果的なのは、保険会社で求められる7つの強みをアピールすることです。自己PRではないので強みのアピールメインにはならないよう気を配りつつ、入社後活躍できる人材だと示すために、志望動機の最後で将来的にどのように貢献できるかを示しましょう。

そうすることで人気の高い保険会社でも周囲と差別化し、選考を突破できるようになりますよ。

アドバイザーコメント

事業を把握しわくわくした気持ちを志望動機に込めよう

あなたはなぜ保険会社を志望するのでしょうか。大手だから、安定しているから、採用人数が多そうだからといったイメージがきっかけかもしれません。

しかし、実際どのように世の中の役に立っているかを知れば、とても魅力のある事業をおこなっていることがわかります。志望動機を書くにあたって、ぜひわくわくした気持ちを持ってください。

HPを見たり説明会に参加したりして感じた魅力を素直に書き出してみよう

保険会社は、生命保険と損害保険に商品がわかれます。それぞれのビジネスモデル、つまりどのような悩みやニーズを持つ顧客、どのようなサービスを提供するかをよく理解することが志望動機作成への第一歩です。

そのために、企業説明会や業界別合同説明会に参加したり、企業のHPをじっくり読み比べてみたりすることをおすすめします。

「企業ごとの違いがわかりにくい」という悩みもよく聞きますが、説明会などで登壇する社員の印象や、力を入れている商品や顧客層の違いなど、同業他社比較をして企業研究を進めるうちにわかってきます。自分が感じた違いを素直に書いてみてください。

また、入社後活かせそうな自分の強みについて、やってみたい業務をいくつか具体的にイメージしておくと良いでしょう。

執筆・編集 PORTキャリア編集部

明日から使える就活ノウハウ情報をテーマに、履歴書・志望動機といった書類の作成方法や面接やグループワークなどの選考対策の方法など、多様な選択肢や答えを提示することで、一人ひとりの就活生の意思決定に役立つことを目指しています。 国家資格を保有するキャリアコンサルタントや、現役キャリアアドバイザーら専門家監修のもと、最高品質の記事を配信しています。

> コンテンツポリシー

記事の編集責任者 熊野 公俊 Kumano Masatoshi

高校卒業後、航空自衛隊に入隊。4年間の在籍後、22歳で都内の大学に入学し、心理学・教育学を学ぶ。卒業後は人材サービスを展開するパソナで、人材派遣営業やグローバル人材の採用支援、女性活躍推進事業に従事。NPO(非営利団体)での勤務を経て、「PORTキャリア」を運営するポートに入社。キャリアアドバイザーとして年間400人と面談し、延べ2500人にも及ぶ学生を支援。2020年、厚生労働大臣認定のキャリアコンサルタント養成講習であるGCDF-Japan(キャリアカウンセラートレーニングプログラム)を修了
全国民営職業紹介事業協会 職業紹介責任者(001-220824001-02942)
国家資格キャリアコンサルタント

> メッセージを読む

関連Q&A

カテゴリーから探す

目次

TOP