Q

インターンシップに参加する意義は何ですか?

周りの友達がインターンシップに参加し始めたり、社会人の先輩からインターンに参加することを勧められたりします。ただ、インターンは本選考ではないので、「参加する意味ってあるのかな……」と思ってしまいます。

インターンに参加する意義は何でしょうか? そもそもインターンは1日のものや短期間のもの、長期間のものがあると思いますが、それぞれのインターンの内容や目的も教えていただきたいです。

ご回答よろしくお願いします。

2人のアドバイザーが回答しています

質問日 :

※質問は、エントリーフォームからの内容、または弊社が就活相談を実施する過程の中で寄せられた内容を公開しています

あなたがインターンに参加しない方がいい企業をチェックしよう

キャリアコンサルタント/勉強カフェ札幌大通スタジオ代表

渡邊 裕樹

プロフィールを見る

インターンに参加することで企業や仕事に対する理解度が深まる

インターンは就職活動においては必須ではありませんが、近年参加する学生が増えてきており「インターンは当然だよね」という雰囲気があるのは事実です。実際ここ1〜2年は就活生全体の8割程度の学生がインターンに参加した経験があるという調査結果もあります。

ではなぜそれほどインターンに参加する学生が多くなったのかと言うと、就職活動における学生間の競争が激化してきたことや、企業とのより良いマッチングを求める意識が高まってきたためと言われています。

インターンに参加することで、就活生の企業や仕事に対する理解度が深まることが期待されていますが、実際は1日だけのインターンも多く、内容は説明会とほぼ変わりません。それでも、参加しないより参加した方が理解度は深まると言えます。

就活への意識を高めたりマッチ度の確認にも効果的

別の視点からの効果として、インターンに参加することで就活生の就活に対する意識が高まるという面があります。

実際に会社に訪問し、ビジネスの現場を見たり、社員と触れ合ったり、ネットでは書かれていない仕事内容について話を聞いたりすることがこうした効果を生みます。

インターンの期間については1日のものはほぼ説明会と変わらず、企業側からの情報発信がメインで就活生に会社の理解度を上げてもらうことが目的です。

数日から数週間のインターンでは簡単な仕事を体験する場面もあるので、それを通して学生自身がその仕事に対する興味や適性を確認できる機会となります。

1カ月以上もある長期インターンは実際に現場で働くので、学生が企業に対する理解度を上げるのと同様に、その学生が企業にマッチしているのかを企業側も見ることができるという特徴がありますよ。

キャリア・デベロップメント・アドバイザー/キャリアドメイン代表

谷所 健一郎

プロフィールを見る

インターンが選考の条件になっている企業もある

インターンに参加することで、業界や企業、仕事内容などの理解を深め入社後のミスマッチングを防ぐことができます。

インターン参加が選考の条件になっている外資系企業などもありますが、長期インターンに参加することでビジネスで役立つスキルを身に付けられるだけでなく選考に有利になることもあります。

参加する意味があるのかと問われれば、前述したように意味はあるでしょう。特に志望企業の選考で、早期選考に応募できるなどインターン参加が選考で有利ならば参加すべきです。

一方学業やサークル活動といった、学生だからこそできる経験を疎かにしてまでインターンに参加するのは考えてみるべきかもしれません。

インターンごとの内容を踏まえて参加すべきか考えよう

インターンはサマーインターンやウィンターインターンとして実施されることが多く、1日で完結する1DAYインターンや数日から数週間実施される短期インターンのほか、長期インターンがあります。

1DAYインターンは就業体験は含まれず、講義やセミナー形式が多く、企業や業界についての理解を深めることができます。短期インターンは数日から長くても数週間で、与えられた課題にグループで取り組んで最後にプレゼンテーションをおこなうのが一般的です。

長期インターンは1ヵ月以上のインターンで、半年から1年程度参加する学生が多く会社や業界の実情を知ることができるので、社員と同様の仕事をおこなうことが多くスキルアップが期待できます。

25卒からはインターン制度の新ルールが適用となり、採用直結型のインターンが実施されますよ。

以下の記事では、インターンの特徴や参加するメリット、インターンの選考対策法など、インターンの全貌を解説しています。併せて参考にしてみてください。

「インターンはいつから参加できるんだろう?」と疑問を抱く人も多いのではないでしょうか。以下の記事ではインターンのスケジュールを解説しているので、必ず目を通しておきましょう。

サマーインターンについては、以下の記事で詳しく解説しているので併せてチェックしてくださいね。

「インターンに行っていないので不安……」という人は、こちらのQAコンテンツを参考にしてくださいね。インターンに行っていなくても就活を進める方法を回答しています。

インターンに行く意味はあるのだろうか? と悩む人への回答は、以下のQ&Aでチェックしてくださいね。

あなたがインターンに参加しない方がいい企業をチェックしよう

インターンでは、自分が適正のある企業を選ぶことが大切です。向いていない企業のインターンに参加しても、学べることは少なく、無駄な時間を過ごしてしまいます。

そんな時は「適職診断」を活用して、自分が適性のある企業をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析して、ぴったりの職業を診断できます。

適職診断を活用して有意義なインターンを過ごし、就活を成功させましょう。

こんな人に「適職診断」はおすすめ!
インターンの志望先を決められない人
・楽しく働ける仕事がわからない人
・時間をかけずに自己分析をしたい人

その他関連Q&A

TOP