Q

その他
回答しない

CAになりたいんですが、どうしたらなれますか?

ずっと昔からCAに憧れています。CAにはどうしたらなれますか?

人気のある仕事で簡単な道ではないと思うのですが、どうしてもCA以外考えられず......。

CAの選考スケジュールや必要な資格、条件、就活対策としてやっておくべきことなど教えていただけると非常にありがたいです。

厳しい内容でも受け入れるので、CAの採用の実態を教えていただきたいです。

2人のアドバイザーが回答しています

質問日 :

※質問は、エントリーフォームからの内容、または弊社が就活相談を実施する過程の中で寄せられた内容を公開しています

あなたに向かない仕事を確認してください

キャリアコンサルタント/勉強カフェ札幌大通スタジオ代表

渡邊 裕樹

プロフィールを見る

徹底した自己分析と面接練習が選考突破の鍵

「CAにはどうしたらなれますか」という質問に対する回答は、「航空会社に入社すればなれる」です。つまり、航空会社に内定をもらうための準備が必要ということです。

「準備の方法」は一般的な就職活動と基本的には変わりません。希望する業界および企業のことを研究し、求める人物像と選考方法を把握すること。インターンに参加して実際の仕事の様子を肌で感じること。

OB・OG訪問で質問をぶつけて、文字情報だけではわからないことを明らかにすること。WEBテストがあるならその準備をすることなどです。

エントリーの時期自体はほかの企業と同様3〜4月ぐらいが多いです。できれば2年生のうちから、遅くても3年生の春から業界研究と企業研究をスタートして、求める人物像と選考方法を知りましょう。そうすると何を準備すれば良いかわかってきます。

面接は何回ある場合が多いです。企業によっては英語面接をする企業や自己紹介動画を提出する企業もあります。また、一般企業にはない「体力測定」も専攻の中に含まれていることもわかるでしょう。こうした調査をする中で、まずは自分に何が足りないのかを書き出しましょう。

面接の場で自分を魅力的に演出する準備が必要

英語力でいえばおおむねTOEIC600点以上は求められます。倍率も高いので「どうしてCAなのか」という明確な志望動機も必要です。「昔からCAに憧れていました」という理由だけではその他大勢との差別化はできないでしょう。

どうしてCAに憧れていたのか、自分がCAをするとしたらどんなことができるか、自分らしさはどこにあるのか、こういったことを端的に、かつにこやかに自然体で話せなければなりません。

これには、深い自己分析と繰り返しの面接練習が必要です。航空会社に限らず倍率の高い企業へ入社するには、明確な志望動機と、その志望動機を裏付けるしっかりとした準備が見えること、そしてその他大勢に埋もれない「自分らしさとは」を言語化できていることが必要です。

CAになるための倍率は業界全体としては20倍くらいといわれています。つまり100人の採用枠に対し、2,000人応募しているということです。そういう厳しい競争を勝ち抜くために、考えつくあらゆる準備をするという気概が必要でしょう。

OB・OG訪問のメリットや目的、当日や訪問後の振る舞いについて、こちらの記事で解説しています。実際に働いている人の生の声を聞ける機会なので、しっかりと準備をして臨みましょう。

以下の記事では、TOEICのスコアの目安を公開しています。英語力を重視している業界、企業を志望している人はチェックしてみてくださいね。

こちらの記事で面接の準備を固めましょう。厳しい競争を勝ち抜くためには入念な準備が欠かせません。

キャリアコンサルタント/キャリアコンサルティング技能士

瀧本博史

プロフィールを見る

CAに求められることに応える準備をして選考に臨もう

CAになるためには、多くの努力と準備が必要です。まず、CAとしての基本的な資格や条件を理解することが大切です。多くの航空会社では、高卒以上の学歴を求めていますが、大学や短大、専門学校などの航空関連の学部や学科を卒業していると、一歩有利になることもあります。

次に、CAの選考スケジュールを把握しましょう。多くの航空会社は、1年を通して新卒採用の選考をおこなっていますが、選考の時期や内容は会社によって異なります。興味のある航空会社の公式サイトを定期的にチェックし、選考情報を収集することをおすすめします。

CAには高い対人スキルと英語力が求められる

また、CAとしての必要なスキルや資質を身に付けるための就活対策も欠かせません。具体的には、接客スキルやコミュニケーション能力を高めるための研修やセミナーに参加する、外国語のスキルを磨くための語学学習、身だしなみやマナーを意識するなどの努力が求められます。

最後に、CAの採用の実態についてですが、確かに競争は激しいです。しかし、熱意や情熱を持って取り組むことで夢は叶えられます。過去の成功事例や最も効果的で効率的に結果を得るための方法を参考にしながら、自分自身を磨き続けることが大切です。

コミュニケーション能力で自己PRしようとしている人は、こちらの記事を参考にしてください。効果的にアピールするコツを例文とともに解説しています。

国際線のCAや外資系の航空会社に就職すれば海外に行くことができますが、それ以外にも海外に行ける仕事はたくさんあります。以下の記事で紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

あなたが受けない方がいい企業を今すぐ知りましょう。

就活では、自分が適性のある職業を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます。

そんな時は「適職診断」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析して、ぴったりの職業を診断できます。

適職診断で強み・弱みを理解し、自分がどんな職業に適性があるのか知りましょう。

こんな人に「適職診断」はおすすめ!
・自分の強みと弱みがわからない人
・楽しく働ける仕事がわからない人
・時間をかけずに自己分析をしたい人

その他関連Q&A

TOP