Q

その他
回答しない

自分だけ内定がもらえません。

東大の大学院生です。
周りは優秀な人ばかりでほとんどがもう内定を持っているのですが、自分だけエントリーシート(ES)や面接で落ちます。

毎日死にたくなります。どうすれば良いですか?

2人のアドバイザーが回答しています

質問日 :

※質問は、エントリーフォームからの内容、または弊社が就活相談を実施する過程の中で寄せられた内容を公開しています

自己分析で悩んだらまずはツールを使うのが一番おすすめ!

キャリアコンサルタント/勉強カフェ札幌大通スタジオ代表

渡邊 裕樹

プロフィールを見る

選考で落ち続けているということは、どこかに改善するポイントがあるということ

改善するべきポイントは、ESの書き方なのか、面接の受け方なのか、そもそも企業選びの段階で質問者さんに合っていない企業に応募しているのか、さまざまな可能性が考えられます。

質問者さんに今必要な対応策は「他人に協力を求める」です。既に誰かに相談しながら進めているとしたら、相談先を変えることも検討してみてください。最もおすすめなのは就活エージェントです。

インターネットで「就活エージェント」「おすすめ」と検索すると複数の候補が出てきますから、自分に合いそうな会社に登録して、専門家のサポートを受けながら就活を進めてみてください。

転職エージェントの担当者はさまざまなESを見ていますし、面接のノウハウ、企業選びの方法も知っています。質問者さんの今の就活の進め方のどこに修正ポイントがあるのか客観的なフィードバックをしてくれるはずです。

一人で悩まずに就活のプロに頼ってみよう

このQ&Aでは、今の質問者さんの状況を詳しくヒアリングできないので「こうすれば良い」という個別具体的なアドバイスが難しいですが、転職エージェントの担当者としっかりと話し合って、ヒアリングしてもらうことでより的確なアドバイスをもらえると思います。

就職活動は学生にとって初めておこなう取り組みなので、うまくいかないときに「じゃあこうすればいい」という選択肢が思い浮かびにくく、自分一人で修正するのは簡単ではありません。そんなときには経験豊富な専門家を活用するのが一番です。

就活の相談先はこちらの記事で紹介しています。おすすめの就職エージェントも紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

キャリアコンサルタント/コラボレーター代表

板谷 侑香里

プロフィールを見る

自分を見つめる時間を作ってみよう

東大の大学院にいかれているのですね。周りが優秀でほとんど内定を持っているのを横目で見ながら、ESや面接で落ちてしまうと悲しい気持ちになってしまいますよね。

どこにお住まいかわからないですし、私の勝手な願いですが、横浜にある「逃げBar〜White Out」に足を運んで、真っ白な空間に身を浸して、東大の大学院生という肩書きや周囲の人のことなど全部漂白してみてほしいと思いました。

一人の個人としてどう生きることがあなたの人生にとって幸せなことなのか、非日常な空間でじっくりと考える時間を持ってもらいたいなと思ったのです。本当にやりたいことは何なのか。研究や起業ではなく、就職がしたいのか。

自分自身を信じて突き進むことでゴールに近づく

東大の大学院に行けるということは、試験日という締め切りまでに必要な準備をして臨むことや必要な準備を成し遂げることができる方なのではないでしょうか。照準を合わせたら、ESも面接も、PORTキャリアの関連記事を読み込んで対応できると思うのです。

最終的に、自分自身が「この選択をして良かった。」という納得度を高めていくことが大切なのだと思います。自分のことを幸せにできるのは、結局のところ、自分自身だけです。ぜひ、自分自身のことを幸せにするような選択肢を見出してくださいね。

以下の記事では、「無い内定」に焦っている人、不安な人に向けて、キャリアアドバイザーが対処法やメンタルケアの方法を解説しています。

NNT(無い内定)の現状に落ち込んでいるときには、こちらの記事もチェックしてみましょう。有効な3つの考え方や改善しているステップを取り上げています。

こちらのでは、就活がうまくいっている友達の話を聞くのがつらいという就活生に向けてキャリアコンサルタントがアドバイスをしています。

こちらの記事では内定がもらえない場合の対処法をキャリアコンサルタントが回答しています。

自己分析をするなら自己分析ツールが一番おすすめ!

自分の弱みはわかっていても、強みは思いつかないものですよね。「それ、強みって言えないよ」と思われたくない人も多いはず。

そんな時は「自己分析ツール」を活用しましょう。このツールを使えば簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強み・弱みが簡単にわかります。

無料で使えるので、自分の強みを確かめたい人は今すぐ診断しましょう。

自分の長所を分析するなら「自己分析ツール」がオススメ
診断スタート(無料)

こんな人に「自己分析ツール」はおすすめ!
・自分の強み・弱みが分からない人
・自己PRや志望動機に使える長所を知りたい人
・自分にあった仕事を知りたい人

その他関連Q&A

TOP