Q

趣味のピアノは特技としてアピールに使えますか?

エントリーシート(ES)提出を控えた就活生です。特技を書く欄があるのですが「特技はピアノ」をネタに使っても良いのでしょうか。

私は幼稚園の頃から17年近くピアノを続けているため、特技として書きたいのですが就活の場でアピールになるのか不安です。仮に使えたとしても、ピアノは趣味なのでそれをどうアピールにつなげたら良いかわかりません。

また、特技と言えるかも難しいです。17年続けてきたことは自信があるのですが、誰もが知る有名曲を弾けるほどの実力はありません。

音楽学校を卒業したわけでも、音楽系の企業を受けるわけでもないため、アピールに使える自信がないです。ただ、ピアノ以外で頑張ったことが他にないため、どうアピールしたら良いかアドバイスをお願いします。

2人のアドバイザーが回答しています

質問日 :

※質問は、エントリーフォームからの内容、または弊社が就活相談を実施する過程の中で寄せられた内容を公開しています

Chat GPRを活用して自己PRを完成させよう!

ベストアンサー

キャリアコンサルタント/勉強カフェ札幌大通スタジオ代表

渡邊 裕樹

プロフィールを見る

ピアノからアピールできる要素はたくさんある

17年もピアノを続けてきたのは立派な特技だと思いますよ。特技とは自分でそう思えば特技なのです。自信を持ってアピールしてください。

ピアノをどのように特技につなげれば良いかということですが、音楽にかかわってきた人は、少なからず厳しいレッスンに耐えてきた経験があります。また自分の演奏に対してどのようにすればより良くなるのかという工夫をしてきたはずです。

そう考えると、粘り強さや、目標に対して挑戦する姿勢などアピールできる要素は数多くあります。ピアノを続けてきた中で、感じてきたこと、考えたことなどを書き出してみてください。必ずアピールすべきものが見つかるはずです。

こちらの記事では粘り強さをアピールするときの注意点やプラスの印象を残すコツを解説しています。

キャリア・デベロップメント・アドバイザー/キャリアドメイン代表

谷所 健一郎

プロフィールを見る

仕事に活かせるアピール材料を見つけよう

「特技はピアノ」をネタに使って問題ありません。

音楽に関連しない企業であれば、ピアノの実力ではなく、特技としてのピアノが、直接関係なくてもどのように仕事に活かせるか考えてみてください。

たとえば17年近くピアノを続けてきたことは、どんなときも諦めない継続力としてアピールできますし、ビアノのレッスンには集中力も必要でしょう。ジャンルを問わずピアノが弾けるならば、弾きたいと思ったらとにかくチャレンジしてきたことなども伝えられます。辛いときもピアノを弾くことで、気持ちを切り替えることができたということも伝えられるでしょう。

採用担当者が働く姿勢をイメージできる材料が、「特技はピアノ」から多くあります。

チャレンジ精神を自己PRに使う人はこちらの記事も参考にしてください。他の人との差別化や高評価につなげるコツを解説していますよ。

継続力の自己PRの方法はこちらの記事で解説しているので、併せて参考にしてください。

特技がないと感じる人は、こちらの記事を参考にしてみましょう。特技の見つけ方やアピール例文を紹介しています。

自己PRが思いつかない人は、ChatGPTを活用して自己PRを完成させよう

ChatGPTを使った自己PR作成ツールはもう試しましたでしょうか?

簡単な質問に答えていくだけでChatGPTが自動で魅力的な自己PRを作成します。

作った自己PRは選考で活用できるものになっているので、ぜひ活用して採用される自己PRを完成させましょう。

簡単な質問に答えるだけで、強みが伝わる自己PRが作れます。
作成スタート(無料)

Chat GPTで作成した自己PR例文 
 (リーダーシップが強みの場合) 
私はリーダーシップを発揮できる人材です。学生時代にサークル長として運営に携わった際に、リーダーシップを養うことができました。サークル長を務めていたフットボールサークルでは、練習場所や時間が取れないことや、連携を取り切れていないことが問題でした。そこで、大学生側に掛け合い週に2回の練習場所を確保し、時間を決め活動するようにメンバーに声掛けを行いました。さらに週末明けに今週の活動の詳細をメンバーに配信することで連携強化に努めた結果、サークル加入率を前年度の3倍まで伸ばすことができました。問題にしっかりと焦点を当て、迅速に対応していき、周りを良い意味で巻き込んでいくリーダーシップを御社でも活かしていきたいと考えております。

その他関連Q&A

TOP