Q

Web面接で挨拶をする時、何を話せば良いですか?

来週Web面接を控えていて、最初と最後の挨拶で何を話せば良いかわからず不安です。実際に、どのようなことを話せば良いですか?

また、緊張で話す内容を忘れてしまわないようにカンペを用意しようと思っているのですが、面接官はカンペで話している学生に気付きますか? もしカンペの使用を見抜かれてしまった場合、印象は悪くなりますか?

今回が初めてのWeb面接なので、事前に準備すべきことや知っておくべきマナーなどがあれば併せて教えてください。質問が多くなってしまい恐縮ですが、ご回答いただけますと幸いです。

2人のアドバイザーが回答しています

質問日 :

※質問は、エントリーフォームからの内容、または弊社が就活相談を実施する過程の中で寄せられた内容を公開しています

39点は要注意!あなたの面接力を診断してください

キャリアコンサルタント/勉強カフェ札幌大通スタジオ代表

渡邊 裕樹

プロフィールを見る

挨拶時はお礼と意気込みを自分の言葉で伝えよう

Web面接の最初と最後の挨拶では、感謝のお礼と前向きな意気込みを話しましょう。

たとえば、「この度はお忙しい中面接の時間を設定していただきありがとうございます」「本日はありがとうございました」「入社した暁には、誰よりも努力し、必ず成果を上げることができるよう行動する所存です」などです。

最初と最後の挨拶は相手の印象に大きく影響を及ぼすので、何度も口に出して言い慣れておくようにしましょう。くれぐれも「暗記しよう」と思わないでください。何度も口に出して、話し慣れておく状態にすることが大事です。

カンペを使うならキーワードだけでスラスラ話せるように練習しよう

暗記しようとすると、思い出しながら話そうとしてしまい、言葉に力が乗りません。カンペについては、話しているときの目線や書いたものを読んでいるという話し方から、高確率で気付かれると思っておいてください。

しかしもしバレたとしても、面接官はカンペを見ながら話していることに対して「良い」「悪い」を判断するわけではありません。気持ちが乗っていない言葉に対して「話していることが伝わってこないな」という印象を受けるのです。

緊張して話すべき内容が抜けてしまうことがどうしても不安な人は、伝えるべきことを箇条書きにしたり、キーワードだけを書いたものをカメラの近くに貼っておいたりするくらいなら面接官もそれほど気になりません。

ベースは自分の言葉で話すようにして、カンペには抜かしてはいけないトピックやキーワードだけを書いておくことが大切です。

繰り返しになりますが、書いたものを暗記しようとすると、緊張したときに上手く口から出てこず、かえって焦りが強くなります。伝えるべきキーワードを見ながらスラスラと話せるようになるまで、何度も口に出して練習することが事前準備ではとても大事です。

最後にWeb面接のマナーですが、「顔が明るく映るように気をつける」「背後に生活感のあるものが映り込まないようにする」「カメラを見下ろす角度にならないようにする」などが基本的です。頑張ってくださいね。

キャリア・デベロップメント・アドバイザー/キャリアドメイン代表

谷所 健一郎

プロフィールを見る

カンペに頼らず明るい笑顔で挨拶をしよう

Web面接の最初の挨拶は、「こんにちは!  ○○大学○○学部○○学科○年の○○(名前)です。よろしくお願いいたします。」といった挨拶をすれば問題ありません。

最後の挨拶は、「本日はありがとうございました。よろしくお願いいたします。それでは失礼します。」もしくは「本日はお時間をいただきありがとうございました。それでは失礼いたします。」と伝えると良いでしょう。最後の挨拶では、明るい笑顔でお辞儀をしてくださいね。

カンペを使うことは問題ありませんが、視線がそれるとカンペを見ていると思われてしまって印象が悪くなります。文章をカンペにして読み上げると違和感を抱かれるので、キーワードを書く程度にしておきましょう。カンペを見ていることがわからないように、カメラ近くに貼ると良いですね。

Web面接ならではの注意点にも気を付けよう

Web面接ではインターネット回線が途中で切れないように、パソコンならばできれば回線が安定している有線、スマートフォンならばWi-Fiに接続するようにしましょう。途中で切れたときのために、連絡先も控えておくと安心です。

また、背景はできれば白色に設定して、自宅の壁に貼られているポスターなどが見えないようにしましょう。画面が暗いと暗い印象につながるので、卓上ライトやパソコンに取り付けられるリングライトで画面を明るくするのもおすすめです。

画面を見ながら話すと視線が下向きになるので、できる限りカメラを見ながら回答するようにしてください。対面の面接と違ってWeb面接は表情が面接官に伝わりにくいので、多少ボディアクションがあっても問題ありません。顔が無表情にならないように笑顔を意識してくださいね。

「そもそもWeb面接の流れがわからない……」という人は、以下の記事に目を通しておきましょう。

以下の記事を参考にして、Zoom面接で好印象を残しましょう。オンラインならではのポイントを押さえて、面接に臨んでくださいね。

こちらのQ&Aでは、オンライン面接で家がうるさい場合の対処法について、キャリアアドバイザーが回答しています。あわせてチェックしてみてくださいね。

Web面接にカンペを持ち込むリスクは以下のQ&Aでキャリアコンサルタントが回答しているので、併せてチェックしカンペを持ち込むべきか考えましょう。

しっかり挨拶をするためには、余裕を持ってログインしましょう。以下の記事では、Web面接に何分前に入っておくべきか回答しているので、併せて確認してください。

39点以下は要注意!
あなたの面接力を診断してください

内定獲得のためには、面接での印象が大きなポイントとなります。あなたは自分の面接に自信を持っていますか?

少しでも不安に感じる人はたった30秒で面接力を把握できる「面接力診断」を活用しましょう。簡単な質問に答えるだけで、“あなたの強み”“改善点”が明確になります。

もし39点以下だった場合は要注意です。今すぐ診断で面接力をアップし、就職で失敗する可能性をグッと下げましょう。

こんな人に「面接力診断」はおすすめ
・まだ面接を受けたことがない人
・面接でなぜ落ちたかわからない人
・自信を持って、面接に臨みたい人

その他関連Q&A

TOP