Q

うつ病を隠して入社したらまずいのか教えてください。

これまでうつ病を患っていた人が、うつ病だったことを隠して入社するのはまずいのでしょうか?

もし入社後にうつ病が再発したり、もしくは何らかの理由でばれたりした場合は解雇や損害賠償を請求されてしまうのでしょうか。

2人のアドバイザーが回答しています

質問日 :

※質問は、エントリーフォームからの内容、または弊社が就活相談を実施する過程の中で寄せられた内容を公開しています

自己分析で悩んだらまずはツールを使うのが一番おすすめ!

ベストアンサー

キャリア・デベロップメント・アドバイザー/キャリアドメイン代表

谷所 健一郎

プロフィールを見る

業務に支障がなければあえて伝える必要はない

うつ病を過去に患ったことがあっても完治しているならば、あえてこちらから伝える必要はないでしょう。入社後うつ病が再発しても業務に支障を与えなければ大丈夫です。

また患っていたことが何らかの理由でわかっても、業務に支障を与えなければそれだけで解雇されたり、損賠賠償などを請求されることはありません。

ただしうつ病が再発して業務に支障を与える状況になり、配置転換なども難しい場合は、仕事を継続できないため解雇になる可能性はあります。

入社後について不安になる必要はない

現在うつ病が完治していない場合は、医者と相談をした方が良いかもしれません。

ほぼ完治していて業務に支障がないならば伝える必要はありませんが、うつ病が原因で業務に支障を与えることや長期間休む可能性があるならば仕事の選択や働き方について考えてみるべきでしょう。

うつ病は多くの人が患う病気で、中には働きながら治療している人もいるので、入社後についてはあまり気に病まないようにしましょう。

再発やいつかバレるといった不安を抱えていると、表情や態度に出てしまう可能性があります。再発やバレることを恐れずに、やりたい仕事やできる仕事に就くための就活をしましょう。

キャリアコンサルタント/勉強カフェ札幌大通スタジオ代表

渡邊 裕樹

プロフィールを見る

損害賠償を請求される可能性は極めて低い

結論からいうと「うつ病であった」つまり「うつ病歴」を入社前に伝える義務はありません。

それが入社後に再発した、もしくはバレた場合、うつ病歴を隠して入社したことが「経歴詐称」に当たるかどうかが論点になるかと思います。

業務を遂行するうえで大きな支障をきたす要因であれば「経歴詐称」として解雇理由になったり、それによって会社に損害を与えた場合は損害賠償を請求される可能性は0ではありませんが、一般的に考えて「うつ病歴」自体が業務遂行上の大きな支障になるとは思えません。

企業にとって社員を解雇することは時間的にも費用的にも大きな負担になる

そもそも社員を解雇するということは、企業にとってもかなりハードルの高い判断なのです。

もし社員が納得しない場合は訴訟にまで発展するケースもあり、そうなると会社として時間的、費用的なロスが大きくなります。損害賠償を請求するということも同様です。

以上の理由から「うつ病歴」を隠して入社したことで、質問者さんが考えているようなことが起こる可能性は極めて低いと考えて良いでしょう。

面接でうつ病のことを正直に伝えるか悩んでいる人へのアドバイスは、以下のQ&Aでも確認できます。

以下のQ&Aでは「面接で健康状態を聞かれたときにどのように答えれば良いのだろう」という疑問に対してキャリアアドバイザーが回答しています。

「内定後の健康診断で結果が悪いと内定取り消しになってしまうのか?」という疑問は、以下のQ&Aの回答をチェックしましょう。

自己分析をするなら自己分析ツールが一番おすすめ!

自分の弱みはわかっていても、強みは思いつかないものですよね。「それ、強みって言えないよ」と思われたくない人も多いはず。

そんな時は「自己分析ツール」を活用しましょう。このツールを使えば簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強み・弱みが簡単にわかります。

無料で使えるので、自分の強みを確かめたい人は今すぐ診断しましょう。

自分の長所を分析するなら「自己分析ツール」がオススメ
診断スタート(無料)

こんな人に「自己分析ツール」はおすすめ!
・自分の強み・弱みが分からない人
・自己PRや志望動機に使える長所を知りたい人
・自分にあった仕事を知りたい人

その他関連Q&A

TOP