Q

その他
回答しない

製薬会社に就職するのは難しいのでしょうか?

現在、製薬会社への就職を目指して就活を始めました。ただ、周囲の人から製薬会社は人気が高く、就職が難しいと聞きます。製薬会社はなぜこんなにも人気が高いのでしょうか?

製薬会社に絶対に就職したいのですが、就活を有利に進めていくためにできる取り組みを教えてほしいです。もし内定につながる資格やスキルなどがあれば、それも教えてください。

また、製薬会社のエントリーシート(ES)や面接でアピールすると好印象を残せる強みなどもあれば知りたいです。よろしくお願いします。

2人のアドバイザーが回答しています

質問日 :

※質問は、エントリーフォームからの内容、または弊社が就活相談を実施する過程の中で寄せられた内容を公開しています

あなたに向かない仕事を確認してください

キャリアコンサルタント/勉強カフェ札幌大通スタジオ代表

渡邊 裕樹

プロフィールを見る

製薬会社は待遇が良く安定している企業が多いため人気が高い

製薬会社が学生から人気が高い理由は、①給料が比較的高い②景気に左右されにくい③福利厚生が手厚いところが多い、といったことからです。

質問者さんは絶対に製薬会社に就職したいとのことですが、その理由を言語化し、見ず知らずの人にもわかりやすく説明できるようにしておきましょう。

内定につながる資格やスキルについては、数ヶ月勉強して取得できるくらいの資格では面接で有利になることがほぼないため、考えなくて大丈夫です。

仮に面接で有利になる資格などを挙げるとすれば、TOEIC900点以上(英検1級相当)、理系の大学院で研究結果を残しておくといったところでしょう。それらが難しい場合は、面接準備に時間をかける方が投資効果が高いですよ。

自信がある強みと企業が求めているものを絡めて話そう

企業が新入社員に求めるスキルとして最も挙げるのは「コミュニケーション能力」です。しかし、これは多くの学生が使うので、かなり深掘りしておかないと差別化できません。

そもそもコミュニケーション能力の高さは、あえていわなくても面接のやりとりで見えるものです。それであれば、本当に自信がある強みを正直にいう方が力を込めて堂々と語れるので、そちらを考えましょう。

「この強みであれば好印象を残せる」という絶対的なものがあるのではなく、「自信を持って伝えられる強みが好印象につながる」と思ってください。

自分のどの部分をアピールするかを決めるときは、企業や業界の情報を十分に把握していることが大切です。企業が大切にしていること、目指していること、求めている人物像、さらに業界の動向と課題などを把握しておきましょう。

くれぐれも相手が抱く印象ばかりを考えて、本当に自信があることを伝えられないという事態にならないように注意してください。

まずは自分が本当に自信のあることをそのまま伝えるようにしましょう。そのうえで、企業情報や業界情報と絡めて話をすると、相手に好印象を残すことができるのです。

キャリア・デベロップメント・アドバイザー/キャリアドメイン代表

谷所 健一郎

プロフィールを見る

製薬会社は経営が安定しているため学生に人気

製薬会社が作る医薬品は利益率が高い場合が多く、経営が安定しやすい傾向にあります。そのため、製薬会社の社員は給与が高く、福利厚生も手厚く受けられる場合が多いので、学生に人気があるのです。

製薬会社の求人は、研究職と総合職に分かれることが多いです。研究職は求人数が少なく、理系の大学院を修了した学生の採用が多いことが特徴です。一方で総合職は、MR(医療情報担当者)として営業からスタートすることが多くなります。

製薬会社に就職したい場合は、インターンシップに参加して、製薬会社の特徴や求めている人物像を押さえることが大切です。

製薬業界を目指す理由と貢献したいことを整理して志望動機にしよう

ESでは、志望動機と自己PRがポイントになります。インターンの経験や企業研究をもとに、なぜ製薬業界なのか、なぜその企業なのか、そして製薬会社で貢献したいことは何かを整理して、応募企業に向けたアピールをしましょう。

研究職であれば大学での研究を活かして貢献できること、MRであればコミュニケーション能力や医薬品の知識を習得していく向上心、目標達成能力などを強みとしてアピールすると良いですね。

研究職で活かせる資格は、必須ではないものの薬剤師やTOEICの高スコアが挙げられます。総合職ではTOEICの高スコアやMOSの資格は、アピール材料になります。

こちらのQ&Aでは製薬会社のMRについて、仕事内容や就活の対策をキャリアアドバイザーが解説しているのでチェックしてみましょう。

製薬会社を目指す人の中には、理系の人も多いでしょう。理系の学生に向いている進路や就活の対策を知りたい人は、こちらの記事を確認してみてください。

こちらの記事は理系の女子学生向けの記事ですが、製薬業界についても詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

理系の就活にはTOEICが必要なのかと疑問を感じる人もいると思います。こちらのQ&Aではその疑問にキャリアアドバイザーが回答しているので参考にしてみましょう。

あなたが受けない方がいい企業を今すぐ知りましょう。

就活では、自分が適性のある職業を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます。

そんな時は「適職診断」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析して、ぴったりの職業を診断できます。

適職診断で強み・弱みを理解し、自分がどんな職業に適性があるのか知りましょう。

こんな人に「適職診断」はおすすめ!
・自分の強みと弱みがわからない人
・楽しく働ける仕事がわからない人
・時間をかけずに自己分析をしたい人

その他関連Q&A

TOP