Q

その他
回答しない

面接に全然通らないです……。どうすれば良いですか?

面接にまったく通らないのですが、なぜ自分が落ちるのかわかりません。一次面接すら通らないのってやばいんでしょうか。原因て何だと思いますか? なんとか受かりたいので面接に通る方法を教えてほしいです。

2人のアドバイザーが回答しています

質問日 :

※質問は、エントリーフォームからの内容、または弊社が就活相談を実施する過程の中で寄せられた内容を公開しています

39点は要注意!あなたの面接力を診断してください

キャリアコンサルタント/合同会社渡部俊和事務所代表

渡部 俊和

プロフィールを見る

面接で落ちる理由に心当たりがなければ書類に原因があるかも

一次面接が集団面接の場合は相対評価になるので、もし大手ばかり受けていれば連戦連敗も珍しくありません。

面接以前に書類でハンデを負っていることも考えられるため、一概に原因はわかりませんが、面接場面で特に問題を感じていないならば、書類も再度見直してみましょう。

話している内容と書いてある内容に矛盾はないか、自分のことが前向きに伝わる内容になっているか、できればキャリアセンターや第三者の視点を借りて検証してみてください。

面接の改善点を見つけるにはキャリアセンターなどの第三者に頼ろう

面接官はあなたを一緒に仕事をしてくれる人材として評価するので、その点がずれていないか、自己主張しすぎていないか、相手の話を聴けているかなどもチェックポイントになります。

たとえば面接でいくら会話が弾んでも、仕事があまりできそうにないと思われたら落ちることもあれば、有能そうに見えても、感じが悪くて一緒に仕事をしたくないと思われて落ちることもあります。

ただ、やはりここでの回答は推測でしかないので、キャリアセンターやキャリアコンサルタントに相談して、模擬面接などで具体的な指導を受けることをおすすめします。

以下の記事ではエントリーシート(ES)の書き方を網羅的に解説しています。企業が知りたいポイントを押さえて、面接官が興味を持つESになっているかどうか見直してみましょう。

模擬面接の準備や進め方のコツはこちらの記事を参考にしてください。模擬面接を経験することで面接対策に差がつきます。

キャリアコンサルタント/勉強カフェ札幌大通スタジオ代表

渡邊 裕樹

プロフィールを見る

自己流でやっているならまずは第三者に見てもらおう

「面接にまったく通らない」「一次面接すら通らない」ということで、その原因についてどう思うかということですね。

まず質問者さんのESや面接の仕方など、誰か第三者に見てもらったことはあるでしょうか。これは推測ですが、ほぼ自己流でやっているのではないかと思います。

一次面接も通らない状況が続いているということは、基本的な部分ができていない可能性が非常に高いです。

たとえばESの書き方、面接のマナー、身だしなみ、話し方、そして応募先の選定の仕方など。まずは大学のキャリアセンターの人や就職エージェントなどの専門家の人に見てもらうことを強くおすすめします。

うまくいっていない今までの方法を変えることが大切

一次面接では基本的なことができていれば通過させます。

まず身だしなみがきちんとしていて、表情が明るく堂々としている。志望動機や自己紹介を暗記した内容を思い出しながらではなく自分の言葉として話せている、といったことなどです。

一次面接がまったく通らないのであれば、今挙げた基本的なことの中に「自分ではできていると思っているが、実はできていない」ということが必ずあります。

そこを改善できていないまま面接を受け続けているので結果が変わらないのだと思います。

面接に落ち続ける人の特徴を1つ上げるとするならば、「うまくいっていないのに同じ方法をやり続けている」ことです。

面接がうまくいかなかったとき、「ここが悪かったと思うから、次回はこのように修正しよう」と具体的に決めて臨んでいますか。一度考えてみてください。

「書類選考は通るけど、一次面接で落ちてしまう」という人は多いものです。こちらの記事で一次面接を突破するために必須の対策を押さえましょう。

一次面接に通過しても二次面接で落ちてしまう人は、原因を振り返らないと同じ失敗を繰り返す可能性があります。こちらの記事で二次面接ならではのポイントを確認してください。

最終面接に通らないのはとても悔しいですよね。最終面接までたどり着いたらあと一息ですが、油断は禁物です。こちらの記事で注意点をチェックしておきましょう。

「面接に一度も通らない……」という人でも、挽回できる方法はあります。こちらの記事で全落ちする人の原因と対処法を解説しているので併せて確認してください。

面接になかなか通らないのは、緊張してうまく話せないのが原因かもしれません。克服するポイントが6つあるので、こちらの記事を参考に練習しましょう。

こちらのQ&Aコンテンツでも、「面接に全然通らない」という悩みにキャリアアドバイザーが回答しています。面接に悩みを抱えている人はぜひ参考にしてください。

「面接恐怖症」の悩みには、こちらのQ&Aでキャリアアドバイザーが回答しています。緊張しすぎて頭が真っ白になってしまうという人は、併せて確認しましょう。

39点以下は要注意!
あなたの面接力を診断してください

内定獲得のためには、面接での印象が大きなポイントとなります。あなたは自分の面接に自信を持っていますか?

少しでも不安に感じる人はたった30秒で面接力を把握できる「面接力診断」を活用しましょう。簡単な質問に答えるだけで、“あなたの強み”“改善点”が明確になります。

もし39点以下だった場合は要注意です。今すぐ診断で面接力をアップし、就職で失敗する可能性をグッと下げましょう。

こんな人に「面接力診断」はおすすめ
・まだ面接を受けたことがない人
・面接でなぜ落ちたかわからない人
・自信を持って、面接に臨みたい人

その他関連Q&A

TOP